消滅都市ストア Amazonファミリー ホリエモンチャンネル for Audible Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike nav_flyout_videogame ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 映画「ペット」×ペット用品 Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6207
5つ星のうち4.6
スタイル名: ボディ|変更
価格:¥84,800 - ¥128,766
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2011年6月21日
 EOSKissでは物足りない,しかし7Dは高価で高性能すぎる… ほどよくまとめられた新コンセプトのEOS機です。ボディ本体のみの購入ですが,レンズは1ヶ月ほど前に購入したタムロン製18〜270PZDをメインにしています。
【いいところ】
1 適度な重さとグリップの良さ。EOSKissシリーズよりも重く,7Dよりも軽量で,ベストバランスです。歴代のEOS機の中で最も丸みを帯びたデザインがなされており,このためカメラを握ったときのグリップ感はなかなかのものです。
2 適度な機能性。先代EOS50Dに比べると,連写速度はやや遅く,AFマイクロアジャストメントも省略されておりやや機能的に後退した部分も見られますが,普段使っている分には不自由を感じません。むしろ軽量化がなされ,ボディも大柄ではないことから軽快に撮影が楽しめます。
3 高画質。1,800万画素もありますので,レンズを選ぶのかなと思いましたが,前出のタムロン18〜270PZDとの組み合わせでは,倍率色収差もほとんど感じることがなく,極めてクリアな描写です。レンズ性能にもよるのでしょうが,絞り開放からシャープな像を結び(若干の周辺光量低下はある),1段絞るだけでさらに画質はよくなります。
4 優れた高感度。ISO2000でようやくノイズを感じる程度で,ISO3200でノイズが全体に見られるようになります。とはいうものの被写体いかんではノイズが気にならず,高感度領域でも積極的に使うことができます。
5 バリアングル液晶モニターの搭載。これが便利。ライブビューの撮影時に仰角,俯瞰の被写体に威力を発揮します。すでにかなりの機種で搭載されているバリアングル液晶ですが,もっと評価されてもよいように思います。液晶モニターが高精細なのも好印象です。
6 洗練された操作性。バリアングル液晶モニターを搭載したため,背面左側には操作ボタンはほとんどなく,ボタン類は右側に集中しています。これまでのEOSシリーズは,ボタンが液晶モニターの下,右側に分散配置されていましたが,本機のボタン配置のほうが分かりやすく感じます。また上面液晶パネルそばに配置されている4つのボタンは1機能1ボタンになっており,必要な操作が楽に行えます。
【困ったところ】
いまのところ,困ったというところはありません。
【使い方】
1 EOS機は上位機種から廉価機種まで,撮像素子は同じ画素数ですし(X50は除く),デジタル処理部も基本的に共通で,いずれも高画質を誇ります。その意味ではどの機種を選んでも画質的には満足すると思いますが,カメラの格を考えるとKissシリーズよりは上記機種らしい操作性を持っており,予算に余裕があれば本機のほうをお勧めします。機能性もバランスがよく,どなたにも推奨できるカメラに仕上がっています。
2 よってメイン機種として活用できます。7Dほどの重量もなく,軽快に撮影できます。
3 これまですべてライブビューを用い,120コマほど撮影していますが,バッテリインジゲーターは減りもしません。定格(ライブビュー使用で約320枚)以上の撮影ができるかもしれません。
4 軽快さが魅力の製品ですので,レンズもあまり重いものを使用するよりは軽いものを使ったほうがいいかもしれません。
5 被写体を選ばないカメラです。一台で何でもこなせそうです。キヤノン機を購入検討にしている方におすすめの一台です。
2コメント2件|340人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年10月30日
 6年間EOSKissDNを使ってきました。買い足しのカメラを選んだ結果、この60Dになりました。ほかの候補はKissX4、50D、7Dでした。店頭で同じレンズを装着した状態で比べ、マグネシウムボディの50Dと7Dはやはり重いと感じました。KissX4はKissDNに近い感触ですが、ラバーなど改良されて、グリップ感はずっと向上していました。ただ、小さいボディのため、小指の握る場所がなく、また中指がボディに当たって余ってしまうことはかわりません。この60Dは思いの外しっかり握ることができます。中指のところの「えぐれ」が効いています。プラボディのため軽く、一番構えやすいと感じました。プラボディを50Dからのスペックダウンと見る向きもありますが、軽量であることもこのカメラの特徴と言っていいと思います。
 撮影はまだ本格的に行っていませんが、室内での撮影でまず驚いたのは、高感度の描写です。ISO3200となるとノイズを覚悟していましたが、低感度とほとんど区別がつかないくらいシャープに写っています。単焦点はもちろん、ズームレンズでもストロボなしできれいな絵がとれます。
 操作系は大変わかりやすく、Kissユーザーならすぐに操作できると思います。特に便利と感じたのは露出補正がサブ電子ダイヤルだけでできることです。
 動画はビデオカメラに任せようと思っていますが、いざというとき役に立つかもしれません。
 液晶画面は本当に美しく、KissDNと比較になりません。ファインダーの視界はぐっと広がって明るくなり、ピントがわかりやすくなりました。バリアングル液晶はその特長を生かした撮影には至っていませんが、開いた状態でファインダーをのぞくと、鼻が当たらないため画面が汚れません。これは便利でした。シャッター音は「カコン」という感じでちょっと頼りなげ。KissDNの「シャキーン」といった感じの高い音が好きでしたが、60Dの静かなシャッター音もいいなと思っています。
 Kissシリーズからのステップアップには是非おすすめです。
0コメント|318人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年3月8日
デジタル一眼レフ初心者です。私は今回購入にあたって各メーカーを比較検討した結果、FullHDでの動画撮影も視野に入れていたので、高スペックかつエントリーモデルとしても評判のいいkiss X4か60Dで購入を迷っていました。(X5という選択肢も無くはなかったのですがいかんせん値段がコナレるまで時間がかかりそうだったのでパスしました)

