Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard 2016 Suzuka 8tai Road race nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music マリン・ビーチストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
20
5つ星のうち4.6
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2013年5月13日
よく高級キーボードにジャンルされる本機ですが、個人的には「業務用PCキーボード」という分類が相応しいのではないかと思います。
例えば、ゲーム用PCキーボードにも高級品はありますが、本機とはコンセプトがまったく違います。

本機は、カメラやビデオカメラの、あるいはその他業務向け製品の多くがそうであるように、多少値が張っても、
業務使用で満足できる性能を備えていることが重要な製品なのです。

そして、自分の中で業務用PCキーボードに分類されるのは、リアルフォースと本機です。
(HHKBもきっとそうなのでしょうが、あいにく触れたことがありません)

このキーボードを使う前には、リアルフォースを使用していて、そこそこ良いと思っていましたし、
実際他のキーボードよりもはるかによかったのですが、それでもずっとタイピングしていると指が痛くなり、
ちょこちょこ指のための休息をはさむ必要がありました。
腱鞘炎を気にしながらタイピングをするなんていうのは嫌だなと感じていました。
ただ、リアルフォースも本機も安くはありませんから、おいそれと乗り替える気にはなりませんでした。

しかし、結局乗り替えました。まったく後悔はしていません。

その後、一年半使っていますが、同じように作業していても、指が痛くなったり、腱鞘炎を心配することはなくなりました。
もともとタイピングは好きなのですが、なお好きになりました。快適というか、快感です。
私は別売りのラバードームを購入して、ホームポジションにあるキーの押し下げ圧はすべて35gと軽量化しています。
これだと本当に指が疲れません。
ものすごく軽いので最初はすこし慣れが必要でしたが、すぐにリアルフォースを使っていた頃よりも
速く正確にタイピングできるようになりました。具体的には一割くらい高速になりました。
繰り返しますが、そのうえ、疲れないし、指も痛めないのです。

話は変わりますが、自分は評判の良い音声入力ソフト(ドラゴンスピーチ)も持っていてときどき使用していたのですが、
修正などを含めると結局キーボードとの両刀使いになり、だんだん面倒くさくなってこのキーボードだけに戻っています。

他のレビュワーの方々もおっしゃっているように、本機のように地味だけど優れた製品は貴重で、仕事には欠かせません。
0コメント| 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年11月21日
 8年ほど使用したミネベアのキーボードが壊れてしまい、迷わず買い換えました。
私は150ページほどの仕様書を半期で数冊作成しますので、キーボードには大変気になります。私は手が小さいのでDELLやMSの
キー間隔が広くてキーボードを押す力がいるタイプでは手が疲れてしまいます。あの反発力は耐えがたいものがありますので
このキーボードで大変助かっています。
 PFUのハッピーハッキングなども使ってみましたが、キーを押す力が大きくて長時間使う気になれませんでしたし、テンキーの
使用もあるので、やはりフルサイズキーが良いと思いました。
 
 このキーボードを使った感じは、
・キーの間隔は手の小さい私でもちょうど良いと感じられました。
・キーを押す力は他の外国製キーボードに比べ、概ね6割くらいの力と感じています。
・キーを押した時の感触(クリックとは言いませんが、押したときの応答感です)が確実な感じがします。
 実際、打ち間違いが少なくなりました。
・本体が重く、滑りにくいので打鍵の安定感が大変良い要因になっているように感じます。
・USBポートがあり、マウスも一緒に接続できます。
・デザインは実にシンプルですが、変な飾りが無いので、飽きは来ないと思います。
・キーの重さを変えることができると同時に、キーのバネがヘタっても交換できるという安心感があります。

 現在、不満は無く、いい買い物をしたと思っています。
 この世知辛い世の中ですが、こういった良い物を作っている富士通コンポーネントという会社が
ずっと存在し続けて欲しいと思っています。
0コメント| 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年2月28日
ブラックの方は、キーの印字が剥げやすいという評価が多かったので、メーカーに問い合わせたところ製造方法上、白の方はそういうことはありません、とのことだったので、白の方にしました。東プレ製品よりもキー1つ1つが小さめだと思います。音は、ノートパソコンのようなフラットなものと比べてしまえば大きいですが、うるさくはないです。静かというほどでもありませんが...。でも、やはり打ち易いです。付属品が多いので、もしもの時にも安心です。しばらくは荷重45gのままで使ってみようと思っています。45g でも充分軽いです。キーボードにしては値段がやはり高いので★4つにしました。
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年7月16日
2万円ほどの東プレのキーボードを使っていますが、購入時に悩んでいたこちらも買って試してみました。

