Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Cloud Drive SOS0501 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 Musicexclusive ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 夏前ダイエット特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Prime Music 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5288
5つ星のうち4.5
色: ブラック|スタイル: A4サイズ|変更
価格:¥9,108+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2010年10月22日
大量にたまってしまった書籍の電子化のために購入しました。
他の方々が書かれているように、Fujitsu ScanSnap S1500 とあわせて使っています。

PK-513Lという大型の裁断機を買うか迷ったのですが、結果的には、こちらの製品にして満足しています。

良い点。

1.大型機と比べて、圧倒的に小さい。
 家具と家具の隙間とかに収納できてしまうので、ものすごく気軽に使えます。

2.大型機は斜めの方向から力が入ってしまう機構の製品ばかりなので、裁断面が斜めってしまう。
 この製品は、丸型カッターを上から往復させる機構なので、圧力は直上から下に部分的にかかる
 だけです。よって、圧力によって斜めってしまうことはありません。

3.消耗品が安い
 カット下敷きマットと丸型カッターが消耗品ですが、それぞれ500円とか1000円で買えます。
 雑誌に挟まっていた付録冊子のホッチキスに気づかずにカットしてしまい刃を破損してしまったことがありました。
 替刃を購入しましたが、非常に安くて助かりました。
 それどころか、あらかじめ予備の替え刃が1枚、本体に装備されていることに感動しました。
 しかもジャマにならないように考えられた場所に!
 替えのマットすら、なるべく交換しなくてすむように、1枚で方向を変えてセットするしくみ
 にしているところなども、製品コストを上げずに便利にする、という意味で、驚くべき
 工夫がなされているなあ、と思いました。

ちなみに、スキャナの Fujitsu ScanSnap S1500 では「A3のスキャンをサポート」と謳っていますが、実際はA4(+α)までしかスキャンできません。
ScanSnapとあわせて使おうと思っている方は、裁断機としてA4対応までで十分です。

ScanSnapの「A3対応」というのは、A3用紙を「2つ折り」にして、それを専用の透明シートに挟んでスキャンすることを意味します。
ソフトウェアが、表面と裏面を自動的につなぎ合わせて1枚にしてくれる、というだけのモノです。
しかも専用シートにセットするのがものすごくめんどくさいです。(少しでもずれてしまうと、その部分は、つなぎ目の隙間になってしまいます)
A3サイズのスキャンをする場合は、A4フラットベッドスキャナで部分的にスキャンした後で、画像編集ソフトでつなぎ合わせたほうがましだなあと思います。
0コメント|405人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年9月21日
書籍の電子化目的で購入。
今までは本の糊代部分を手作業で切り離していたんですが、それだと時間が掛かりすぎちゃって…。
何か安く手に入る裁断機は無いかなぁと探した結果、この商品に辿り着きました。

使ってみた感想ですが、値段が安い割に結構イイ出来だと思います。
糊代部分を切り落とす際にも指先を切ってしまう心配が無い構造なので、子供でも安心じゃないでしょうか。
原稿を上から透明プラスチックで押さえた後、丸い回転刃が内部に取り付けられている箱(?)を真っ直ぐ下に引き、シャコーっと切り落とす仕組みになっております。

欠点としては、この切り落とすラインが多少歪むこと。
真っ直ぐ切り落としたいのに紙質が固めだと少しだけカットラインが右にずれます。
どうやら内部の回転刃が外側(右手側)に移動してしまう為っぽい…。
構造上これは仕方が無いのかもしれませんが、少しくらい固い紙でも真っ直ぐ切り落として欲しいなぁ。

文庫本に使用されているような柔らかい紙なら問題なくカットライン通りに切り落としてくれます。
少し固めの紙を使用している大判の漫画本等は注意が必要。
まぁそれでも値段を考えたら充分すぎるほどの性能ですから、裁断機の入門用としては充分かも。

(追記)
紙が固めでカットラインが右にずれてしまう場合でも、市販のカッターでガイド役の切れ込みを入れておくと真っ直ぐ切断できるみたいです。
プラスチック製の押さえで原稿を固定した後、その押さえの端に沿い原稿を上から2〜3枚まで切るくらいのつもりで軽くシューっとやると裁断機がその切れ込みをなぞるようにカットしてくれます。

注意点として、市販のカッターの角度が斜めになっているとプラスチックの押さえを削っちゃうかも知れないので、押さえの端に沿って【垂直に】カッターを当てて下さいね。
0コメント|144人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ScansnapのS1300で自炊(書籍を自分でスキャンしてデジタル化する事?)を行うために購入しました。

コミックを10冊ほど自炊して分かって来た事をまとめます。

1)切断方法−押し切りタイプとの違い−
押してきるタイプ(職員室にあるタイプと、もちょっと工業用なタイプ)は基本的に
切断する為に力を加えます。その時に紙に変に影響して切断面が斜めになる場合があります。
このタイプは真上からカッターで切り離している様なものなので、比較的そのズレが発生しにくいと思います。

