消滅都市ストア Amazonファミリー ホリエモンチャンネル for Audible Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike nav_flyout_videogame ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 映画「ペット」×ペット用品 Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.180
5つ星のうち4.1
価格:¥7,094+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2011年11月28日
去年、オフシーズン用に買ったPD-A520の使い勝手がよかったので、メインバイクのオフシーズン用にもと、上位グレードのこの製品を購入しました。PD-A520は105系列、PD-A600はアルテグラ系列に入るようですが、デュラエース系にはこうしたペダルはないので、PD-A600が今のところツーリング用SPDペダルとしては最上位モデルと考えてよさそうです。以下にPD-A520との比較を。

重量:実測値で片側146gとトータルで300g以下を達成。PD-A520より20g強軽くなっている。気にする人にとっては大きな差かも。

デザイン:楕円状の変わった形をしている。ブルーグレーのコーティングが為されていて、いかにもアルテグラっぽい。ただ、着色があるせいで金属クリートによる接触傷がやや目立つきらいはある。PD-A520はLOOK系ペダル様、着色コーティングはなくこっちの方がどちらかと言えばロードレーサーのデザインに似合っているような気はする。

使い勝手:ビンディング強度調節機能、左右に振れ角遊び設定はPD-A520と同じ。ただ、PD-A520は重量バランスが悪くクリートを入れ難いのに対して、こちらはレーサー系ペダル同様に後ろが重く常に同じ向きになるので520よりは入れ易い印象であった。

健康のためのファンライドやツーリングなどでロードレーサーを楽しまれている方には、歩けるビンディングシューズが使えるこのペダルは最適かと思います。PD-A520と迷うところではありますが、この分野での「フラッグシップ」を持つという満足感や高級感はやはりこちらに軍配が上がります。
0コメント|76人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月27日
ロードバイクに乗り始めるとまずロードバイクの速さに感動しその楽しさから行動範囲や交友関係が一気に広がり色んな場所で色んな楽しみがありますよね。
しかしそんな中で仲間と走ってるうちに「より楽に走りたい」「より速く走りたい」と言う願望‼︎
そこでよく聞くビンディングペダルに興味が湧き挑戦したいけど「外れないと聞くし怖い」という意見をよく聞きますが「安心してください‼︎外れます‼︎」とっさの時はフラペでもコケます。よく聞く立ちゴケはギリギリ停車位置まで外そうとしないからです。
SPDはSPD-SLに比べるとトルク伝達効率には分が悪いかもしれませんが耐久性、外しやすさ、歩きやすさはSLより優れています。
レースへの出場を考えていないのならばホビーライダーにとってはSPDペダルでは最軽量のこのペダルが踏み面も広くおすすめです(SLで言うと105ペダルよりも軽量です)
初めはペダルのスプリングを最弱で試してから徐々に慣れてください。それでも無理ならシングルクリートをマルチクリートにする事をおすすめします。
よく外れないとおっしゃられてる方の原因にクリートやシューズの締め付けが弱くて遊びがあったりシューズのソウルが柔らかいスニーカータイプを使用されてる方がおられます。そんな方はシューズを比較的ソウルの硬いものに交換するかシューズと足との隙間をなくすよう履いてください。劇的に外しやすさが増しますよ。
最後に回転が渋くてペダルがバラバラの方向を向くと言う意見の方もおられますが、シマノ製品は良くも悪くも日本メーカーで精度もよく頑丈に作られているのでほぼノーメンテで長く使えます。その為このペダルもかなり硬めのグリスが入っているのでスピードを求められる方はベアリング部を脱脂されたりするそうで私もしましたが見違えるほどクルクル回ります。
しかし耐久性はご察しの通り‥3000㎞程でベアリングがゴリゴリと焼けて使い物にならなくなったそうです。
0コメント|15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月14日
ロングライドに利用してるクロモリのロードバイクに装着してます。見た目もいいです。
SPD-SLしかもってなく、今回初めてSPDペダルを買いましたが、シューズやクリートとの相性なのかはわかりませんが、パチンという装着音がたまに聞こえないくらい小さいです。漕ぎ心地の違和感は全くありませんでした。
車の少ない田舎道だと気になりますが、ストップ&ゴーが多い所ではSPD-SLよりも表裏の感触が掴みずらくはめなおす動作がちょっと煩わしいです。
MTB向けの両面SPD(PD-M9020など)でもよかったかなと思ってます。
スニーカーでも思ってた以上に漕げますよ。
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年10月14日
このペダルの取り外し、取り付けには8mmのアーレンキーが必要です。
普通のフラットペダル用のペダルレンチでは取り付け等は出来ません。

塗装は、クリートをぶつけるたびに簡単に剥げていきます。

調整ネジ最弱設定で付属のシングルリリースのクリートを使い
キャッチミス皆無で利用している右側ペダルであっても
クリートを外すときに擦れるのか、ペダル外側端部分の
塗装が剥げます。(カスタマ写真参照)

なお、ペダルのカラーは商品画像によっては青みがかった
シルバーではなく普通のシルバーっぽい色味の写真を載せてる
ところもありますが、こちらの商品のカラーは一色のみですので
色を重視して購入される方は、実物を確認した方が良いと思います。

