Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard 2016 Suzuka 8tai Road race DVD Blu-ray Bargain 2016Summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music マリン・ビーチストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
37
5つ星のうち4.2
価格:¥9,680+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2012年9月20日
KVMスイッチでキーボード・トラックボール・USB入力ヘッドホンアンプを切り替えて使っていたのですが、しばしばキーが押しっぱなしになる・マウス操作の異常に見舞われ、不恰好ながら本器でこれらを切り替える事にしました(モニタのみKVMで)。結果、問題は全て解消し快適に使えてます。

他の方のレビューにある通り、通電もしくは稼動しているPCのみが認識されます。例えばPC1とPC2を繋いでおきPC2のみ電源を入れると、全てのUSB機器がPC2に繋がります(スイッチ操作不要)。ここでPC1を起動しPC2を止めると、全部PC1に勝手に切り替わります。使い方によっては便利でしょう。
またUSB規格の仕様では通信途中に切り替えると異常動作の可能性がありますが、電子スイッチ動作で回避されているようです。写真のボタンは4台のUSB機器にそれぞれ対応しており、押す度にPC1->PC2->…と巡回切替(起動中のPCのみで)しますが、例えば3回すばやく押してPC1->PC2->PC3と切り替えた場合、途中のPC2には繋がらずPC1からPC3にジャンプします。代償に接続確定までにわずかにタイムラグが儲けられています。私はPC2台同時起動で上記3台の機器の接続を使用途中に切り替えて利用しています。

本器は製品の特徴欄にあるようにACアダプタによる電源が必要です。星1つ分はそのACアダプタの形状で、横長なためテーブルタップの隣の穴を埋めてしまいます。本製品のような小容量のアダプタなら、そうした問題を回避する形状の選択余地はあるのではないでしょうか。
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年12月22日
機能的には内部的にUSBハブになっていてUSBの切断・接続もぶちっと切るのではなくソフト的に制御されていて大変よいです。
ただ、使い勝手に少々癖があります。

○表示について
接続ポートは上段のPC用(1,2,3,4) と下段のUSB機器用(A,B,C,D) に分かれており、切り替えボタンは 「Aポートに対応する機器を1,2,3,4のいずれか」 に切り替えます。ただし接続状況を表示するインジケーターは 「PC1番に接続されているUSB機器 A,B,C,D」の形式で表示されます。
慣れるまで混乱しますが、接続したいPCのインジケータのみを見続けなからボタンを押すのがコツです。

○複数ポートの同時切り替えについて
4つのポートを全てを切り替えるにはボタンを4回押す必要がありますが、ボタンAを押した直後にボタンBを押しても反応しません。ボタンAを押してから切替中の点滅表示が完了するまで4秒ほど待つ必要があります。4ポートで合計12秒かかります。
急ぐときにはボタンAを押してからボタンBを2回押すと点滅表示がキャンセルされて切り替えられます。合計7回ボタンを押す必要があります。

○空きポートの扱いについて
USB機器側のポートは接続されていなくても切り替え動作を行うことが出来、接続状況のランプが点灯します。
PC側のポートは電源が入ったPCが接続されていないと切り替え対象から外されます。
PCをシャットダウンするとそのポートに接続されたUSB機器はすべて別のPCとの接続に切り替わります。状態は保存されません。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年12月5日
最近、ADSLからCATVケーブルへとプロバイダーを替えたところ新たにルータを経由した接続が必要となりました。ところが、どうしても有線LANでは2台のプリンタが認識してくれず、途方に暮れていたところ、USB仕様の分配器なるものがきっとあるはずだと検索してみたところ、出会ったのがこの製品でした。2回路のものでもよかったのですが、今後の接続機器のことも考えて4回路の4台機器を共有できる同製品を選びました。ワンプッシュごとにAのUSBデバイスがPC1→PC2→PC3→PC4と切り替わります。B〜Dも同様に切り替えることができますから、理論的には最大で16通りの切り替えができることになります。現在は3台のPCで3台のプリンタを共有できるように設定しました。確実にしかも安定的に接続するためにはUSBケーブルによる接続に優るものはありません。しかし、不精者の私は、逐一、ボタンを押し確認する作業が必要となるこの機器には不便さを感じてしまいます。接続の利便性から考えれば有線LANに越したことはないのですが、安定性を求める方にはこの機器もありかな・・・そんな切替器です。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月24日
以前は2台のPCへ2つのUSB機器(キーボード、マウスを想定)を接続する
エレコムのKM-A22BBKを使っていました。

