Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Cloud Drive SOS0501 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 Musicexclusive ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 夏前ダイエット特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Prime Music 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.5123
5つ星のうち3.5
価格:¥3,007+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2008年11月4日
ヴァルキリープロファイルシリーズ3作目。
プレイしてみての感想を。

【ストーリー】★★★★☆
これまでのシリーズも全体的に重い内容でしたが、今作はその中でも群を抜いて重いです。
キャラクターも一人ひとりにドラマがあり、VP1のように感情移入することができます。
また、女神の羽で仲間を犠牲にして強大な力を得ることができますが、その時の罪悪感のようなものはまさに咎を背負った感じがします(笑)
このようにダークな展開が好みの方にはオススメです。

【システム面】★★★☆☆
このゲームを評価するにあたって、最大の焦点となるのが今作のバトルシステムだと思います。
戦略シミュレーション+VP1の戦闘を合わせた感じです。

まずとにかく難易度が高く、上記のどれも経験のない方はかなりの苦戦を強いられることになります。
ですが、最も効率の良い攻撃方法を見出し、クリアできたときの達成感はとても快感です。
女神の羽と合わせて、このシステムと難易度についていけるかどうかがこのゲームの評価を大きく変えると思います。

また不満点として、ハードの性質上キャラクターとダメージ表記が小さく、見難いです。
おかげでコンボを繋げるのにかなり苦労しました。
しかし慣れればVP1のような爽快感が味わえます。

【音楽】★★★★★
桜庭統氏の音楽は健在で、とても素晴らしいものになっています。
VP1の曲も多く流れるので、プレイしたことのある人はこれだけでニヤリとなれます。
ただしこれもハードの性質上ですが、DSの音源とサウンドトラック(公式HPで聴けます)ではかなりの違いがあり、チープ感は否めません。
しかし、曲自体がとても良いのでそれほどは気になりませんでした。

【総評】
ダークなストーリー、高難易度の戦闘、今までと異なるシステムなど、かなり人を選ぶゲームになっています。
トライエースらしいやりこみ要素も満載なので、ハマる人には★5以上の評価にもなれますが、合わない人は★1にもなりかねません。
シリーズをやったことがない方は、まずVP1をやって世界観をつかむことをオススメします。
それでどっぷりとハマることができれば、きっとこのゲームも楽しくプレイできると思います。
0コメント|77人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2008年11月4日
事前情報を一切入れずに購入、プレイしました。

●システム
いきなりヴァルキリータクティクスに様変わりしたので驚くも、意外とすんなり。

*****ここから不満点*****
◇タッチペン入力機能は一切無い。
→DSである必要性は皆無。
◇装備品リストにアイコンが欲しい。ショップで本当に困る。
→リストは見ずに、上のステータス画面とにらめっこというワケの分からない事態に。
◇画面が縦に長く、便利な反面使い勝手はそれほど良くない。
→目があっちに行ったりこっちに行ったり。

●シナリオ・キャラクター
VP2で不評だった「キャラが立っていない」と言う点はしっかりと改善された。
仲間になるキャラクターとその周りにはドラマがあり、感情移入できる点は○。
序盤の何気ない選択で物語が大きく変わるのも面白い。

*****ここから不満点*****
◇レベル上げの手段(フリーバトル)が用意されていない。
→バトルテクニックでカバーできるが、それでも限度があるだろう。

●バトル
「箱庭系タクティクス」と「シリーズ恒例のフルボッコバトル」が合体。
どちらも大好物な自分にとってはストレスフリー。
VP2とは違い、キャラ毎にオリジナルの決め技があるのは非常に嬉しい。

*****ここから不満点*****
◇陣形ボーナスの種類が少ない。
→3陣形4種類のみ。ナナメ要素がないのは残念。
◇「○○を救出せよ」系のバトルは本当に苦しい。
→2ターンでGAME OVER喰らった時は本気でどうかしてると思った。
◇敵からのハイパーフルボッコタイムはまさに外道。
→羽根を使ったら負けだと思ってる。

●クリア後
2週目以降はステータス以外はほぼ全て持ち越しの模様。
今度はプレイヤーが鬼神の如く突き進む。

●全体
DS向きでないことは確か。コンテンツ的にもPSPでやるべきだと思う。
ゲームとしては面白いし、物語や世界観、アイディアは非常にセンスが良いと思う。
ただ残念な点も多く、全体としては★3つくらい。
0コメント|76人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2010年3月20日
PSPにてVP1レナスのみプレイ済みの30歳男性のレビューです。
高難易度・暗いシナリオなど、酷評が目立っていたため、購入を控えていましたが、中古だと送料込みでも1000円以下で手に入れられるほど安くなっていたため、思い切って買ってみました。

シナリオはたいへんよくできています。登場人物ひとりひとりの苦悩、葛藤その人物なりの正義がよく描かれています。それでも、ユーザーを泣かせてやろうみたいな、押しつけがましさはなく、次の展開を楽しみにしながらプレイできました。

