Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike DVD Blu-ray Bargain 2015summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.565
5つ星のうち4.5
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2008年5月21日
ポールはこのアルバムの前までは悪人として見られていた。ビートルズを解散に追い込んだ張本人として。「ラム」などすばらしい作品を作っても酷評されていた。しかし、このアルバムは、曲単位で聴いても、アルバム全体の構成で言っても文句のつけようがない作品に仕上がっている。ジョンやジョージが「ポールの曲は訴えるものがない」といっていたらしいが、「万人が楽しめる音楽、メロディこそもっとも大切だ。いいじゃないか、それで。」というポールの信条がにじみ出ている。このアルバムからウイングスの黄金期が始まり、ポールの第2期黄金期が始まった記念すべき一枚である。
0コメント|28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2002年2月20日
 このアルバムが出たときにはそれまで批判をくり返してきた批評家達もさすがに口をつぐまざるをえなかったようです。レコーディング直前になってギタリストとドラマーが脱退するというハプニングも「災い転じて福となす」かえってすっきりした仕上がりになっています。1stですでに披露していたポールのドラミングも冴え渡りその結果、タイトルチューンと「ジェット」のシングルヒットが生まれました。
 そしてここからしばらくは「向かうところ敵なし」のポールの快進撃が続きます・・・
PS DISC2はインタビューが中心なので英語が苦手な方にはちょっと退屈かもしれません。
0コメント|20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2007年4月7日
ビートルズ解散後のポール・マッカートニーが名実ともに一線復帰した名作アルバムです。

ポールの単独としては70年「マッカートニー」71年「ラム」72年「ワイルド・ライフ」

(妻リンダと元ムーディー・ブルースのデニー・レインを中心に結成されたウィングスとして初の名義作品)

あたりまではビートルズ後半のクリエイティヴ・ピークを過ぎた燃え尽き感のような作品、と、

当時の評論家の酷評の嵐だったと聞いています

(それはそれでポールの私的な内容が窺えてのちに再評価もされているのですが)。

「マイ・ラヴ」がヒットした73年「レッド・ローズ・スピードウェイ」でようやく

目が覚めた感のあるポールは、次の作品である今作で、かつてポールの持ち味だった

当時としては画期的なバラエティ感にあふれたアルバム作りを披露しています。

ヒット性高い楽曲「バンド・オン・ザ・ラン」「ジェット」、

バラード「ブルーバード」、ポールお得意のブルース「レット・ミー・ロール・イット」と

ドライヴ感あふれる「ミセス・ヴァンデビルト」「1985」収録。

今回のCDリマスター化では2枚組の形で出ましたが、なぜかオリジナル盤であるはずの

1枚目に「Helen Wheels」が追加収録されています。ポール自身の希望でしょか?

2枚目はインタビュー中心ですが、発売当時に付録でついていたおまけのポスターが

CDに合わせた大きさに縮小されているのも当時のファンの心をくすぐります(それにしても豪華)。

今回は特に、ホーンとギター・カッティングでかつてのアナログ時代のこもった感じが

消え、クリアに抜けるスケール感のあふれる音として生まれ変わっています。

レコード時代聴き流していた「マムーニア」「ノー・ワーズ」がとても好感もって聴こえてきます。
0コメント|13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年8月25日
このリマスター版では、米国キャピタル版に倣って「Helen Wheels」が収録されているのですが・・・う〜ん、違和感を感じまくります。B面にはポールらしいイングランド民謡をベースにしたような曲が続いて、僕にとってはアビ−ロードのB面に近い心地よさがあったのです。「No Words」の後には「Picasso's Last Words」であるべきなのに。タイトルからして、この2曲の連続性を断ってしまったのは?ですね。
0コメント|6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2003年12月12日
「ウイングスパン」等のビデオを見れば分かるのだが、このアルバムはアフリカ,ナイジェリアはラゴスで録音されている。一部の地元ミージシャンを除きポール&リンダにD・レインを加えた3人のみで収録され、先行シングル「愛しのヘレン」に続きリリースされた。「愛しのヘレン」は国内オリジナル盤には収録されていないが、キャピトルの強い意向で米盤にはB面の3曲目に収録された。(このリマスター盤も米キャピトル盤に準じている。)結果、このアルバムは都合3曲の全米トップテン・ヒットを含むポール最高傑作の1枚となった。1STシングル「ジェツト」(全米7位:ポールの当時の愛犬の名前から名付けたらしい?)、2NDシングル「バンド・オン・ザ・ラン」(全米1位)それに先の「愛しのヘレン」(全米10位)がそれだ。その他の楽曲にしてもこれまでの4枚のソロアルバムとは違い駄作が見当たらない。A面にはいかにもポールらしいヒット性抜群のナンバーが並び、B面にも彼の音楽性の高さやセンスの良さが光る佳曲が収められている。そしてグラミー賞などにもノミネートされ『ネオ・ビートルズ・サウンド』として世間を唸らせるに至った。このアルバムを機にポール(とウイングス)は更なる自信を深め、ビートルズ以来2度目の頂点を極める事となった。DISK2にはインタビューやリハーサル・テイク等が収められているが、こちらはご愛嬌という事で楽しんで頂きたい。若い方で最近?ビートルズ・ファンになられた方には、是非お奨めしたい一枚。
0コメント|14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2003年12月9日
「ウイングスパン」等のビデオを見れば分かるのだが、このアルバムはアフリカ・ナイジェリアはラゴスで録音されている。一部の地元ミージシャンを除きポール&リンダにD・レインを加えた3人のみで収録され、先行シングル「愛しのヘレン」に続きリリースされた。(「愛しのヘレン」はキャピトルの強い意向で米盤にはB面の3曲目に収録されていたが、ボーナス・トラックとして本CDにも収録)結果、このアルバムは都合3曲の全米トップテン・ヒットを含むポール最高傑作の1枚となった。1STシングル「ジェツト」(全米7位:ポールの当時の愛犬の名前から名付けたらしい?)、2NDシングル「バンド・オン・ザ・ラン」(全米1位)それに先の「愛しのヘレン」(全米10位)がそれだ。その他の楽曲にしてもこれまでの4枚のソロアルバムとは違い駄作が見当たらない。A面にはいかにもポールらしいヒット性抜群のナンバーが並び、B面にも彼の音楽性の高さやセンスの良さが光る佳曲が収められている。そしてグラミー賞などにもノミネートされ『ネオ・ビートルズ・サウンド』として世間を唸らせるに至った。このアルバムを機にポール(とウイングス)は更なる自信を深め、ビートルズ以来2度目の頂点を極める事となった。若い方で最近?ビートルズ・ファンになられた方には、是非お奨めしたい一枚。
0コメント|13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年12月1日
ポール・マッカートニー&ウイングス/バンド・オン・ザ・ラン

