Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard 2016 Suzuka 8tai Road race nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music マリン・ビーチストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
92
5つ星のうち4.4
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

今までオーディオテクニカのAT-6015, 6017, 6018, 6012X も含め、沢山の種類のレコードクリーナーを使ってきたが、これらのモデルのベースとなったAT-6012が一番使いやすい。他社の旧製品と比べても、AT-6012と比肩できるのはDENONのAMC-10と、「昔のDISC WASHER D4(米国の口コミを見ると現在のD4はベルベットの構造、質が変更された別物らしい)」位だと思う。

AT-6012Xとの最大の違いは使っているベルベットにある。AT-6012のベルベットには方向性があり、乾式として使ってもレコードのゴミ、ホコリをすくい取ることが出来るのに対して、姉妹モデルのAT-6012Xのベルベットには方向性が無いのでゴミ、ホコリを集めることはできるが、すくい取ることは難しい。

付属のクリーナー液を注入して湿式として使うならAT-6017の方が湿り気のコントロールができるし、クリーナー容器の密閉性が高く長期間(約2週間)液を注入せずに済むので毎日レコードを聞く人には薦められる。毎日レコード1〜2枚を聴く程度であれば、必用なときにだけクリーナー液を2〜3滴6012に垂らしてクリーナーボトルの底などで延ばすことでAT-6018のような使い方も可能であり、十分な効果が得られる。AT-6017は密閉性が高くベルベットが乾燥しにくいのが逆に災いしてベルベット面がカビくさくなってしまうことがある。AT-6017を湿式で使う場合には2個用意して、一ヶ月ごとに入れ替えてベルベット面を乾燥させて日光消毒することをお勧めする。個人的にはAT-6017よりもベルベットの面積が広く、クリーナー下面全体に張ってあるAT-6012の方がクリーナーとしての使い勝手ははるかに良いと思う。

AT-6018 は「取っ手部分に金属を使うことで静電気除去効果がある」と謳っているものの、私が使ってみた感じではAT-6012,AT-6017 よりもむしろレコードが帯電しやすいようにも感じる。また、容器の密閉性は6017ほど高くないので6017よりもクリーニング液の消費量は多くなってしまう。

湿式はクリーニング効果は高いものの、レコードが乾燥するまで待たないとレコード、レコード針にダメージを与える可能性があるので、私は最近はもっぱら乾式でAT-6012を使っている。 レコードにAT-6012ができるだけ軽く接触するようにして、丁寧にクリーニングすれば、AT-6012を乾式で使っても殆どのマイクロダストを取り除くことができるし、「これで取れないホコリは他でも駄目だろう」と感じる。アナログレコードを聴く場合には、良い意味で「細かいことは気にしすぎない」おおらかさも必要だと思う。

ちなみに、スタイラスクリーニングは普段はDL-103付属のブラシの先端の一部をハサミで斜めに切ったもでレコード片面を聴く前後にホコリを払い、LP100枚を聞く間に1〜2回程度、高密度ブラシ(昔買ったイケダ製のもの。現在売っているピカリングのAP-1に近いもの)を使っている。スタイラスクリーニングもクリーナー液の類は全く使わなくなった。

AT-6012は6017、6018よりも持ちやすく、全体に丸く仕上げられているので万が一手を滑らせてレコード盤上にクリーナーを落としてもレコード盤にダメージを与える可能性が非常に低いことも評価できる。

ナガオカのアルジャントなどと違ってベルベットの幅を十分にとっていて、30cmLPを一度でふき取ることができるのも使いやすい。

総合的にみて、ベストのレコードクリーナーだと思う。改良すべき点は殆ど見当たらないので、このまま長く作り続けて欲しい製品である。(唯一、改良できる点があるとすれば、ベルベット面のホコリをとるためのブラシだろう。ブラシはAT-6017付属の物の方が使いやすいので、AT-6012にAT-6017付属のブラシを添付してくれれば完璧ではあるが・・・)
2コメント2件| 128人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年3月31日
この製品はかなり長い間使っているが、使いやすいために予備として最近同じ製品を買い足したところ、これまで使っていたもののプラスチックがかなり黄ばんでいることに気づいた。それでもまだ最初の製品が使える状態なので、やたらと高額になりつつあるアナログ関連の製品としては驚異的なコストパフォーマンスだと思う。

