Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard nav_flyout_biss Music Indies ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.7137
5つ星のうち4.7
価格:¥25,134+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年4月27日
​​​​購入から2ヶ月弱使用した感想です。

音質はフラットで、解像度が高く、クリアです。低域から高域までバランス良く、豊かな音で鳴らしますが、高域の耳に刺さる感じはほとんど感じません。分離感が高く、高い解像度も手伝って、曲に含まれる微細な音までしっかり聞き取れて、それぞれの音が個性を持って生き生きと鳴り、こちらを楽しませてくれますし、自然に広がる音がとても心地よいです。

この機種はヴォーカルと伴奏の音量バランスが絶妙で、ただ伴奏と分離しているだけじゃなく、「しっかりとヴォーカルにフォーカスされた音」が聴けます。伴奏がドンドンチャンチャンうるさいのではなく、あくまでメインにヴォーカルがしっかりと立ちます。それでいて伴奏の各楽器の音色を楽しむことも出来ます。

同価格帯のヘッドホンはあらかた試聴しましたが、解像度、耳への刺さりの少なさ、着用感、見た目の良さ、全てが最も高い領域で揃っているこれに決めました。3万円以下で手に入り、再生にアンプを必要としないヘッドホンの中では最高峰の製品だと思います。

HD598は側圧がとても優しく、そして軽いです。イヤーパッドはベロア生地で肌触りが良く、優しい着用感と音は、いつまでも音を聴いていたい気持ちにさせてくれます。

側圧が強すぎたり、重かったり、高、低域の音の刺激の強すぎるものは、とても長時間の視聴は出来ませんが、私はこのヘッドホンで丸一日音楽を聴く日もあるほど愛用しています。“しっかり鳴るのに耳に刺さる刺激が無い、本当に上質な高音、低音”を、このヘッドホンは聴かせてくれます。

弱点を2つ挙げます。まず一つ目は音場です。オーケストラを聴かない方には問題ないのですが、大編成のオーケストラになると急に窮屈な感じで、音量を上げるとうるさいし、下げると迫力が足りない、少し音場が足りない感じです。正直、フルオーケストラをメインに聴くなら違うヘッドホンの方が良いと思います。しかし中編成以下なら大丈夫で、コンサートホールにいる感覚も味わえるぐらい、音が広がります。ポピュラー、ロック、R&Bなど、恐らくほとんどのジャンルをオーソドックスに楽しめます。低音が足りなければイコライザで少し足せば、充分な音量が得られます。

あともう一つの弱点ですが、仕方ないのですがこのヘッドホンの能力が高すぎて、ヘッドホン以外の粗(あら)が如実に分かるようになってしまい、そこにお金をかけたくなるかもしれない、なかなか強力なヘッドホン沼への吸引力をこのヘッドホンが持っていることです。(苦笑)例えばダウンロードした音源がもし圧縮音源であった場合、その圧縮の過程で省かれてしまった足りない音や歪みに気付いてしまうようになります。(ちなみに現在ダウンロード出来る音源のほとんどは圧縮音源)そこで「初めてのハイレゾ音源」を買ってみるのですが、今度はそれでもスッキリしない“音のくもり”を感じます。これがスマホ直差しの限界で、「アンプ」と「ちゃんとしたプレーヤー」の必要性に気付く瞬間です。

つまり、それだけ綺麗に聴こえる、という事ですね。

以上、初めての高級ヘッドホンにこれを買ってしまった私の現状です。(笑)オーディオ沼にハマらない自信のある方、ハマる覚悟のある方に、私はこのヘッドホンをお薦めします。きっと幸せな時間を過ごすことが出来るでしょう。

[細かい補足]
・エイジングで音が変わるヘッドホンです。「エイジングとはこういう事」というのを感じることと思います。

・ケーブルは3mのみ付属です。オヤイデ電機から1.2mの専用ケーブルが発売されてますのでご興味の方は、「音がドンシャリに変わる」点だけ注意してご購入下さい。私は3mのまま使用しています。

