Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Cloud Drive オフィス家具購入でAmazonポイント10%還元 Amazon MasterCard nav_flyout_biss DVD Blu-ray Bargain 2016summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.435
5つ星のうち4.4
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2013年10月6日
バランタインはスコッチウイスキーを飲む方には説明不要の銘柄であると思いますが、現在もスコッチウイスキーとして売上世界二位(一位はジョニーウォーカー)
を誇りブレンデッドウイスキーという物を作り出した歴史的な創業者を持つ、ウイスキー界の超名門のウイスキーです。

バランタインを冠するウイスキーは非常に多く、通年販売品ではこのファイネストが最下のクラスで、上に12年、17年、21年、30年とあります。それ以外にも限定販売だったり、
売り切りの銘柄として例えばリミテッドやオリジナルキャラクター、古いものではピュリティにクリスマスエディション、と、日本には余り流通しませんもののバランタインの
銘柄というのは大変多く色々な商品が販売されてきています。

と、ある程度の概要を前文としてこの「バランタイン ファイネスト」のレビューに戻りますが、その味としては「最高傑作」という一言で終わりかねないものです。
ただ、そういう言葉を用いてしまうと大変に万人に良く、複雑性を求める方にも簡易的な物を求める方にもとても良いものとして聞こえてしまいますので、確りと説明しますと、
バランタインファイネストは「長期熟成以外の味の全ての要素がつまったブレンデッドの完成形」と説明出来ると思います。これがどういう意味なのかと言いますと、
バランタインファイネストは決して非常に飲みやすいというだけのウイスキーではなく「甘味、苦味、塩味、酸味、辛味」と全ての要素が揃って全体を統括しているのです。
香りは華やかさを少し抑えた落ち着いた香りで少し複雑さがあり、口に入れると少し辛くその後に苦味や塩辛さがほんの僅かに感じられ、飲み終わりにはぐっと甘く爽やかな味が
酸によってビッと締められる、という「簡単な理解だけでは得られない完璧さ」のある、少し複雑な方の味わいのウイスキーです。
しかしながら、この価格帯のブレンデッドウイスキーで、この「味が折り重なる複雑さ」を求めるのは非常に難しいものでして、あのジョニーウォーカーのブラックラベルでも、
ここまで重なる複雑さは持っていないと言えばそうであると言えます。それを飲み終わりの爽やかさだけを感じて薄いウイスキーだと感じる人もいましょうし、長期熟成でない
モルトを使用している事でまだ確りと味の統制がとれていない部分を荒い味わいと表現する人もいるかも知れませんが、私としてはそういった部分も感じ取って尚、全ての
要素を持つ(文字通り、複雑な)ブレンデッドの完成形であると感じます。決して肩肘張らずに飲めるけれど、肩肘張って立ち向かう事もでき、ただの酒として日々の糧にする
事も出来るけれど、大いにのめり込んで愛する事も出来る、世の中にある主食の様に何十年だってそれをただ食べていける、そういう食物の完成形のひとつだと思います。

こういった内容ですから、例えば簡単な味わいを求めればデュワーズの様に甘く爽やかなブレンデッドウイスキーを好む人には複雑ですし、より複雑なクラガンモアの様なモルトを
好む方にはまだまだ若く少しチグハグな味わい、とも言えるのですが、それら個人の好みにまで対応するとなるともうそれはこの世の物では有り得ない物になってしまいます。
そういった部分を差し引き、更に「この価格帯のウイスキーではそうそうない複雑性を持っている点」を評価すると、私には前述の通り「最高傑作」となる、という事です。
飲み終わりの纏まりもよく、全体的に優しく整った味を作りながらも、一部では万人受けしない味の要素も確り備えている、そういうものが私は傑作であると感じるのです。
そして嬉しい事に、バランタインファイネストの売上が世界二位という事が、そういう部分を確り認識してくれる人の多さを物語っていると思うのです。

ちょっと話が逸れますが、私はバランタインの通年商品は全て飲んでいますが、バランタインはシングルモルトの長期熟製品とは大きく違い、それぞれの年数によって使用モルトを
かなり大きく区別してそれぞれを違うウイスキーとして作っています。例えばファイネストをこよなく愛する人は17年や30年は間違いなく好む味になっていますし、17年が複雑すぎる
様に感じる人は12年と21年に落ち着けるようになっていて、それぞれ味わいの方向性がかなり違い、F、17年、30年と12年、21年はそれぞれグループの様に感じられます。
ですから、もしファイネストから上が飲みたいという方は出来るだけ12年に行くよりまず17年に行って見て、それから他のものを視野に入れると宜しいかと思います。
17年はファイネストと同じく「その価格帯の中での最高傑作」を名乗れる程素晴らしい同じタイプのウイスキーですから。

ちょっとウイスキーでも飲んでみようかな、と思ったら人はそうそう高いウイスキーには行かないもんです。ですからこそ、最初のウイスキーはコレにしてみてください。
きっと私の様に、それから何年も経って色々なウイスキーを経験した後に「最初に出会ったウイスキーがバランタインでよかった」と思う日が、いつかあなたにも来るはずですから。