私は日常生活ではCDなどのでデジタル音源を聞くことが多いが、時間的・精神的に余裕のある休日などには、レコード棚から古いレコードを取り出してゆっくりと聴くことにしている。
数十年ぶりにLPジャケットからディスクを取り出すと、カビがこびりついていることも少なくない。
ひどいカビ・汚れの場合には、洗浄液(AT634)のビンに入れた精製水をレコードに3〜4滴垂らして、乾燥状態で保管しているこのクリーナー(AT6012)で溝にそって水を伸ばしながら拭き取っていく。これを数回繰り返した後で、乾燥状態で保管している別のクリーナー(AT6017)で仕上げをしてから、針を下ろす。もしも最初の10秒以内にパチパチ音が数回以上あれば、この手順を繰り返す。
使用したAT6012に付いた汚れは、使い込んだ清潔な木綿のハンカチで拭きとる。ひどい汚れを落とした場合には、その日の最後に、AT6012そのものを流水でジャブジャブ洗ってから、水をしっかり切って、ほこりの少ない場所で乾燥させている。
かなり汚れがひどい場合でも、この処理で新品同様のほとんどノイズのない状態でディスクを聴くことができて、演奏に集中できる。

汚れのほとんどないディスクの場合には、精製水をレコードに3〜4滴垂らして、クリーナー(AT6012)で溝にそって水を伸ばしながら拭き取っていくだけにしている。

これらは、本来の使用法ではないかもしれないが、数十年かかってこの方法になってしまった。
0コメント| 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年8月27日
アナログプレーヤーを復活させたので購入しました。
以前はアルジャント派でしたが、幅が狭いのがちょっと不満だったので今回は変えてみました。

特にAT-6012を選んだのは、他の方のレビューにもありますが 起毛している所としていない所があるという点です。
起毛幅が約3〜4mm、約1mmの起毛していない部分が交互に縦じま模様になっています。
盤面に手首のスナップを効かせてホコリを掬い上げるようにしますと、起毛していない所があることで起毛部の端がエッジのようになり上手くホコリをキャッチしてくれます。

湿式ですが、これまた他の方のレビューにあるように液を垂らさなくても、乾式として使えます。
私のレコードは帯電防止処理をしているので湿式では使っていませんが、先の理由でホコリをキャッチする能力は高い品です。

残念なのが、やはりカバーが付属していない点。
レコードの使用頻度が多くないので棚に置きっ放しだと、クリーナー自体がホコリを被ってしまいそう。
ただクリーナーとしては これ以上の品は要らないかな。
0コメント| 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
湿式、乾式両対応で、湿式用のクリーニング液(AT634)が付属されている。
湿式で使った後は、充分に乾燥させてからレコード再生する必要があり、
面倒。
従って、通常は乾式で使用している。

ベロア地の植毛に方向性があり、クリーナーの側面に進行方向が
指示されているので従う必要がある。
(一方向に、スライドさせる。)
レコード再生時のノイズの要因は、粒子性のホコリであり、
繊維性のホコリはほとんど影響しない。
従って、粒子性のホコリを溝の奥に埋め込んでしまわないように
軽く優しく撫ぜる程度に留めておくのが良い。
擦り過ぎてしまうとホコリを埋め込んでしまいノイズを増やし、
静電気まで発生させてしまうので逆効果である。
ブロアと併用して、クリーナーの使用を最小限に留めるのが
良い結果に結びつくようだ。