使用目的としては、どちらかというと旅行や行楽などで三脚立ててがっつり撮るというより、もっと気軽に(相棒のような感じで)持ち出して、日常を一眼独特の世界観でスナップしたいと思っていました。なので、携帯性をとても重視していて、そういう意味でも軽さという点においてX4にしようと半ば決めていました。

実際に家電販売店で何度も何度も触ってみましたが、他の方がよく書いてらっしゃるプラスチックの安っぽさというのも全く気にならず(重厚感のある一眼っておじさんカメラマンみたいであまり好きじゃないので)、値段も手の届きやすい価格帯までコナレてきてたので「よし」と思っていたのですが、1点だけ気になるところが。

それはコンパクト化と軽量化に伴う結果なのですが、グリップした時にどうしても男性の私の手では指が余ってしまって中指がボディに強く当たってしまうところでした(手の大きさは至って一般的です)。最初はたいした問題ではないと思っていたのですが、何度も店頭で触っているうちに気づいたことが。

それはほんの10分程度握っているだけで中指先が軽く(あくまで軽くですけど)突き指したみたいな痛みを覚えるようになっていたことです。これは長時間の使用を考えると意外にクリティカルなポイントなのではないかと思い、購入を思いとどまりました。

そこでX4に比べてボディも大きく重い60Dに再び目が行くわけなんですが、もともとグリップ感は抜群だと思っていたので、長時間の使用感という視点で考え直すと、やはりこちらかと思い始め、あと不必要と思っていたバリアングルも実際店頭で使って撮影してみると意外に面白い画が撮れることがわかりました。ちょっと重いと思っていた点も、おそらく自分が今後多く使用するであろうと思っていた単焦点レンズを装着するとたいした重さにはならないこともわかり、値段もWレンズキットが10万円を切っていたので、後は勢いでポチっといってしまいました。

しばらく使ってみての感想は、『60Dにして良かった』ということです。

グリップ感の良さは携帯性をとても快適にしてくれますし、ある程度の重さがないと構えた時の安定感も出ないことがわかりました。あと何よりもともと視野に入れてなかったバリアングルをこんなにも多様して撮影している自分がなんだか面白いです。ちょっとフォーカスに時間がかかりますが地面からの視点の世界は普段の目線と全く違うものを見せてくれますし、FullHDの動画もとてもキレイにかつ気軽に撮れるので、休みの日以外でも平日の夜に60Dを持って散歩に出るようになりました。60Dで切り取った夜も街も色々な顔があって面白いですね。

60Dは長い付き合いになりそうな相棒です。
2コメント2件|208人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年10月4日
☆ISO6400、1800万画像、手ブレ防止レンズ
夜、マンションの五階から駅前の通りをISO6400、最高画質で撮影しました。 後々見てみると全然ザラツキが無い上に全くブレていない。三脚を使わないと無理だった夜撮影も全然問題なくできました。

