Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard 2016 Suzuka 8tai Road race nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music マリン・ビーチストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
103
5つ星のうち4.3
サイズ: 0.5m|変更
価格:¥736+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

以前までの私も含め、勘違いしている人がすっごく多いようなのであえて書きます。
2014年現在ですと、新しいHDDを購入した場合はSATA3.0対応の製品が多いですよね。
で、マザーボードに3.0のコネクタがあれば、「ケーブルも3.0にしないと」って考えるのが普通ですが、
ほとんどの場合は不要です。

なぜなら、HDDの転送速度は大抵の場合SATA2.0の上限値(300Mb/s)にも達しないからです。
意味があるのは、例えば64MBくらいのキャッシュを持つHDDに小さいサイズのアクセスをした場合のみ。

ここにURLを記載しても反映されませんので割愛しますが、少し調べれば関連記事が見つかりますので、
検証サイトを探してみてください。
2.0から3.0対応を謳ったケーブルに換装しても、速度にほとんど違いは出ません。
SATAケーブル、わりと高価ですから今あるもので十分ですよ。
0コメント| 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年4月19日
正直秋葉原にいけばS-ATAケーブルなんか100円で売っている。でもギュウギュウに機材が押し込められたミニタワーやスリムタワーとかになると、ケーブルがかなり無茶な曲がり方をするので、100円の安いケーブルだと接触が悪くてエラー出たりする。その点、これでカチっとはまっているとエラーもおきにくい。
0コメント| 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月20日
『SanDisk SSD Extreme PRO 480GB』用に購入しましたがラッチとSanDiskのSSDのコネクタの相性が悪いようできっちりとハマらないため使えません。ラッチが噛み合わなくても大丈夫だろうと楽観して無理に使用したところ微妙に接触が悪かったのかOSのインストール後に不具合がでてしまった為、別のケーブルで再度インストールする羽目になってしまいました。
購入を検討されている方はご注意ください。
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年5月23日
HDDくらいの転送速度のストレージに対してはSATA2規格では十分な性能を示すのでこのケーブルを使う分にはややオーバースペックになってしまいます。
私の場合にはSSDをOS用ストレージに導入したのでその際に性能を十二分に発揮できるケーブルを用意しました。
一部インターネットの情報ではSATA2のケーブルもSATA3のケーブルも大差無いという情報もありますが、やはり性能が出なかった場合を考えると用意しておいてもしっかりと規格に沿ったケーブルを使うのが妥当だと感じています。
SSDの接続でベンチマークを計測した所、最大転送スピードも480MB/sと言う圧倒的な数値が出るのでやはり環境は大切だと実感できます。
またケーブルにシールが付属されており、多くのHDDなどを積む際にどのケーブルと繋がっているかが分かりやすく出来、これは嬉しい付属品です。
ケーブル選びに悩んだからこの製品はおすすめです。
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2011年8月14日
ハードディスクを転送速度が6.0Gbpsタイプを購入したので、SATAケーブルも6.0Gbpsに対応しているこの商品を購入しました。
*日立 HGST 3.5inch 7200rpm 2.0TB 64MB SATA 6.0Gbps

コネクタの形状がL型と迷いましたが、とりあえずスタンダードなこの形状にしました。
HDとは水平に差し込まれますが、ケース内の構造に余裕があればこの形状でも問題ないと思います。
コネクタ・ラッチも両側ともしっかりはまり良い感じです。

長さは30cmと50cmがありますが、私の場合は30cmで届く構造でしたのでこちらにしました。
コードがごちゃごちゃにならなくて収まりが良いです。

このシリーズパソコンの構造に合わせて長さやコネクタ部分の形状を選択できるのが便利です。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月19日
自作PCで、システム用SSDとデータ用HDDで別色のケーブルが良かったので、オウルテックのOWL-CBSATA-SS50と同時購入。

あちらには付属するコネクタ保護キャップが、こちらには付属しません。ケーブルの幅・厚み・曲げやすさは同じですがコネクタ形状が少し異なり、オウルテックのより奥行が4mmほど短いです。狭いPCケース内で、ギリギリのスペースに収めなくてはならないときは、サンワサプライのほうが有利でしょう。

