Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Cloud Drive オフィス家具購入でAmazonポイント10%還元 Amazon MasterCard nav_flyout_biss DVD Blu-ray Bargain 2016summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.649
5つ星のうち4.6
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2010年12月27日
使用環境・・DAPはウォークマンのA840、音源はロスレスです。 一カ月ほど使用した感想を述べます。

EX500からEX600への乗り換え組ですが、EX600の音に感動してEX1000に手を出してしまったクチです。
ですので、EX600との比較を交えながらレビューします。

高音の音質:非常に良いです。繊細さはかなり素晴らしいEX600以上と言えます。
        ただし、若干強調感があるように感じます。人によっては気になるかもしれません。キラキラしていて美しいとも取れますが。
        EX600の方が丸い(素直な)ので「高音の聴きやすさ単体」ではEX600がいいでしょうか。

低音の音質:非常に繊細。しかし量もあります。ただ、これは強調感などは感じず、適当であると思います。
        解像度・量ともにEX600以上です。

音場:籠りの無さと相まって、EX1000の最大の武器は正にこれであると思います。EX600からの乗り換えで最大に感動した点です。
    「そんなところから音がするの!?」ということがあるぐらい、甚だしく広く、細かいです。
    「透明感」と形容するのが適当でしょうか。
    EX600も音場は広いのですが、「籠り」があります。(EX1000を使用した後だと顕著です)

遮音性:ちょっと笑いました。EX600が実は遮音性高めだったためです。
     しかし、特別低いわけではないです。ピッタリのサイズのノイズアイソレーションイヤーピース(付属)で大分マシになります。
     ただ、騒音の特別多い環境での使用は考慮されていないだろうと思います。

装着感:慣れが必要ですが、非常に快適になります。耳かけの装着法に関しては、各自研究されるのがいいかと思います。
     音質的なストレスもほぼ皆無なので、気づけば一日中付けっぱなしということもあります。
     ただし、寝ホンは厳しいです。筐体が大きいので、寝返りが打てません(EX600も同様)。仰向けなら何ら問題ないです。
     就寝時に使用したい方はSHUREのイヤホンがいいでしょうか。ソニーならEX510がまだ適しているでしょう。

ほか:コードがEX600より太く(耐久性も向上しているでしょう)、部品に金属などを交え、高級感があります(中の金属線も最高級だとか)。
    筐体自体の高級感もあり、並べるとEX600がちゃっちく見えます。値段が2〜3倍以上違いますので、わざとそういう風にデザインしたのかもしれませんね。
    付属のケースは見かけは立派ですが、EX600同様、完全に保存用です。中のプラ部分を抜けばそれなりに使えないことも無いです。
    本革使用になってますが、そんなことより、ウォークマンと同梱できるようなものを付属するぐらいの気遣いが欲しかったですね。
    持ち歩く方は別途適当なものの購入が必要でしょう。
    コードは着脱式なので、これからバリエーションが増えるといいですね。(同梱はショートとロングの2種類です。ともにY字型)
   

総評:細かい弱点はあっても、全体的に満足しています。気が早いですが、次世代機が楽しみです。
0コメント|85人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年4月6日
MDR-EX300→500→600→1000と歩んできました EX600の方にレビューがあるのでそれも参考にしてくれれば幸いです。またEX1000のヘッドホン版ともいえるZ1000にもレビューがあります。

着けやすさはEX600とほぼ変わりません フックが結構しっかりしてるので抜けにくいです。

デザインはEX600より高級感があります、ミニプラグの所にはSONYが刻まれています、EX1000本体にはJAPANと刻まれています。EX600はTHAILANDです

音質に関して、EX600とは段違いです。
モニター最高峰として高中低音全てが明瞭に聞こえてきます。音の籠りはイヤホンとしてはまったくないと言っていいです。
全体的には僅かに低音より、CK100PROのようなきらめくような派手さは無くで落ち着いた音です。

音場が非常に広いです。音の分離度が高く、ひとつひとつの音がダイナミック型にしてはくっきりしており、広い音場を生かした豊かな音の重なりがあります。IE80や100PROと比べて更に一回りは広いです。

EX600は原音忠実路線ながら、やや音が籠っていることと低音の弱さ、若干シャリシャリしていました。しかしEX1000になり低音が単に聴こえるだけ→低音の響く心地よさが伝わってくる に変わりました。EX1000にして変わったと思うところです。音を楽しむという欲求を満たしてくれます。
EX600の良いところが全部二回りは更によくなったイメージです。

ヴォーカルに関しては、Z1000にも共通ですが、中低音の分厚さから、声の量感厚みがあります。高い解像度を生かし声の輪郭もありながら、声の伸びも十二分にあります。EX1000以外にも声が美しいイヤホンは多くありますが、飾らない生の声を出すのはEX1000が頭ひとつ抜きん出ています。本当に声が何一つ邪魔されず広い音場にありのまま広がります。若干響きが作られているとは思いますが音楽を楽しんで聴くという意味では完璧な調整だと思います