東プレのキーボードとは、キーを打ったときの反発が違いますね。軽く返ってくるというタッチです。

では、それが嫌かというとそうでもない。むしろ、打っているときの爽快感はこちらの方が上だと感じました。
その理由は、「タイピング音」

カタカタカタカタカタカタというこの音が非常に心地よいです。付属品として自分独自の加重にかえられるバネ(ゴム)が付いているので、キーを打ったときの反発も3段階で変えることができます。

東プレも使っている私としては、どちらも甲乙つけがたいというところですが・・・Amazonが安く売っているので、友人に勧めるなら、この機能をこの値段で手に入れられるこちらの富士通製ですね。

これまでのキーボードに満足できなかったり、さらなるタイピングを求めているのであれば、買って、不満はおきないと思います。値段だけの価値はありますし、モトはとれます。

ちなみに、これ系のキーボードは重いです。異常なほど(笑)
あとは、デザインなどは当然シンプルすぎるくらいで、病院の受付などで使われてる感じのデザインです。

また、USBタイプなのでそこはご注意を(無線より、USBの方がタイピングの反応がいいんでしょうね)

 1週間で会社が変わる!採用の教科書1 著者
0コメント| 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年6月10日
僕は、キーボードを数種類使い分けています。
静電容量無接点方式のリアルフォース均等荷重30グラム、メカニカル赤軸のコルセアK65JP、バックスプリング方式のユニコンプ製モデルMアスキー101、メンブレンのマイクロソフト人間工学使用、メカニカル青軸のマジェスタッチ2、メカニカル茶軸のマジェスタッチ2、アルプス黒軸のゼロです。
リベルタッチは購入当初から45グラムからラバードームを変更するつもりは無かったです。
理由は、リアルフォースの均等荷重45グラムを購入しようか悩んでた時にリベルタッチの使いやすいという評価を耳にしてまして、こちらを選択しました。
まず、キーボードを数枚使用しているのは、仕事でキーボードを使う事がメインなんでその日の気分によってキーボードを使い分けています。
青軸の様にクリック感がある方がタイプ疲れをしない、ユニコンプの様な重たいタッチがタイピングしやすい時、アルプス軸は使いやすいと聞いていたのでゼロの唯一のアルプス軸も持っていますが、クリック的心境の時に使っていますので青軸とかぶりますがチェリー青軸の方がタッチは軽いです。
して、キーのタッチは軽い方と重い方どちら好みかというと重くもなく軽くもなくの45グラムあたりが好みです。
これは、リアルフォース30グラムを使ってわかりまして、人にもよりますが軽いのが必ずしもラクとはいえません。
また、リベルタッチは打ちやすいと感じるのはクリック感(アルプス黒軸、チェリー青軸、バックスプリング)とタクタイル感(茶軸)の中間くらいの感触があり打鍵感はいいです。
打鍵音は、メカニカルの方が気持ちいいです。
次点でバックスプリング、リアルフォースです。
しかし、総合して使いやすいです。
上記のキーボードを考えたとき、その日の気分で選ぶのが多いのはリベルタッチです。
今もこのキーボードで打ってます。
その日の体調によりキーボードを変えていますが、キーボード台からすっとこのキーボードを手に取ってますので、もしかしたら今後はキーボードをその日の体調により変えていますが、リベルタッチが僕の愛用のキーボードですに1年後はなっているかもわかりません。
変えていたのは実際は、自分に合っていなかった可能性もありますしね。
富士通に電話した時にわかったんですが、富士通が特にライバル視しているのは東プレリアルフォースです。
僕自信は持っているリアルフォース30グラムでしか比較できませんが僕はリベルタッチの勝ちとしてます。
しかし、土俵が違うと思います。
僕は、自分の指には45グラムがあっていると思われるので、リアルフォースの均等荷重45グラムを購入して比較したいとも思っています。
ちなみにリアルフォースの変荷重は好みでないので買う予定はありませんし、リベルタッチも荷重変える時は全てのキーを統一荷重にします。
あっそれと富士通さん電話した時、色は白の方がお勧めって言ってましたので僕も白にしました。
理由は加工方法が違うので黒の方は印字が薄くなりやすいって事と担当のセンスですが白の方がリベルタッチには似合ってるって事です。
ただ、リベルタッチの白がいいといってもキーのタッチ感と印字方法はリアルフォースの昇華印刷の方が僕は上と感じます。
デザインは低評価多いんですが、リベルタッチのロゴは僕はお洒落と思いますが、富士通のメーカー印が無ければ尚最高です。