2)幅の調整。
何冊かシリーズ物の書籍を切断する場合、最初の位置決めをしっかり行いましょう。
盤面に細かく参考線がプリントされていますが、ガイドの設計が甘くて「直角」に
するのが結構大変です。ここだけが残念!!
ポストイット等でメモ書きをつけて「このコミックのガイド位置はここ」等としておくと
安心して作業を再開できるでしょう。

3)本をバラす−切断の前の切断−
このカッターは40枚程度が限界です。
それ以上の本は必ずバラす必要があります。
これは結構手間な作業ですし、普通のカッターを使ったりすると怪我の危険もあります。
これだけは回避できない残念なことですね。

4)バラした本の扱い−直ぐに捨てない−
バラしてスキャンしたら、直ぐに捨ててしまいたくなりますが、
捨てた後でスキャンミスを発見したら目も当てられません。
少なくてもスキャンしたデータをチェックの後で、1回読むまでは捨てるべきではないでしょう。

いろいろ書きましたが、このカッターを買って良かったと思います。

これから捨てられずにいた雑誌をばらします(笑)
2コメント2件|263人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年1月30日
カルトナージュで、厚紙等を裁断するために購入。

サイズは、購入前に少々悩みましたが、やはり大は小を兼ねるでA3対応のこれにしました。

会社に備品としてあったのは他社製でしたが、このタイプが安全なのは分かっていました。
しかし、このラインで切りたい、と思っても何度か心配を重ね、経験値で切る必要がありましたが、
これはガイドがはっきりしているので、そうした失敗がありません。

予備品の収納も出来るので、別な所にしまい込んで、いざ必要な時にもあたふたしないで
すむのも良いです。
0コメント|14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2010年6月11日
ScanSnapと同時に購入しました。
しっかりとした作りで、切れ筋も鋭く、
製品そのものに対して不満はほぼありません。
それゆえどうしても直刃式の大型機との比較めいてしまいますが、ご容赦ください。

維持が楽な点は、高価な機種にない大きなメリットだと思います。
高さがなく保管場所もあまり選びません。
また、40枚程度までしか切れない幅が功を奏し、
指をうっかり切ってしまう危険性が低いのも隠れたメリットだと考えます。

ただし、数十枚しか裁断できないので、厚い本を裁断するのには向きません。
書籍を何冊も裁断する予定が初めからあるのなら、大型機の方がいいです。
逆に、書類を裁断することしかしないのでしたら、これでほとんど困りません。
消耗品(刃、マット)を含め大型機と比べて非常に安価なので、
気軽に裁断環境を手に入れることができると思います。

A4サイズのDC-210Nと比べて大型ですが、
B4サイズが切れる幅はあれば便利ですがなくて困ることも少なく、
価格差も殆どないに等しいので、おそらく完全に好みです。
0コメント|23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年5月14日
学術雑誌がたまってきて,保管場所に困るようになってきたので,自炊するために購入.
ScanSnap1500と併用しています.最初は裁断機なしで,カッターで地道にやっていたのですが,あまりに大変で効率も悪いため,裁断機の購入を決断.
職場には PK-513Lがあり,よく使用していましたが,これは上から潰すように裁断するので,どうしても切り口が斜めになってました.
自宅用にあの巨大な裁断機を置くのは,手狭な我が家ではちょっと厳しいということで,コンパクトなこちらを購入.

使用してみると,思った以上によく切れます.雑誌をおおむね40枚程度ずつに分解してから使用していますが,ガイドラインを目安にザクザクと裁断できます.裁断しながらスキャンできるので,スキャンにかかる時間が大幅に短縮されました.
1回の裁断可能枚数がもう少し多ければいいのですが,自宅用でそこまで欲張るのは無理な話というものですね.
しまう場所も押入れの布団を入れてある横にギュッと押し込んでしまえば,ほとんど場所をとることもありません.重量も重すぎることもなく快適に使用することができています.

最初は裁断機購入に否定的だった妻も,購入前と購入後の作業のスピードのあまりの違いに,これは買ってよかったねと言ってくれています(笑).
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年3月31日
貰い物の大型裁断機の刃が欠けて使えなくなってしまったので代替品として購入。
いわゆる自炊用に使っています。

替刃ではなく、この商品にした理由は
1)替刃が非常に高価(3000〜5000円)
  ふとした弾みでダメになってしまうこともあり、非常にショックが大きい
2)大きすぎて邪魔
  重量にして15kg以上。ボーっとして足をぶつけ、悶え苦しんだことは一度や二度ではありません(汗)
3)月々、どんなに多くても20冊くらいしか自炊しないので、400枚超の大量裁断がそれほど利点にならない

