Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student SOS0501 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 Musicexclusive ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 夏前ダイエット特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.1490
5つ星のうち4.1
価格:¥2,980+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2009年4月25日
テレビ画面を見ながら調整する方法もありますが、一人で山小屋の屋根のアンテナ・ポールにBSアンテナを設置するため、このチェッカーを用意して作業することにしました。不安定な高所作業で方位をコンパスだけで合わせるのは困難でした。検出感度を上げて粗調整、検出感度を下げて微調整、これでOKでした。一回の使用だけのためにはもったいない感じもしますが、業者に委託するよりは安上がりだったと思います。
0コメント|107人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年4月3日
CS110度対応BSデジタルアンテナを設置する為に購入しました。

一戸建てで、アンテナは2階の屋根でテレビは1階です。

最初はiPhoneのデジタルコンパスを頼りに方角調整を試みましたが全くダメな上、室内⇔屋根の移動の連続で疲れてしまいました。

電気店に作業を依頼すれば高額の工賃を取られてしまいますので、この商品を買いました。

アンテナに接続していたケーブルを外して本商品に接続し、もう1本アンテナケーブルを用意して本商品からアンテナに繋げます。
最初は感度を最大にして大まかな方角を調整し、LEDが5つ点くような方角を見つけられたら、LEDが3〜4つ点く程度まで感度を落として、その中で一番電波の強いポイントを探します。
LEDは単なるON-OFFではなく、明るさでもレベルを表してくれますので、電波の強さはかなりわかりやすくなっています。

結果、本商品無しでは1時間以上かかってもダメだったアンテナ調整が、10分かからずに完了しました。
電波状況はもちろん良好です。

小型、軽量な上に簡単に扱えるので未経験者でも楽ですし、しかも安価ですから、この程度の作業なら本商品を購入して自分で行ったほうが断然良いのではないでしょうか。
2コメント2件|113人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年10月15日
地デジアンテナ設置に使ってみました。(小生電気工事士現在リタイア)とても良い商品です。使い方の要点ですがこの機器は電波の強さ(電界強度)を赤LED(計5個)で表します。従ってプロ仕様の機器のようにアナログメーターとかデジタルでの数値表示は出来ません。レベル調整のボリュームを上手に使うのがコツですね。具体的には先ず、アンテナを大まかな方向に向けて仮固定します(近くの家のアンテナを見て参考にする)チエッカーを接続してボリュームを最大値にする。LED5個点灯ならボリュームをマイナス側に調整LEDの点灯数を減らす。さらにアンテナの向きを調整LEDの点灯数が増える向きを探す。LED5個点灯してしまう場合はまたLEDの点灯数を減らす。最後はLED1~3個程度点灯させ、多く点灯した向きがベストな位置(向き)と言うことになります。向きの微調整とボリューム調整の2つの動作を繰り返せばかなりの精度で最良の向きが決まります。レベル数値の読み取りが出来るチエッカーは安くても¥30、000位?。多機能機種だと¥200、000以上。入力電波が何dbか測定しなくてはならない場合以外は、この機種で十分ですね。BS/CSアンテナ設置はまだですが多分バッチリ決まるでしょう。ちなみにBS/CSアンテナ設置の際は仰角を本体に記された地域(あくまで目安表示と理解したほうが良い)に合わせ、方位を決め、最後仰角をチエッカーで微調整すると良いです。
沢山の方が似たようなレビューを投稿されていますので今更の感があるでしょうが参考になればと思います。
0コメント|62人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月9日
到着後、直ぐに計測してみました。
当方のマンションはケーブルで地デジが観られるので、UHFの計測は
行っていません。
BS/CSは、ベランダにアンテナを設置していますので、BS・CSのみ計測。
初め、スイッチを入れた瞬間にレベルランプがMAXに点灯しました。
TVのアンテナレベルは51で綺麗に視聴できていますが、何か変と感じ
チェッカー横のダイヤルを回すと、レベルランプも減って行きました。

細かな調節をするには、やはりダイヤルの調整も必要と思います。
しかし、この商品が有れば、調整も楽になると思います。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月26日
室内アンテナと一緒に購入しました。
テレビでも受信レベルは確認できるものの、すぐには反応しません。
当然こちらの方が反応が早いので、最適な場所を探し設置することができました。
室内アンテナは、ほんの数cmずれただけでも大きく受信感度が変わっていたので
これを使って感度をリアルタイムに目で見て調整できたことは良かったと思います。