・音が漏れ、外部の音も良く聞こえます。「静かな自室」をお持ちでない方は、使いにくいかもしれません。

・一時期肩こりが酷くなった時があるのですが、その時期の視聴は辛かったです。肩こりの酷い方にはヘッドホンよりもイヤホンをお勧めします。
0コメント|31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月25日
音も良く、付けていて疲れないヘッドホンで大変満足です。

不満な点は、ケーブルの位置が非常に気になりました。
ケーブル自体の質が良いと言えず
少し硬く癖があり邪魔な位置にケーブルが垂れてきます。
0コメント|7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月1日
開放型だけど低音はしっかり出てる。音場は広くない。音質は全体的に明るくて軽め、解像度もそれなりにある。だが、感動する程良いのではなく、あくまでミドルクラスレベル(価格並み)なので過度な期待は禁物。私はこのHD598で、更に上ヘッドホンはどんな音を奏でるのだろうとスパイラルにハマった。アンプで味付けを楽しめるが、あくまで味付け程度。
デザインは写真より高級感があり気に入っている。付け心地は最高で、ヘッドホンとしてこれだけでも価値があると思う。音質星3つ、デザインと装着感が星5つ、総合的な満足度として星4つにした。
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年6月9日
購入時はSONYさんのMR1と比較しました。
こちらは開放型ですし、比較の意図としては質の比較ではなく
どちらも欲しいヘッドホンという意味合いです。

手持ちのサ行が刺さりやすい曲の印象ですと
高音のササり具合は同じぐらいでした。
評判通りで、どちらも大丈夫でした。

MR1のような密閉型は、やはりインパクトはあるわけで
ポップス系の視聴時は、これだ! 思うほどでしたが
結局、値段は高くとも総合力でHD598を選びました。

具体的には合唱曲、オーケストラでの音場といいますか
広がりがHD598は素晴らしく
自分にとっての先代であるbeyerdynamicのDT 990 PROでもそうでしたが、さすがという印象です。

DT 990 PROは、強烈にサ行が刺さって厳しかったのですが
HD598は音の広がり自体は、僅かに劣るかなという印象ですが
バランスが最高で、まろやかで上品です。
"女性ボーカルの艶"という表現があると思うのですが
それは、こういう違いの事かと実感できました。

10万円以上のヘッドホンを知らない私にとっては
これまでで最高の出会いになりまして
当分、これでヘッドホンを買わずに済みそうです。
0コメント|50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年8月26日
掛け心地はHD595と全く同じで、見た目の違いは言うまでもないので
音質の違いを述べたいと思います。

自分は今もなおHD595の音が好きでHD598は使っていないのですが
どちらのヘッドフォンも良い点があるので少しだけ比較したいと思います
HD595に比べてHD598は
低域から高域まで音が締まっていて、現代的な音がします
HD595では全体的に音がゆるい感じですが(音が柔らかい)
このHD598は音が締まっていて音の形がよりハッキリしています。
HD598はどんな音楽でもこなしている感じで、明るく弾み、HD595に比べて元気が増した感じです。
HD595とHD598、どちらが良いかは音の好みや普段聴く音楽にもよると思いますが
より音の柔らかい方を好むならHD595、よりクッキリはっきりしてる方を好むならHD598の方がいいと思います。
0コメント|96人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年11月3日
オーテク、AKGと渡り歩いてきた遂に手にしたHD598。
使用していたオープン型がお亡くなりになったので、前々から憧れていたゼンハイザーに手を出してみた。

エージングする前の音は不安で仕方がなかったが、エージング後は成程納得…素晴らしい音だった。
まず一番に思ったのは音の分解具合。
こんな音がしていたのか、と感動した。
オープン型だが低音不足には感じず、高音も文句無し。耳を完全に覆うタイプだからだろうか。

あと装着感。
これは今まで使ってきたヘッドホンで間違いなく最高のものだと確信する。
軽い上に側圧も程々、耳を覆うので痛くもならず聴き疲れも無し。
もう装着感の悪いものには戻れそうにない。