湾曲したまな板のようなホルダーデザインは好きではないが、
使いやすいクリーナーである。
0コメント| 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2008年8月9日
レコードがぴかぴかに蘇ります。
手垢やほこりなどが簡単に取れます。ウェットタイプなので、多少のこびりついた汚れなども落ちます。
レコード面に沿って拭いてあげる感じです。
クリーニング液が電気をおさえてくれます。
換液は400円ほどで売っています。
ひどい場合はスプレー式のクリーナーがあるみたいです。
掃除をするとレコードに愛着もわいてきます。
0コメント| 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月30日
昔、スプレー式のクリーナーを使って却ってノイズが増えたことがあり、あまりいい印象は持っていません。他にも様々なクリーナーを試しましたが満足できるものは無く、中には”使わなければよかった”と思うものもありました。結局水拭きが一番のようです。これまでは(今でも)アメリカのワッツ社の円筒形のクリーナー(芯の部分に水を含ませる)を使ってましたが、これも随分古いものなので、新しくこの製品を買いました。ただこの製品は密封できるケースではないのですぐに乾いてしまいそう。一度の注水で3日ぐらいはもってくれるとありがたいのですが…。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年12月5日
レビュー欄ですねここ。
しかし最近は新譜でもアナログレコードでリリースされることが多くなり初めてアナログレコードを手にされる方も増えています。
そこで自戒の念といいますか私の数々の失敗の経験を踏まえてアナログレコードの手入れの基本を書きたいと思います。

この6012は湿式ですが基本は液を入れないでお使いください。出来ればこの製品よりもっとベルベットのきめの細かい同じオーディオテクニカの「6012X」の方がお勧めです。
加えて申し上げるとオーディオテクニカなどで販売されているスプレーも基本的には使わないでください。
なぜならば水分はレコード盤の溝にこびりつきパチパチ音の原因となるからです。
また水道水でレコード盤を洗うとか洗浄剤を使って水洗いするとかするとパチパチ音が消えるとかいうのは都市伝説的なもので絶対にやらないでください。
そんなものは絶対に信じないでください。

6012に液を注入したりスプレーを使う場合は「ええええええええええ何このホコリとパチパチ音ーーーーーーー!!!」とか「この静電気のパチパチ音の多さは何にいいいいいいいいいいいいいいいいい」いうぐらいにアナログレコードの限られた状態だけにしてください。

レコード盤のクリーニングの基本はこの6012(出来れば6012X)のベルベットでかる〜く表面をなぞるだけで十分です。もう一度書きます。それだけで十分なのです。
そうすると溝に付いている細かいホコリがベルベットに「移動」します。それで「終了」です。
それ以上はもう一般家庭で出来る事はありません。

しかしそれでもパチパチ音は出ます。それがアナログレコードなんです。CDやダウンロードした音源ではないからです。
「アナログ」と「デジタル」の決定的な違いです。
そのパチパチ音を楽しむくらいの心の余裕をお持ちいただければ幸いです。

皆様の素晴らしいアナログレコードライフを心から祈念しております!
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年12月14日
ブラシの方はきれいにほこりが拭けるのですが、液体の洗浄剤は中栓をしておかないと蒸発してしまうため、使用の都度開け閉めするのは面倒です。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年7月13日
私の場合はレコード盤をプレーヤーに乗せて回転させながらクリーナーを軽く押し当てて拭く方法で使用しています。正しい使い方ではないかも知れませんが、この方法が最も効果が出ます。
説明書よりも少し多めに液を浸透させ、45回転の速度で10回転以上まわすとガンコなチリパチが消えます。それでもまだ少々チリパチが残っていてらもう一度繰り返せば、よほど深い傷を負ったレコードで無い限り、付着した汚れは解決し、CDのようにノイズか消えます。ウソみたい効果に驚愕しました。
本品使用上のポイントは盤面の見た目がきれいになってもチリパチが出るようだったらシクコク洗浄を繰り返すことです。
高価なアナログプレーヤーやカートリッジを買う前にレコード盤を磨き上げることこそがHiFiへの近道であることを認識しました。
0コメント| 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月1日
とても良い商品です。湿式でないとレコードを痛める可能性があるのでコレを使うのが良い。必ず溝に沿って円を描くように吹いてください。
拭き取った埃を落とすスポンジがクリーナー台に付いているのが便利。
ただしひとつ注意点。
クリーナー液を注入しても表面にすぐに滲みでないのでうっかり液を入れすぎないように。タイムラグを見越して少しずつ。当たり前のようで、結構やりがちなミスだったりします。汗
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)