Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive adobesubs Amazon MasterCard nav_flyout_biss nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 真夏の健康アイテム特集 DIY・ガーデニング タネ・苗ストア Kindle Amazon MP3 マリン・ビーチストア

お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2007年6月7日
正直それまではキーボードにさほどこだわりみたいなのはなかったのですが、

省スペースのキーボードを探していてこのキーボードに出会いました。

打鍵感を一度味わったほうが良いという意見を聞いたので、早速近所の電気屋に走ったところ、その場で購入をしてしまいました。

コトコトコトといった打鍵音も心地よく、本当に打つのが楽しくなってしまうほど良いキーボードだと思います。

カーソルキーはついていなく、Fnキーを押しながらカーソル操作をするのですが、分離してカーソルキーがあるよりも逆に押しやすいのではないかな、と思います。ホームポジションをくずさずにすべてのキーがうてるというのは本当に良いと思います。

CtrlキーがAの横についているキーボードは初めてだったのですが、慣れてしまえば使用頻度の高いCtrlキーがこの位置にあるのは効率が良く、これからキーボードを買い換えたとしてもCtrlはAの横にあるのを買うと思います。

ディップスイッチによって多少のキー位置を変えることも出来ます。

その点では無刻印モデルのほうが違和感なく使用できると思うのですが、

無刻印だと片手でキーボードを打ちたいときや、片手間にいじるときなどの様に、ホームポジション以外でのキー操作ではとても不便だと思いますので、刻印モデルをおすすめします。(片手ブラインドタッチが出来れば別ですが・・・)
0コメント| 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2008年5月28日
 プライス的に高級キーボードですが、
「誰が使っても間違いない」というモノではありません。

定評のある軽やかな打鍵感だけがお目当てならば
東プレのREAL FORCEシリーズをお奨めします。
コンパクトな外観がお目当てならば、
おそらくもっと安価なものでシンプル設計なものはいくらでもあるでしょう。

購入動機がそのくらいの感じの方には、あえてLite2はお奨めしません。
打鍵感は並ですし、(ちょっとカタイくらい)
あの独特な配列の良さを見極められるほど、キーボードにこだわりのある方なら
Pro2を選ぶべきです。

まず、このキーボードはプログラミングなどの用途における
「必要のないキー」を極限まで排除したものです。
日頃使うアプリケーションを見直し、十分に検討してみてください。
十字キーを多用する状況はありませんか?
ファンクションキーが必須のアプリケーションではありませんか?
特にこの2つの項目を満たす状況があると多大なストレスを強いるツールです。

次に、日本語入力がメイン(通常の文書作成)の用途に使う場合。
結論からいいますと、若干変換に関して調整やカスタマイズが必要なケースがあるものの、
特に問題なく使用できます。初めての方は「Enter」キーの小ささに違和感を感じるかもしれませんが、
現実問題、変換まわりに、英数&かなカナ&半角全角&変換&無変換と多種あるのは
日本語配列であってもとても不合理なことなので、返って使いやすいくらいです。
あとはショートカットキーが圧倒的に楽な印象があります。

ただしWindowsは自動でキーボードの配列形式を認識しないため、
オフィスなどでの使用に関してはアドミニ権限でログインできない状況だと、
英語配列にキーボードとしては認識させる方法がありません。
(プラグインのインストールもレジストリも書き換えもドライバの更新もできないため)
そうなった場合、特に記号関係のキーが刻印通りに入力できませんので
これも購入前によく確認しておくことをお奨めします。

モノとしては大変剛健な作りで、
「コトコト」という打鍵音も気持ちいいです。
通常のキーボードから乗り換えた際、
HHKBはとても軽いので、今まで指にいかに力が入っていたか思い知りました。

もしあなたが、 HHKBの想定するベストな環境の使用者であれば
とても素敵なツールとなることでしょう。大事に使えば、一生ものかも。
若干レトロなシンプルなデザインと色使いも飽きがこない優れたものです。

