Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard 2016 Suzuka 8tai Road race nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music マリン・ビーチストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.9
113
5つ星のうち3.9
プラットフォーム: PS3 通常|変更
価格:¥2,380+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2007年8月31日
お金で動く傭兵の視点で
国の事情にとらわれない立場は非常に自由でイイですね。

1個人の力で何百人もなぎ倒すゲームではなく
点在している好きな小隊を率いて敵部隊に当たり、不利を感じれば散開させ、
身を隠して機をうかがう。
やられてもゲームオーバーではなく、契約が切れて酒場に戻るだけで
大きなストレスは感じないです。

最初は各拠点を制圧しながら、何も考えずにゴリ押しで進め
「結局三国無双か」と、同じ兵科だけ使っていたがそのうち
馬には弓、弓には接近戦を持ち込むなどの相性を理解しないと
なかなか倒せずに戦闘時間に影響が出ます。

ですが自分はただの傭兵、王様が攻撃されてようが関係ないです。
「たくさん選べるけど俺は絶対槍兵だけで行く」などのスタイルにしようが
「部隊なんかいらない、一人で行く」ことも出来ますがせいぜい2、3人倒せれば
いいほうでしょう。戦場での歩兵一人の無力を思い知ります。それはそれで楽しいですが。

中世の戦争をリアルに感じる事が出来ます。
自分が率いる騎馬隊の優雅さは感動モンです。
0コメント| 74人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2007年9月5日
このゲーム、遊んで思ったことは
決戦3のシステムと無双シリーズの爽快さを足して割ったような感じで、
この二つのゲームのいい所をうまく引き出したなと思いました。

ようやくps3にも遊べるゲームが出てきたという感じです。

その辺に立ってる属性のある兵隊の隊長を名乗り彼らを率いて戦うこのゲーム
序盤は弓兵だろうと槍兵だろうと剣士だろうと
どの部隊を選んでもサクサクとゲームが進むので
ごり押しでクリアーできるのか?と思ってましたが、
中盤以降で属性の癖が出始め、
満遍なくキャラを育てないと
敵に属性で勝ってても自分のレベルが低いため苦しめられる場面がちらほらと
また、属性が大きく戦力を左右するので
かなり戦い方(戦略)と育て方が求められるゲームだと思います。

ただ、偏って育ててたとしても、ゲームオーバーが無く、
弱い敵と再戦できるのでいきづまることも無いし
そのあたりは無双と同じでやさしいシステムだと感じました。
上級者向けにもやりこみ要素として
アイテム集めやレベル上げ(スキル集め)があり長く楽しめます。

あまり欠点という欠点が今のところ無いこのゲームですがのですが
あえてひとつ欠点を挙げると
拠点や風景などのグラフィックが単調すぎるかなと、
もう少し、いじってもよかったのでは?と思います。
(せっかく主人公は武具により見た目が変わるのに)
この点は無双シリーズを見る限り続編が出る度によくなってるので
よりパワーアップした次回作が出ることを願います。
(ただし、猛将伝やパワーアップキットみたいなのは勘弁)

無双系好き、決戦系好き、コーエー好き、シュミレーション好き、アクション好き、
お使い系好き、そして何より中世の戦に興味がある人にお勧めします
0コメント| 95人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2007年9月16日
三国無双をイメージしていましたが、アクションの要素はあまり感じません。
(間合いを見計らって先制攻撃をかけるぐらいか)

部隊を率いて戦う、戦術シミュレーションと言ったほうが正確でしょうか。
兵科がむちゃくちゃ多く、飽きません。

戦闘は消費アイテムを使ったり、うまくバックを取ったりすることで優位を保てますが、基本的には「相性」勝負の印象です。
将棋っぽいと言えば将棋っぽい。
ツボにはまった時の爽快感は、無双より上かもしれません。
が、逆に負けるときはあっと言う間です。

手柄を立てるためには突き進む必要があり、突き進みすぎると撃退される。
わりとバランスはいいように感じます。

話や時代設定は地味も地味、という感じです。
かなりこれで損をしている気もしますが、ゲームとしては面白いし、別に西洋史に詳しくなくても問題ないように仕上がっています。
「信長」「三国志」より、かえって間口は広いですね。

欠点としては、フィールドの景色が似たり寄ったりであること、武装などのシステムが複雑怪奇なこと、選べる顔や声が少ないこと、部隊が使い捨てで愛着がわかないこと、処理がシビアなところがあること、等々、細かいところはあります。
特に、「主人公が死なない」ところは、緊張感を削ぎます。酒場のオヤジが「絶対死ぬな」と言ってくれますが、リアリティに欠けます。

でも、あまりそういった点を気にせず、楽しめる佳作ですね。
0コメント| 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2008年5月13日
まず、ストーリー自体はあってないようなものという、おまけ的な感じです。
百年戦争の壮大なストーリーや黒太子・ジャンヌダルクなど有名人との個人的な関わりは期待しないほうがいいです。

