Amazonコイン Amazonファミリー Amazon Student SOS0501 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 Musicexclusive ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 夏前ダイエット特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.464
5つ星のうち4.4
価格:¥21,800+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2004年9月24日
 8月に購入し、1日に1回は使用しています(コーヒーはペーパーフィルターを使ってドリップで淹れています)。あくまでも定性的ですが、今までに使ったことがある手挽きミルや電動ミルに比べてバラツキの少ない粒度が得られるような気がします。
 取説には「2~3ヵ月に一度はお手入れの仕方にしたがって内部のコーヒー粉を掃除して下さい」とありますが、もう少し短い間隔で掃除した方が良いようです。何故なら、回転カッターを取外してみるとカッターへのコーヒー粉の付着及びハウジング内部のコーヒー粉の残りが意外に多いからです。また、時々コーヒー豆が粒のまま回転カッターの内側に引っかかっていることがあります。もっともカッターに付着したコーヒー粉、ハウジング内部のコーヒー粉の残りがどういう挙動を(使用の度に新しいものに置換えられるのか、それとも古いものがそのまま残って行くのか、またコーヒーの味に影響を持つのか等)するのかについてはわかりませんが...
 ミルの掃除には、歯ブラシ、画筆(丸型・豚毛)、カメラレンズ手入れ用のブロワーブラシ(ブラシを外して、ブロワーとして)を使用しています。このブロワーを使えばハウジング内部に残っているコーヒー粉は勿論、回転カッターシャフト受け孔内部のコーヒー粉も簡単に吹き飛ばせます。ブロワーブラシをお持ちの方は試して見て下さい。
 なお、ナイスカットミル購入者としては、最適の掃除道具及びセットネジ締め金具(セットネジの頭の径が大きく、その割には溝が浅いため硬貨では締めにくい)を付属品として付けていただくと大いに助かります。
1コメント1件|173人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2007年3月23日
購入して一年くらい経ちます。

