Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard 2016 Suzuka 8tai Road race nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music マリン・ビーチストア

お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

表題のように、バイクのヘルメットに装着する目的で購入される方、多いと思います。 バイク専用のもののできがものすごく悪いか、あるいはやたら高い割に音が悪いかで、コストを抑えたい場合や、音質をある程度確保したい場合にはこちらの製品をチョイスする事に。
 元の厚みが薄いので、ハウジングを分解しなくてもヘルメット内で耳に当たる事も少ないと思います。 ここからのレビューはこのように本来の用途とは異なるのですが、この目的で購入される方が多い為、まずはそちらメインで書いてみます。

 改造方法は至って簡単。 ヘルメットに取り付ける場合に邪魔になるイヤフックは無造作に破壊してしまう事もできますが、元にもどせる方法で取り外すこともできます。 フックの付け根のグレーの部品(L,Rが書いてある小さな部分)をマイクロドライバーでこじってやるとスピーカー面方向に浮かせて外せます。これがフックのストッパーなので、フックもスポンと抜ける。 あとは100均とかで丸いマジックテープを購入してきて、ATH-EQ300Mと、ヘルメットの耳の窪みのところに貼り付けてやれば完成。

 ですがもともとの音がシャリついており低音もスカスカなだけに、こうするとどうにもならない音質がさらにひどくなります。
さらに重要なこととして、外部の騒音がひどくて肝心なナビの音声なども聞き取り困難な音量に。 本来耳にフィットさせて使うのでこうなるのも当然ですが。

 低音がすかすかでシャリつくイヤホンやヘッドホンを小細工するには、直進性のある高音成分をカットし、拡散する低域とのバランスを変えることです。 ではどうすればいいのか? 非常に簡単なのですが、口径を絞ること。 上記を具体化できます。 さらに密着度が上がると拡散しやすい低音を逃さず伝えることができます。 これらを含めたプチ小技ですが、窓の隙間などに貼る、防水タイプの隙間テープをヘッドホンのスポンジ面にリング状に貼り付けるのです。 この方法は古いヘッドフォンなどでイヤパッドが入手困難な場合、汎用のイヤパッドを加工する定番の方法の応用です。

 驚くほどの音質改善! シャリシャリで低域もまったくダメだったものが、自然に添えられた低域と、シャリつきを抑えてもっと自然なバランスに。ついでにほどよく外界の音も伝えつつナビや音楽も聞こえるという具合のよさが得られます。
隙間テープで耳との隙間が減るのと同時に有効な口径も絞られるので、ヘルメットへの装着位置は微調整が肝心です。
うまく決まれば元とはまったく次元の違う音質が得られますよ。 ぜひお試しください。

 音量的には機器直結で実用に耐えるレベルまで上記方法でもっていくことができました。

他にも工夫がいろいろありそうですが、一工夫だけでとても安価で高音質なヘルメット内装スピーカーが得られるすばらしい「素材」に。
このような目的限定で星4つです。

 一方の本来の用途で考えますと、、、これがどうにもシャリついた音で、低域はスカスカ。ラジオのような硬い音色で私はダメでした。
音漏れは形式ゆえに盛大です。 外の音はもちろんばっちりすぎるほど聞こえます。 状況としては静かな公園や、室内で楽しむ等が考えられます。ヘッドホンのバンドがうっとうしいとか、夏場に厚くて蒸れていやな場合には良い選択と思える形式です。 音質は上記のようにヘルメットに取り付ける場合の手法と同じ手が使えますので、(フィット感は犠牲になりますが)改善は可能です。

 音場は予想していたより狭く、解像度も高いほうではなく比較的ラフな描写。口径があっても解像度があまり高く感じられないのは恐らく振動板の構造や、物理フィルターの構成のまずさでしょう。 このように本来の用途でのオリジナルの音質は数百円という値段なりのものでした。

 良いと感じたのはコード。 プラグまで比較的強度のあるコードで配線されており、さらにU型配置で首から下げられる最近減ったレイアウトであることも高得点です。 
0コメント| 108人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年5月17日
今までずっと耳かけタイプのヘッドホンを使ってきました。
とても安くて助かります。以前は安くても1500円〜1900円ぐらいだったかと思います。

コードはu型という片方が長いタイプで、首の後ろに回して使う設計です。両方が同じ長さのタイプが嫌という人におすすめです。
プラグまでの長さは比較的長いような気がしますが、短いよりはいいかと思います。

見た目は以前の製品に比べて平べったい印象があります。黒なので多少は高級感もあります。

注意すべき点としては、耳かけ部分の付け根が弱いということです。
壊れやすい部分ですので必要以上に広げないようにすると長持ちするかもしれません。

音に関しては特にこだわりがあるわけではありませんが、オーディオテクニカの製品を通じてヘッドホンの音の違いを知ることができたので、今でも信頼して買うことができます。
0コメント| 58人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年12月15日
昔からヘッドホンはAudio Technicaと決めていて、今までスタジオヘッドホンや折りたたみヘッドホン、ノイズキャンセリングやカナル型イヤホンなど、いくつも愛用してきた。どれもそれぞれAudio Technicaのキャラクターがあり、この耳掛け型も例外ではない。
耳掛け型は昔Sonyのものを使って、当時のものの装着感がどうにも嫌いで疎遠になっていたが、最近カナル型にも飽きてきて、耳に優しいヘッドホンはないかと探していた所、Audio Technicaからこの値段で出ているのを見つけて購入してみた。