Realforceのオール45gを購入したので比較しました。
打鍵の重さですが、リベルタッチとRealforceは共に45gですが、Realforceの方がはるかに重く感じます。
どれくらいかというとマジェスタッチの黒軸と変わらなく感じました。
キーボードで気を付けないといけないのは押下荷重60gと45gどっちが軽いかというと判断できないんです。
荷重の軽さを感じるのはクリック次にタクタイル最後にリニアでしてリニアは重く感じます。
Realforceが好きな人はcherryMX軸の赤軸が好きなはずです。
そして、僕はリニアが苦手な一番の原因はタイプミスが多くなります。
勿論、ブログとか通常作業にはタイプミスはあまりありません。
あくまで早打ちの時です。
という事で、僕はクリック感やタクタイル感がある方があっているために45gのRealforceとリベルタッチを比較するとリベルタッチが使いやすく思いました。
Realforceとリベルタッチで悩まれている方はメカニカルのcherryMXの赤軸と青軸で打鍵感でなく早打ちタイピングをしてみるとわかりやすいかもわかりません。
その後、この両機でタイピングすると分かりやすいと思います。
色んなキーボード使って来た中で業務で使うとした僕が思う最高のキーボードはRealforceの静電容量無接点方式でタッチ感を明確なタクタイルを作ってもらうと世界最高のキーボードになる様な気がします。
指先にはキーを認識した事を感じる事が最高と考えます。
キーは昇華印刷がPBT樹脂となるので最高でしょう。

上の意見はあくまで業務で使用する事を考えてなんで!!
いろんなキーボードを使う趣向も勿論楽しいですよ♪
遊び心でアマゾンさんでRealforceHiproも最近購入しました。
打鍵感最上級ですが、タイプミスとタイピング速度の低下も今のところ最高となってます(;'・ω・)
review image
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月28日
仕事で長時間タイピングをせねばならず腱鞘炎になってました。
あまりに痛いので悩みましたが仕事は続けないといけないしで環境を自腹で整えようといろいろ変えたりしましたが、エルゴノミクスて思っているより使い勝手はよろしくないのですね。ようやくわかりました。
調べてメカニカルキーボードというものを買ってはどうかと行き当たりFILCOとその他のメカニカルを見てましたがこのキーボードに何故か心惹かれるものがあったのです。気づいたらポチしてました。
買って正解でした。
指は使い過ぎでばね指症状酷かったのですがダイブ楽になりました。肘の腱鞘炎は一生付き合うしかなさそうですけど(対策はそれなりにしてます)。
今まで使っていたキーボードは毎回ずれてその度位置を直してましたがこれはそんなこともなくてストレスフリーです。
惜しむらくはちょっとでも指を置いたままだとキーが押しっぱなしになって入力フォームがエラー起こすことくらいか。
入力荷重調整可能なんですが、忙しさにかまけてやってないので。ボタン一つで簡単に出来ると良いのですが、贅沢ですか?そうですか。
壊れたらまた買ってると思います。耐久性を考えると比較的リーズナブルだし仕事で使うのには最適です。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月16日
いい道具を使うと、ずっと使いたくなる、まさにその言葉がぴったりのキーボードです。

私は、今まで、キーボードの品質についてはさほど気にしていませんでした。つい最近まで、
ロジクールのIlluminated Keyboard k740というキーボードを使っていました。

