Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student SOS0501 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 Musicexclusive ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 夏前ダイエット特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.341
5つ星のうち4.3
価格:¥3,866+ 配送無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2014年1月25日
LPレコードをディジタル化して保存するために購入。本器のoutputをスピーカーにつないで聞くとよさそうなので、SoundEngineで録音してみるとモノラルになっている。いろいろ調べると、Lチャンネルの音声がL/Rの両チャンネルに録音されていることが分かった。Amazonでのコメントを読むと、同じようにモノラルになってしまう、という投稿があり、またUSBドライバを最新のものに変えないとダメ、という投稿もあった。ドライバのダウンロードはサイトがわかりにくく迷った末にようやく発見。インストールすると今度はちゃんとステレオで録音できる。これなら価格を考えると満足できる。でも最近リリースされたというものではないのだから、最初から正常動作するものを添付してほしい。評価はドライバソフトが古いこと、またドライバソフトのダウンロードサイトが分かりにくいことで二つ減点です。
0コメント|11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年5月20日
これをつなげるとノートPCの音がよくなるというのもあるでしょうが、
この製品の最大の利点は、
ASIOドライバが使用可能なオーディオインターフェイスの中で
最も安価で携帯性に優れドライバも安定しているということです。
さすがはコスパの王者、機材屋BEHRINGERの製品です。
他の方も書かれているように、最新ドライバをダウンロードして導入すれば
何の問題もなく動作してくれます。
ヘッドホンジャックがステレオミニしかないのが残念と言えば残念ですが、
ノートPCなどで安価にDAWを動かしたい方には最適の製品といえるでしょう。
もちろん使い方は買った人の自由なのでw、
単に音をよくするといった用途にもいいと思います。
3コメント3件|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年7月10日
USBのついてない昔のデジタルマルチトラックレコーダからライン出力→このオーディオインターフェース→PCのUSBに繋いでソング録音しましたが、曲頭前後の無音部分でのノイズが消えて尚且、ソング自体の音質も良くなってました。 この製品はお薦めします。安くて質も確かに良いです。
0コメント|17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年11月28日
ホームページで専用ドライバをダウンロードし、組み込むことを強くお勧めします。
Win7ではWDMデバイスとして組み込み、WASAPIモードで使用すると
発音遅れをASIOなみに小さく設定できます。
ASIOall4経由で標準デバイスとして使用すると
動作が非常に不安定だったのでWASAPIモードで使用しています。
どれが専用ドライバなのかホームページではわかり難かったので星一個マイナスしました。
1コメント1件|8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月13日
LPレコードをデジタル化してパソコンに取り込みCDに録音する目的で購入しました。レビューで何人もの方が書かれている様に最新のドライバー(ASIO4ALL_2._13_English.exe )を導入しソフトはサウンドエンジンV5を使用し正常に動作するか確認しました。
確認するとL/Rと正しく入力されているにもかかわらっず録音はL/Lで録音されR側が録音されません。確かドライバーを最新にするとこの様な現象は起こらないはずと思っていましたが、そうではありませんでした。
それで販売店やホットラインミュージックの方に色々とお聞きして原因が分かり今は正常に動作しています。

★もし、まだお困りの方がおられましたら以下を参考にしてください。
①最新のドライバー(ASIO4ALL_2._13_English.exe )を導入する。※Windows10にも対応
②(コントロールパネル)→(サウンド)の(再生タブ)を開き下にある(USB AUDIO CODEC)を既定デバイスに設定する。
③ 録音タブを開き(ライン入力 USB AUDIO CODEC)を既定のデバイスに設定する。
④(ライン入力 USB AUDIO CODEC)を右クリックし、そのメニューの中にある(プロパティ)を選択します。
  次に(詳細タブ)を開きます。
  その中にある(既定の形式)の項目が、「2チャネル、16bit、44100Hz (CDの音質)に設定する。(重要)
   ※CDに録音する場合
⑤ 同ウィンドウ内(排他モード)の項目にあり、以下の2つの項目にチェックを入れる。
    「アプリケーションによりこのデバイスを排他的に制御できるようにする」
    「排他モードのアプリケーションを優先する」
⑥ 最後に右下にある【適用】ボタンを押し、【OK】ボタンを押してウィンドウを閉じます。

 以上です。
私はこの設定を行う事で録音 L/Lが無くなり正しく L/Rで録音されるようになりました。

このUFO202の性能ですがPHONOイコライザーも組み込まれていて素晴らしい音質です。
古いLPの場合、傷の音がパチパチしますが幾分少なくなったように思います。
更にこの装置はADとDA変換を行ってくれます。Line入力もあり用途は大変広くオーディオとパソコンの融合です。
演奏され録音する人にとって素晴らしい相棒になると思います。
私としては安価で最高に楽しめる商品を買ったと自負しています。
以上です。ありがとうございました。
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月17日
値段からしたら良いと思います。音はやっぱり高価なのに比べると悪いです。抜けも悪いし音の分離性も悪いし。でも使えないレベルではないです。充分使えます。ただ、デジタルの特性なのか、アナログのフォノイコライザーに比べて高音も低音も出ません。CDのように上下が削られてる感じです。アナログフォノイコライザーを使うと、安いものでも高音と低音の出方は、CDとは比べ物になりません。そのような感じは無いです。やっぱりデジタル処理された音です。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年5月25日
仕舞ってあったレコードプレーヤー(Technics SL-DL1)にはフォノイコライザーが無く最近のミニコンポ
では聴けませんでしたが繋いだだけで何の苦労も無くレコードを再生することができ、驚きと感激です。
CDとは違ったレコードの音質や、気付かなかった音に改めてレコードの記録性の素晴らしさも楽しめます。
またAudacityで録音し、ラベル編集してiTunesでプレイリストを作ってiPodでも手軽に楽しめます。
この値段でこんなに楽しめるものを近年知りません。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年9月16日
ノートPCのイヤホンジャックにそのまま接続するとホワイトノイズが大きな音量で再生されることがあり、困っていました(ラウドな音像ならまだしも、音が途切れたときにぶつぶつうるさい)
これは元の音質を増幅するような機能はないと思いますが、ノイズがないだけでもだいぶ良くなり、失われやすい低音のハリもある程度再現できるようになりました。
高価なアンプを接続する前にこれを試すのもいいのではないしょうか
商品の評価は4、安かったのでオマケ星5
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年3月29日
アマゾンではなく秋葉原の秋葉館で買いました。
1機目は姉妹機のUCA222を購入、これは2機目です。
タバコ箱程度のコンパクトさがいいですね。ノートPCなら重宝する筈です。
音質は他の方が仰るとおりです。この値段じゃ他社からクレーム来てもおかしくないレベルな気が(褒めすぎか?)
0コメント|7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年8月17日
ソフトのインストールの必要がないのが良かったです。
以前に使ってたCakewaikのUA-1Gは専用ソフトのインストールが必要でした。
音質は全く問題なし。
MACの i-tuneを外部スピーカで聞く為に使用してます、アンプはTEACのA-R630(アナログアンプ)
やONKYOのA-973(デジタルアンプ)など中堅どころを使ってますがどちらも全く問題ありません。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

他のお客様はこれらの商品もチェックしています

¥5,780

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)