エンディングはマルチですが、1つのエンディングに到達するのに10時間程度です。大まかにいってシナリオ分岐が章ごとに3つあり、そのうえ、(お馴染みの)おまけステージもあるので、全て楽しめば元は取れるかと思います。制作側の気持ちとしては、「シナリオはどのルートも練りに練って作り込んだ自信作。ユーザーの皆さんには全てプレイしていただきたい」とのことですんで。すぐに楽しめなくなってしまうわけではないと思います。

今作は、敵が強いために、あるキーアイテムを使用して仲間を強化、その対象となった仲間は必ず失われる。この「仲間キャラクターを殺していかなければ先に進めない」システムが賛否の対象になっています。「心のつながりができた人間でないと・・・」とゲーム中でも案内されるし、その決断をするたびに、たとえゲームであっても心が痛みます。人間性に触れ感情移入ができたキャラクターを死なせる惜しさ・哀しさをユーザーに味わわせる硬派な設定を賞賛したいと思います。私としては、正義漢が世界を救う系の作品より、ずっと重く心を揺さぶらされ、得した気持ちになっています。

難易度は確かに高めで、初回プレイ時は例のアイテムを要所要所で使っていかないと大変ですが、ひとつのエンディングを迎えるたびに、アイテムや能力を引き継ぐことができるので、シナリオコンプリートはそれほど難しくないはずです。
私の場合は、攻略サイトや本を参考にしながらプレーしましたが、これらを頼っていても、損なわれることのないほどの充実感があります。

グラフィックと音楽はもちろんVPとしての雰囲気を盛り上げてくれていますが、音楽はVP1の使い回しがけっこうあります。私がもし定価で買っていたとしたら、怒っていただろうと思いますけど、どういうつもりなんでしょう? 桜庭氏のかっこいい新曲がたくさん聴けると少し期待していたファンは裏切られたのでは?
0コメント|27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月6日
トライエースのゲームは毎度高難易度で奥が深いオリジナリティのある戦闘システムで大好きです。
今作もUIに多少の改善点はあるものの面白いです。
DSですがシナリオパートなどのボイスもきちんとついております。
ヴァルキリープロファイルの3作目なのでシリーズファンなら迷わず購入。
音楽も桜庭さんで素晴らしい。
不満点をあげるとすれば、かのレザード・ヴァレスさんが登場しないことです。
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年11月26日
VPシリーズらしい、奥の深い戦闘が楽しめます。
よく難易度が高い、と言われますが4人でまとまって攻撃すればラスボス以外なら一度で倒しきる事が出来ますし、1ターンで全滅しない限り体制を崩さず戦えます。増援も無いので粘れば必ず勝機はあります。

また1周目ではクリア不能と言われるAエンドのラスボスも確かに難しいと言えば難しいですが、頭を使えばスキは有りますし、運など無くても勝てます。

また職業間のバランスは移動距離や射程距離からパッと見にはバランスが悪く感じるかもしれないですが、移動スキルも充実しており、hit数や付加効果、高ステータス等短リーチキャラにも十分使い手があり、キャラ間のバランスは概ね取れています。

そしてあまり触れていませんでしたがストーリーや音楽、グラフィックも高いレベルでまとまっています。後殆どの部分でフルボイスなのも嬉しい所です。

他の方のレビューに難しいという意見が多い為敬遠している人は是非買ってみて下さい。今なら安いしオススメですよ。
0コメント|20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2008年11月3日
PS版VPにハマッたこと、レナスが好きなこと、DSを持っていることから、さして内容も見ずこのソフトを予約してしまいました。

○⇒キャラ、ストーリー、設定、グラフィックは文句無し
特に、「仲間を犠牲にしていく」設定やストーリーの全体的な無常さや重さはVPならでは。
(この設定自体は凄く興味を引いて良かったです)
世界観もリアルなので、すぐにゲームに引き込まれます。
グラフィックはDSとしてはキレイです。でも、ここまで力入れるならPS2とかにしろよ…と突っ込みたくもなりますが。
戦闘のエフェクトもDSなりに迫力があり、決め技の爽快感はナカナカのもの。

×(?)⇒流れが単調で不自由・敵がむちゃくちゃ強い
マップをうろつくことが一切無く、VP1しか知らない自分にとってはある意味新鮮でした。が、戦闘以外の会話イベントはほとんど短くて、戦闘に次ぐ戦闘って感じでちょっと息苦しい…。
そして敵が理不尽に強いです。レベル上げの戦闘が出来ないのに敵が強いです。
最初、「ゲームシナリオ上負けて当然のバトル」だと思ったくらいです。
操作が下手だからだと最初思いましたが、圧倒的に戦力差があり過ぎます。
多分羽を使わせようと画策した結果だと思うんですが、EDのためには誰だって使いたくないのに無理矢理そうさせられてるのが非常に嫌でした。
誰かを殺さなければいけないし、殺さずに済む道を探させてもくれない。
キャラが魅力的な分、これが精神的にもキツかったです…。

