Amazonファミリー 0616 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 nav_flyout_videogame 家電・生活用品サマーセール ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 梅雨対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.816
5つ星のうち4.8
星5つ
13
星4つ
3
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0

お客様の評価(クリア)この商品を評価する
他のお客様にも意見を伝えましょう

レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2012年3月9日
 以前の住まいで使用していたタイムドメイン・Miniで、タイムドメインの音の明瞭さとボーカル、チェロ、サックスなどの音の生々しさ、それでいて耳にやさしく疲れない音質にひかれ、今回引越しを機に、このMartyを購入して、新しくオーディオ環境を構築しました。

 お店で上位モデルのJupityと聞き比べたところ、第九のオケと合唱をそれなりに鳴らそうとすると、やはりJupityのほうが明らかによいことが分かりましたが、室内楽やボーカル、ジャズなどではMartyでも十分なので、というかMiniでも十分だったのですが、Miniの場合、使っているスピーカーの駆動部分に難があるのか、女性ボーカルの高音にノイズが入ることがあり、それがMartyでは回避できているので、予算に見合ったMartyを購入しました。

 PC/iPodオーディオで、PC−ONKYO デジタルオーディオプロセッサー SE-U55SX2(B) −Martyとつなぐか、iPod Touch−ONKYO デジタルメディアトランスポート ND-S1(S)− SE-U55SX2(B) −Martyと接続して、iTunesのロスレス設定でCDから曲をしこたま取り込んでPCでは聞いています。iPodは容量の関係でロスレスのままでは入らず、iTunesが圧縮して転送したものを聞いています。

 PCのロスレス音源を聞くと、ボーカルの息遣いまで生々しく、また、音源そのものの録音の良し悪し、歌い手の声の良し悪しが手に取るようにわかります。エルビス・プレスリーの甘い歌声や、カーペンターズのカレンのボーカルとリチャードのアレンジのすばらしさに驚きました。さらに解像度の高い24/96音源を聞くと、音質の違いがまるで手に取るように明確にわかります。そんなPC音源を聞いているとついつい時間が経つのも忘れて夜更かししてしまいます。圧縮されたiPodの音源は、比較するとちょっと眠たい感じになりますが、普通にBGMとして聞く分には十分です。

 タイムドメインは、通常のフリクァンシードメインのスピーカーが音源の周波数の忠実な再生に拘って、周波数に合わせて複数の口径のスピーカを駆動させるのとは異なり、比較的小口径でレスポンスのいいスピーカひとつで、時間タイミングの忠実な再生にこだわっています。小口径のスピーカを使っているため、どうしても低音の再生が非力になるのが、タイムドメインの弱点ではありますが、アコースティックな音楽演奏の実演を生で聞いてみると、低音はそんなに聞こえてくるものではなく、むしろタイムドメインの再生のほうが生に近い自然な音であるといえます。だから、アコースティックな音源、特に人間の歌声にはタイムドメインがぴったりです。逆に、電気的、電子的に作りこんだ音楽にはあまり向かないでしょう。聞き手が好む音楽の傾向で、評価が大きく分かれるのがタイムドメインだと思います。ボーカル、小編成のジャズ、室内楽などを好む人にはお勧めです。

 また、意外といいのが映画です。へたな5.1chサラウンドシステムよりも、臨場感・立体感のある音で映画を見ることができます。ただし、ズシンズシンと腹に響く低音は再生できませんが。
PCオーディオで安価に満足のいくシステムを組むのにぴったりのスピーカだと思います。
0コメント|11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2008年4月12日
D-Snap,iPod,Walkman,携帯電話(LISMO),TVのイヤホンジャックに繋いで聞き比べしてみました。

音の広がりが素晴しく、臨場感あふれるサウンド。
空間分解能が高く、それぞれの楽器の音がしっかり聞き取れる。
歌声、管楽器などは息遣いなどまでかなり忠実に聞き取れ、ギターなどはフレットの感触まで伝わってくる感じ。