☆ムービー
「オマケ機能」的な感じのレビューを見たのであまり期待してませんでしたが、渋谷のスタバからスクランブル交差点を撮影してみました。 通行する車一台一台がはっきりと写って、歩行者一人一人の顔がはっきりと見えました。繊細すぎる画質に本当に驚きました。(動画は消しました)三洋のザクティで撮影したフルハイビジョンの動画より普通に綺麗です。夜間や室内撮影したらさらに驚き。ザラツキが無いんです。これは本当に凄い。

☆バリアングル液晶
これはほぼ動画の為に追加された機能と言っていいです。が、ハイ・ローアングルの撮影には本当に役立ちます。普段の一眼で撮れなかった角度からもいろいろ撮れます。ただしピント合うのが遅くなります。
☆アートフィルター機能 一番気に入っている機能で撮影した写真を加工できる機能です。種類はラフモノクロ、ソフトフォーカス、トイカメラ、ジオラマの四つです。中でもトイカメラが気に入っていて、色調が暗く鮮やかな感じになります。

確かに50Dと比べると合金ボディから強化プラになった、撮影速度が遅くなった、画像エンジンがシングルのままなどスペックダウンした感じに思えますが、60Dは初心者向きの中級カメラになってしまったのでそれ以上を求める方は7Dを購入する事をオススメします。 初心者の方はkiss x4買うより断然こっちオススメです。
0コメント|217人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年12月19日
初めての一眼レフ、コスト的にそんなに冒険もできず、某芸大の講師の方に相談して「カメラや一眼レフムービーを始めるなら学生にはコレを薦めてます」と伺い決めました。
性能的には新型に及ばないものの、初めて一眼を握った私に、撮る喜びを教えてくれました。
レンズはcanonはもっておらずシグマが多いです。非常に綺麗に写るので問題ないです。
バリアングル機能は搭載されてる機種は一部ですが、あれば非常に便利な機能です。
ぜひ上位機種にもつけた方がいいと思います。(もしくは有無を選択できるようにしてほしい)
2年経つ頃、ダイナミックレンジやAPSCの画角に限界を感じてフルサイズの6Dや他のメーカーのカメラにも向き気味でしたがAEB撮影機能(HDR撮影の現像を前提に使える撮影方法)やミラーアップなど、細かな機能を使うと非常に精度の高い夜間撮影もこなせるようになりました。
ですので、上位機種への乗り換えはもう少し先になりそうです。
軽く扱いやすく、基本的な機能を覚えるにはうってつけ。
とてもいい買い物ができて嬉しく思います。
review image review image review image review image review image
0コメント|13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
 EOSD30以来,(D60,30Dを除く)EOSデジタル二桁番機を使用しています。このたび,期待していた60Dが発売されました。早速カタログを取り寄せ,読んでみると,残念な文字がびっしり。ボディはプラに格下げ,高速連写のダウン,AFマイクロアジャストメント,シンクロ端子の廃止,SDカードの採用と50Dの後継というよりも,Kissシリーズの延長となってしまいました。動画撮影,バリアングル液晶,アートフィルター等,新機能もありますが,普及機に格下げといったイメージをぬぐい去れず,今回はスルーするつもりでした。
 先日,60Dを使用する機会があり,数十枚撮影することができました。上がりを見て思わず声を上げてしまいました。それは,同じ条件(被写体・使用レンズ)での撮影で,7Dとの比較でノイズや階調など,明らかに60Dの方がよいカットが多いことです。7Dを使用していて不満だった画質が改善されていました。ネット上では,7DのCMOSセンサーはセカンドロットから変更になったという噂がありますが,私の7Dはファーストロットなのでその噂もさもありなんと思わせる画質の向上でした。
 7Dも最近の製品は画質が向上したということを聞き,発売当初は60Dと7Dとの価格差はわずかだったため,7Dを買い足しするつもりでしたが,ここに来て実売格が下がったため,60Dを購入しました。本格的に撮影をされる方は,絶対7Dを買われた方がよいと思いますが,7D,5Dmk2のサブ機を検討される方は,バッテリーの共通化もあり,60Dという選択もあると思います。(メモリーカード,リモートコントロールは共通ではありませんが)
 趣味の神楽の撮影では,5Dmk2のサブ機として重宝しています。スペックダウン分を差し引いて星一つマイナスですが,実際に使ってみて大満足です。
(編集2010/11/01)
追記(2010/11/12)使い勝手も◎
 7Dへの不満から,このところ出番の多い60Dですが,画質については予想以上です。神楽撮影では,ISOAUTO6400という高感度になることもありましたが,さすがにノイズは出るものの,画像の破綻もなく結構使えました。サブダイヤルと同軸になったコントローラーも使いやすいです。また,モードダイヤルのロックについても多少のがたつきはあるものの,バッグから出す際に動くこともなく有効です。50Dに比べ,スペックダウン(これは結構引っかかっていますが)分を差し引いても,使う度に評価が高くなっています。(結局,7Dは画質の悪さのため,修理行きの予定です)
0コメント|127人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年12月18日
初めは連写性能でも、AFポイントの数でもスペックの高いD7を買うつもりでしたが、60Dが見る間に安くなったので考え直しました。レンズが欲しかったので、高機能で古くて高いカメラに安めのレンズを付けるか、新しくて安くて十分な機能のカメラにもっと良いレンズを付けるかを考えたら、良いレンズが欲しいと思ったためです。しかも、CMOSセンサーは同じ画素数で60Dが新しくその上もともと評判がよい、そんなに早い連写性能はいらない、強化プラスチックは剛性がとても高い、少し軽い、スイッチ類の場所がすこぶる使いやすいなどなど、良いことずくめでした。さっそく以前から持っていた300ミリを付けて動物園で来年の干支のウサギや他の動物を撮りまくりました。動きが俊敏でがっしりしておりとても使いやすいです。画もきれいです。軽視されているバリアングル・モニターですが、長い間パワーショットで使い慣れていたので、いままでどうして一眼レフに採用されないのか不思議でしたが、これは便利です。ファインダーがのぞけないアングルはいくらでもあります。ビデオにしか使わない機能ではないです。レンズは現在物色中です。大満足、めちゃくちゃ楽しいです。
0コメント|90人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年7月5日
ピクチャースタイルボタンがなかったり
ホワイトバランスをメニューから設定しなくてはいけなかったり
します。
コンサート、ライブカメラマンをやったりするので
演奏中の設定をカスタムに設定していると、カスタム設定が一個しかないため足りません。