個人的にはこの「プリン」カラーはGOOD。
珍しいカラーだと思うのでブラックやシルバーに飽きてきた人にどうだろうか。

悪い所。
強度が少し心配。
ハウジングとアームの取り付け部が見るからに貧弱、荒い使用は避けたい。

アームの布部分の劣化。
アームの布を編んである部分が僅かに解れ易いか、こちらも荒く扱うのは避けたほうがいい。

ケーブル装着のプラグ部分
ケーブル着脱式で、プラグを差し込んで回して固定するタイプだが、そのプラグが細く頼りなくプラグを回す度に断線が怖い。

以上。
悪い所も幾つか書いたが、個人的には文句無しのヘッドホンである。
大事に使っていきたい。
0コメント|138人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年4月2日
使用3ヶ月のレビューですのでその点をふまえて書かせていただきます。
環境:NW-Aシリーズ→PS3→HP-A3→HD598

今回はHD598とHD650の比較を求めている方に向けてのレビューです。また、極力優劣をつけず、レビューすることを心がけます
しかし、主観的な部分があることは了承ください。

音質:主に三点ほど違いがあると思います。 第一に音の特色について。 HD598はHD650に比べて低音が少ない。それほど少ない訳ではないですが、抑えられていることは確かです。HD650特有の暖かい低音というよりHD598は張りのある低音になっているという印象です。 高音中音は、HD598は低音が少ない分、はっきり聞こえます。 HD650の立ち位置はHD598のハイエンドとなってますが、音の特色を考える場合は、私は値段ではなく、好みで選んだ方がよいと思います。

第二に音場について、これに関してHD650の方が広いです。音場が広いか狭いかは、音の分離具合に影響しますが、広いと音の配置が分かり、狭いと音の一体感が分かります。どちらがいいかは好みになると思います。

第三に原音忠実性についてですが、これはどちらもゼンハイザー色に色づけされているのですが、HD650は低音に、HD598は中音に色付けされているように感じられました。

付け心地;HD598はHD595の後継機ということもあり、付け心地はとても良いです。ずれにくく、多少蒸れますが、長時間付けていられます。

見た目:私は気に言っているのですが、色合いで好みではないと言う方が多いようです。画像では、光の関係上、本来の色合いを出せないことがありますので、一度、現物を見るのがよいと思います。

総評;私のヘッドホンのお気に入りの一つです。なかなか、高級感があり、持ち歩きたくなります。ですが、このヘッドホンは標準プラグなので、ポータブル用に使うには、変換ジャックをつけなければなりません。(音漏れは解放型なので盛大にしますが)

また、ケーブルが着脱式ですが、まだ、専用の交換ケーブルが出ていないので、今後出る可能性はあるでしょう。
0コメント|132人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年10月15日
40時間ほど鳴らした時点での感想です。

■装着感■

装着感は素晴らしいの一言につきます。
耳がすっぽり包まれ、長時間装着していてもほとんど圧迫感を感じることはありません。

■遮音性■

遮音性は開放型の中でもかなり外の音が聞こえる方だと思います。
密閉型に慣れている方には、最初はほとんどヘッドフォンをしていないと感じるくらいに聴こえると思います。
特にクラシックなど音量の変化が大きい曲を聴く場合、
屋外の音や機械の駆動音などが多く入る部屋だと、環境ノイズが気になることがあるかも知れません。
反対に音漏れも同じ室内なら普通に聴き取れるくらいはしますので、屋外や人ごみでの使用はもちろん、
リビングなど家族が普通に生活空間にしている部屋での使用は避けた方が良いと思います。

■サウンド■

購入直後は中域ばかりが強調されてエコーがかかったようにボワついていましたが、
7〜8時間ほど鳴らしたくらいから音が締まりはじめ、響きが整理されて、
タイトで艶のある音色を楽しめるようになりました。

