Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike DVD Blu-ray Bargain 2015summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.419
5つ星のうち4.4
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2009年8月8日
G-SHOCK、PROTREK、OCEANUSを持っている昔からのCASIOのファンですが、少し変わったものを買いたいと思い購入しました。思い切って買って大正解でした。
■反転液晶■
見えにくいというのが実物を見ての感想。屋外では特に見えにくいと聞いていたので、納得。実際はどうかというと、角度によってはほとんど見えないけれども、見やすい角度があって、慣れていくとコツをつかんで見やすくなる。時計は機能重視で選んできたけれども、PROTREKを持っていて感じたのは、普段使うにはここまで液晶の表示が大きくて見やすくなくてもいいなあと思ったこと。日常生活で反転液晶は困らないレベルと思います。困らないと言うよりも必要以上に時刻が見えないのが、時間に追われる世の中で逆に非常に魅力的に感じてしまいます。
■メタルコアバンド■
使っていくと魅力にはまってしまうバンドである。OCEANUSのチタン無垢バンドよりもはまります。メタルコアバンドの機種に人気機種が多いのはこの装着感にありそうです。
■デザイン■
反転液晶はほとんどの角度で時刻が見えないので単に黒く見えます。メタルコアバンドも樹脂バンドと違った硬質感のある黒。つまり全部『黒』です。これがかなり渋くてかっこいいのです。使ってみて、ここまで気に入るとは思っていませんでした。仕事、遊びとマルチパーパスに使える一本となりました。他の時計の出番が少し減りそうです。
0コメント|22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年10月31日
これまで使用し続けて愛着のあったG-SHOCKがいきなり液晶表示が消えて、充電さえしなくなったので、やむを得ず新しいのに買い換える事にしました。
(商品が届いたら、以前使っていたモノがいきなり動き出したけど・・・)

毎日身につける時計を買うのに、ネットでは商品を実際に手に取らない状態で購入しなければならないので、最初は抵抗があったけど、お店で選ぶよりは品数が豊富かと思いアマゾンさんで買う事にしました。

予算の都合もあったけど、買うなら再びG-SHOCKって決めていたし、購入のポイントは長く使えそうなモノ、安っぽく見えないモノ、リストバンドがゴム製じゃ無いモノ、って事でいろいろ見てたんだけれど、なかなか全ての要素が当てはまりそうな商品が見付からなくて・・・

結局他の商品と比較検討してこれにしました。

結果は大正解♪

Gの落ち着いた金文字以外は黒基調で統一されていて、文字盤も反転液晶、とにかく見た目が超格好良いです。
以前に使っていたモノはこれよりも1万円以上高いG-SHOCKでしたが、全然見劣りしません。

反転液晶もこれまで使ってきて、屋内屋外共に文字が見えずに困ったと言う事もありません。

商品が届いたときにショックだったのがリストバンドの調整・・・。

普通お店で買ったら店員さんがやってくれるので、自分の手首の太さに合わせて調整が必要だったなんて事は忘れていました。

けど、やってみるとパーツを外すのは意外と簡単でした。

問題はパーツをはめる時、でも、なんども手首の太さに合わせてパーツを付けたり外したりしたので、コツと言うか、慣れてきて
今では数十秒で出来ます。

夜間為に表示を見るためのバックライトがついてるのも良いですね、妖しく緑色?に光ります。

リストバンドも細かな細工がしてあって、かなり良いです。
0コメント|9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月16日
色々なシーンでの活躍を期待して購入しました。確かに、かっこいいですが、スーツに使うにはゴッツイし、外作業には随分ともったいない。
性能の電波時計は良いと思います。ただ、皆さんのレビューと比例しているか、液晶パネルは、パッと見ると明確ではない気がします。
重さについては、若干重さは感じます。
ライトな時計よりゴッツイ重さの人には、まあまあのGショックなのではないでしょか?
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年4月18日
予想以上の出来だと思いました。
ベルトがかっこいいですけど。
少し重たく感じます(笑)
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年10月9日
反転液晶とメタルコアバンドが「かっこいい!」が購入の動機でした。
届いた商品の感想は予想以上に「かっこいい!」でした。
G-SHOCK=ウレタンバンドのイメージですが、メタルコアバンドは外側がエンボス×内側はマット仕上げで、何気にお洒落で渋いです。
通販での最初の難関、バンドのサイズ調節(こま外し)は「ばね棒式」なので、100均の精密ドライバーがあれば意外と簡単にできました。
残念なのは、反転液晶が非常に見辛いことです。見える角度に腕を動かすのが「めんどくさい・・・」のが正直な感想です。
でも、見辛さはそのうち慣れると思うし、それにも勝るかっこ良さなので・・・愛用していこうと思います。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年8月9日
以前からgw6900-1jfを使っていたのですが、樹脂バンドが傷だらけになったのと、暑い時期は蒸れてしまうので、同じ型でメタルコアバンドと反転液晶のgw6900bc-1jfを購入しました。
メタルコアバンドは樹脂バンドに比べて重いものの、蒸れが少なく見た目もよくいいと思います。
反転液晶は思っていたより見え、ライトをつけると文字だけが緑色に光りとてもかっこいいです。
ベルト調整する際は、専用の器具を買ってください。もしくは時計屋さんにお願いしてください。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年3月28日
「メタルバンド」「電波ソーラー」そしてデザイン的に好きな「三つ目の6900」で絞って探しました。
いくつかの候補の中で「今まで持っていなかった、赤や青といった原色が全く入っていないもの」というところに惹かれ購入。
大正解でした。
※ 買ってみて感じたこと
〇「メタルバンドの質感が非常に良い」(商品写真でもわかるが、バンド表面にディンプル=凸凹加工がされ、傷や汚れ、指紋が目立たない)
 =長さ調節は自分で簡単にできます。
〇「ゴツすぎず、軽すぎず、ちょうどいい重量感」(スーツでも、カジュアルでも違和感がない)
〇「色が落ち着いている」(マットブラック感が渋い)
△「文字盤は若干見にくいか」
△「冬場は何度か電池残量がLOWになった」(日本海側は冬の日照時間が短いためか)
△「黒系はやはり溝の汚れが目立つ」

私は40代男性ですが、「オヤジすぎず、若すぎず」といった感じで非常に気に入っています。
おそらくこれが壊れても、また同じものを購入すると思います。
今まで6~7個、GーShockを購入していますが、間違いなくナンバーワンです。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月11日
時計バンドの調節に専用の工具を使わないと出来ないけど、商品は大変良く1番安価で入手出来るストアだと思います。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年10月11日
変わらないデザイン。
でも進化し続ける機能。
ソーラー、バンドetc
バンドは期待し過ぎたせいで普通やんって思ってしまった。
でも普通でいいんです。

気に入って使っていきます
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年11月17日
以前からG-Shockを使用してみたいと思っており、仕事でも使用したかったのですが、
派手な外見とプラスチックな樹脂バンドがネックでした。
真っ黒なデザインとメタルコアバンドの存在を知り購入に踏み切りました。
反転液晶のモデルしか選択できなかったので、反転液晶の表示がネックになると懸念していましたが、思ったより問題ありません。
当然通常液晶のほうが見やすいとは思いますが、思い切ってよかったと思います。
仕事柄オートライトはOFFで使用していますが、動作は問題なく必要なタイミングで「G」ボタンを押して発光させますが、
発光させると反転液晶は文字だけ光るのでいい感じです。

スーツにも合わせられるG-Shockだと思います、
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)