<結論>
難易度を求める人にはお勧めだと思いますが、余程のファンでないなら中古買いが無難だと思います。
とにかく戦闘の難易度が半端無いことだけ特記しておきます。
私も何とかレナスが出るまでは頑張ろうと思ってましたが、そこまで行けそうもないです…。
0コメント|58人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年12月26日
FFタクティクスやディスガイアのようなSRPGと
ヴァルキリープロファイルの戦闘が合わさったゲームです。
主人公は戦乙女に復讐するため、仲間を犠牲にしてでも復讐を果たそうとします。
「女神の羽」というアイテムを仲間に使うと、仲間が異様なまでに強化されますが、そのステージが終了した後仲間は死んでしまいます。
羽の効果で死んだキャラのスキルは弱体化しながらも主人公に引き継がれるため、なかなか便利です。
当然羽の効果で死んだキャラは復活しないので、その点には注意が必要ですね。

グラフィックはマップが3D、キャラはドットといった感じです。
ドットのキャラが見ていて楽しいくらいに動いてくれるためドット好きには嬉しいです。
必殺技を使ったときの動きや通常技等の動きも多彩でかなり凝っています。
魔物のマンドラゴラがエロいです。
時折ズームインしてキャラのドットが潰れるのが残念ですけど…。
戦闘中はキャラが結構喋るので愉快で楽しいです。

戦闘は基本的に敵を囲んでフルボッコがベストです。
敵を囲むと特殊な陣形効果により、必殺技が出やすくなります。
他にもいろいろとお得なので常に狙っていきましょう。
スキル「ダッシュ」があると狙いやすいですね。

戦闘、グラフィック共に高評価を付けますがマップデザインは正直理不尽さがあるかな…と思いました。
あるキャラを防衛するステージでは、1ターン目に敵を一匹瞬殺しなければ防衛対象フルボッコにされ、死んでしまいます。ローザ様あああああああ!!
たとえ瞬殺できても残った敵がクリティカルヒットを出したら防衛対象は死にます。もう運ゲーになってます。あまりにも理不尽ですね。
とにかく、最初から囲まれてたり、強力な敵を誘き出しにくい配置だったりと非常にいやらしいマップデザインになっています。
全体的に高難易度なゲームであると言えます。
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年2月27日
普通に面白かった。音楽もよく、ストーリーも逸脱していた。

戦闘も楽しかったし、最高のゲームだと思った。

プレイ時間も長く、かなり楽しめる。

人を選ぶが選ばれた人はかなり楽しめるだろう。
0コメント|8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2008年11月5日
【レビュー】
発表当初から何故DS?と思い始め、公式で動画が公開された時は
そのショボさに期待出来る訳が無いと嘆いてましたが案外面白い事にビックリ

戦闘は慣れるまで難易度と敵の猛攻に挫ける人も居るんじゃないでしょうか
途中から連戦などもあり羽の本格的な使用もしなければならず人を選びます
ですが戦闘自体はチビキャラでも良く動き1に近い戦闘が可能で面白い
ただ序盤はカルマ値を溜めるのも一苦労で戦闘の中断も出来ないので苦労する

ストーリーは1の踏襲と言うのかかなり重く救い様の無い物も多い
上にも書いた様に途中から羽の使用を仕向ける様な場面が何度もあります
この時に生贄をスキルで選んでも良し、自分の好き嫌いで選んでも良し・・・w

EDは3つ有り全て見ると毎度のセラゲが出るのでやり込みも有り(隠しキャラ最多)
3つクリアは遅くても30時間くらいで多分可能だと思われます
難易度は羽、カルマで自由に調整出来る所はAAAらしいやり方で好きです

まぁタッチペンを一切使わない所で何故DSだったのか?
との疑問も残りますし、決してグラフィックが良いと言う訳でも無く
確実に今まで以上に人を選ぶのは確かなのかもしれませんが
個人的にVP+SRPGの組み合わせは普通に面白くて良かった

【他に気になった点】
・大魔法の詠唱にエコーが無い
・クォータービューなので打ち上げの時に見難い
・夢瑠やジェラードの様な可愛らしい魔法使いが居ない!(エロいのは居る)
・今までの主人公と違ってウィルの決め技に変化が無い
0コメント|38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年11月30日
 やはりVPはドットがいいね。多分、VP2でエインフェリアのドラマシーンが端折られたのはCGになったからだろう。キャラ一人一人のドラマを仕上げるのにCGで表現するにはかなりの容量が必要となるはずだ。初代VPだと立ち絵の表情とドット絵のちょっとした仕草で十二分に表現できていただろうから。ドット絵に戻ったことからシナリオも初代VPを彷彿させるような陰惨な世界観に戻っている。まさに今作こそが初代VPの続編と言っても過言ではないだろう。
 まあ、ストーリーは神々の最終戦争や世界崩壊のようなスケールではないし、DCだから多少画像が荒い部分が目立つ。BGMもほとんどが初代VPのアレンジだが、これらは元々良曲揃いなのでそこまで気にしない程度だ。戦闘もシミュレーション風になっているが、爽快感は健在である。
 ともかくVP2で失望した古参ファン方々も騙されたと思ってプレイしてみてはどうだろうか。
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告