開放型のため低域はそれほど多くありませんが、くっきりとした音で心地よく鳴るので不足はありません。
また、中低域から中域にかけては、底光りするように艶やかな、このメーカーらしい表現力豊かな音色で、
聴いていて非常に楽しめます。

ただ、高域についてはやや頭打ちで、開放型から期待するほどのノビや抜けの良さは感じられません。
また、サウンドステージもそれほど広くないため、高域を重視する音源ではやや篭ったような印象を受けます。

総じて、音色の豊かさも含めて中低域は厚く、低域はタイトでしなやか、高域は抑え気味であり、
とりわけ中域の艶と表現力を求める方にとっては、たいへん素晴らしいヘッドホンだと思います。

一方で、高域の輝き、開放型らしい音の抜けの良さ、音場の開放感を求める方、
モニタヘッドホンのような原音忠実性を求める方にとっては、
やや期待外れになってしまう可能性があると思います。

■まとめ■

装着感は優秀ですが、遮音性とサウンドに関しては、決して万能型のヘッドホンではありませんので、
自分のイメージする音や、よく聴くジャンル、使用する環境などを考慮して、
可能であれば量販店等で試聴をされたうえで購入を検討されることをおすすめします。
0コメント|15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年2月22日
まず装着感ですが、耳がスッポリ入るタイプでイヤーパッドの内径と深さにも余裕があり、ヘッドクッションの素材も良く、側圧も強くないので、付け心地は最高です。
また開放型のため蒸れにくく、夏場の使用にも耐えられそうです。

続いて音質ですが、バランスは中低音が気持ち強めのほぼフラットです。
音楽ではボーカルの声が前に出てくる感じで、特に女性ボーカルとの相性が良いと思います。
音の分離と定位感もなかなか良いので、FPSゲームでは銃声の中での足音がとても聞き取りやすいです。

ヘッドホンは上を見るとキリが無く、HD598の上のHD650にすれば音は更に良くなりますが、インピーダンスがHD598と比べ極端に高く、性能を生かすためには別途アンプが必要になり、もしHD650+アンプに手を出したら、今度はHD700やHD800が気になってくるのが目に見えてるので、コストパフォーマンス的にも深入りし過ぎない為にも(笑)HD598がベストな選択だと判断しました。
それとコードが片出しなのも決め手の一つに。

今回初めて開放型のヘッドホンを購入しましたが、音の自然に鳴る感じ(スピーカーで聞いているのに近い感覚)に感動しました。
気にしていた音漏れは、密閉型と比べれば漏れますが、同じ空間にいる人に聞こえる程度で、薄い壁でも1枚挟んでしまえば全く聞こえないレベルです。
逆に外部音の遮断はほとんど無く、ボリュームを絞ればヘッドホンを付けたままでも会話出来ますし、携帯やインターホンの音も普通に聞こえます。

購入してから数ヶ月経ちますが欠点という欠点が見当たらなく、イヤーパッド・ヘッドクッション・コード等のパーツも交換できるので、長く使っていけるヘッドホンだと思います。
0コメント|26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年10月20日
高級ヘッドホンのエントリーモデル。
音に関しては素人同然なので、他の方のレビューを頼りに購入しました。

アンプはHP-A4を使用しての感想です。

開放型の透き通る音にも感動しましたが、特筆すべきは装着感です。
私はメガネをかけていますが、今までのヘッドホンでは、長時間付けてると耳の裏が痛くなることが度々ありました。
このヘッドホンはそれがありません。
程よい圧着で、耳全体を優しく包んでくれます。

音の細かい良し悪しは、もっと詳しい方のレビューを見てください。
私は、装着感だけでもオススメできるヘッドホンだと思います。

あ、当然音もものすごくいいですよ。
今まで聞いていた音源が、全く違う感じで聞くことができます。
ヘッドホンひとつでここまで変わるんだなあと感心しました。

次はステップアップして…と、あまり沼にハマらないよう気をつけますw
0コメント|7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)