まずとにかく、薄い。ひと昔前からは想像もできないくらい薄くて、軽い。ケーブルがなければ付けている事自体が気にならないくらい。全体の素材がチープなプラスチッックだが、見た目はAudio Technicaならではのシックなデザインでカバーできていると思う。
あと何より、想像以上に音がいい。スペック上でも同レベルの他社耳掛けヘッドホンよりも広い再生周波数で、Audio Technicaならではの、ドンシャリぎみだがハイ抜けもバランスも申し分ない音。定位もまずまず。
とにかく驚きの連続。懸念する事と言えば音漏れくらい。私の耳にはかなりよくフィットするデザインだが、単純に耳掛けヘッドホンがどれほど音漏れするものなのか想像がつかない。

総合的に、この値段なので期待せずに買って、「少し得した感」を感じられる商品だと思う。ケーブルを巻き取りできるものとスペック的にはほぼ同じだし、故障も少ないので、どうしてもケーブルを巻き取りたいという訳でもないなら断然こちらをお薦めする。
0コメント| 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年1月25日
ヘルメットにつけるために購入しました。
半年近く使ってみての感想ですが、
取り付けはマジックテープで簡単ですし
薄いのでフルフェイスでもかぶるときに耳に干渉することなく、
またある程度長時間聞いてても耳が痛くなる事はありませんでした。

日常では密閉型を愛用しているので
やはり音に関しては値段相応かな?って感じはしますが
バイクで移動中に聞く程度なので
音云々より聞こえれば御の字って感じで使ってます。

それでもやっぱり音が・・・ってところで☆4です。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月19日
聴くだけブルートゥースの音がイマイチと思いながらも、こんなものかと思っていたけど、ひょんな事からこの存在を知って付け替えてみたらあら素晴らしい!
誰が見つけたのか知らないけど、多くの人が絶賛するだけの事はあります。
なんでもっとはやくこれにしなかったのか悔やまれる。
メットで音楽聴きたい人は千円ちょっとでこれだけ変わるのは衝撃ですよ!
自分のメットはj-cruiseだけど、この場合、マジックテープとか別途要りませんでした。
ヘッドホンに最初からついている耳当てのスポンジを剥がしてメットの耳当ての内側に着ければOKです。

普通にヘッドホンとして使うならソニーのバランスの方が好きだけどね。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年9月14日
普通に耳掛け型ヘッドホンとして考えると、密着性が悪くほぼ低音域が消えてしまうので星1つくらいの評価でしかありませんが
ヘルメット用スピーカーの素材として考えると、その弱点は消え失せ、シェル(帽体)により反響する為単体使用時よりも高音質、さらにこの安さ。
本体が薄い為、両面テープやベルクロ(マジックテープ)など固定用マテリアルに頼らなくとも、内装とシェル(帽体)の間に
挟むだけで固定できる薄さも魅力です。いつでも元通りに戻せるという可逆性を損なわず、取り付け作業や位置合わせも
誰もが簡単にできるはずです。この辺りを加味すると、「ヘルメット用スピーカーとして星5つ」という評価になります。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年2月2日
※間違ってもバイク走行中に「イヤホンタイプ」は使わないでください!

本製品をメットに仕込んだ場合でも環境音は聞こえますので問題ないですが(白バイのメットと同じ方式ですし)、イヤホンタイプでは環境音を遮音してしまい、非常に危険です。
同様の理由でノイズキャンセルタイプも厳禁です。

さて、上記を踏まえた上でヘルメットに仕込むスピーカとして、本製品はかなりお勧めです。
耳をかけるところが簡単に破壊できるので、不器用な人でも簡単に加工できます。
値段も安く、いざとなったら使い捨て感覚で使えるのもいいですね。
音質に関しては価格相応だとは思いますが、バイクの走行中なら必要にして十分な音質と音量を確保できます。
固定はマジックテープを使えば簡単に取り外しもできますので、走行中に音楽が聴きたい人にはお勧めです。
0コメント| 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年10月16日
皆さんのレビューを参考にARAIフルフェイスに装着するために購入。

DIY部分ですが、耳かけをマイナスでこじって外し、両面テープで装着、コードはインナーの中に流し込んで終了。
今までは片耳イヤフォンで音楽を聞いていましたが、ヘルメットをかぶる際に外れたりゆるんだりしていた不満が一瞬で解消しました。
耳にも優しく、外の音も聞こえて安全に音楽が聞けるようになりました。
作業工程15分、とてもおすすめの商品です。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年11月4日
薄いからという理由でヘルメットに組み込むつもりで買いました。
簡単にバラせました。
耳かけ部分は切り取る必要がありましたが。

それでも、他は簡単に。
で、とっても薄くヘルメットの中に入れて使っても
耳にあたって痛くなるという事もなく、しっかりと目的の通りに使えました。
 ただ、スマホからの音声をそのまま使うには、もうちょい感度が必要だったかな?
って感じです。
 高速の風切音で、ちょっと聞きにくくなることも。
 過剰要求かとは思いますので、基本的には、非常に良いものだと思います。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年7月4日
ショウエイのヘルメット、J-Force Ⅳを購入しツーリング時に携帯をナビ代わりに使用したくてヘッドホンを探していたら、こちらの商品にたどり着きました。ヘルメットインナーを外し中を確認すると耳付近にヘッドホンが丁度入る大きさの穴があるも、耳に掛ける部分が邪魔だったので思いきってカッターで切るとピッタリサイズ。あとは両面テープで固定しました。運転しながらですので大音量ではありませんが、非常に良い感じです。このクオリティーでこの価格なら納得です。オススメです。
review image review image review image
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)