Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard 2016 Suzuka 8tai Road race nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Amazon MP3 マリン・ビーチストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.7
48
5つ星のうち4.7
価格:¥19,755+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2013年12月14日
WALKMAN付属→オーテク CKS90→本製品といった風にグレードアップしてきました。
歩きながら聴くことが多いので、シュアー掛けするイヤホンが欲しくこのイヤホンを購入しました。
環境はWALKMAN F880に直挿しです。

まず、届いたとき驚くのは全く飾り気の無い白箱で来ます。いかにも業務用です!
業務用ですので、ソニーの一年保証はありません。
見た目はrotringのペンのようで非常にカッコいいです。
細い&長いケーブルは外使いには向かないかもしれません。

音に関しては、非常に明瞭です。
ブラウン管のテレビから地デジ対応の液晶テレビに変えたときと似たような感動でした。
アーティストのスタジオでの演奏をそのまま再現しているような感じです。
今まで耳元で団子になっていた音がそれぞれがある程度の空間の中で自分の場所で鳴っているように聴こえます。
あと、色々なジャンルの曲を聴いてみましたが、絶望的に合わないジャンルというのが無いのが良かったです。オールラウンドに使えます。
あえて言うなら、このイヤホンに合わない曲はあまり綺麗に録音されていない曲だと思います。
音源の良し悪しがハッキリと出ます。
自分の好きなメタルバンドのCDを聴いたときはガッカリしました。

装着感に関しては、慣れるのに2日程かかりました。
慣れればタッチノイズもなく、遮音性もそこそこです。
コードは背中に流した方がスムーズに装着できます。

前のイヤホンでも満足していたのですが、今回のグレードアップは非常に満足しました。
1ランク上げるとここまで変わるか、という驚きがありました。
一年保証が無いので丁寧に使っていこうと思います。
0コメント| 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年4月18日
届いて開封して即、聴いています。
スタジオでの仮ミックス音源ですが
MDR-900STで聴いていたときのイメージがそのままです。

以前はEX90SLを使っていましたが
後継機種の700とか500がどうも今ひとつだったので
購入を躊躇いSHUREの中間機種にしていました。
これがどうも高音域の繊細さに欠けて、ずっと我慢の日々。
ようやくカナル型で「使える音」に出会えました。

見た目よりも軽く、装着感は悪くないです。
EX90SLでは致命的だった音漏れも改善されています。
何よりも音質がいい。
「定位」「解像度の高さ」「高音域の瑞々しさ」「低音の力感」
エイジング真っ最中ですが、どれも満足です。
移動中、自宅、スタジオなど
音楽を聴くのも作るのも、楽しくなりそうです。

SONYが本気を出すといい製品を作りますね。
長く使いたいです。
0コメント| 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月14日
聴いた第一の印象は音の分離がよく、各音域や楽器のパートが良く聴き分けられるまさにモニターであるなと思いました。
その淡白さから果たしてこれで音楽を楽しめるのか?とその時は思いましたが聴き込むうちに適度なエージングと慣れもあったのでしょう、違和感はなくなりました。
また音楽を聴きながら自分の声(内耳音)も分離良く聴こえますので歌の練習などにも適していると思います。
商品名からして音楽を志す方に向いていると思います。

ちなみに装着するだけで遮音効果があり、その遮音さが適度な生活音を通すことから不安感がないので集中力が保てます。音楽を聴かなくとも地下鉄や飛行機の読書時に重宝しています。
取り外しが少々面倒とこと形状的にコードを絡まりやすいのが難点かと思います。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年7月5日
SonyのCD900STを外で使うとむき出しのケーブル千切れる可能性があるため、イヤホンタイプのこちらを購入しました。

音については、CD900ST同様にクリアでフラットな音が出ます。(直挿しでもかなり良い)
また、ステレオミニプラグを採用しているので、変換ケーブル無しでポータブルプレイヤーに接続することができるので非常に便利です。