安価で機能も問題ありませんが、このたび、3台目のPCが必要になり、こちらを購入。
Windows 8のデスクトップ、mac mini、Linux(ubuntuのノート。後日デスクトップへ変更)と
3種のOS混在環境で使えています。
いまはキーボード、マウスしか接続していないこともあり、ACアダプタは使っていません。

キーボードはThinkPadのトラックポイント付きキーボード(キーボード、マウスの複合デバイス)、
マウスはトラックボールとやや特殊ですが
どのデバイスも、どのOSでも問題なく使えています。

唯一難点としては、
mac miniをスリープ → USB機器を他の機種へ切り替え → USB機器の状態変更を検知し、mac miniがスリープから復帰してしまう
というのがあり、まだ対処できていません。
これはおそらくmac osの仕様っぽいです。
その場合は、mac miniへbluetoothマウスを接続し、再度スリープしています。
(もしくは、mac 専用にスリープ用マウスを別途接続するか)
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2台のWindows PCで周辺機器を共用したく、当初はシェアUSBケーブル:RATOC REX-KMSU1(約3,000円)やCPU切替器:RATOC REX-230UDA(約10,000円)を使っていました。

いざ上記機器を使ってみると、PC1←→PC2をボタン1つで一斉に切り替えることができる=個別に切り替えができない、というCPU切替器特有の仕様が、思いのほか不便なことに気付きました。
この一括切替機能は、キーボード・マウス・ディスプレイが各1台しかなく、どちらか片方のPCしか立ち上げない(もう片方は落ちてる)ことが多い環境で使用するには便利なのでしょうが、
私のように、ディスプレイを複数台使い分けながら、2台のPCを同時に立ち上げ、2台のPCで同時に並行作業を行うことが主な環境では、
PC1でマウス操作をしながら、PC2でキーボード入力作業、スピーカーはPC1のまま、といった変則的な使い方が出来ず、非常に不便でした。

そこで見つけたのが、このUSB切替器。
切替器として使用しない時は、単純に4ポートを備えたUSBハブとして使用することもできます。
セルフパワー(AC給電)も可能で、そのACアダプターが若干大きくゴツイですが、
マウスやキーボードなど、1ポートにつき500mA未満の電力しか必要としないUSB機器であれば、バスパワー(AC電源不要)で問題なく動作します。
大容量の外付けHDDやUSB充電など、500mA以上の電力を必要とする機器を接続する場合は、付属のACアダプターから4ポート合計2000mAの給電が可能。
バスパワータイプのUSBハブでよくある電力不足の心配もありません。

CPU切替器のように、ボタン1つで全てのUSB機器を切り替えたい(いちいちボタンを4つ押すのは面倒くさい)という場合は、
本器の「USBポートA」に「USBハブ1」を接続し、その「USBハブ1」に一度に切り替えたい機器をまとめて接続すれば、「USBポートA」のボタン1つで切り替えができます。
USBハブを多段にかませたり、USBスピーカーを分配したり、実際に使ってみると想像以上に使い勝手が良く、あらゆる組み合わせで周辺機器を活用できるようになります。
セルフパワータイプのUSBハブを数千円出して買うぐらいなら、もう少しだけ奮発して、本器を1台だけでも購入されることをオススメしたいです。

《余談》
とても便利な商品ですが、しいて不満(疑問)点を挙げるとすれば、USB2.0ケーブルが1本しか付属していないこと。
USB2.0ハブとして使用する場合はこの1本で事足りますが、切替器として使用する場合は、別途PCの台数分-1本のUSBケーブルが必要です。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
Focusrite Scarlett Solo USB2.0オーディオインターフェイスが動きます。
Focusrite Scarlett Solo もAmazonで購入しました。

USBバスパワータイプの切替器やハブだと動作しません。オーディオ
インターフェイスは特にその傾向が強いです。セルフパワータイプの
ハブだとACアダプターが別売だったり。