カメラで言うならリコーのGRシリーズが近いかな。
とてもシンプルで品質は高いけど、用途はある程度限られるという意味で。

このレヴューを読んで、なお購入をされた方の
ハッピーなタイピングライフをお祈りしています。
0コメント| 61人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2007年11月30日
購入意欲はあってもその価格からなかなか手が出せずにいましたが
「経年によって価値が下がる半導体製品などと違い、インターフェースである
キーボードはこれからも長く使うものだ」という考えに中てられ、購入しました。

まとめから言うと、
このキーボード特有のキー配列に自分のほうから合わせることができ、
さらに店頭などで自分の手で触れてみて、その押し心地に納得できるのであれば
この製品はその価格分の価値が十分にあると思いました。

以下は細かい感想です。
皆さんの参考になれば。

・大きさ
他所でもよく通常の大きさのキーボードと比較されていますが
コンパクトさが売りのキーボードなので本当に小さいです。
デスク面積が広がったことはもちろん、マウスが手の真横におけることで
移動距離が少なくて済むのはかなり便利です。

・質感
名前に墨とあるだけあって、通常の黒色キーボードよりも薄い黒で
また、キーのさわり心地もつるつるというよりはなくざらざらしたものです。
ざらざらしたさわり心地が安っぽいという方もいましたが、
書道に使われる墨を意識したキーの感覚は個人的に結構好みです。

・キー配列
普段UNIXを使っていたのでUS配列自体には慣れていましたが
正直このキーボード特有のFnを使ったキー配列に慣れるまでは大変でした。

最終的にはこちらのほうが指の移動距離も少なくてすむので便利なのですが
今までなれて来た配列のキーがいいという人の意見も分かりますので
このあたりは好みが分かれるところ。
キーの入れ替え自体は背面のディップスイッチによって簡単にできるので、
その点は良かったです。

・打鍵感
このキーボードの良さはそのコンパクトさもさることながら
一番はこの打鍵感だと思います。
正直、使い始めたころは通常のキーボードとの
打鍵感の違いがわかりにくかったのですが、
このキーボードに慣れた後に、通常のキーボードに戻ると
その押し心地の違いに驚きます。
コトコトコトッと押せるこの感覚はやはり直接触れてみないと
わかりにくいものだと思います。

最後に。
個人的には、Lite版にある左Fnと矢印キーや、ThinkPadについている
トラックポイントがあればより便利なのになーとも思いますが、
このキーボードの立ち位置であるプロ志向ということを考えれば
このままでいいのかな?とも思います。

コンパクト性のみをもとめるのであれば、1/4ほどの値段で手に入るLite2が、
打鍵感を味わいたいのであればRealForceがありますしね。

やはりこのキーボードはその両方を求める方に限って求められる
特殊なモデルなのだと感じました。

ですが、これからも地道に改良を続け、末永く作り続けていってほしい製品です。
0コメント| 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年10月25日
I have many high-level keyboards (cherry, filco, realforce..), but this is the best one I ever own!
The sound of click is pleasant and the feeling is clear & definite. If you are used to the special layout, you will love it !
After few days using, I decide to sold my realforce 87U and buy one more HHKB (white) for me...
0コメント| 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月9日
 矢印キーが使いづらいという件についてですが
結果から言ってしまうと、Fnキーを使った方が早く打てます。