その反面、ベースやドラムのキックなどが体に響いてこず、低音域がやや物足りない感がある。
プレーヤ側で低音強調などをかけても若干モゴモゴした音になり、今ひとつ。

ジャンルとしてはポップス、クラシック、吹奏楽、ジャズ、HIPHOPなどには比較的向いており、
ハードロック、クラブミュージック、重厚なへヴィメタなんかにはあまり向いていない気がする。

ただポータブルオーディオやPCなどでMP3などの圧縮された音を聞く分には
アクティブスピーカとして十分コストパフォーマンスはあると思われる。

個人的にはTimedomain mini/lightはちょっとしょぼいけどEclipseシリーズはちょっと高い気がするのでその中間ということでベストな選択だったと思う。
0コメント|34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年10月28日
何気なく買ってすぐ、「これは失敗した」と思いました。
作りは価格相応。肝心の音はもこもこで、周波数特性の悪さが耳につきます。

しばらくエージングすると、やっと並のスピーカーと同じレベルに。
そんなものかと思ってBGMスピーカーとして鳴らし続けていましたが…(数週間)

いつごろからでしょうか、ふと気がつくと、部屋中に音が満ちている感じがします。
そこで接続コードをいいものに換え、左右を近づけて、自分も近づいて聞くと、その音場はものすごいではありませんか。

狭いスピーカー間の向こうに、広大な音場の中、楽器がふわりふわりと浮いているのです。
あわててWebで調べると、タイムドメインのスピーカーであることがわかりました。

なるほど、そういうわけだったのか。

それ以来、ノートパソコンの脇において、仕事中のメインBGMスピーカーとなりました。
それくらいの距離で小音量で鳴らすのが、このスピーカーの最高の音を引き出してくれるようです。

ただし、同じ音量で遠くで聞いても、素性のよさはわかります。
小音量でも音が満ちているので、それほど音量レベルを上げる必要がありません。

エージングは必須。部屋中に鳴り響かせるために大音量で聞くような聞き方でなく、小音量で自然に音を満たすような聞き方であれば、本当にいいスピーカーです。
0コメント|28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年4月11日
以前よりTIMEDOMAIN miniを利用させていただいており、37インチの液晶テレビREGZAのスピーカーがとても聞き取りにくいので外付けのものに音を出していました。一時期BOSEのコンパニオン2 も利用していましたが、低音が強く家族が少し音量が上がるとうるさいと言われてminiに換えました。Marty101は評判通り自然な音できちんと聞き取れます。以前のMiniはスピーカー自体が正面を向いている関係か画面を見る角度によっては聞き取りにくいことがありました。Marty101は上を向いており部屋の中に居ればどこにいてもテレビの方からきちんと聞こえてきます。設置する場所も縦型なのでminiより設置面積が狭くとても満足しています。
0コメント|9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2008年10月3日
ステレオ機器にはタマゴ型のタイムドメイン(富士通テン)をつないでいるので、パソコンにも小さなタマゴ型と思ったのですが、試聴してみると、小さなタマゴ(lightとmini)はどうも音が思ったほどのものじゃない。そこでこれを選びました。

試聴した時は、値段相応の期待通りというレベルの音だったのですが、実際に自分のパソコンにつないで、愛聴盤を聴いてみて…たまげました。
使ったCDは、古いモノラル録音のジャズなのですが、目の前に、次々と楽器があらわれてきたのです。
たしかにモノラル録音でも、いいシステムを使えば奥行きや臨場感は出てきます。
でも、パソコンにつないだこの価格帯のスピーカーから、これだけの音場が出現するとは夢にも思いませんでした。

ステレオ録音のCDを聴くと、高音も低音も実に素直に鳴ってくれます。
そして、どの向きで聴いても、スピーカーの後ろの方に歌手や楽団が出現します。

欠点をいえばひとつだけ。
たとえば、DVDで歌手のコンサートを視聴する時も、スピーカーの後ろに歌手が出てきてしまうので、画面で踊っている歌手と歌っている歌手が別にいるような不思議な感じがしてしまいます。
0コメント|26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年8月8日
音の知識は無いので違う観点で評価してみる。