業務用のミニチュア版ということで、喫茶店などで大人サイズを見慣れていると、妙に可愛らしく見えます。

100gの豆まで挽くことができますが、淹れる分だけその都度挽きます。

ナイスカットミルは、一杯分だけ挽く場合でもいいですね。

以前はプロペラ式を使用していましたが、その差は歴然としています。

焙煎豆屋さんで聞いた話ですが、輸入されてくる生豆にはよく石なんかが入っているらしく、

あるお客さんが、別の店で焙煎された豆に小石が混入しているのに気づかず、ナイスカットミルに放り込んだら刃が欠けた、と。

ちゃんとピッキングしてくれるお店では大丈夫だと思いますが、

特に大量安売り店などで購入したときは注意したほうが良さそうです。

あと、粉受けのタンクですが、中が見えなくてコワイのでどうにかならないか?と思っていた所、

本製品のシルバータイプにはステンレス製のコップ状の容器が付属されており、

お店の人に聞いたら、要はシェーカーボトルの下部分である、とのこと。

その目的でシェーカーを購入するのはちょっと……と思っていたら、いいものをみつけてしまった。

WECKのガラスキャニスター「Mold Shape 80」。お値段300円程度。

斜めにして出口の下に滑り込ませるとジャストサイズ。

洗ってもすぐに乾くし、使わないときは付属のガラス蓋をしておくとホコリも入らなくてよい

(蓋をした状態で出口の下にギリギリ収まる)。

コップ状のものならなんでも良いといえば良いのですが、背の低いものだと周囲への飛び散りが多くなります。

ただ、本来はタンク側に静電付着してくれるはずのチャフが、ガラス容器の中に落ちてしまうわけですから、

雑味が気になる場合はフィルターに移す前に吹き飛ばす必要があるかもしれません。

でも、それを言ったらシルバータイプのステンレス受けも同じですね。

石を挽かない限りは一生モンの、本当にナイスなミルです。
0コメント|95人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2008年4月9日
使い始めて3ヶ月ほどしかたっておりませんが私なりの感想を書きたいと思います。
・メッシュの均一具合
1〜4ぐらいまでのメモリでしたらなかなか揃ってるほうだと思います、やはり粗く挽こうとすればするほど当たり前ですがメッシュは不揃いになります。ペーパードリップネルドリップしか使わないのであればまったく問題ないと思います。私的にはメッシュの均一具合よりも豆のカット面がキレイだというところに感動しました。手挽きミルなどの豆を砕いて挽くグラインドタイプと比べるとその差は歴然だと思います。
・微粉の量
手挽きと比べても変わらないぐらい微粉はでます、私は完全に微粉がないコーヒーはあっさりしすぎて好みではないのでまったく問題ありませんが、気になるようであれば茶漉しなどで微粉を排除すれば問題ないかと思います。
・挽くスピード及び音
スピードに関しては私が思っていたよりも遅いですが、これは速さを抑えて挽いたときの熱を出しにくくするためだとのことです、音は結構うるさいですが力を使わず勝手に挽いてくれるんですからこんなことは別に気にしませんw
・メンテナンス
簡単です!ダイヤルの両サイドにあるネジをマイナスドライバーかなにかではずしてスクリュー(刃)をはずしてブラシやブロアーで微粉を排除するだけです。粗く挽いたりすると豆がそのまま中につまっていたりするのでこまめに掃除したほうがいいかと思います。

※ちなみスクリューをはずす時にバネが中に入っており、それが支えになっているのですが正直『こんなんで支えてるだけで大丈夫か?』と思ってしまいました......ダイヤルで調整した刃の幅をバネが支えになって豆のメッシュを整えているわけなんですが、バネがかなりやわらかくて安っぽいです....実際業務用などしっかりしたミルはバネなどではなく鉄などで出来た丈夫な物で刃が動かないように支えられています。それ故メッシュも均一に挽けるわけです。もちろん業務用は刃もまったく質が違い切れ味もいいですが、そこで少しでも精度が上げられないかと考え、シャーペンやボールペンなどに入ってるバネを分解して取り出し、純正のバネよりも硬くて長さもちょうどいいものが見つかったので、そっちに交換して使ってみることにしました、結果はバネが硬い分やはり純正のバネをつけたときよりも均一に揃います。しかしこれは私の勝手な考えでやったことですし、バネも硬くなる分内部に傷もつきやすくなるかと思いますので、もしもこのレビューを見てやってみて不具合などが起きても責任をとることはできませんのでやってみようと思った方は自己判断でお願いします。

・みるっことの比較
よく比較されるみるっこですが、値段もナイスカットより高いだけあってナイスカットよりもメッシュはキレイに揃いますし微粉もかなり少ないです、また挽く早さも歴然ですのでよりプロ思考を目指したいのであればみるっこのほうがいいかと思います。

総合的に見て家庭で使うだけでしたら十分すぎる機能を兼ね備えたミルだと思います。
なので家庭用として☆5つです!

ちなみにエスプレッソ用に極細挽きはできませんのでご注意ください
マキネッタで入れるとしても粗すぎます
0コメント|53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年2月25日
結婚祝いに姉にねだって買ってもらってから、毎日2〜3回使って来た。性能は家庭用としては申し分なく、メッシュもそろうし微粉も少ない。ただ付属の粉受けは使いづらく、キャップのネジもバカになってしまったので、ステンレス製の500mlの計量カップで粉を受けていた。ところが先日、メッシュを調整するダイヤルが動かなくなったので、分解してみたらプラスチック製の歯車が欠けていた。モーターは何でもないので修理すれば使えるのは分っていたが、すぐに使いたかったので2代目を購入した。新しいのは動作音がずっと静かなので、さすがにガタが来ていたのだと感じた。それにしても新婚から銀婚まで25年間、これほど役に立って耐久性のある電化製品はないと思う。
0コメント|18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2007年4月19日
これまで主にザッセンハウスの手動ミル154MA Z-10を使っていました。
電動式はカリタのC-120を購入しましたが、微粉が気になって何人分も挽く時だけ
使っていました。C-120の微粉の量は12g挽いてコーヒー豆3つ分ぐらいかも。
ダマになりますから除去しやすいです?メッシュはそこそこ揃っている感じです。
ナイスカットミルは、微粉は出ているでしょうがダマにはなりませんから
私には気にならない程度です。
ザッセンハウスの手動ミルに比べてもメッシュの揃い方は上です。