最近、長い文をタイピングする機会が多くなり、だんだん手が痛くなってきました。高いキーボードは、手に負担が少ないという話を聞き、東プレのリアルフォースとリベルタッチを比較してリベルタッチを購入しました。

「高級キーボード」は、機能面で安価なキーボードと差はありません。何が違うのでしょうか。それは、キーボードを打った感触が違いすぎる。この一言に尽きます。

キーボードで文字を入力するときに普通のキーボードであれば、入力と同時にキーからの反発を感じるのですが、リベルタッチはそのような反発は全くなく、指がスッと入っていきます。そして入力が完了すると適度に反発があり、また入力作業に入ることができます。だから、キーボードを打つのに強い力も必要なく、手に負担なく素早く文字入力ができます。本当に気持ちいいほどにスカスカ文字入力ができます。

リベルタッチは、リアルフォースのような特殊な機構は使っていませんが、純粋にどっちが私にとって入力しやすいか、といえばリベルタッチに軍配が上がります。リアルフォースはスコスコ文字入力ができ、リベルタッチはスッスッとなめらかなに文字入力ができます。

どっちの方が気持ちよく文字入力できるのはどちらかといわれたら、私はリベルタッチの方でした。マニアが買うリアルフォース、マニアのマニアしか買わないリベルタッチ、まさにその言葉がふさわしいキーボードでしょう。

このキーボードの欠点は3つあります。

1つ目は、キーボードを打つとタイピングの音とは別に「スコーン」という金属音が響くことです。そこまで大きな音ではないので気にしなければ問題ありません。

2つ目は、Nスクロール未対応やマクロキーなど機能がないので、ゲーム用には勧められないことです。

3つ目は、あまりに気持ちよく入力できるので、他のキーボードで仕事ができなくなることです。

そのような欠点がありますが、文字をたくさん入力されている方は、一度触ってみることをおすすめします。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年1月14日
日々電子カルテと苦闘する内科医です。
キータッチ、文字抜けの少なさ、大変感激しています。
価格は高いと思いますが、性能を考えると納得できます。
低価格の追求も大切かも知れませんが、良いものをつくることも重要と思います。
これで入力誤りが激減すると思います。
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年5月22日
NECのPC9801から始まってDOS/V機の軽めのキーボードを使いつないできました。PCを自作した際に買ったキーボードが5年目にして、小さい「や」、「ゆ」、「よ」などが上手く変換できなくなってきた(私はかな入力メインです・・・)のでPC歴20年目にして、富士通の専用キーボードを思い切って購入しました。文章の入力が楽しいです。最初に書道を習った際に、道具は良いものを買いなさいと言われた事を思い出しましたが、カタカタと音はしますが、音よりも早くキーが反応し、キーの反発力がしっかりしているのでリズミカルな入力ができます。タブレット全盛の時代ですが、これからパソコンを始めてキーボード操作を憶えたいですとか、パソコンを習いたい。というお子さんにはこういうキーボードを使ってほしいですね。他の高額キーボードは知りませんが、一度、他のも試してみたい、という気にさせる逸品です。ただし、キー入力以外の機能については全く素っ気ないものです。あと、もう少し軽くてもいいかな、と思いました。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月6日
自分はオークションで購入しました。
やはり、打ち間違いが少なくて疲れにくく本体も安定している良いキーボードだと思います。
キーの引っ掛かりなどは全くなくて、文字打ちの時にメンタルに余裕ができるので快適です。
打ち間違いしたのがわかりやすいぶん、早打ちはリアルフォースにわずかに劣るような気もするのですが、このへんは個人の感想なので使う方によって違うかもしれません。
軽荷重のオレンジのゴムをamazonさんで購入してメインのキーに付け替えてみたところ、非常になめらかなタッチとなりました。
軽くなったのに打ち間違いがあまり増えていないようにも思います。
あと、底付きの時の響くような音も、荷重が軽くなったぶん軽く押しているみたいで、あまり響かなくなり快適です。

個人的にライバルはリアルフォースの45gではなくてALL30gかなと思いました。
星を5個にしなかったのは、やはりこれほどのキーボードですからキートップの材質をPBT樹脂のサラサラ感覚で打ってみたかったのが本音であります。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)