Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard 2016 Suzuka 8tai Road race nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music マリン・ビーチストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
49
5つ星のうち4.2
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2011年2月24日
ホームシアター用に購入しした。
サブウーファーの使用は初めてなので比較して音質等語る事は出来ませんが、カタチが秀逸だと思いましたので報告させていただきます。
このウーファーはアンプやプレーヤーに寸法やデザインを模しているんですね。AVラックにAVアンプとプレーヤーの二台とあわせて収納していますが違和感なしです。(姉妹品の050の方が厚さがあるので注意)
使い勝手に関しては、前面のいじりやすい位置にボリュームがあるのが便利です。映画だけでなくテレビ番組視聴のさいもホームシアターで見るのですが、その際にはボリュームを絞っています。側面や下の方に使いずらそうに小さいのがついているのもありますよね。
あと音質等は語れませんと申し上げましたが、そもそもサブウーファーっているの?とお悩みの方がいらっしゃいましたらそれは自信を持ってお勧めします。
アクション映画は勿論ドラマやテレビ番組でも低音が軽く効いていると音が豊かに趣深く感じられます。ここまで違うものかと驚かされました。
0コメント| 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年6月16日
ONKYO ネットワークCDレシーバー CR-N755(S)DENON スピーカーシステム SC-M39CWEMを繋いで音楽を聴いていたのですが、どうも低音が淋しかったのでこれを追加しました。
同シリーズのヤマハ サブウーファー YST-FSW050(B)とも迷ったのですが、こちらの方がラックのスペースにピッタリだったのでこちらにしました。見た目もスッキリスタイリッシュ!
実際聴いてみるとデノンのスピーカーの音とマッチして良い感じです。
嫌な低音じゃなく心地良い響きですね。
ボリュームはかなり控えめにしていますが、本体の電源を切ると音が急に淋しくなります。
もちろんデノンのスピーカーだけでも良い音がするんですが、一度このサブウーファーを使ってしまうとこれ無しには戻れなくなってしまいました。
YAMAHAブランドだしコスパも最高です!
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年4月7日
■評価の理由
AVアンプはONKYO TX-DS595、スピーカーはAurexの無名スピーカ(コンポ付属の3Way品)で使用。
Dolby、DTS両者とも再生してみれば接続したかいがあるのがわかるぐらいに良い音になります。
アンプと同じ横のサイズでフィットしているし、アンプの下段に配置しても存在感があり、かつコスパも最高なので★5です。

■具体的な効果
Fullボリュームにて使用しています。賃貸住まいですが、外壁、天井が防音性が高いため最大出力でも使用できますが、
ズンズンくる感じがとても良いです。

■おすすめしたい人
アンプにウーファー出力があるけど、置き場所がなくてという方にお勧めです。本品は縦置きもできるようにスタンド付きです。
ウーファーを持ったことがない入門者の方が購入しても良いかと思います。効果は体感できます。
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年4月5日
同シリーズ上位機種のようにハイカットフィルター(40~140Hz)が無く、また出力もそこそこなので、再生環境によっては宝の持ち腐れになるかも。
当スピーカーが効果あるのは、テレビの音声出力端子(ウーハー用)があった場合や低域が貧弱な小型スピーカーシステムだと思います。

80Hz以下が弱いシステムについては良いと思いますが、立派な大型スピーカーのシステムだと、単に100Hz付近を増強して、ブーミーになって終わりです。
どんな良い再生環境でも、60Hz以下はダラ下がりで、また人の耳では聞き取りにくい。
20~40Hz付近をブーストしてこそ本当のサブウーファーで、音ではなく空気を感じます。

僕の場合、AVアンプが各スピーカーの主力レベルが12dB調整でき、クロスオーバー周波数が設定出来たので幸いでした。
以下、再生環境です。

AVアンプ、DENON AVサラウンドアンプ AVC-1909、各チャンネル出力90+90W
Fスピーカー、FOSTEX FE208Eシグマ、自作バックロードホーン
Rスピーカー、BOSE DS16SW
サブウーファークロスオーバー40Hz

フロントスピーカーが能率良く、出力も大きいため、40Hzでクロスオーバーさせると、当サブウーファーのボリュームを最大にしても全く音が聞こえません。
そこで、Fスピーカーを-12dB、Rを-6dB、サブウーファーを+12dBに設定した結果、75Wのサブウーファーでもボリュームを12時位で充分です。
(Fとサブウーファーの差は24dBになります)
更に右に回せば、映画での車の衝突音がまるで本当にあったかのように聞こえるし、バロックのオルガンの低音が建物と共鳴する音も再現出来ます。

このスピーカー(サブウーファー)は至れり尽くせりではありませんが、価格がローコストな事を考えると、自分のシステムで使いこなすことが出来たので、個人的には☆5個つけたい位、買って良かったと思いました。
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月24日
ONKYOのD-55EXやAVアンプと共に使用しています。
以前は大きなサブウーファーを使用していました。
引越してこのサイズしかおけない環境になってしまいましたが、意外と違和感のない音がしてびっくりしました。
40HZ以下はちょっと厳しいので聞いたことのある音源であれっとなることはあるものの、ないよりはあったほうが全然マシです。