私にとってバランタインは、こういうウイスキーです。

_____________

それと、最近ボトルが変更されてV字型のラベル(画像のボトルは旧ボトルです)に変更されましたが、味は全く変わりありませんでした。ご安心ください。
1コメント1件|192人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年3月2日
マッサンが放送される少し前からウイスキーの魅力にハマった下戸のウイスキー初心者です。
ちなみにマッサンは試聴していません。
私は、ジャパニーズ・ウイスキー、とりわけサントリーの手頃な価格帯のものから手を出して、しばらくはウイスキーの美味さがわからずにいました。二千円代のものに手を伸ばしても、です。
ちなみに、後に最もお気に入りのウイスキーになるニッカのフロム・ザ・バレルには、この段階では出会えていませんでした。あまりスーパーで見かけるような品ではありませんから。

閑話休題。
しかし、ここで諦めず、ジャパニーズ以外の世界五大ウイスキーにも手を出してみようと思い、スコッチの入門として、まずはバランタイン・ファイネストを手に取りました。
ここで、これまでのウイスキーのイメージがガラリと変わりました。
口の中に広がる幾重にも重なる香りと味、日本の角瓶やブラックニッカでは絶対に感じられないものでした。
正直、こんなに美味しいウイスキーが1000円ほどで流通していることが信じられません。

角瓶のハイボールを居酒屋で飲んで、ウイスキーってこの程度の味なのか、と誤解している人に是非この本物のウイスキーを味わっていただきたいです。
0コメント|54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年9月3日
フルボトル1000円くらいで買える安ウイスキーは大概アルコール臭さがありますが、バラファイはアルコール臭さが抑えられててマイルドな飲み口。
1000円ウイスキーの中で、ストレートで飲んでも口当たりが良いのはバラファイくらいでしょう。
トゥワイスアップやロックでも美味しい。

ハイボール(スコッチ&ソーダ)も試してみたが、炭酸水で割るとバラファイ独特のバニラ風味が強調される様に感じる。
最初の二口三口は美味しいけど、次第に独特のバニラ風味に飽きてきて「バラファイのハイボールは一杯で十分かな」と思う。

個人的にバラファイはハイボールよりも、ストレート、トゥワイスアップ、ロックで飲む方が好きなウイスキー。

安ウイスキーであってもストレートやロックで飲んで美味しい「1000円ウイスキーの帝王」である。
0コメント|39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年4月10日
ストレートでも水割りでも美味しく飲めます
特に、水割りにした時の香り良さと芯のある味わいは同一価格帯のウイスキーと比べワンランク上です
0コメント|16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月12日
そろそろウイスキーをちゃんとたしなめるオトナになりたいなと思いまして、ネットで調べたら初心者はこちらのウイスキーがお勧めとのことで購入を決めました。
とりあえずストレートでコップ三分の一程度の量を少しずつ30分かけて飲んでみました。
スモキーな香りとウッディな香り酸味と甘みに苦味と評判通り値段の割に色々な味がして美味しいです。
ただ、アルコールに弱い自分はこの方法だと酔いが早く回ってしまいます。
最近はハイボールにしてます。
ウイスキーの3倍の量のウィルキンソンの炭酸水で割ってレモンを少し絞って飲むとストレートで飲むより爽やかさが際だって大好きです。
紅茶やコーヒーに少したらすのも冬には良いですね。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月25日
1000円程度で購入。
全く期待してませんでした。
この価格帯では最高の物と思います。
バランスが非常に良いです。
12年より、こちらの方がキレが良く好みです。
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月16日
非常に美味しくいただきました。
これが初ウイスキーなのですが、とても良かったです。
正直、「安いの買ってしまったかな?」と思ったのですが、初ウイスキーがこれで本当に良かったです。
経済力をあげたら、長期熟成の物にも手を出してみようと思います。
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月28日
定期的に買ってます。これが安酒に見えてきたら立派な廃人でしょう。
良い点
・ファイネストといいつつ安価で、ちょっと探せばどこでも手に入る
・バランタインらしさ(甘い香り、飲んだらさっと味が引く、ピートが臭ったらダメ)はちゃんとある
・ストレートだろうが水割りだろうがそこそこ飲める
いまいちな点
・どこでもあるけど、味は変わらないくせに値段がばらつく
・ファイネストより12年とか年代もののほうがファイン(味がいい)って矛盾してないか?
・飲み慣れると値段相応(味が荒っぽい、中途半端)感がある。関税がなかったらコスパ最強スコッチだろうけど
スタンダードなので、あんまり考えずに飲みましょう。値段にすれば地球どこでも美味しいのは確かです。
0コメント|9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ラベルが変わって味はややドライになりキャラメルの香りが薄くなりました。それでも、相変わらず味の良い廉価ウイスキーです。ただ、最近(2014年秋ごろ)になって、キャップが変更され、締めるとパチンと音がしてしっかり閉まりません。同系列のビーフィーターのキャップも同じです。数日で飲んでしまうので私は構いませんが、ゆっくり飲む人は困るのではないかと思いました。で、☆ひとつ減らしました。好きなウイスキーなので、何とかしてもらいたいと思いました。
0コメント|7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月17日
ネットの評価を見て買ってみました。
とても素晴らしいバランスで直ぐに虜になってしまい二本目です
国産は日本人に合うようにブレンドしてると言いますが、アルコールの刺激がきつく
毎日飲める物が少ないです
原酒が不足しているという理由で年数表記品を無くしたから仕方ないというのは
言い訳ではないのでしょうか?
いつまでもハイボールにしがみ付いてるようでは、この安いスコッチにも敵わないと思います
サントリーのお酒はあまり買いませんが、バランタインの輸入元になってくれて感謝してます。
0コメント|9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)