実測重量は1つ145gで2つで290gでした。
review image
0コメント|41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月26日
片面フラットのPD-A530、SPD-SLでデュラエースのPD-9000と使っています。
PD-A530より無駄な遊びやガタつきが無く、同じSPDクリートなのにより広い面で踏めることをすぐに実感できました。
PD-9000を青クリートで使った時のガチ!っと固定される感覚に比べると固定の強さでは劣りますが、PD-A600の方がキャッチがしやすく十分に固定してくれるのでとても気に入っています。
コンパクトでロードバイクに似合うのも良いです。塗装は写真より明るくステンレス風のシルバーです。

このペダル自体はとても素晴らしいものなのですが、SPDシューズはSPD-SLに比べると重めなので、これから本格的にビンディングを始めたい人は最初からSLに行ってもいいかなとも思います。
0コメント|7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト1000レビュアー2016年3月20日
新しいロードバイクを購入するにあたり、購入しました。

これまでフラットバーロードを持っていましたが、SHIMANO(シマノ) PD-A530-L [EPDA530L] SPDクリート付ペダル ブラックを付け、シューズにはSPDのマルチモードのクリートを付けて乗っていました。この靴が使えるということも大きかったのですが、自転車から降りたときに、余り歩きづらいのは嫌だなと思って、ロードバイクでもSPDペダルで行くことにしました。

ロードバイクのコンポがアルテグラなので、ペダルもそれに合わせる意味でこちらのペダルにしました。クリートの固定のバネが強くて外れにくいというようなレビューがあって最初に乗ったときにはちょっと心配だったのですが、最弱のところにセッティングして使ってみたところ、PD-A530と変わらない感じでちゃんと外れてくれて、クリートの着脱には一切不安感はありませんでした。クリートをはめようとして足でペダルを探る際に、ペダルが傷だらけになってしまうのは皆さんご指摘の通りですが、このペダルの傷はやむを得ないものと諦めています。

余りパーツの重量についてはこだわっていないのですが、やっぱり手に持ってみるとこちらのペダルはぐんと軽い印象がありますし、とても高級感があるペダルで、見た目的にもカーボンフレームのロードバイクにも十分に合っています(ように私には思えます)。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2013年11月27日
これまでは、フラットペダルとしても使用可能なシマノPD-A530を使用していました。
ヒルクライムレースに参加を決めたことで、少しでも軽い方が有利だと思って、左右セットで約100g軽いこのペダルに交換しました。

初めて走った時には、100gの重量差でも実感できる違いが出ることに驚きました。
プラシーボ効果で多少は効果を感じるかも?と思っていたのですが、明らかにペダルの回転が軽くなり、回転部分の重量100gの差はとても大きいと感じました。
少し後にホイールも軽いものに交換したのですが、私の場合はペダルの方が違いのを感じられました。

ただ、他の方のレビューにもあるように、表面にはすぐに傷がつきます。
特に頻繁に脱着する左側は、裏表とも傷が無数について気になります。
ただ、ある程度まで来ると「傷は自転車乗りの勲章だ」と思って諦めがついたので、購入前に気にする必要もないと思いました。

ペダルを固定する機能が付いているのは片面だけで、重量比の関係から裏側が上に来ます。
そのため、PD-A530よりもクリートキャッチに慣れが必要で、足元を見ずにはめ込めるようになるのには時間・回数が必要でした。

長所と短所はありますが、軽さを求めての交換だったので、総合的に見ても良い買い物だったと思います。
0コメント|13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年9月7日
今まではPD-M520やPD-M970と言った両面SPDペダルを使っていたのですが
ちょっとしたポタリング用にも使え、かつSPDでは最軽量と言う言葉に惹かれ、
うっかり買ってしまいました。

見た目は流石アルテグラ。
(すぐ踏面の塗装は剥がれますが)

踏んでみてもそれ程剛性不足も感じず、かつ踏面が広い為か、足の負担が少ない感じ。

PD-A530やA520と値段が余り変わらないので、(1000円から2000円程度)
最初にコレを買っても後悔はしないかと思います。
0コメント|26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月29日
信号で止まるときに外します。
信号「青」になり、さぁキャッチするぞってな時に苦戦します。

そもそもが外してフリーになったときに毎回クリート面が下を向く。

わざとやってんのかよ!

他の方もつま先の甲で起こした上でキャッチするのが良いといってる人もいるが、
そんな面倒くさく、かつ急場の脱出する際にもたついたら生死の境を彷徨う。

PD-A530だとキャッチで一度も失敗したことがない。

少しの軽量化を目的に、無駄な出費や利便性を「損」だと感じない人で
少しでも高い物に所有欲を感じられる方にはお薦めかも知れないが、
約10種類のSPDペダルを試した小生の経験則上、このような評価となってしまう。

2度所有したことがある上でのレヴューです。
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年7月15日
初心者ですが、着脱もすぐにできました。使いやすいです。
残念ながらレースで使用したときは、なかなかカチッといかず立ちゴケしましたが・・・。
0コメント|6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)