そこそこな価格なので、アンテナと同時に購入の検討をしても良いかと思います。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年9月30日
使い方(BSの場合)
本機のBS/UHF切り替えをBS側にする。
同軸ケーブルをTVのBS端子に繋ぐ
そのケーブルを本機のBS給電に繋ぐ。
TV側の設定でBSアンテナに電力を供給するにする。
本機のBSランプが黄色点灯。
BSアンテナからのケーブルを本機のBS/UHF入力に繋ぐ。
感度をMAXにしてアンテナの方向を合わせる。
5段階の赤ランプを見ながら最高にランプが点く状況を見ながら感度を下げ
さらに微調整をする。
BSアンテナの縦の角度(仰角)は地域毎に決まっているので予め角度を合わせておく。
ちなみに家は東京(23区内)で38度なんですが20度近くが最も電波強度が強かったです。
これは設置場所が傾いてるとか設置が傾いてるとかあるので通常は38度でいいんだろうけど
微調整が必要ですね。
ちなみに本機が無い状態で設置した時はBS/CS共、アンテナレベル0でここではBS/CSはあきらめなくてはいけないと思い
JCOMやらひかりTVやらスカパー光を模索してましたね。
私は今週中に引っ越ししてまして前の家では業者に8000円ほど払って設置して問題なかったのですが
この家では丁度アンテナの方角に建物がそびえ立っておりましてこの条件では初めから懐疑的でしたね。
試しに本機を導入してやってみると10分もかからず見れるようになってびっくりして今レビューを書き込んでいるところです(笑)
ただ非常に便利すぎる機械なのですが活躍の場があまりないというか(^^;
業者に払えば見れる、見れないは判別するんだろうけどお金がかかる。
本機購入すれば3000円ほどで済むのでそういうつもりで買いましたけどね。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年3月29日
サイドベースやテラスに付けるようなアンテナならば比較的設置時の自由が高いので色々出来ると思うのですが、屋根上とかに上がって作業する場合は行動や移動も制限されるためコイツは結構役立ちます!

中〜遠電界地域にUHF20素子アンテナを地デジ・アナログ用として使用しましたが性能は良好です。
レベルゲージを任意に強弱出来るので、設置場所の電界状況を合わせ微妙にゲージを上げ下げしながら最適な向きを合わせる仕様で使い方も簡単。 単四電池二本もモニター用として付属で入っていますから購入後すぐに使えます。

LEDの見やすさも野外でしっかり見える光量があり直射日光下で無ければ問題無いレベルです。

電源の入り切りは「UHF(緑LED,入) / BS(無灯,バッテリー切)」の簡単設定なのでマニュアル要らずでどなたでも使えると思います。

ちなみにブースターが無いと使えないか!?と言うとそうでもありません。
おおよその方向を見極めてアンテナをある程度の高さに上げてレベルチェックしましたが、この程度の簡易受信でも反応あるのでTVの映りが実際綺麗に映っているかは別にして結構使えるようです。

アンテナメーカーなどが出している物もそうですが据え置き型チューナーなどの機能にある「ビープ音」などはありません。あくまでLEDを目視で確認のみです。

本機はかなり軽いため置いて使おうと思うとケーブルのよれなどで直ぐに動いてしまいます。固定しておきたい場合はテープなどでポールや屋根馬に固定するなどした方が使いやすいと思います。 落下防止のため画像にあるストラップは付属で付いてきます。

あくまで受信レベルチェッカーなので、各放送局や中継所が同じ方向にあり電波が混信している様な所で使うには向きません。
3コメント3件|73人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年3月2日
映りが悪くなった時の、原因調査にとても役に立ちました。

最近、地デジの映りが悪かったので、アンテナの向きが歪んだか、ビルでも建って、電波が弱まったのかと思い、確認のつもりで購入しました。
元々、電波の弱い地域なのに小さいアンテナを使っていたので、アンテナ自体を買い換えようかと思っていたのですが、このチェッカーでアンテナ近くで測ると、弱いながらも十分電波を受信していました。
しかし、テレビ近くではかなり弱くなっており、中間位置の何点かで図ると、一気に弱くなっている箇所が見つかりました。
窓の隙間からアンテナ線を引き込んでいますが、その隙間用の線がネックとなっていました。安物だったからなのか、圧力がかかりすぎたのかわかりませんが、隙間用の線の一部が腐食していました。
隙間用の線を新しいものに変えると、元通り映るようになりました。
チェッカーと新しい隙間用の線を合わせても4千円程度です。
安く済ませることができました。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年2月7日
近所のビルや高台でも良いです。地デジ送信局のアンテナが見えれば大丈夫。
自宅に戻り,大体の方向で左右に振りますとインジゲータの数が変わりますから,
良好な向きで固定してください。
なお,強~中電界地域かどうかはDpaで調べられます。エリア色がオレンジなら良。
[...]
送信局の垂直・水平偏波はこちらから※偏波方向の確認は重要です!
[...](総務省)検索ボックスで「地上デジタル放送 偏波方向」で
当たりが出るまで探してください。
ほんと国と外郭団体ってめんどうで嫌になる。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年5月31日、遂に関東圏では東京スカイツリーからの送信に切り替わるという事で買ってみました。
アンテナから遠い一部屋の電波強度がギリギリだったため電波移行で映らなくなりそうだなと予め準備しておきましたが、案の定朝から映らなくなり今先ほどコレを使って調整し終わりました。
使い方としてはアンテナ線に繋いで感度を調節しLEDライトが半分点いた状態にしてアンテナの向きを微調整しつつ、ライトがフル点灯になったら感度を下げて再び調整して最適点を探すと、まあ書くと難しそうですがやれば簡単。テスターの使い方と一緒です(商品もそのものですし)。
本体は軽くポケットに入る大きさなので屋根に上って使うという場合でも問題無かったです。BSアンテナやブースターを間に入れて計測したいときには通電用の端子に電源部からのアンテナ線を繋いでおけば測れます。
欠点としてはLEDライトが晴れの日中だと見辛い事ですね。それ以外は特に問題無かったです。

地デジUHF/BS/CSの調整がTVを使わなくてもアンテナの間近で出来るようになるので、やや高い価格と手間を天秤に掛けて納得がいくならお勧めです。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)