もちろん、組んでみて両者とも違いは感じないです。ちゃんとデバイスを認識していますし、速度も問題なし。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年10月17日
あえて、こう書きます。
この子・・・

この子は何も悪くありません。
私がアバウトにHDDからトライブを認識させる
コネクターまでの距離を測ったから悪いんです。
「30cmでギリギリ行けるかなぁ」と、
気楽に考えてたからいけないんです。
接続すると僅かに短くピンピンに張って、
コネクターにテンションをかけてたのは、
この子が悪いわけじゃありません!
50cmL字タイプに買い換えたのは、
ぜーんぶ私のせいなのです。

コネクターに接続するとカチッとした感覚が伝わり、
間違い無く接続したぞと確認さっせてくれるのは、
かなりのお気にです。
また、当然、その金具を押してからでないと外せないのも
安心感たっぷりです。
製品としての品質は良いのです。

ただただユーザーの私のアバウトさが足を引っ張ったのです。
30cm君、ごめんなさい。><;
m(_ _)m
0コメント| 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月25日
【Amazon.co.jp限定】Seagate 内蔵HDD Barracuda 7200シリーズを
タワー型パソコンに取り付けるために購入しました。

私のパソコンではケーブルの長さがギリギリで、最初使えないかと思い
あせりました。ある意味キッチリの長さでマザーボードとハードディスクを
接続しています。

パソコンのパーツ取り付けに詳しくない私でもでも、カチッとした手ごたえ
でケーブルが刺さったことが確認できるので助かりました。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年4月1日
購入前にボードと接続機器の距離を定規で大雑把に測って、30cmでなら十分と思い買いました。
実際に取り付けてみると、測ったにも関わらず結構ギリギリで焦りました。届いてよかった。
良く考えれば、ケーブルを取り回すと、両側のコネクタ近くはRをつけないといけませんし、(ケーブルは余裕を持たせて取り回さないといけない)
そう考えると、30cmという長さは、本当に使用条件が限られてきますね。
ネットで買うと、こういうワナ?もありますね。気をつけないと。

次からは、50cmにしようと思います。
性能的には何ら問題ありません。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
 ディスクトップもそうですが、ノートPCのSATA対応のSSD換装にはもうこの転送ケーブルなしでは考えられません。とくにSATA3にSSDが対応している場合(つまり大半のSSDでは)、マザーボードへ行く途中の転送速度が初期の150Mbp/sと非常に頼りないと、SSDの本来の速さが出ません。本製品のように600Mbp/sあってこそ、すべてがうまくいきます。私自身もシリアルATA(SATA)には1,2,3と規格があり、自分の4年前のエプソンのST110が初期のSATAだと知りませんでした。XPを何度インストールしようとしても、ブルー画面が頻出し、あきらめかけていたところ、この製品を購入し、ケーブルを取り替えてからはブルー画面が激減し、あとは比較的スムーズにいきました。
 長さは各種あり、他レビューでもあるように慎重に測り、やや長めがよいようですが、ノートPCに使う場合はこれしかありません。30cmといっても曲げて使うと収まります。ST110は見た目で超小型のディスクトップに分類されますが、事実上ノートPCの部品を多用しており、ノートPCの大型と考えた方が好都合です。
 底と天板がドライバなしで簡単にずらせ、真っ先に目に入る赤いケーブルを抜き取り、本製品に取り替えます。マザーボードの端と本体のすきまにケーブルを通すときに要注意。そのあとのSSD交換の方がやや厄介で、DVDドライブとHDDを一緒に外すのが基本であり、間違っても光学ドライブ類を外す愚をしないこと。なお、ひと昔前(約5年以上前)のPCの内蔵ハードディスクはIDE対応が殆どなので、本製品は使いません(IDE対応のSSDを買うだけです)。
 
 その後、SSDでなく、古いマザーと最新のHDをこれでつなげ、Crystal Mark値を計測したら、シーケンシャルはほぼ同等速度でしたが、512k以下すべての項目で数%から数割の速度向上が確認できました。やはり4車線道路は早いです。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)