音場が広いので音が団子になることもありません、楽器ごとの定位もはっきりしており、音の重なり合いが絶妙です。低音の量感がありながら、声もしっかり前に出てます。

低域の量感はダイナミック型らしく、非常に量感がありつつ、締まりもかなりのものです。沈み込みもかなりのところまである。普通低域がこれだけ出るとヴォーカルや中音が埋もれることがありますが、音場の広さからしっかり他の音と住み分けがきっちりできています。

高音も美しく鳴ります。100PROのようにシャリーンときらめき、音の輪郭がガチガチに鮮明とまではいきませんが、それでもくっきりと鳴らします。豊かな低音に埋もれることもなく、十分に主張します。量感ある高音で角もそこまでないので刺さることはないです。

感想
EX1000はダイナミック型ならでの量感ある低音と音場の広さ、BA型に迫る解像度を得て明瞭に鳴らします。全体的な音色としてはやや暗めではありますが、どきっとするほどの美しさがあります。声の生っぽさがありながら、それぞれどの楽器もよく聞こえる鳴りは素晴らしいです。音も刺さらないので聞いていて疲れません。
おそらくダイナミック型の最高峰といっても過言ではありません
0コメント|25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月31日
音は抜群です。音については、山ほどのレビューがあるので、省略させて頂きます(笑)

次の様に、分けてバラで買えますよ。
必要なものがハッキリしているなら、バラが一番安く買えます。
・本体のみ(イヤピースは付属してない⁈。本体のみと記されているが、写真はイヤピース付きなので、不明?)
・ショートケーブル
・ロングケーブル
・ケース
この4つ合計でも、4万切ります(2015-10-31時点)。
私の場合、ロングケーブルは不要、ケースは携帯するにはデカ過ぎなので使っていません(別なケースを使っています)。
バラで買えば約1万円安く買えたのでした。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年12月31日
XBA H3、A3、Z5 とハイレゾ対応製品の完成度が期待した程良くない現状にあって、EX1000 は、ハイレゾ以前の開発ながら、非常に完成度が高く、今でもソニーで1番良いイヤホンだと思います。
EX800ST より、いい意味で少しドンシャリ気味で、より解像度が高く、音場も広い。滑らかな音ですが、角を丸めた音ではなく、粒立ちも良い。
0コメント|14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同名のクラシックの曲の演奏の細かな違いを室内で聴き比べるだけの目的で、数年前に買いました。
オーケストラでの弦楽器の音色が個々に明瞭に聞こえます。ソプラノ・メゾソプラノの歌手の僅かな装飾的技巧の差も区別できます。
もちろん外でも使えますが、私は室内限定で使っています。イヤホンは場所や用途によって複数の機種を使い分けています。
電車内等ではノイズキャンセル機能付きの別イヤホン、長時間聴くときは耳が痛くならないイヤホンや軽く圧迫感のないヘッドフォンで聴きます。
音質は私が使っているイヤホンでは最高です。低音は上質のヘッドホンほどではありませんが、中音はほぼ同じ、高音はそれ以上に感じます。
私は皮膚が敏感なので長時間聴くと耳が痛くなるのは他のカナル型の製品と同じですが、短時間で集中して聴くには最高の商品と思います。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年5月10日
1年程前に購入し現在も使用しているイヤホンのうちの一つです。

<デザイン>

良いと思う。ソニーらしいセンスだと感じました。

<高中音域>

音に関してだけなら本当に充分すぎる音質でしょう(イヤホンとして)
解像度、立体感、抜けの良さ、どれをとっても間違いなく最高です。
多少の刺さりはたしかに感じますが、逆にナチュラルに聞いていてまったく刺さらない音ってあるんでしょうか??
どんな事をしてもその曲の中に、人間が聞いて刺さりやすい音があれば刺さって聞こえるのは当然です。

<低音>

量感は普通です。少ないと良く見かけますが、それは低音過多なイヤホンと比較したらの話でしょう。
質は高いです。ただ、ie80の様な癖のある低音ではなく極々普通の素直な低音だと思います。

<装着性>

うーん、中の下ですかね。
イヤーハンガーで安定はしますが装着感その物は良いとは感じませんでした。
本体だけだと非常に装着性が悪いのでイヤーハンガーはそれの補いと考えた方が良いです。

<遮音性>

良くないですね。はっきり言って。ただ、それがこのイヤホンの価値を下げるとは思いません。
確かにこの遮音性だと風切り音などは凄いかもしれませんね。
しかし、それは自転車に乗りながら音楽を聴くだとかそのような類のことをしなければあまり
気にならないと自分は思います。※イヤホンしながらの自転車は本当にやめてください。

<総評>

音に関しては本当に良いので、イヤホンへの出費が無駄とは思わない方は買って損ないですよ。
色々それ以外気にする神経質な方へはどうかわかりませんが、音を楽しむ目的なら買いです!