プレイヤーは傭兵として参戦する訳ですが、最初から最後まで一方の国で、という事ができないのが自分としてはかなり不満でした。
フランス側でやりたくとも、イギリス側の傭兵として参戦しなければストーリーが進まない場合等があり、どっちつかずになります。

ゲームの趣旨は、傭兵として名を上げることであり、どちらかの国に加勢するという感じではないです。
イギリスに味方、フランスに味方、という視点でのプレイは不可だと思ってください。(選べる戦闘もありますが、重要な戦闘は選べない事が多いです。)

ゲームシステム自体はアクション要素があまりなく、技術はほぼ不要です。
主な戦闘は部隊を操る事で、自身がなぎ倒していく無双ほどではありませんが、爽快感もそれなりにあります。

自分がこのゲームで感心した事は、風景が美しい事。(じっくり眺めてる時間的余裕はありませんが・・。)
中世ヨーロッパの好きな人にはちょっと感動ものだと思います(笑)

それと、視点の自由度。
ストレスがほぼ皆無で、走りながらグルッと見回す事も可能です。
自分は同様に視点の自由度の高いMMOをプレイしているので、この辺はかなり評価しました。

無双ほどの爽快感がない上に、ストーリー性にとぼしく感情移入がしにくい為か、単調で途中で飽きてくるのが残念です・・・。
0コメント| 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月29日
戦略ゲームがやりたくて買いましたが、戦略とアクションの中間といったところでした。
アクションは、行きたい方向にアナログバーでなく自分が動いてしまうレベルのヘタレの私でも大体なんとかなる易しさです。
戦略は、最近よくあるタイプとは違うかもしれません。各バトルをどうクリアするかではなく、複数拠点をどの順で落としていって依頼を達成するかという、いわゆるほんとの戦略が効きます。
メインシナリオバトルには楽勝法もありますが、最初はそういうことを考えずに、「この戦を生き延びて戦功あげなきゃ」と傭兵なりきり気分で走りまくった方がずっと楽しめると思います。

大体百年戦争なストーリーがあり得ないキャラ(づけ)と交友関係で展開しますが、これがマンガみたいで笑えます。
黒太子エドワードがいかにも「黒太子」ぽい黒髪長身で登場したり、ルーアン移送後のジャンヌダルク救出作戦を実行できたりと、歴史ファンも楽しめること請け合いです。私のイチオシはジルドレとライールのどつき漫才ですv
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2007年9月3日
小難しい操作もなく、少ないボタンだけで迫力ある戦闘が楽しめます。
単純かというとそういうこともなく、相性の悪いユニット同士や、ただぶつけるだけではやられてしまうし、攻撃ボタンのタイミングによっては逆転の可能性もあって、なかなかの駆け引きが楽しめます。
始めは、カッコいい歴史上の登場人物を操作して物語を進めるのかと思いましたが、そうではなく、メイキングした人物で進めるので、盛り上がりにかけるな〜と思っていました。しかし、戦いを潜り抜けて名声を上げたり、やりこんで育てていくと自分の分身のように思えてきます。
それに、激突する部隊の演出は凄いの一言!オススメです。
ちなみに、いまのところ、フリーズは一回もありません。
0コメント| 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2007年9月10日
本体と同時購入しました。
他の方が書いてあるように文字がゲーム環境によっては見辛かったりマップがわかりにくかったりする所があります。
まあ、マップの方はやっていくうちになれたのですが、文字の方は目が疲れてちょっと困りました(^^:)

でもゲーム自体はとてもおもしろいです!!
流れとしては、一つのクエストを選択してそのクエストに定められた日程内に兵士を引き連れて拠点を潰しつつ目標を達成する・・・というもの。
一日の時間は10分と決められているので、どうやって進軍していくかが中々重要になってきます。(例えば3日だった場合、1日目で潰した拠点の影響とかはそのまま引き継ぐので、まず敵を弱体化させて最終日に目的の拠点を落としたり・・といった感じ)

また沢山ある兵種には優劣があるのでうまくそれに適した兵士を連れて行くのも大切。
基本的にはフィールドにいる仲間兵に接近して連れて行くので、中々目的の兵種がなかったりもしますが,あらかじめ3つの兵種を雇用しておき任意に使う事も出来き、そこがまたおもしろいです!(特にゲーム中盤以降はありがたいです)

見方部隊も結構活発に動いてくれるし、このゲームのうりの集団戦の楽しさは十分伝わりました!装備品によって外見が変わるのもいいですね!

