Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student SOS0501 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 Musicexclusive ファッションギフトセレクション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 夏前ダイエット特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3142
5つ星のうち4.3
サイズ名: 除湿ユニット|変更
価格:¥2,270+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2012年7月2日
キャパティ ドライボックス 8L用に購入しました。

Amazonやメーカーサイトの商品説明は初期型の黒ラベルのもので、
リフレッシュ時間が30〜40分となっていますが、
実際に届いた「モバイルドライMD-2」は青いラベルのモデルチェンジ版で、
初回リフレッシュに4時間、通常リフレッシュに2〜3時間かかります。

肝心の除湿能力ですが、湿度60%の8Lボックス内に投入すると2〜3時間で40%程度まで下がり、
半日後には18%程度まで乾燥します。

すでに5〜6回蓋を開放してテストしてみましたが、いまだにMD-2ゲージの色は真っ青で変化がありません。

初期型は所有していませんので、他の方のレビューを見て受けた印象ですが、
青ラベルタイプは、リフレッシュ時間が増加しましたが、吸水量などの基本性能は向上してそうです。
0コメント|37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年2月10日
使い捨てをかれこれドライボックスにて10数年使ってきましたが、
これを使ってゴミ、コスト、見た目、買いに行く手間、若干の不安などなど
すべて解消されました。

ちょっと初期投資が大きいですが除湿に関してスマートになれると思えばちょうど良い価格かと思います。
使い捨ての物より除湿クオリティーも高い気がします。

2000円切ればもっと売れる商品だと思います。
0コメント|24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年7月16日
東洋リビング電気式除湿保管庫を所有するも、日々使用のカメラの簡易保管に最適。夏季は1~2週間に1回のリフレッシュ、冬季は1ヵ月以上も保つ。
0コメント|10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト1000レビュアー2014年6月28日
ナカバヤシ 湿気シャットアウト キャパティ ドライボックス27L グレー DB-27L-Nと組み合わせて使用しています。

シリカゲルのレビューには電子レンジなどで再生する方法が多々紹介されていますが、面倒なことが嫌いな私にはとても実行できそうもありません。

その点これはコンセントに差し込むだけで除湿能力が再生するので非常に楽です。

しかも湿度70%の環境でも一晩で20%にまで下げてしまう程その除湿能力は強力です。

下手にケチって安いシリカゲルを買うよりも最初からこちらを買った方が後悔が無いと思います。

確かに価格はもうちょっと頑張って欲しいとは思いますが、大切なカメラやレンズをカビでパーにしてしまうことを考えれば安いものです。
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年8月15日
ナカバヤシのドライボックス27Lと併用して、夏場のカメラボディー保管に使用しています。効果は部屋の湿度にも因ると思いますが、湿度管理している部屋で、これくらいのドライボックスであれば簡単に除湿出来ます。ただ、ブルーになるまでコンセントでリフレッシュし過ぎると、庫内があっという間にドライ(過乾燥)になるので注意が必要です。除湿が過ぎるとボディーのラバーや樹脂部分を傷める原因になります。
 最近のカメラボディーとレンズは防塵防滴性が高くなっており、キャップをしたままだとあまり意味が無いので、適湿のときはそれぞれキャップをはずし、ある程度経過してからキャップを嵌めて保管しています。
0コメント|25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月21日
吸湿と通電時の放湿について時間ごとに重量を量って調べてみました。
重量の増減から吸湿量や放湿量がわかります。

まずメーカーの指示通りに4時間以上通電し、インジケーターが青くなったものの重量を量りました。
その結果199.2gが乾燥時の重量とわかりました。
その後、室内の28~30℃、60~70%RHの状況下に放置したところ、一時間に約0.2g程度ずつ吸湿し、34時間後に206.9gとなりました。
ただし、吸湿するにつれ時間当たりの吸湿量が減っているような傾向がありましたので0.2g/hourの吸湿量はかなりざっくりです。
また、室内の温度や湿度にもよるはずです。
まだまだ吸湿し続けると思いますが、吸湿はここで終了しました。購入時の重量を量ればよかったですね。

次に、通電時の放湿は、100分程度で206.9gから200gになり、その後は少しずつしか放湿しませんでした。
もう一度吸湿させて、通電開始時に202.9gの時、つまり吸湿量が少ないときはより速く200gを切り、その後の時間当たりの放湿量が減少しました。

グラフを載せときます。データ数が少ないですが傾向は見えると思います。
review image
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2015年2月3日
これまでは簡易ボックスに吸湿剤を入れ、色が変わったら中身を出してレンジでチンしてまた紙袋に入れて・・・
こんなことを繰り返していたのですが、ふとこの製品を見つけることができて試しに購入。
使い始めは4時間程度コンセントへ装着しておくとのことでその通りに行い、色が変わっていることを確認して簡易ボックスへ。
数日経ちますがしっかりと40%程度を維持しています。
今後は色が変わったら2時間程度で良いとのことなので、メンテナンスがとても楽になりました。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年9月24日
今まで普通の乾燥剤をドライボックスに入れて
使っていたのですが、いまひとつでした。
ところが、このモバイルドライは繰り返し使用できてとてもいいです。

もっと写真雑誌等で、宣伝しまくってみれば
多くの人に知ってもらえていいのでは?

こんなに便利なもの、もっと多くの人に知ってもらいたいです。

いいものです。
0コメント|23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年3月31日
この製品の使い勝手の良さはお墨付きです。ただ、問題は多くのレビューに書かれているように、乾燥時間の管理です。乾燥しすぎないように、庫内を希望の湿度に保つためには、通電時間の目安を守ることです。ただ、2時間たったら、4時間たったらコンセントを抜くというのは、忘れがち。そこで、私はタイマーを使っています。「~分たったらOFF」とか、「~分たったらON」とかいうやつです。これなら切り忘れがないので、庫内の湿度を見て、思いついたら寝る前に通電を始めて、朝起きたら通電が終わり、しかも冷めているので、防湿庫に戻します。とても便利です。
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年9月23日
キャパティ ドライボックス 11L用に購入しました。
先ずは90分掛けて、完全リフレッシュ。湿度が70%→35%に。
30%〜40%を維持させるのは、湿度40%になったら30分の通電で良さそうですが、
1ヶ月維持できないので、45%超えたら40分通電にしています。(夏は一週間に一度通電)

以下、ご参考
>トーリ・ハンでは撮影機材は30〜40%程度を推奨しています。
>10〜20%のように極端に湿度を下げすぎると、古いカメラの蛇腹部分や、カメラ表皮の革が傷むなど、劣化の原因になります。
[...]
0コメント|37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)