以上、駄文ですがお読み頂きありがとうございました。
0コメント|15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年3月4日
【デザイン】
でかいw でも結構好きですw

【高音の音質】
繊細かつ上品に鳴らします。買ってすぐは多少サ行が刺さることもありますが,エイジングにより改善されます。

【低音の音質】
それほど量は多くありませんが,質よく鳴らします。EX700SLの濃厚な低音と比べると多少薄い感じもしますが,モニター的に鳴らしていると考えればこんなものかもしれません。

【フィット感】
大きい割りに,フィット感は良好です。イヤーハンガーの装着に最初苦労したが,慣れれば眼を瞑っていても装着は可能です。イヤーハンガーがあるおかげで,ユニットに下方向の加重が掛からず,長時間のリスニングにも最適です。

【外音遮断性】
EX700と同等レベル。ソニーのカナルはこれぐらいの遮音性が恐らく標準なんでしょう。地下鉄やJR京葉線のような大変うるさい環境では厳しいかもしれない。

【音漏れ防止】
これもEX700と同等レベルと思われる。EX510よりは漏れないが,図書館及び書店等の静かな場所での使用や満員電車のような密接する環境では,多少の注意が必要かもしれない。

【携帯性】
これは考えようによる。
イヤーハンガーをかけたままでも,音楽を止めれば普通に会話は可能ですから,付けたままであれば優秀といえる。
しかし,カバン等に入れて持ち運ぶには難がある。キャリーケースは大きすぎるのでNG。

【総評】
イヤホンでこれだけの音質や音場を実現するソニーの技術力に驚かされるばかりです。価格は高く感じますが,それだけの価値のある品です。しかしながら,キャリーケースはもう少し考えて欲しかったなぁ・・・w
0コメント|26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年12月18日
SONYのインナー・ヘッドフォンを愛用してきました。
EX90SL→EX700SL→EX1000と遍歴してきましたが、このEX1000は…凄いです。
はっきり言って、ヘッドッフォンに5万近く払うのは勇気がいります、私も家内から呆れられました。
しかし、このヘッドフォンはそんな「しがらみ」というか「雑音」をとっぱらってくれる程の音を聴かせてくれます。
今まで聴いていた音は一体何だったんだと思わせる位に…。なんと表現したらいいのだろうか。
例えば、「魔笛」ではステージの空気感まで。ショパンのピアノではハンマーの音までも。
マドンナでは一つ一つの音が明瞭に分離し、前の方できちっと定位する。
まさかここまでとは思いもしなかった…そんな世界を見せてくれたSONYに感謝したいです。

耳にひっかける部分の素材が唯一心配だったんですが、思った以上に柔らかで、
長時間のリスニングにも十分耐えられます。

ちなみにヘッドフォン部は made in Japan、
コード部は made in China です。
7N-OFCリッツ線のコードは60cmと1.2mの二つ付いています。
60cmがちょうどいい長さでこればかり使ってますが、
とにかく絡みにくいのも秀逸です!!

「目から鱗の世界」を是非多くの人に体感してほしいと思います。
0コメント|24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月30日
SONYの最高のイヤホンだと思います
BAやハイブリッドなどを最近発売しておりますがダイナミックのこの製品が一番です。
SONYよ、ハイレゾなんて言ってないでダイナミック型の感動する製品をもっと作ってくれ
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年11月10日
現在のソニーのイヤホンのフラグシップであるEX1000ですがヘッドホンのフラグシップのZ1000との共通点も
多々あります。
やはりこの音質を支えているのは液晶ポリマーフィルム振動板の存在でしょう。
分解能と低域から中域、高域へと自然にワイドレンジを鳴らしきるのは、下位機種との一番の差である素材の
差は大きいと思います。
また、フルデジタルアンプs-masterMX搭載ウォークマンA860シリーズとの相性が非常に良いですね。
試聴環境はウォークマンA867に音源はATRACロスレス、イヤホンジャックからへの直挿しです。
外付けアンプは音質劣化があるので使用しません。
聴いてみての一番の特徴はボーカル域から高域へ艶やかに伸びていく滑らかさ。
それでいて低域もしっかり出ていてボワつきが無く、特に厚みというかふっくらとした心地よい低音再生です。

一応EXシリーズはモニターとしてのラインナップなので最上位機種のEX1000になると遮音性とトレードオフに
なって音質を上げている部分があるのではないかとも思えます。より完全な遮音性を求めるならヘッドホンの
Z1000に一歩ゆずるところではあります。

先に書いたs-masterMXの開発上EX1000とZ1000との組み合わせでの相性を考えるのを避けることは出来ないと
思うので、一番相性のいい環境はウォークマンA860シリーズ直挿しが一番だと思いますし実際デスクトップの
デジタルアンプでx-アプリのATRACロスレスファイルを再生しても音の豊かさはウォークマンの方が良かった
です。

素直にドライブする機種なのでイコライザーやアンプでの一部の音を増幅して聴くにはやや勿体ないように
思います。
0コメント|11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)