Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive 2016 Suzuka 8tai Road race nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト Amazon MasterCard 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music マリン・ビーチストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.6
237
5つ星のうち3.6
エディション: 通常版|変更
価格:¥7,980+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

VINEメンバー2009年6月16日
逆転裁判1〜4までクリア済みで、過去の作品がとても良い出来だったためこの作品もやってみました。
全5話の構成で、1話が短く2話から4話までが普通の長さで、5話が少し長い話になっていました。すべての話が最後につながりひとつの大きな事件となっています。
難易度は低く、誰でもクリアできるレベルです。DSの機能を使うような作りにはなっておらず、タッチペンを全く使うことなくプレイ出来てしまいます。
ストーリーに関しては、悪くはありませんが少し物足りないのがクリアした後の感想です。逆転というタイトルの割には、どんでん返しの展開が無く平坦な話であったように思います。また、殺人事件の容疑者が少ないため、すぐに犯人が分かってしまい、犯人あての楽しみが無いのが残念でした。
過去の作品の登場人物がけっこう登場するので、どちらかといえば初心者よりもファン向けのゲームだと感じました。初めての方は、逆転裁判のほうが作品の出来は良いのでそちらを先にプレイしたほうが良いと思います。
0コメント| 91人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年5月31日
プレイし終えての印象はタイトルの通りです。

「逆転裁判」の正当続編であった4は、大半のキャラと舞台を一新し、
時代が変われば人も変わる…といった雰囲気の骨太な続編でした。
が、肝心のプロットや新キャラの扱いがあまりよろしくなく、
方向性そのものまで大多数に批判されるような結果となってしまいました。

「じゃあやっぱり旧作ファンに媚びよう」と既存キャラとネタをこねくり回して作ったのが本作。
それが好きな人にはたまらないが、そうでもない人には特に見所がない。
そんな作品です。

法廷パートをそのまま現場に持ってきたためにやることは本家と同じですが、
有罪判決が出れば即終了という“物語上の緊張感”はほとんど失われています。
ロジック・システムは本作の主人公『らしさ』を演出するための要素に過ぎず、
システム自体に目新しさはまったくありません。
実際の所、三人称視点である意味も特にありません。

つまりこれは旧作ファンを楽しませるためのキャラゲーに徹した作りとなっていて、
『逆転裁判』のキャラクターや世界観に愛着があるかどうかで
評価が大きく分かれる作品だと思います。

元々、3で完結してしまった『逆転裁判の続編』を作ると決まった時点で
このような方向性の作品を出す選択肢もあったのではないかと思います。
しかし正当続編ではそれをせず敢えて『新章開廷』を掲げ、
一方このような番外編で、ぬるま湯のような『古い世界』を継続させる。

時系列では3と4の間でありながら、「結局このシリーズをどうするのか?」
という明確な問いに、本作はまったく答えていません。
あくまで場つなぎの番外編。
どこまでもその立ち位置を崩さない、無難なファンサービス作品です。
0コメント| 170人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年6月13日
主人公が検事なので「逆転検事」というタイトルに偽りは無いのですが、ゲーム内容を
考えれば「逆転探偵」というタイトルの方が正しく思えるくらいに検事をしていないゲームです。

まさに事件は現場でおきているという風に、常に現場で話は進んでいきます。

今までの逆転シリーズでは探偵パートで様々な場所に移動し、証拠を集め法廷パートに
進んでいたわけですが、この探偵パートで必要な証拠を見つけられないとグルグルと同じトコロ
を回って中々先に進まずにダレる事があったのですが「逆転検事」では一つのMAPの中に
必要な情報、証拠が全て配置されている為、そのMAP内をくまなく調べれば、必ず先に進みます。
そういう点では詰まらずにサクサク進んでよかったです。

今回新たに導入された「ロジック」は中々面白いシステムです。
二つの証拠を合わせて一つの新たな証拠を作り出すという「逆転裁判4」の「みぬく」と違って
自分で推理できるので自分的には、良いと思いました。

やっぱ推理ゲームは自分の推理を活かせるシステムは必須だと思います。

相手の推理、証言を追及していくパートが今作の法廷パートにあたるわけですが、サイバンチョが
いないだけで大体いつもの逆転裁判とかわりません。

僕は逆転検事が発表された時、ほぼ明らかに黒なのに法廷で無罪を勝ち取った奴を、高裁で
逆転有罪にする検事の物語だと勝手に思っていたのですが、実際に発売されたものは、
何故か検事自ら最前線で捜査する奇妙なゲームでした。

検事ってのは警察が集めた証拠を元に法廷で被告の有罪を立証するもののハズなのですが。

法廷で、証拠を握っているのは検事なので法廷バトルにすると主人公圧倒的優位に立つので
致し方が無くこのシステムにしたんだと思いますが、それならいっそイトノコ刑事を主人公に
した方が、ゲーム内容的には合っていたのではないでしょうか?

