Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike DVD Blu-ray Bargain 2015summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.335
5つ星のうち4.3
価格:¥10,072+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

ベスト500レビュアー2012年2月20日
Canon EFレンズ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS デジタル専用 ズームレンズ 標準とCanon EFレンズ EF-S60mm F2.8マクロ USM デジタル専用 マクロレンズの両方に本製品エクステンションチューブを装着してみました。エクステンションチューブは、装着したレンズの最短撮影距離を短くすることができるので、接写で被写体をより大きく写すことができます。通常、被写体を大きく写すときは、
1)被写体に寄る(接近する)
2)ズームレンズなら望遠側に拡大する
 という手順ですが、被写体の大きさと同じ大きさで撮像素子に写す(等倍撮影)まで拡大するためには、
3)マクロレンズを使用する
 ということになるかと思います。でも、マクロレンズを買うほどコストをかけたくないとか、マクロレンズを持っていてもさらに大きく(等倍以上)したいというとき、
4)エクステンションチューブを使用する
5)クローズアップレンズを使用する
 という選択肢になるかと思います。
本製品を装着すると、
EF-S18-135mmでは、撮影倍率が0.59〜0.21×
EF-S60mmでは、撮影倍率が1.61〜0.44× となります。
ただし、エクステンションチューブを装着すると、最長撮影距離が数十cm内となり、接写以外できなくなる欠点があります。また、被写界深度が浅くなり、ピント合わせには、三脚でしっかり固定して、ライブビューで拡大しながらのマニュアルフォーカスとなり、ファインダーで確かめるのは難しくなります。また、接写による撮影の光量不足を補うために、ディフューザーやリングストロボや多灯撮影などの設備も欲しいところです。もし、シャッター速度を落とすと、三脚の揺れやシャッターボタンを押した後の振動で、ぶれぼけが起こります。そういう欠点があっても、顕微鏡のように大きく写せるので、とても面白いです。マクロレンズの場合、おそらく画像劣化も起きているはずですが、より大きく写せるということで、画像の劣化はあまり感じませんでした。10万円ぐらいのコストが出せるなら、MP-E65mm F2.8 1-5×マクロフォトという驚異的なマクロレンズがありますが、普通は、マクロレンズか、エクステンションチューブの選択になるかと思います。標準レンズがなんちゃってマクロレンズに化けるのですから、マクロレンズを買う前に、これを手に入れてみてはいかがでしょうか?フィギュアの顔アップには、必須アイテムかも!
review image review image review image review image
0コメント|56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年11月13日
Canon EOS 5D mark II と、話題の中望遠マクロ EF100mm F2.8L マクロ IS USMの間に挟んでライフサイズオーバーの拡大撮影に使用しています。このボディとレンズとの組み合わせでは1.37〜0.27Xの接写が得られます。

EF100mm F2.8L マクロ IS USMは角度ブレとシフトブレの2通りのブレを補正する最新の手ブレ補正機構を初めて搭載したマクロレンズなので、このエクステンションリングを併用した超接写がブレなく手持ちで実現できてしまいます。この組み合わせはベストマッチングです。

クローズアップレンズとの一番大きな違いは、エクステンションチューブの方が、周辺の歪みや収差の発生が格段に少ないため、文献など歪みの気になる被写体であってもクリアにキッチリ撮影できる事です。クローズアップレンズとの価格的な差はさほどないので、こちらがおすすめです。

一方、屋外での花の接写などでレンズ単体と超接写を混合して写す場合には頻繁にエクステンションチューブを取り付けたり外したしするのが大変ですしボディ内にほこりが入りやすいのでクローズアップレンズが適していると思います。状況で使い分けたほうがいいでしょう。

レンズからセンサ面までの距離が長くなるのでダイアル指示より露出が小さくなります。しかし普通は使用ボディやストロボがTTL測光やE-TTLストロボ調光なので意識する必要はないでしょう。

手持ちの接写ではシャッターボタンの半押しした後も、ピント位置が刻々とずれてしまいやすいので、カメラの前後退でとりたい部分にピントを微調整してピントを合わせて最終的にシャッターを押す必要があります。
0コメント|37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年2月5日
撮影する被写体、シチュエーションにより もっと大きく撮影できないかと誰しも考えると思います 
その要望に近づける道具が Canon エクステンションチューブ EF25IIです
EF12IIより長く倍率が上がりピント合わせはシビアになります。
レンズにより倍率は変わり CanonのWebサイトに記載されています。
[...]