ただ、クエスト内容がほとんど同じなのと、とにかく拠点を潰す・・・という部分は常に同じなので飽きる人には不満足に感じるかもしれません。

また、クエストを受ける酒場と戦場以外の町・・みたいなものはなさそうなので、余計に同じ事の繰り返し感があります。

でもそういう部分を抜きにしても個人的には楽しめました!
0コメント| 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2007年8月30日
購入して遊んでみました。
この手のものだと、無双シリーズを思い浮かべる方が多いと思います。
自分もそんなふうに捉えていたのですが、別物と言っていいです。

ばっさばっさ敵をなぎ倒し、ボタン連打で剣を振るい、とにかく力押し!
そんなゲームじゃないという事をすぐに実感しました。
率いる部隊を変える事により戦闘スタイルがガラリと変わる。
部隊の育成は膨大で、育てる毎に戦術に幅が生まれてきます。
画像も綺麗ですし、敵の数も多い。
戦争という風合いを感じやすい仕上がりとなっています。

ただ悪い点として、アクションを従来より切り捨てた分、生粋の無双プレイヤーなどには違和感があると思います。
まどろっこしく感じてしまう部分もあり、この辺りで好き嫌いが別れるでしょう。
あと個人的に辛かったのが文字の小ささですね。目を細めないと読めないのが難点でした。
主人公を自分でクリエイト出来るのは楽しいんですが、選べるエディットが少ない。
もうすこしバリエーションがあればよかったかもしれません。

結論として、この作品は意欲的で奥の深いゲームに仕上がってます。
遊ぶ毎に増えていく楽しさがあり、大味ではない面白味が非常に良い。
アクションとして一括りにしてしまうのは勿体ない、と思います。
PS3の少ないタイトルの中では面白い部類に入るので、興味のある人は購入してもよいかと。
個人的には「一歩踏み込んだゲーム性を高く評価」という所ですね。
0コメント| 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2007年7月31日
体験版をプレイしたところ、結構面白いってのが率直な感想です。ただ、仕事等が忙しくプレイ時間があまり取れない方には、サクっとプレイしてストレス解消って感じのゲームではないので、向かないかもしれません。あと・・、舞台がイギリス、フランス・・、つまり中世ヨーロッパ系なので、この世界観が苦手な方にはちょっと不向きかもしれません。私はゲームの世界観って、感情移入してプレイするのに結構重要だと思うので、操作性やゲームバランスはもちろんですが、中世の世界観に馴染めるかどうかも大切なファクターに思います。ゲーム自体は面白かったので☆4つ、万人受けするかどうかで☆3つにしました。
0コメント| 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2007年8月24日
体験版やりました。
期待通りのゲーム性の高さ!映像は勿論リアルでキレイなんですが、そんなのはPS3だから当たり前で、どれだけゲームとして面白いのかが気になっていました。
これは間違いなくハマる。時間を忘れて熱中してしまう。

その一番の理由は、成長・レベルアップの自由度と戦闘の自由度が高いことです。

無双シリーズ(特に「ガンダム無双」)は、レベルアップが単調で、自分のプレイの仕方によってキャラの能力に違いがでてきたりしない。だから戦いかたもワンパターンになっていってしまう。そもそも戦い方にバリエーションがあるとは思えなくなってしまう。
でも、「百年戦争」は、多種多様な兵科を使用(指揮・統率)すればするほどその兵科の技や能力を成長させるポイントがたまっていき、自分の好きなようにそのポイントを振り分けて成長させられる。例えば、騎兵部隊を指揮していけば「騎兵」のレベルが上がっていき、レベルアップによってえたポイントを「攻撃力」上昇や「突撃」の技レベル上昇などに振り分けて(「防御力」アップはあきらめて、)成長させることができる。そうすれば猛スピードで敵部隊に突撃したときには破壊的な威力を発揮するが、乱戦になって敵歩兵に囲まれた時は脆い騎兵団をつくることができる。

この突撃型騎兵部隊で敵を蹴散らすことに成功すると爽快。ほんとにふっとばされて、「あぁ〜」と宙に放り出される数人の敵歩兵君達がイイ味出してる。
ただし、敵の増援に囲まれたらおしまい。自分の部隊の騎兵達は一人二人といなくなり、最後は一人だけ生き残ることも・・・(体験版でほんとにそうなった。)
こうなったら一先ず味方の陣営まで逃げ帰って別の部隊を探す。できれば自分が得意な騎兵隊がいいのだが見当たらない・・・。仕方なく、陣地を守備していた弓兵をつれて先ほどの恨みをはらしに再び元の戦場へ。でも弓兵のレベルは低いし、弓兵なだけに接近戦はできないので、遠くから地味に矢を発射。あんまり自分が役に立ってる気がしない。結局この戦いでは活躍できず、名声も上がらなかった・・・

体験版だと二回ほど実地の戦闘に参加すると強制的に終了で、デモ映像になってしまう。しかしそれでも何回も繰り返しやってしまった。「次は弓兵を極める!」みたいなノリで。
これは間違いなく面白いゲームです。
0コメント| 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

他のお客様はこれらの商品もチェックしています

¥2,255