お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

11人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
2010年7月2日
いやいやいやいや、まさか、「怪奇!血のしたたる家」が発売されるとは(笑)しかもデジタル・リマスターされて、TV放映時の日本語吹替版まで収録されて。やっぱり長生きはするもんですねえ(笑)これを関西地方のUHF局であるサンテレビで見た当時は小学生でしたが、僕にとっては神様である(笑)ピーター・カッシングとクリストファー・リーのカタカナの文字を新聞のTV欄の映画劇場で見つけては必死になって、親に怒られながら(笑)見ていたのが懐かしいです。同じアミカス・プロの「残酷の沼」と共に忘れられません。
0コメントこのレビューは参考になりましたか?はいいいえフィードバックを送信中...
フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
11人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
2010年6月13日
オムニバス映画の中では、いずれのエピソードも見応えがあり、時間的にも適当で、P・カッシング、C・リーを筆頭にD・エリオット、I・ピットとなかなかメジャーな出演者で楽しめる作品。
P・カッシングはいつもながらの巧い演技で蝋人形館の不気味さと相まって手堅くまとめた感じ。C・リーは幼い娘に恐怖を抱くさまは迫力があり、見応えがありました。
この類のオムニバス映画としては、面白い部類に入ると思います。
0コメントこのレビューは参考になりましたか?はいいいえフィードバックを送信中...
フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
1人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
アミカス・プロ製作の四話入り怪奇オムニバス・ホラー佳作で、ビデオ邦題「ブラッド・ゾーン」だったと思う。
ピーター・デュフェル監督作品(1970年製作)。

イングリッド・ピットが、十八番の女吸血鬼となる四話目だけはコミカル色である。
他はオカルト・サスペンス色の濃厚な展開内容で、特にピーター・カッシングとクリストファー・リーの二人は、
悲惨な末路を遂げる恐怖譚が描かれている。<別々のエピソードで二人とも悲劇的な展開は珍しい。>

原作は「サイコ」(60)で有名なロバート・ブロックでアミカスでは「残酷の沼」(67年作、既発売)、
「アサイラム/狂人病棟」(72年作、未発売)、本作の三本のオムニバス物が製作されている。

他にも同系統色で「魔界からの招待状」(72)、「呪われた墓」(73)、「墓場にて」(73)等があるが、
個人的にはアミカスの名を上げた決定版的で、且つ先駆的な傑作「テラー博士の恐怖」(64)の発売も切望している。
この作品こそ怪奇オムニバス物大傑作であるのだが...。
0コメントこのレビューは参考になりましたか?はいいいえフィードバックを送信中...
フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
4人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
 英国アミカスプロお得意のオムニバス・ホラーです。
 名手ロバート・ブロックの脚本ですが、話その物の多様性と出来は、同プロの『残酷の沼』よりやや甘いですが、それを補って余りあるのが英国を代表する錚々たる怪奇俳優陣です。
 ピーター・カッシング出演のエピソードは、今観ると肝心の美術の立体造形がやや弱いですが、カッシングがクラシック音楽をバックに今は無き想い人を偲んで英国田園や地方都市を散策するシーンは、美中年カッシングの渋い色気が強烈で、ファンには堪りません。
 別エピソードではクリストファー・リーが珍しく恐怖心を強面に隠して暮らす厳格な父親役を演じています。
 後は同じく英国紳士のダンディズムを感じさせるデンフォルム・エリオットや、この時期のゴージャスな色気はいつ見ても惚れ惚れするイングリット・ピット、そして上記リーの娘役を演じた美少女クロエ・フランクスとその家庭教師役のニリー・ドーン・ポーターの演技が見応え有ります。

 特典では、製作者M・ローゼンバーグのインタビューが短いけれども興味深く、特に上記クロエ評はウェットに富んでおり必見です。
 TV放映時の吹き替え収録は東京12CHで本作に初めて触れた身には嬉しいオマケでした。

 古き良き英国怪奇映画をお好きな方にはお薦めです。
0コメントこのレビューは参考になりましたか?はいいいえフィードバックを送信中...
フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
3人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
2014年4月6日
大英帝国のホラー映画製作会社と言えば、ハマー・プロが代表格であるが、ハマーに次ぐのが知る人ぞ知るアミカス・プロ。
しかしクリストファー・リーとピーター・カッシングの2大俳優が出演しているので、てっきりホラー映画に造詣が深くない私は今作をハマー・プロ製作と勘違いした。
でも良く良く考えればあの「テラー博士の恐怖」にもドラキュラ伯爵とヘルシング教授は出演していた訳だから、大英帝国の俳優って節操がないんだなぁと思った次第。
まぁハマーだろうがアミカスだろうが面白けりゃ良いんだが、如何せん4話ともそこそこの出来止まり。