という感じ。
結果としては、大正解だったと思います。

・良かった点
1)軽量・薄型。片手で楽に持ち運べ、適当な隙間に置いておけばスペースを取りません。
  現在は壁と机の間に立てかけています。

2)高精度。
  慣れてくると誤差もなく、狙ったように裁断することができます。
  裁断枚数が少ないことも、安定感を増す結果になっていると思います。

3)消耗品が安価
  1000円やそこらで替刃などが買えるのは助かります。
  しかも最初から替刃が付属しているので良心的。

・悪かった点
1)裁断位置を固定するためのアジャスター?的なもの(写真左側の黒い棒状の)がぐらぐらで使えず、取外してしまいました。
  目盛りは細かく振ってあるので、自分の目を頼りにやる方がいいです。

2)裁断枚数 40枚、やはり少ないのは確かです。
  大量裁断を継続的にする方、せっかちな方、時間があまり取れない方など、大型のものを選んだほうがいいかもしれません。

  本を分割しなければならないなどの手間も増え、長く続けるほど、作業時間には大きな違いが出てしまいます。

総合的に考えて、
 大量裁断向きではないので、それほど量は多くならないという方には非常にお勧めできます。
 最初に挙げたような理由が当てはまりそうなら、購入を検討してみてはどうでしょうか。

 
ちなみにサイズ別に 210N(A4)、220N(B4)、230N(A3?)と種類があります。
値段差があまりないなら大きいほうがいいか、とこの220Nにしましたが、
B4裁断なんて全く機会がないので、210Nにしておけばよかったかな、と少し後悔しています。

そのような理由で★はマイナス1しました。
0コメント|12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年8月18日
2年ほど前にScanSnap1500と購入してから、
正確な数は数えていませんが数百冊ほどスキャンしました。その結果を踏まえまして。

まず、この手の製品は比較対象がもっと大型の裁断機になると思います。
問題はこれで大丈夫なのか?というところに集約されると思います。
筆者が気になったのは以下の3点ですが、それぞれ、特に問題なく使うことができています。

1. 一度に裁断できる枚数が50枚程度

 紙圧にもよりますが一度に50枚くらいしか切断できないので、本を紙束に分ける回数が多くなります。
 しかし、そもそも本を分解する作業の中で、紙を束に分けるという工程は一部でしかなく、
 (とくに少し大判・中盤の本だと)表紙を分けたり、スキャン不要な紙を取り除いたりなど
 それ以外の部分に手間がかかります。

 また、ScanSnapのスキャン速度がそこまで速くない(裁断の速度より遅い)ので、
 ボトルネックになることはまずありません。
 
2. ガイドが弱い

 垂直を出すためのガイドがゆるいので、あまりきれいに垂直は出せません。
 また、一冊を何度も分割して裁断すると少しずれたりします。
 一方紙の固定はしっかりしているので、ガイドにはあまり力をかけず位置の参考にし、垂直は手前の基線に合わせればよいでしょう。

3. 切れ味
 
 切れ味はよいと思います。力はあまり要りません。また刃は安価で簡単に交換できるので、切れ味が落ちてもすぐ復活します。
 

その他

・刃を何度も滑らせるので、細長い紙ゴミがたくさん出ます。
・大型の裁断機と比べて圧倒的にコンパクトです。薄いので立てて棚に入れておけば場所をとりません。そもそも自炊を始めた理由は本棚をコンパクトにしたいから、でした。裁断機の性能が高くても、その分場所をとるのであれば本末転倒になってしまいます。
0コメント|18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年6月22日
【購入目的】
 ・古いA4/B6のメモノート、技術文献などのデジタル化用に購入。
 ・FUJITSUのScan Snap 1300iと一緒に使っています。

【使い易さ】
 ・縦の位置決めストッパーは若干のブレが出ますが、まず用紙の底辺側を規制してからセットすれば特に問題ありません。

【切れ味】
 ・カタログ通りA4普通紙40枚でもそれほどの力を入れずにカッターを2〜2.5往復するときれいに裁断できます。1往復では裁断はできません。
 ・大量のメモ用紙も楽に作れます。
 ・自炊の場合の生産性が良いと思います。

【重量とサイズ】
 ・予想以上に重いと感じますが精度を出すためだと割り切っています。また作りもしっかりしているので耐久性もありそうです。
 ・場所を取るので同じ裁断能力であればもう一つ小さいサイズでも良いかもしれません。

【その他】
 ・普段はもったいないと思いつつ捨ててしまうAMAZONの梱包ダンボールですが、本製品の場合は使用した後の
  保管用に残しておいたほうが良いと思います。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年1月30日
ScanSnap S1500と一緒に購入しました 
最初はPK-513LNと迷いましたが
両方あわせて5万以内に収めたかったのでDC-210Nにしました

切れる枚数が40枚なので
100ページの場合カッターなどで3等分にする必要がありますが
そこは慣れてしまえば結構早くできるようになります
2人で役割分担すればさらに早くなるでしょう

裁断のほうも斜めにならずすっぱり切れます
妥協しましたが買って正解でした
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告