一般的なスピーカーは、スピーカーから音が鳴っているという感じがし、スピーカーが自分に向いてないと安心感がない。
こいつは音がどこから鳴っているのかよくわからない感じで、音が耳から入ってくるというよりかは、音を浴びている感じ。これが音に包まれる感じなんだなと勝手に解釈している。

こいつと同じ空間にいれば、よほどの遮断物がない限り、スピーカーから離れても、どの場所にいても概ね同じ音が聞こえる。

PCとかで間違って音量を上げすぎてしまったとき、一般的なスピーカーとかだと耳を覆いたくなったり、ビクっとなるが、こいつだとそれがない。
音量が上がっても不快感がない。というか、少しの音量で用が足りる。

音楽を再生する方が多いと思うが、ラジオを再生すると非常に聴きやすい。

LDKの部屋に置けば、キッチンとかにいてもイイ感じに音が聞こえると思うんだ。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年11月30日
 リビングで大型テレビのスピーカーとして2年以上使用しています。以前はシステム価格10万円程度の5.1サラウンドと併用していましたが、今ではこのスピーカーだけにしています。サラウンドシステムではありませんが、音が部屋中に適度に広がりとても聞きやすいです。
 さすがに映画等では低音が不足するのでヤマハのスーパーウーハと組み合わせて2.1で使っています。これでほとんどすべてのソースを気持ち良く再生してくれます。12畳ほどのリビングですが、日常的に音量が不足する事もありません。
 最近はMusic UnlimitedをBGMとして再生するのにも大活躍。
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2008年11月8日
タイムドメイン式で、入門機として最適。初めて外付けスピーカーを買うなら、この位から始めると、耳が豊かになるのでスタート機として、最適。既にオーデイオファンの方なら、サブスピーカーとして買うのに、躊躇もなく買えるお値段。
聴いてご覧になると、鳴り方にはかならず良い方にビックリするのでは、と思える製品。
上品で、独特の味付けは薄く、きっと音源はこんなのだろうと思える。
聴き疲れが少ない。コーンからの直接波動でなく、響いた間接音で聴くからだろうか。
音響メーカーの設計者が、独立して創造した理論と、その賛同者の会社でつくった製品。
理論のフラッグシップ機は数十万するが、その理論を安価な製品にして広くファンを増やすのがこの製品。
従来のステレオ装置や、現状のミニコンポと比べると、十分に試してみる価値があります。
またiPodなどを、室内で響かせるなら、このくらいから始められると、きっと満足。
0コメント|14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年12月7日
今までは、ブックシェル型のスピーカーに接して来ましたが何かしっくりこない音質に、これが当たり前の再生音楽と納得していました。このたびタイムドメイン式の再生音楽に触れる機会を本機で体験する事ができました。
最上位機種のYoshii9とは明らかに格差ありますが、現況はデスクトップPC用モニターとしてBOSE M3と使い分けて使用しています。 まだエイジング中なので最終の評価は出来ませんが、BOSEの持つ一般的高音域と重低音のメリハリ有る音質とは明らかに違う音域を再生して、耳に伝えているのがわかります。特に管楽器の音色やアコースティクサウンド、JAZZライブ等のCDでは特に透明感の違いが明確にでてきます。 お手頃価格の卓上入門機としてはBEST機種だと思います。
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月16日
購入して一週間ですが、日に日にエイジングが進み音に奥行きが出てきました。

環境としてはimacに直接ジャックをつないでという簡易なものですが、十分楽しめています。
最新のimacもスピーカーが悪くないので、このままでも満足はしていましたが、
自宅で作業することが増えてきましたので、
少しでも快適な環境にできればと考え当商品の購入に至りました。

正直、設置直後はこんなものか…と少々がっかりしました。期待が大きかっただけに…。
しかし他のレビューでエイジングについて書かれていたので、
早急に判断せず毎日10時間ほど馴らしをしました。
すると驚くほど音に変化が…。

別段スピーカーに造詣が深いというわけではありませんが、
音質は柔らかい包み込むような感じです。
主にジャズやクラシック、Ambientなどですので
非常に相性がいいです。

まだエイジングも始まったばかりですので、
これからどのように音が変化していくのか楽しみです。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)