AVアンプにUSBの差込口があれば、サイズのAS-71を3.5mmミニプラグに改造したものを使用して電源連動できます。
高い電源連動タップを買う必要がありません。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年5月3日
 AVアンプを同社RX-S600に買い換えたため、今まで使用していた廉価スピーカーセット(DENON SYS-56HT)が物足りなくなり同社のセンタースピーカー(NS-C210)と同時購入しました。多少高さはありますが、テレビボードに収まるので邪魔にならず、設置自由度の高さと自然な低音補完に満足しています。
 当初上記廉価セットのフロント2chを使用していましたがつながりが不自然であったため、より低音の出る別のユニットに変更しアンプのクロスオーバー周波数を調整したところつながりが良くなりました。このサブウーファーの周波数帯域上限はカタログ値で160Hzとなっており、普通に低音が出るフロント2chユニットとの組み合わせが良いようです。
 テレビの音声はとても自然に低音域が加わって、かつセンタースピーカーNS-C210の素性の良さ(とても安いのに!)もあり、人の声が生々しくなり大満足です。
 難点は、上記AVアンプとは電源連動できないこと(テレビとAVアンプはHDMI連携で連動するのにこれだけは手動でON/OFFが必要、スイッチが正面にあるのでそれほど面倒ではありませんが)と、音楽再生ではバスドラやベースの低い音域のキレや音程感は音楽用としては厳しいレベルであることです。
 価格と用途(主はテレビ視聴、時々映画・音楽DVD)を考えれば非常に満足がいく買い物でした。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年4月6日
サウンドプロジェクターを購入してからだいぶ時間が空いたのですが引越しを機に購入。
ウーファーがあって始めてホームシアターになる感じ。サウンドプロジェクター持ってる人は必須です。
同等製品との比較はしてないのであくまでウーファー導入時の感想です。
ただし、思った以上に場所をとるので大きさは確認してから購入したほうがよい。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月26日
音響に関しては全くの素人です。

このサブウーファーを選んだ理由は、今使っているエントリーモデルの2chスピーカーに重低音をプラスしたいと思ったのと、
画像を見たところ、コンパクトで、平べったそうなので、上にアンプや物を置いたり出来るかなぁと思ったからです。

初サブウーファーです。出不精なので、電気屋にもほとんど行かないため、単体のサブウーファーというものを見たことがありませんでした。

一緒にカップ麺も頼んだので箱が届いたときにはサイズ感から、「ああ、カップ麺だな」と思い、配達のお兄さんから箱を受け取ると
ものすごい重さにびっくりしました。
あとから重量を調べてみると、9.4kgという数字で驚愕しました。(これでも本格的なものに比べるとかなり軽いようですね汗)

箱を開け、中から出してみると、またまたびっくり!

デカイ!!
サブウーファーってこんなに大きいんだぁとしばらく唖然としました。

さて、こんなに大きいと置く場所に困るなぁと考えていると、
ふとテレビ台が見えて
「これは・・・!!???」

今では立派はテレビ台としても機能しております。(←これがなかなか良いんです。テレビの高さ調度良くなりました。そしてめちゃくちゃかっこいい!)

接続はとっても簡単で、アンプに一本のケーブルを、コンセントにサブウーファー用のプラグを挿すだけです。

早速、低音の聞いた曲をいつもの音量+サブウーファーの最大で聴いてみると

「壁が!家が!や、やばい!お隣さんに怒られる!」

まさに家屋全体が、一体の生き物になったように雄叫びを上げだしたので、あわててサブウーファーの電源を切りました。
初めて壁が叫んでいる音を聞きました。
重低音が壁に跳ね返って、板ばさみになった感じでした。
そのあとは、サブウーファーの音量を最大のおよそ半分まで下げると、2chのサイドスピーカーと調度よい塩梅となりました。

(素人なので比較できませんが)音質については、大満足です!
出力(?)も申し分なく、アパート暮らしにとっては音量を少し絞ったり、時間帯を考えないと苦情が来そうです。
なにより、でかくて黒くてかっこいいし、平べったいおかげで上に何でも置けそうなので、かなりの汎用性を秘めているなと感じました。

なんだか音響にハマりそうな気がします。
良い買い物をしました。
YAMAHAはやっぱり間違いないなと思いました。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月21日
以前はDENONの古いウーファーを使っていましたが大きな音を出すとビビるようになってしまいましたのでこちらに買い替えました。
買い換えてから音楽を流してみると、すごく繊細で強い低音が出ましたが(以前のウーファーに比べて)音色がすごく冷たく感じ、身体を刺すというか突き抜ける低音で設置当初は後悔しました。音は強くハッキリしてるんですが、丸みが全くなくて嫌な低音でした。
1ヶ月ほど経ちますが、毎日使い続けているうちに少しずつ音に丸みが出るようになってきて、音はハッキリしてて音色は暖かく良いとこ取りになってきました。
低音で音楽はかなり変わって来ますので、低音が物足りない人にオススメな品です。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年9月25日
いろんなサブウーファーの機種がある中でも秀作と思われます。ただしボリュームボタンが機器に付いているので(後面で無く前面なのでそれなりに使えますが)、曲によってはウーハーの微妙な強弱がいる時には、ボリュームボタンまで手を伸ばさなければならなく不便です。
そこでRCAピンケーブル線(ビデオでよく使う普通の線)とステレオミニケーブルで延長して操作できる小さなボリュームスイッチとしてFOSTEX ボリューム・コントローラー PC-1e(価格は2000円弱 ケーブルは付属しています。今ならAmazon.co.jpで買えます)があると便利です。
他に低価格のサブウーファーがいろいろありますが、価格が1万円越すだけの価値は充分あるようです。
劇的に低音域の音質が良くなるのでホームDJ・ホームJUKE BOXにはお勧めです。
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)