デフォルトのケーブルが細いので千切れるリスクありですが、リケーブルできるのでメンテナンス性も優れています。

購入&使用に関する注意点としては、一度使い始めて慣れてしまうと市販のイヤホンに戻れなくなります。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月30日
2011年に購入し、1年ほど使って手放し
NW-ZX100を手に入れたのを期に再度新品を購入して使ってます。

高解像度な音ならがダイナミック型であることで
まとまりが良く、業務用ということで長時間の使用でも聴き疲れしずらい音作りがされています
故に刺激成分も少なく、人によってはつまらなく感じると思います。
ある意味、究極の「普通」なのだと思います。

手放した当時は遮音性第一で、イヤモニ型のBAに流れ
現在もSE846、umpro30、im03なども使ってはいるのですが
密閉された空間でBAの固めの音を聞くのに疲れる時があります。
800stは遮音性はそこまで高くなくとも、抜けがよく、高音が刺さらなく優しい音が
zx100の元気の良い音といい具和に混ざり合い、調度いい聴き心地になりました。
zx100所有している方は一度視聴してみてください
BA型をメインに使っている方のサブ機にもオススメです。

ただ一つ気になることがありまして、手元に当時購入したものがないので
何とも言えないのですが
2011年に購入した当時の音の印象と、購入間もないとは言え2016年に購入したものでは
音の傾向が多少違う気がします。
根本的な部分は同じなのですが、もっと低音が支配的で
中高音が丸い音だったような?
900stの音に近づける調整がされた気がしますが、どうでしょう?
気のせいかな・・・
製造時期が違う800stを複数お持ちの方は検証してみてください。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2010年10月25日
本機はスタジオモニターヘッドホンの名機MDR-CD900STのステージモニターイヤーレシーバー版ともいえる機種です(今回はスタジオモニターではありません)。
使用目的がライブなどでのステージモニター・ステージユースなだけに、耐久性などにも配慮されたモデルとなっているようです。
第一印象では落ち着いた印象の地味な音なのですが、これが良い意味での地味で自然な音なので、末永く付き合える機種だと思います。
主にwalkman NW-A846(エフェクト類やイコライザーは一切未使用の状態)で聞いてみた印象をもとに感想を。

宮地楽器さんのソニー開発者へのインタビューでソニーの乃木坂スタジオの中でも優れた音環境であるStudio 1のラージスピーカー(TEC:ton TTH-1s)をリファレンスとして開発したとあり、
CD900STとはまた違い、リフレッシュ・リニューアルされた価値観と音をもった新しいモニターイヤーレシーバーです。
実際にCD900STと聞き比べてみると、このEX800STは全体的に表現が濃ゆく、音に厚みがあります。現行のCD900STよりも低音は良く出ているように感じます。
音場感はCD900STに近く、広いわけではありませんが、ソースが持っている広さがあるとすればそれを想像させてくれる広さは持ちえます。
CD900STがすっきりとしたクールなモニターヘッドホンだとすれば、EX800STはおとなしめで落ち着いたモニターイヤーレシーバーといえるでしょう。
また、CD900STをお手本にしたといわれるイヤーレシーバーの名機EX90と比べると、EX800STにはEX90のきらきらとした元気さはありませんが解像度はEX800STの方が段違いに高く、
他社製でShure SE530との比較となると、EX800STの音域の上下のレンジの広さはSE530とは比較にならないほど広いものを感じさせてくれます。

音質的には地味な印象なのですが、低音や高音などどれかの帯域に特色や誇張を持たせることがまったくなく、極めて自然でニュートラルな音を出してくれます。
しかし解像度はかなり高く瞬発力やレスポンスも良いのでアタックや音の引き・締まりといった細やかな部分も非常に明瞭に描写します。
余韻のある響きがあるソースはもちろんその通りに再生し、入力されるソースへの追随性の高さはすばらしいものがあります。
今まで他のイヤーモニターを使用されていた方でも、この機種で聞き直すとおそらくは新たな発見があるかもしれません。
かといって、ことさらそれを誇張することのない奥ゆかしさも持ち合わせています。さりげなく自然とそれに気づかされてくれるところがこの機種の特徴ともいえるでしょう。
低音は濃ゆく厚みがあるのですが締まりがあります。その他の部分ではボーカルのさ行や高音などが刺さるということもありません。
解像度がありレスポンスが良い明瞭なモニター機というと聞き疲れするのでは?という疑問もあるでしょうが、
その再生音が極めて自然なため、聞き疲れするということがありません。そういう意味ではとても不思議な機種といえるでしょう。
イヤーピースによる音質差は標準のイヤーピースでバランスを取っていると思われるため、本機への社外品での使用はその質を変えてしまうことを念頭に置いておく必要がありそうです。
他機種(EX1000用など)とのケーブル交換についても同様のことが言えると思われます。