ただまぁイトノコ刑事だと追及パートで相手の矛盾を追及するなんて無理でしょうが。

今回シナリオをタクシュー氏以外の人が書いているのもあって、キャラの個性がタクシュー氏が
今まで描いていた姿以上にはなっていません。
多分タクシュー氏がシナリオを書いていたのなら、テキスト的にもキャラクター的にも、もう少し
味があって面白かったかもしれません。
ただ、「逆転裁判4」の出来を考えると、シナリオライター変更はやむなしかもしれません。

シナリオ的には最終パートが冗長すぎる気もしました。
サクサク進むのはいいのですが、追求パートが多く、ゲーム的にも結構長いので少し疲れる
ゲームでもありますが、個人的にはかなり楽しめたゲームです。

法廷パートを備えた「逆転検事2」または探偵パートを極めた「逆転刑事」を出してほしい
トコロです。
0コメント| 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月27日
謎解きはいつも通りなのですが 御剣さんはかなりタフガイなので オドロキやナルホドが約5回ミスしたらゲームオーバーなのに御剣は約10回間違えても平気だしこの作品から回復もあります
あとはUIが変わったことくらいでやっていることは過去作同じですね
さっきも言った通り10回くらい間違えてもいいので わからなかったときはあえてワンパン食らってからヒントをもらってそのまま謎解きなんてできます 5回のミスでゲームオーバーじゃ難しい
ゲームバランスもいいし毎度おなじみの茶番もいい
ただラスボスがシャバイのが惜しいかな ゲーム難易度的な弱さじゃなくて ラスボスが大物の悪ではない
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年7月22日
逆転裁判のスピンオフ。舞台は逆転裁判3の一ヵ月後、御剣が海外
研修を終え、帰国するさなかに巻き込まれた事件を描く。
今回は完全にお祭り編として割り切って楽しむ作りになっているた
めか若干コメディーよりの演出と低難易度になっている。
小ネタやゲームオーバーのテキストを見るのも楽しい。
脚本が巧舟さんでは無くなってしまったが、絵が岩元さんに戻って
いるので画面に安定感がある。
ただ、お祭り編ということで逆転裁判のキャラクターが大勢出てく
る分、新キャラクターの狼や美雲が、あまり活躍したといえないの
が残念。
それからコメディー寄りの演出と低難易度であることが、御剣や冥
のキャラクターに若干合っていない印象を受けた。
特に御剣の天然ボケでお人よしのところが強調された分、キザで格
好のいい所があまり発揮されていない。
とはいえ、矢張が登場するところのやりとりなどはかなり面白いし、
ロジックのシステムは非オカルト系で御剣に合っている。
逆転裁判1〜3より完成度が下がるとはいえ、一定の水準は満たし
ているゲームなので、一回のお祭り編で終わらせるのではなく、
続編を作って完成度をさらに高めて欲しい。そのときは高難易度・
シリアス寄りで。
ちなみに逆転裁判4に関する展開はほぼないが、ラストからすると
あの事件に何らかの変化があることを示しているようにも見える。
いっそのこと逆転検事で別展開にしてそこから逆転裁判の新シリーズ
に入ってもいいと思う。
0コメント| 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年6月21日
結論から言うと、盛り上がりに欠ける。
やる事は裁判の尋問同様に矛盾をつく事だけど、
法廷の緊張感や雰囲気がないとなんだか物足りないです。
検事視点の法廷パートがあれば良かったんですが。

あと、前々から思っていたのですがシナリオごとにチャプター入れて欲しいです。
後で好きな場面を見たい時にまるまる1話やり直すのはキツイ。
つづくって出る所で区切ってるなら、クリア後はそこから始められる仕様にして貰いたいですね。
0コメント| 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年5月31日
逆転裁判は1〜3までプレイしています。4は未プレイです。

本作では情報を集め「ロジック」と推理で犯人を導き出し追い詰めます。
ただ、その分このシリーズにあった話の飛躍性(意外性)が無く
殆どの話で犯人やトリックが読める状態になってしまっています。
そもそも逆転と言うほど逆転していないです・・・。
それにシリーズ共通した犯人を追い詰めてからの顔芸がほぼ無く
ちょっと寂しかった!

しっかりしたキャラ付けが出来ているので
続編としてプレイすればあちこちで思わずニヤッとする場面はありますが、
今作品がシリーズ初プレイなら
ただ作業感を感じるだけになってしまうかもしれません。
本シリーズをプレイしていない場合、
先に逆転裁判1〜をプレイしてからこちらをプレイすることをお勧めします。
(本作がシリーズ初なら星はそれぞれマイナス2です。)

最後にこのテーマ(御剣検事が主人公)で意外性を持たせるのは難しいとは思いますが、
次回はロジックや推理・証拠品から、
ありえないけどこの人が犯人なの!?って思えるような展開を希望。

・・・あと言われてるフラッシュですが、
私も長時間プレイしたら頭痛がしてきました。
影響を受けやすい人は注意が必要です。
0コメント| 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年5月31日
※逆転シリーズは全部プレイしました。
それを踏まえてのレビューを行いたいと思います。