私は EF100mm F2.8L マクロ IS USM EF12II+EF25IIを使用しています 
前後移動ぶれによるピント合わせは驚く程シビアですが 顕微鏡代わりに使え 人の目ではは見えない部分も見える写真になります。

または 望遠レンズEF Lレンズ 70-200mm F4L IS USMと組み合わせ最短撮影距離を縮める使い方も使用します。

☆5に何が足らないかと言いますと もっと大きく撮影したいという願望からです。
0コメント|31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年10月6日
とにかく面白い。

しかし被写体との距離がおおむね15cm程度でピント合うので、
装着後はそれ以外の事が出来ない。
高価なマクロレンズは手に入れられない方は、これで遊べると思います。

揺れる被写体を撮影する場合は、かなり神経質な撮影になる。
三脚を必要とするケースが増えると思います。

マクロレンズを購入後はあまり出番がないかも。
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年9月25日
マクロレンズは購入したのですが、レンズ自体は壊れる事もあるので、万が一の時に、標準レンズと組み合わせて使用できるように用意しました。テストしたところ、マクロレンズで撮影した物と比較しても、遜色なく、満足です。参考までに、併用しているマクロレンズは、EF-S60mm F2.8になります。
0コメント|6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年3月11日
EoskissX6iの18-135STMレンズキットでぼちぼち撮っている。 多少大き目のレンズもと55-250キットレンズの中古を何とか購入して、これ以上出費は無理だろうというような自分には、専用マクロなど夢のまた夢。
 1万円台以上の出費が困難な中でのこれ以上の拡張は、エクステンダーで250mmを500mmにするか、エクステンションチューブで山野草のクローズアップを楽しむか、いずれかの選択しかない。
 最近、カワセミとの出会いが容易にできる場所も見つけ、超望遠への魅力は捨てがたかったが、F値が11を超えることになるので、相当明るくなければ使えないということであきらめを付けました。
 そして今回の購入。 いやいやいや、買ってよかった。 自分で試した感じでは、18-135も55-250のレンズも単体で写せる最大は同じくらいの大きさ。 しかし、EF25-2を装着して大きく差が出ます。 55-250の250mm側+EF25-2は単体の時の倍近く、18-135の135mm側+EF25-2では3倍くらいの大きさで写すことができました。 他の投稿にもあるように、ピント合わせが厳しい、マクロでしか使えないのでリングの付け外しは野外ではリスキー、という難点はあるのかもしれませんが、大金の出費ができない私のような者には程よく、山野草の拡大撮影には、十分満足しながら楽しんでいます。 もちろん、純正という安心感とともに。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年11月28日
マクロを撮るのにマクロレンズは使っていますが、もっと拡大したものを撮りたいとエクステンションチュウーブを購入しました。マクロは、拡大率が大きくなると三脚を使わなければならないが、カメラの前がレンズとエクステンションチューブがつくため重くなりバランスが悪いためかなり苦労します。レンズ支持台を使用したほうが良いようです。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年3月28日
EOS5DMark2でEF24-105 F4Lに装着したが、オートフォーカスは全く使えない。(説明書にもマニュアルで使う様明記してある)マニュアルでもズームレンズのせいかピントの山が掴みにくい。マクロレンズを持ち歩かなくてもいい様にこれにしたのだが、結局クローズアップレンズを試すことになりそう。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年4月13日
マクロレンズと組み合わせて使っております、いいボケ味だしております。
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月27日
これにEF40STMつけて遊んでいます。いろいろなレンズにつけられるので、旅先には軽いのでカバンに忍ばせています。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)