Amazonコイン Amazonファミリー Amazon Student 0616 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 nav_flyout_videogame 家電・生活用品サマーセール ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 梅雨対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.639
5つ星のうち4.6
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2011年3月1日
熱伝導率が高く、冷却効果に一役かってくれます。

ですが!CPUクーラーのヒートスプレッダと接する面が銅製、または銀製でないと、
浸食されてグズグズに崩れてしまいます。

実際にアルミ製CPUクーラーで試す勇気がないのでジュースのアルミ缶で試してみました。
2.3日で塗布された面より広範囲に埃っぽいようなカビのような浸食が確認できます。

塗布する量が多いと、CPUクーラーを乗っけた際にはみ出ます。
最悪垂れます。
多いと思ったら拭いたり、注射器で吸い取りましょう。

伝導性がありますので、垂れるとショート&アルミ製パーツの浸食というとんでもない事態が待ち構えています。
取扱い注意です。
0コメント|60人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年9月6日
液体金属ってこともあって付属の綿棒で一度塗布してみましたが綿棒のホコリが・・・
何かいいものはないかと、ふとある物に目が行った。
コンビニでプリンを買った時にもらった透明の小さいスプーンでした。
半信半疑でまさかこれでうまくいくはずがないと思ったら、あっさり塗布できてビックリでした。
一度お試しあれ!
塗布する前はCPUの塗布面を付属のヤスリっぽいものでまんべんなく擦ってその後エタノールとかで綺麗にしてから塗布しましょう。
液体金属はゴマ粒ぐらいで十分全面に塗布できます。
問題の冷却効果は、抜群に冷えます(CPUクーラーの性能にもよりますが)
あと塗布する時はCPUをマザーボードから外して静電気に気をつければOKだと思います。
0コメント|21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年10月11日
この商品の評判がなかなかいいので、以前から使ってみたいと思っていましたが、
「初心者には難しい」という声をよく目にしてたので、なかなか購入に踏み切れませんでした。

今回、この商品をはじめて使ってみて感じたことは、やはりグリス初心者の私には塗りづらかったです。(へらで伸ばしても伸びない。)
ですが、いろいろ試行錯誤しているうちに、いい方法を発見したので一応紹介しときます。(参考までに)

【用意するもの】
"LIQUID PRO" と "はんだ吸い取り線" と "適当なヘラ" です。
(はんだ吸取り線といっても、はんだこては不要です。ピンセットなどがあると便利かもしれません。)

【方法】
(1)はんだ吸取り線を2cmぐらい切り取って用意しておく。
(2)LIQUID PROを塗布面中央に適量(直径2mmぐらい?)出す。
(3)用意しておいたはんだ吸取り線を塗布面にのせて、その上からヘラで押さえながらグリスを広げる。
(4)だんだんグリスが薄く広がってきて、余分なグリスが吸取り線に付着してくる。
(5)グリスが多すぎたときは、はんだ吸取り線を新しいものに換えて何度か(3)、(4)を繰り返す。
(6)鏡のようにきれいに仕上がる。

【注意】
この方法は自分がやってみて一番うまくいった方法ですが、うまくいかない場合もあるかもしれません。
おきまりですが、自己責任でお願いします。

はんだ吸取り線ですが、「はんだ吸取り線って何?」という方もいらっしゃるかもしれないので、簡単に説明すると、
本来の使用目的は、はんだ付け作業時に余ったはんだを吸取る等のためのもので、細い銅線を撚って巾着状にしたものです。
種類としては、"フラックス有"と"フラックス無し"がありますが、"フラックス無し"をお勧めします。
(グリスとフラックスで予期せぬ科学反応が起こるかもしれないので。)
250円くらいで売っていると思うので探してみてください。

【性能】
性能については、評判通りだと思います。
ただ、この商品はいろいろと制約があるので、気を使いました。
0コメント|52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年3月20日
他の方のレビュー通り効果は覿面でした。
高負荷時には10℃以上の差は出ます。
塗りにくさも良く書かれていますが、
根気良く塗っていれば綺麗に塗れます。
量は少なめが良いと思います。
付属の綿棒で塗りました。
綿棒を強く押し付けると綿が表面へ付着しますから
力を入れ過ぎないことがポイントです。
おかげで殻割り無事成功です。
0コメント|6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月20日
intel i5 2500K から i7 3770K への乗せ換えにあたって
「ダブルグリスバーガー」と悪名高いivy bridge世代の3770Kをそのまんま乗せることに不安があり
思い切って「殻割り」をしてみることになりました。
内部グリスの交換用として今や常識となりつつあるこの製品を買ったまでです。