遮音性は標準添付のイヤーピース(個人的にフィットしたものはMサイズです)で、無音時ではある程度外の音が聞こえますが、再生音が出れば(音量12〜15程度)、外の音はマスクされて聞こえません。
またイヤーレシーバーから外への音漏れは上記の音量であれば気にするようなレベルではほぼありません。電車内での使用にも問題ないでしょう。
装着感はイヤーハンガーの軟質素材を耳の付け根にフィットするようになでつけて沿わせればそれなりに自然な装着感が得られるでしょう。
もともとがステージモニターとして開発されているので、アウトドアでの使用も問題ないです。
ケーブルが1.6mとパーソナルユースとしては長いので(モニター用途なので当然ですが)、長いと感じる場合はソニーの廉価機種などについているコード長アジャスターなどを使用して調整するとよいでしょう。

デザイン面では機種名の印刷された面は内側になるため外側からは黒い無地のイヤーレシーバーをつけているとしか見えません。
こういう面での主張が少ないのは残念な気もしますが、その音の性格ともあいまってEX800STらしいデザインといえるでしょう。

この機種は低音や高音といった部分を強調した音を好みとして良い音とする方にはまったく向かないと思いますが、
ソースそのものの音をがっつりと芯まで楽しみたいという方にとっては極上・至上のイヤーレシーバーとなるのではないでしょうか。
また、本来の目的通りステージモニターとしても当然ですが必要に十分すぎるほどの実力を備えていると思われます。
これまで海外産のイヤーモニターが多かった土俵だと思われますが、EX800STはそれらに変わりスタンダードになりうる力があると思われます。

22日に受け取り、かれこれ40時間以上聞いていますが、初期の印象から変わることなく実に自然な音を聞かせてくれています。
CD900ST同様に、変わることなく長く生産を続けて欲しい機種です。
0コメント| 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年8月4日
EX600を使用していましたが、高音が少しキツすぎるのと筐体がだいぶ傷んできたのでEX800を購入。
地味といえば地味な音ですが、D型ですから多ドライバBA独特のバラバラ感も無いですし、低音から高音までバランス良く鳴っていると思います。

遮音性はShure掛けタイプのイヤホンとしては断然に低いですが、外部の音をある程度耳に入れつつ音楽を楽しむという点ではちょうどいいと思っています。あまり遮音性が高いと道とか歩くときに怖いですからね。
装着感も独特の形状も相まって非常に快適だと思います。割と筐体は重いほうだと思いますがそれを感じさせないつけ心地です。
上記2点はEX600/1000とも共通していると思います。

筐体デザインは3兄弟の中では一番地味ですが、筐体に掘ってある「MDR-EX800ST JAPAN」という文字に所有欲をくすぐられま
す。
個包装のシンプルさは覚悟していましたがやはり届いてみると驚きます。
しかし付属のケースはEX600/1000より華美さには欠けるものの実用性の高いものだと思います。

唯一難癖つけるならケーブルの長さですが、幸い体は大きい方なのでそこまで苦になりません。
EX1000のケーブルと換装してもいいですが、せっかくのチューニングが崩れてしまいそうですので断線でもするまでは付属のケーブルを使おうと思います。

当分の間はイヤホン買わないぞ!と思えるほど満足しています。(そう言ってるそばからEX1000は欲しかったりするんですがw)
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月10日
SONY MDR-EX800ST を購入してみました。

業務用なのでSONYMDR-CD900ST同様、1年保証無し、簡単な

マニュアルと必要なもの(サイズS/LのイヤーピースとM装着済

の本体、キャリングケース)がシンプルに収められています。

で、聴いた印象は、あくまで『ニュートラルそのもの』を

イメージさせる音。演出がけて無理矢理広げたりはしない、

若干キャラクターは違いますが簡単に言えばMDR-CD900ST

の正統なインナーイヤーレシーバー版でしょうか?