以上が不満なところになりますが、7Dを使ってなければ気にならないところです。
シャッター音は7Dよりも気持ちがいい感じがしますし、撮った絵も7Dと変わりません。

7Dの連射性が必要ないようでしたら、こちらを買ってレンズにお金をかけたほうがいいです。
0コメント|36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年5月23日
一眼レフカメラ入門として購入.EOS Kissと迷ったけど,値段が安くなっていてEOS Kiss X6と比較するとEOS 60Dのほうが安かったのでこれにしました.
レンズは,f18-55の標準レンズと迷いましたが,f18-135の中望遠に.
ちょっとレンズが重いため,旅行に行くときは少ししんどい.
でも,これひとつで大概の写真は取れます.そのため入門用としてはGood.
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年12月14日
デジタル一眼レフデビューです。
(とは言っても職場ではもっぱらデジイチを扱う)
EOS 60D ボディを購入しました。Kiss X4とニコンD3100とD7000、このあたりで迷っていました。
決め手はバリアングルモニター、音声外部入力(録音レベル設定やウインドカットも魅力)、ボディサイズ等々です。
レンズは50mmF1.8 とキャッシュバック対応のEF55-250mmF4-5.6ISを購入。
どちらも価格以上のパフォーマンスを見せてくてます。
外部マイクにはAT9942を使用しています。小さくて軽くて高性能。モノラルは素晴らしい。
SDカードはTranscend Class10 32GBです、とても良好に作動しております。
写真についてはISOを上げても 低ノイズなことに驚きました。27インチPCモニタで確認してもとても綺麗です。
動画にとても期待を持って購入しましたが、とても気持ちいです。
バリアングルは可動域が広く、快適かつ特異な撮影を可能にしてくれます。
液晶が非常に見やすい。屋外であってもストレス無く撮影できます。
ファインダーでの写真撮影時はもちろんですが、液晶での動画撮影時のボディホールド感も
とても快適です。まず、軽い。そしてえぐれたグリップとその質感。
どんな位置でもフォーカスリングを操作しやすいです。
なんだかベタぼめでうさん臭いかもしれませんが、とりあえず不快感は全くありません。
ニコンファンの友人がすすめるD7000を横目に60Dを選んだ僕を褒めてあげたいです。
ひとつだけ言うならば、おまけで貰ったカメラバッグがレンズをつけたままでは窮屈で、いまひとつだったことぐらいです。
ん〜、いい買い物でした!
0コメント|83人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)