わざわざ別々に購入して揃えたのに、結局は思ったような動作にならない
とか、切り替えに失敗するケースがありました。

この商品SW-US44H USB2.0ハブ付手動切替器(4回路) だと無事に動作
します。WinとMacで共有も可能になりました。ロジクールの無線トラック
ボール(M570)も動きます。

無線のトラックボールやキーボードもハブを介すとエラーが出がちで。
キーを押しても復帰しないとか切り替わらないなどがありますが、この
商品だと問題がないようですね。

念のためにパソコン本体との接続にはUSBサージ機能付き、フェライト
コアがあるBSUABSFC220BK(バッファロー)を用いています。

USBの3.0には対応していませんのでお間違えなく。USB3.0対応のメモリ
を挿すとエラーを返しますので故障回避のためしばらく機能停止します。
メーカーが対応を謳っていない使い方をするのはお勧めできません。
USB2.0で使うなら安定した良い商品だと思います。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年10月18日
最近はUSB機器をLAN共有できる機器が便利とされていますが、あれは切り替えソフトを使って切り替えるのでソフトを起動せずとも手元で切り替えをしたい方にはおすすめです。

パッケージやサイトの説明図ではわかりにくいですが、複数のPCで1台のUSB機を選択して利用できるだけでなく1台のPCを選択して複数のUSB機を同時に使用もできます、ですのでこれにお気に入りのマウスとキーボードを接続すれば複数のPCで使い回しができます。

意外と使い勝手が良いです。
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2011年10月24日
通常は2回路の製品を使っていましたが、つなぐ危機が増えたので4回路に増設。

この商品の何よりの特徴は、接続されている機器ごとにPCを割り振り出来るという点です。
AポートにHDDその1、BポートにHDDその2とプリンタ、CポートでBポートを終了したHDDその2などなど
USBで接続している機器は4台までのPCを操作しながら次々切り替え作業が出来ます。

一度に2台のPCを起動させてはいるものの、PCのスペックの違いから出来る作業と出来ない作業があるわけで、
デスクトップで処理した重いファイルを圧縮したものをHDDその1に保存、デスクトップでほかの処理をしている時間を使って、ノートPCで処理や送信という用途に使い分けています。

一斉に切り替えるタイプのものよりも使い勝手がよいので、ワイヤレス以外のUSBでつなぐ機器の配線がごちゃごちゃするのを軽減はしてくれます。
ただ2台に対しては2本のケーブルが必要なわけで、配線や作業効率を考えて、自分に一番適したものを使うのがいいと思います。

XPとVistaから7に買い替えたので、
今はUSB3.0のタイプが発売されないかなあ、心待ちにしているところです。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月4日
外付けHDDが一台しかつけられないブルー・レイ レコーダーのHDD切り替えに使いたかったのですが、PC側の接続が1台だけだとそこしか選択できない(自動でUSBハブになる)ので、結局、認識されなかった。手動切替機との表記で期待したのですが、残念です。ノートPCとデスクトップのマウス、キーボード、プリンターなどで使うとノートPCを外した瞬間にデスクトップに全ての機器が戻るので、便利なのかもしれませんがそれは、ある意味、自動です。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月12日
PC2台になったときに初めてKVMを購入したが、当時からゲーム用KBとマウスを使用していたのでKVM経由
だとKBが全く使い物にならず、KM-A22BBKを購入し、KBとマウスは手動で切り替えていた。
その後、PCが4台まで増え、KVMも4台用に交換し、KM-A22BBKを3台駆使してKBとマウスを切り替えて
いたがKM-A22BBKの切り替えスイッチが接触不良か経年劣化かは定かではないが、とにかく2台がこの症状
でまともに切り替えが出来なくなったため、心機一転、USBハブで切り替えようと目論み、当該製品を購入。
USBケーブルは1本付属と明記してあったので追加で3本購入。まだ取り付けて日が浅いので耐久云々は別に
して、非常に使い勝手はよくなった。それからKM-A22BBKの時は気になるほどではないがキー入力なりマウス
クリックなり、通常使用だとほぼ分からないくらいの動作緩慢があったが、当該製品に切り替えてからそれが
なくなったのが自分的には非常にうれしい。

デメリットらしいデメリットはないが、敢えて言うなら、KM-A22BBKの時には必要なかった電源が必要になった
ことくらい。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)