すごく自然な感じがします。派手さや演出がかった音色や

音場ではないです。そして解像感も当然しっかりしてます。

楽器それぞれが細やかにしっかり分離して聞こえます。

分離してわかるレベルで聞こえるわけですが、しっかりと

まとまり、良く聞こえもする…つまり、判別する意味で

しっかりモニターしてる。流石 SONY !!

音一つ一つが前へ前へとはっきりわかる聞こえ方です。

録音音源によってはパートのバランス的に「ん?」と思うような

ところがあるものも、MDR-CD900STとほぼ同じ感覚です。

かといってどこかの音域が刺さるように聞こえる事も無く、

このMDR-EX800STでも「ちょっと低音盛り気味?」という

イメージなんですが、実はそうでもない。バランスはすごく良い

です。そして録音が良ければ深みのある音場も楽しめるという

おいしい機種。とはいえ、一聴して「お!」と思わせるような

すごい空間が広がるわけではないです。

音自体も『出るもの素直に出した』という、用途や目的から

考えて当たり前なんだけどそんな音なので、ちょい聞きで

劇的に感激するようなイヤーレシーバーを求めているという人

にはお薦めしません。(>_<")

ソースそのものを隅々まで楽しみたいという事なら、こんなに

おいしいイヤーレシーバーは無いです。

持ち歩きで使うなら結構切実な問題ですが、コードが長い!!

これは本来、モニタ-用なので、スマフォ他ポータブル機で

使おうとすると1.6mのコード長はちょっと長すぎます。

SONYに期待したいのは、このMDR-EX800STをMDR-CD900ST

同様モデルチェンジせずにずっと作り続けてと欲しい思います。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年11月30日
疲れない、心地良い音を出してくれます。
EX90SLのような透き通った音はでませんが、
モニターイヤホンらしい、解像度の高い明瞭な音が
展開されます。
どんなジャンルの音にも忠実です。
据置オーディオでは普段CD900STを愛用していますが、
このEX800STも素敵です。
長く大切に使っていきたいですね。
0コメント| 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年5月31日
趣味で、収録したクラッシックの生演奏を収録後に96KHz/24bitの音源からCDを制作していますが、音を出せない環境で収録するという、やむを得ない状況の際にMDR-EX800STを使用しています。高音域の素直な再生音、繊細さの点ではMDR-CD900STにはかなわない様に思います。両者の再生音の感じがもう少し近かければ更に使い勝手がよかったのではないかと思っています。TELARCのUCGT-7506(ASIN: B0000AFOK1)の組曲「展覧会の絵」の終曲のはじめの大太鼓の音が会場に響く感じや、DENON COCO-70451(ASIN: B000066ILZ) バッハ / 教会暦によるオルガン・コラール集のペダルの音域の、地を這うような低音を聴くと、MDR-CD900STよりも低域は伸びているのが、計測無しでもわかると思います。まあバランスよく聞こえ、丈夫そうで、モニタ用として安心して使えそうです。観賞用としてはもう少し安らぎがほしいかもしれません。
 製品はMDR-CD900STと同様に白箱に入って来ます。説明書はごく簡単で、保証書もありませんから、その辺の事情を理解できる経験者の方へお勧めです。このインナー・イヤー・モニタを別の用途のためにもう一つ必要なときや、幾年か後に買い直したい時に、同じ感度、同じ音質のものを入手できることもモニタ用として重要な要素になります。MDR-CD900STは1989年発売ですが24年を経た今も入手可能なので、たぶんSONYはMDR-EX800STにも同様の対処を考えていると期待しています。
0コメント| 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)