元ビートルズのポール・マッカートニーがウイングス名義で出したソロ5作目(全英・全米アルバムチャート1位)。ソフトロックのようなメロディックな音。ポールと妻のリンダ・マッカートニーと元ムーディー・ブルースのギタリストのデニー・レインの3人で制作。ポール自身がドラムを含めほとんどすべての楽器を演奏している。ビートルズ解散後のポールのソロ作品の中では高く評価されているものの一つ。ヒットシングル「Band on the Run」、「Jet」収録
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2005年7月17日
前作『レッド・ローズ・スピードウェイ』は、かゆいところに手が届く、非常に凝った久々の秀作だったが、今作。大技である。最高。英プレスの非常に厳しい態度も本作以降、好転した。とにかくこのアルバムはテンションが高い。「愉しさ」が満ち溢れているのだ。しかもビートルズ時代を彷彿とさせる絶妙の構成力も発揮されており、ポール快進撃時代の始まりを告げるアルバムである。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2007年8月5日
 ビートルズ脱退後のポールが遂に世に送り出した傑作(1974年リリース)。全米全英で共にチャート1位を記録した大ヒット作です。名盤好きなら必ず押さえておきましょう。
 本作最大のキモはタイトル曲でしょう。全く違うタイプの3曲(4曲?)を強引に繋げたが故に唯一無二の名曲となった大作です。シングルとしても大ヒット(全米1位/全英3位)しましたが、普通こんな曲の作り方は誰もやらないだろうし、ましてやシングル曲としてリリースするなんてレコード会社が許さないでしょう。そういった意味で本曲は大物ポール・マッカートニー以外では「あり得ない」曲だったと言えるでしょう。ポール・マッカートニーこそ真の革新者です。
 反面、他の収録曲に関しては以外に凡庸な曲が多いのも事実です。が、だからこそ絶妙な「トータル性」を身に着けたともいえるでしょう。そう、これこそがポール・マッカートニーの「マジック」なのです。ポール、恐るべし。
 CDではイマイチ有難味が薄れていますが、ジャケットデザインも秀逸。ほとんど映画のサントラのノリです。ポールに限らず70年代の名盤には素晴らしいアルバムジャケットを奢られた物が多いですが、CDの時代となってからはジャケットデザイン軽視の風潮が強くなっていき、昨今勢力を伸ばしつつあるインターネットによる音楽配信…とうとうジャケット無視!あぁ、大衆芸術として最高峰に君臨していたロック・ミュージックは今後どうなってゆくのでしょうか。
 そう、本作はロックの名盤であるばかりか、大衆芸術の最高峰と呼べる作品なのです。特に若い洋楽ファンの方々、本作は必ず押さえておいて下さい。
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年1月16日
サラウンド版が聞きたくて入手しましたが、バンドオンザランは「良し来たー」と感動しましたが、あとは「まあこんなものか〜」って感じです。中古でも1万円越えしてますので、あまり過大な期待はしない方が良いと思います。
只、Venus&Marsの音像があまりにもひどかったので、こちらのほうが普通な処理はされていると思います。
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

他のお客様はこれらの商品もチェックしています

¥1,156
¥2,048
¥2,121