左AltキーをFnキーに設定変更すると、左小指の付け根で押すことができ、流れる用に入力できます。

音はゴトゴトと東プレと比べたら低めの音。
音量はそこそこ大きいので最上級モデルに君臨する「HHKB Type S」も検討して見やがってください。

真ん中の段ほど押下距離が深く、そこから上下の段に行くに連れて浅くなっていく事に気づきました。

FLICOさんからも似たような製品が出てますが、ぶっちゃけ良い商品はインスパイアされる証拠ことですかね

※動画はYouTube用に投稿したものと同じになります
review image review image review image
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月27日
ビターであり、ソフトな色合い。そしてキーの立体感が
実に官能的で見るだけで幸せを感じます。完全な黒
では表現できない独特の魅力があります。
打鍵の音や感触の素晴らしさは他のレビューの
通りだと思います。
高価なのはその通りですが、所持する価値について
述べれば、それは出会った時の感動と心地良さが幾年も
幾年も衰えることなく続く喜びにあると思います。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2006年9月16日
Liteの英語版を使ったことがあったのですが、それと比べるとコレはかなり打ちやすいです。長時間使っていても疲れません。ファンクションキーを押さないと矢印キーが使えないのが難点ですが、それを考慮してもこれ以上のキーボードは見たことがありません。

エンジニアやプログラマなら、ぜひ一度は使って欲しい一品です。
0コメント| 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年6月10日
キーボードに3万円は、無駄と思ってなかなか手が出なかったのですが、
買ってみて納得。
これは、打ち心地が素晴らしい。

唯一欠点といえば、テンキーが無いのは経理やらない限りは問題ないですが、
カーソルはあったようがいいと思いました。
ファンクションキーは、ブートのときのBIOS画面出すときくらいしか今日では使いませんが、
カーソルやPAGE UP PAGE DOWNなども、ハードキーは欲しいと思いました。

やはり東プレのREALFORCEあたりが、サイズとの世中案かもしれませんん。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年4月10日
PCに付属してくる安いキーボードで長文を打っていましたが、指に負担がかかるので思い切って購入しました。
それまではパンタグラフキーボード派だったのでストロークが深くなることがどれくらい不便になるか心配でしたが、使ってみてその不安は払拭されました。確かにストロークは深いキーボードですが、キーボードを押下した瞬間には即座に入力が行われていてパンタグラフキーボードを利用しているより遙かに素早く確実に入力が行えます。

Realforceと悩みましたが、Realforceの打鍵音は「カチャカチャ…」、それに対しHHKBの打鍵音は「スココココ…」といった打鍵音で耳に心地良い音です。

キーボードの配列も最低限必要なものに押さえられているので机の上のスペースが広く取れます。
反面、カーソル移動やファンクションキーなどはFnキーを利用しないといけないのでOffice系のアプリでは慣れるまでは非常に苦痛です。
私は1ヶ月ほど使って完全に慣れてしまいましたのでそれほど苦にはなりません。

気になる指への負担ですが、おかげさまで完全に改善されました。

打鍵感、見た目の高級感、机上スペースの有効活用がこのキーボードの利点です。
このキーボードを利用するならマウスはトラックボールをオススメします。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年12月23日
tl;dr: シェルでの作業がメシのタネなら十分元が取れる。

「どうして家用と仕事用の二個セットになってないんだ!」
と、本気で嘆いた製品はこのキーボード以外思い当たりません。

モデルの違いはあれど、HHKとはかれこれ15年ほどの付き合いになります。
今まで他に茶軸、RealForce、Apple純正キーボードをメインで使ったことがありますが、
このキーボードの手に吸い付くような感覚は、他にはない言葉で表せない感動があります。

ストロークはノートなどに慣れていると若干重めですが苦になる事はありません。指が踊りだします。
このキーボードを使い始めて自分でもわかるくらい爪の伸びるスピードが早くなりました。

特にLinuxやBSDの端末で作業したり、viやemacsを日常的に操作するエンジニアであれば
このキーボードを試す価値は十二分にあります。むしろ、そういった人に向けてデザインされています。
作業に没頭すると、ターミナルと自分の意識が一体になった感覚すら覚えます。完全に危ない人です。

大きさ:
申し分ありません。快適なキーピッチを維持するならこれが最適だと思います。

ストローク:
ある一定の加重まではしっかり支えられており、それを超えるとスッと落ちるように打鍵されます。

キー配列:
一点だけ、Escキーが左上に配置されている事によって
バッククォートの位置が通常と大きく異なる右上に移動されているので注意です。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)