田舎のとある屋敷に住んでいた映画スターのヘンダーソン(ジョン・パートウィー)が失踪し、地元警察に警視庁からホロウェイ警部補(ジョン・ベネット)が派遣される。
地元警察のマーティン巡査部長(ジョン・マルコム)がホロウェイ警部補に屋敷ではヘンダーソン失踪事件以前にも呪われた事件があったことを語り出すところから物語は始まる。
第1話 "Method For Murder"
ホラー小説作家のチャールズ(デンホルム・エリオット)と妻のアリス(ジョアンナ・ダナム)のヒリヤー夫妻が屋敷を借りる事になる。
自ら創作した殺人鬼の陰に怯える作家の運命や如何に???
第2話 "Waxworks"
次に屋敷を借りたのは引退した株の仲買人グレイソン(カッシング)。
蝋人形館で今は亡き恋人のと瓜二つのサロメ人形に魅入られた男の運命や如何に???
第3話 "Sweets To The Sweet"
次に屋敷を借りたのは実業家のジョン・リード(リー)。
陽を異常なまでに恐れる娘とそんな娘への恐れを隠す為に厳しく接する父親の運命や如何に???
第4話 "The Cloak"
そして最後にこの屋敷を借りたのは映画スターのヘンダーソン。
どう見ても怪しげな貸衣装屋からマントを入手した怪奇映画俳優の運命や如何に???

70年作だけに昨今のCG塗れのホラー映画のような度肝抜くショッキング映像は全くなし。
全編もったりしたストーリー展開なので、次から次へと色んな事が引っ切り無しに起こる最近の映画しか観た事のない人には辛いでしょう。
まぁハッキリ言って万人受けはしません。
しかしドラキュラや蛇女が出てくるわけじゃないんですが、画面から漂って来る雰囲気が何とも言い難く、ゴシック・ホラーが好きな方には堪らんでしょうね。
かく言う私もそうなんですが...

前述の大御所お二人以外ではハマー・プロの女吸血鬼役で有名なイングリット・ピットが何時もながらセクシーで美しく、目を奪われます。
ちなみに彼女は今作の撮影が延びた為に契約していたハマー・プロでの3本目の女吸血鬼物「恐怖の吸血美女」の出演をキャンセルしています。
その代わりと言っては何ですが、今作でチョコッとだけ女吸血鬼に扮してはくれます。これは観てのお楽しみ。
8コメント8件このレビューは参考になりましたか?はいいいえフィードバックを送信中...
フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
10人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
2010年6月25日
子供の頃TVで観て以来ずっと印象に残っていました。大好きな作品です。

その呪われた家を借りる人が次々に悲劇に遭います。

書棚にE・A・ポオの本が並んでいて、ロバート・ブロックのクレジットが出て、クリストファー・リーやピーター・カッシングが出演、好きな人にはたまりません。

蝋人形館、呪いの蝋人形、ドラキュラのマントなど、古典的な小道具も魅力です。

クリストファー・リーの娘役はかなりの美少女です。

特に今回は、TV放送時の吹替え版が収録とのことで、即買いしました。
0コメントこのレビューは参考になりましたか?はいいいえフィードバックを送信中...
フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
4人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
2010年8月28日
確かアミカスプロでしたっけ
「墓場にて」とか「アサイラム狂人病棟」とか
なかなか 各話ムードのある傑作ばかりです
SPOさん 是非 全部リリースお願いします
0コメントこのレビューは参考になりましたか?はいいいえフィードバックを送信中...
フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
9人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
2010年9月30日
セールスポイントには「木曜洋画劇場の吹替収録」とありますが、実際搭載されているのはそれ以降に放送された90分枠でのカット版ですので、トータル30分近くのカットがされております。
音源自体の初出は確かに木曜洋画ではありますが、あたかも2時間枠の音源が入っているかのような記載は紛らわしいのでやめていただきたいと思います、せめて収録時間の記載くらいはすべきかと。
それ以外は文句の付け様が無い仕様なので(解説書には詳細な声優の配役まで記載されています)、ただ一点そこだけが残念です。
0コメントこのレビューは参考になりましたか?はいいいえフィードバックを送信中...
フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
5人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
2010年9月26日
日本語吹き替え付に興奮した。但し、テレビ放映用吹き替えなので多少の欠けは覚悟してたが、想像以上に吹き替えの欠けが多く感じられたのが残念。
スクィーズ収録・画質は文句なし。値段もお手ごろ。内容的には、現代のスプラッターなどに慣れてる世代には物足りなく感じるかもしれませんが、ゴシック・ホラーずきなら楽しめます。自分は楽しめました。
0コメントこのレビューは参考になりましたか?はいいいえフィードバックを送信中...
フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
5人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
2010年9月10日
買って損はないかと。
HDリマスターを謳っているだけあって、
かなり高画質ですし。
0コメントこのレビューは参考になりましたか?はいいいえフィードバックを送信中...
フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
     
 
この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています
ローズマリー HDリマスター版 [DVD]
ローズマリー HDリマスター版 [DVD] 作者 ヴィッキー・ドーソン (DVD - 2011)
¥ 4,480

吸血鬼ドラキュラ [DVD]
吸血鬼ドラキュラ [DVD] 作者 クリストファー・リー (DVD - 2003)
¥ 1,071

ドラキュラ '72 [DVD]
ドラキュラ '72 [DVD] 作者 クリストファー・リー (DVD - 2005)
¥ 2,128