正直な話し、「こんなもんかな」というのは否めない出来だった様に思います。
発売前から巧丹さんの参加が無いのが一番の気がかりではありました。
御剣もイトノコも大好き(逆転キャラは皆すきですが)だったのですが、やはり粗が多少目立ちます。

また法定パートが無いからなのか、逆転シリーズ特有のテンポが感じられませんでした。
推理も長く、また掛け合いも若干ですがテンションに欠けます。
「決定的な証拠」と言うわりにはそれにも穴が多かったりと推理の流れに疑問を感じざるを得ませんでした。

また「ぬすみちゃん」ですが私には若干チープに感じられてしまい少し萎えてもしまいました。
新キャラクターは予想外に魅力的な人物が多く、その点には大変満足しています。
現場の移動も以前の選択型だとわからなかった部分が理解できるので好感度も高かったです(個人的には以前の選択型の方が好きですが)

音楽は相変わらず良曲揃いでついついヘッドホンで聴いてしまいました。

プレイした後に爽快感よりもガッカリが残ってしまったのは発売前の期待が大きすぎた事に原因があるのではと思っています。
それでもストーリーの中に見え隠れする旧作との繋がり等、ニヤリとさせてくれる点が多かったのは事実です。
前作では知ることのできなかった御剣、冥の過去等も知れて嬉しかったです。

総評としては、逆転シリーズとしては少々残念ではありました。
ですが一推理アドベンチャーとして考えるならば中々の良作だったのではないかと思います。
0コメント| 86人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年5月29日
端的に言ってしまうなら逆転裁判とは別のゲーム。(当たり前か)

だがシステム面ではシリーズファンにはお馴染みの部分もあり
何をどうすれば話が進んでいくのかは分かり易くて良い。

タッチペンを使用せずに遊ぶ事が出来る点も評価したい。
DSソフトは中途半端にタッチペン必須なパートがある事が多く
過去の逆転シリーズでもイライラさせられたんだけど
今回は証拠品の鑑定作業などもボタン操作で可能に。

しかし裁判長のおとぼけジャッジや個性的でどこか憎めない証人たち
アウチ検事の見事なカモられっぷりなど法廷パートの魅力がなくなり
事件が解決しても何か物足りない感じがしてしまう。

どうせなら捜査で集めた資料を基に法廷で争うと言った
従来の逆転シリーズを検事側の立場で味わう趣向にした方が
より魅力的なゲームとして完成されたのではなかろうか。

もしくは裁判まで行かない事件があっても良いが
それらの事件が最終的に一つの事件に結びつき
大元の事件を御剣が担当し裁判で黒幕を追い込んでいく
みたいな形にすればベタながらも楽しめたように思う。

とにかく、これでは「検事」ではなく「名探偵」だよカプコンさん。

新しいシリーズ展開を常に模索する姿勢は素晴らしいけど
ちょっと企画の精査が不十分なまま見切り発車しちゃったのかな。

普通に面白いし良いところも沢山あるだけに残念。だから星は3つ。
0コメント| 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年5月29日
・新要素「ロジック」による情報を繋げる事で真相へ近づく爽快感
・シリーズの売りと言えた法廷は無いが、追求がソレにあたる
・主人公の関係で、アリエナイ大逆転的発想は少なく、
 逆に、理詰めで論理的に相手を追い詰めていくコツコツした展開多し
・セーブデータは1つだけ。メッセージは既読に関しては早送り可能

逆転シリーズの良さは、その個性的なキャラクターにもありますが、
やはり、運・推測・感情といった曖昧なものではなく、
証拠など確固たる拠り所から、論理的に、かつ、
少しづつ事件の真相に迫っていく楽しさにある訳ですが、
今回面白かったのは、「ロジック」というファクターで、
ともすれば曖昧なファクターである情報・思考というものを、
2つ組み合わせる事で、新しい事実を引き出し、
事件の真相に迫ろうと言う試みです。仮定を組み合わせ、
確証に近づくこの過程は、検察側視点に変わった
今作になかなかピタリとはまっていると感じました。

今までと違い、「探偵→裁判」と、場所とパターンを固定していない為、
「法廷内で現時点で相手を追い詰める証拠が実はなかった、ボスけて!」
などと言う、非常にスリリング(後にドラマティック)な展開は無いのですが、
その分、「捜査と対決」がちょくちょく起こり、
新証拠入手後に即対決パートなど、論理的展開はより多いと言えます。
逆に、なるほどクンな系譜・必殺技「アリエナイ発想の大逆転で大勝利!」という、
シリーズ独特の度肝を抜くロジックは大幅に減りましたが、
理詰め大好きなボクにとっては面白い展開で、シリーズの根本である、
「揺さぶられ易い感情やウソへどう対応し、どう暴いていくか」
に対しての爽快感は、全体的に通っていたように感じます。
上記理由から「逆転らしさ」は十分にあると思います。

でも大逆転発想で大逆転!!を期待している方には、
淡々としている感じがする所もあるので、物足りないかもしれません。
セーブが一つで、メッセージ関連のレスポンスを少し改善してほしい点が惜しい所でしょうか。
0コメント| 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告