これまでの「シリコングリス」「シルバーグリス」「ダイヤモンドグリス」といった一般的なグリスと違い
「液体金属」という未知の素材の扱いに臭いに悪戦苦闘しつつ殻割り作業を行いました。
結果は・・・ 大満足です!
想像以上の冷え具合(高熱伝導)で Prime95を24時間回しても最高温度は62度以下!!(簡易水冷併用で)
これまでの2500kよりも低い温度に感動しっぱなしでした。

取り扱いにおいてのハードルは高いですが、殻割りにこの「リキプロ」は絶対ですね!
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月13日
日東電工 マスキングテープ No.720 18mm×18m J7530
6700k・3770kを殻割りして使用しました。
いかにも塗りにくい印象のレビューばかりで心配していましたが、付属の綿棒(100均綿棒と同じ)
を使って拍子抜けするほど簡単にできました。
肝心なのはマスキングだけだと思います。
効果は皆さんレビューされている通りなので割愛します。
とても性能が良いと思いました。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年7月5日
冷却性能は抜群です。
塗工面に工夫をしなければ、皆さんの書き込み通り非常に塗り難いです。
ですが、塗工面にサンドペーパー(400番程度)で細かなキズをつけて液体金属が
細かなキズ上に留まるように加工すれば、きれいに塗工する事ができます。
私の場合は、
1.ノーマルグリスを使って塗工部分をマーキング
2.グリスを塗らない場所にはマスキングテープで表面保護
3.ノーマルグリスを拭き取ってからサンドペーパー(400番程度)で塗工面にキズをつける
4.付属の綿棒を使って適量塗工
これなら5分程度で作業は終わります。また、設置後、液体金属の漏れもありません。
あくまでも、キズをつけてもいい覚悟がある方にお勧めします…
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月6日
とっても簡単な塗り方

手持ちのブレーキクリーナー(市販300円程度)で十分脱脂してあげると、鏡面加工のcpuクーラーの台座に、綿棒で簡単に塗り広げられます。
cpu側は商品添付のヤスリで軽く削ってしまいましたが、不要だったかもしれません。

掲載の写真はcpuクーラー部分です。写真では分かりづらいですが、左側(作業前)をよく見ると綿棒が反射して写っています。右側は作業後。
(不要な箇所にも塗っています)

冷却性能は格段に向上しました。
prime95でcpuコア温度が94℃から82℃まで下がりました。
もともと建てつけが悪かったのかもしれませんが、OCスコアも+0.7ghzできて満足です
review image
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年12月3日
4770K殻割とGTX780tiに塗布しました。殻割は会員証みたいなもので実に10分かからず簡単に割れました。しっかり養生したのち付属のスポンジで縦横へと磨きをかけ脱脂して塗布開始。ちょっと乗りが悪いなと思い再度脱脂。今度は付属の綿棒で簡単に塗れました。脱脂が完全なら塗りにくいことは無いと思います。CPUコア&ヒートスプレッダ内側、ヒートスプレッダ&CPU水枕とGPU&GPU水枕と塗布してまだまだ残量がある感じです。(実は不足がイヤだったので2本買ってしまった。。。)効果は絶大で4.5Gで87度だったものがあっさり60度台に。4.5Gが限界だったのがあっさり4.7Gクリア。まだ70度以下で回ってるんで4.8Gいけそうですが楽しみはとっておいてしばらくは4.7Gで。。。ちなみにGPUのリキプロ化はダイヤモンドグリスOC7と2度程度しか変らなかった。
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月11日
LIQUID Proの他、磨き用スポンジ、綿棒、ウェットペーパータオルが付属してました。
はみ出ると厄介なので極少量を塗り広げる感じで。
ヘラより綿棒の方が塗り広げやすかったです。
説明書によると定着するのに48時間かかるとのこと。
注意書きにある通りアルミは腐食します(写真 塗布後24時間)。

何機か有るノートPCに使ってみました。
lenovo G565ではOCCTで負荷をかけた状態で 使用前はCPU温度が61~68℃だったのが 使用後は55℃で安定しました。
review image review image review image
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)