このミルで挽いて何よりコーヒーの味が変わりました。
コーヒー豆の特徴がはっきり出るようになり、味がまろやかになりました。
これまで同じ豆を同じドリッパーで出来る限り条件を近づけて淹れても、
お店で飲むコーヒーの味と違うと感じていた部分は、ミルに起因するところが
大きかったように感じます。
ミルによってこれほど味が変わるとは正直ビックリしました。

メンテナンスは比較的簡単だと思います。
2箇所のネジを外して、カバーとローターを取り外してブラシで粉を落とす作業は
そんなに手間はかかりません。

私は付属のプラスチック製粉受けは使わないで、新しいシルバータイプのように
粉をグラスで受けて使っていますが、ミルに粉受けを近づければ殆ど飛散しません。

これなら皆さんにお勧めできます。
0コメント|42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年4月4日
中〜粗挽きが得意な機種で、
ドリップコーヒーを楽しむのなら間違いなくお奨めできます。

エスプレッソ用で考えている方は、近い価格帯ならボダムやデロンギ
これと同じような形がいいのであればボンマックという選択肢もあります。
コーヒーグラインダーで調べれば色々ありますのでご覧下さい。

しかし、中〜粗挽きが得意と言ったまでで
これでエスプレッソ用の細挽きができないわけではありません。

確かに最初の設定では中挽きくらいまでしか挽けないのかもしれませんが
(これは若干の固体差があるのかもしれないので一概に言えませんが)
刃の位置の設定を変えることでエスプレッソにも使える細挽きが可能になります。

ダイアル部分をドライバーで外し
それから電源を入れて刃が回転している状態で
ギアを手でカチカチと慎重に回して刃を押し込んでいきます。
押し込みすぎると刃が干渉するのでゆっくりと慎重に回します。
ほんの微かに金属が擦れる音がしたらギアを一つ前に戻します。
それが、細挽きの可能限界ですので
ダイアルを付け戻すときに1の位置で取り付けます。

やり方は説明書に書いてあるので必ずそちらを見て下さい。
しかし、刃を傷めるリスクのある作業だと思いますので、
必要の無い方はそのままの状態でお使い下さい。

以上の操作で
ドリップ用にもエスプレッソ用にも使えるようになると思います。
使い分けて2つ持つ、などというわけにもなかなかいかないでしょうから。
0コメント|14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年10月16日
ハンドドリップとエスプレッソに使用していますが、全く不満がありません。
エスプレッソ用にグラインダーを購入しようと思っていましたが中止しました。
エスプレッソには、ナイスカットミルの1番(最も細挽き)で挽いて粉で淹れていますが、十分クレマができ、美味しいエスプレッソを淹れることが出来ます。
ちなみにエスプレッソマシーンは、デロンギの家庭用EC200Nです。これで十分です。
ナイスカットミルは、エスプレッソに適していないことになっていますが、焙煎から時間が経ってない豆はしっとりしているので、程よい荒さがいいです。
ちなみに1番で挽き、腰をいれてタンピングすると抽出できませんのでw
腰をいれず、腕の力くらいでタンピングするのがベストです。
エスプレッソのソロで飲む場合は、シティからフルシティくらいが丁度いいです。ドリップにも使えるので経済的です。
0コメント|13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年9月13日
行きつけの喫茶店に本物のナイスカットミルがありました、家では手動のミルでした。
コーヒーにはまって40年、遊びに来る友は、実験台、このミルを設置してから、コーヒー
が益々おいしく感じられ、形から入るのも大事だと思いました。1人から多人数分まで大変
便利です。気分は最高、喫茶店。
0コメント|13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年6月21日
 薫り良く、美味しいコーヒーにあこがれてましたが、ノウハウや手間が必要なのだろうと思い込み、自宅では市販の挽いてある豆を使うのが精々でした。しかし、聞いてみるもので、とても美味しいコーヒーを点てる友人から教わったのが、このナイスカットミルです。
 コーヒー豆は時間とともに劣化します。保存状態にもよりますが、その寿命は生豆だと数ヶ月、焙煎後の挽いていない豆だと約1週間、挽いてしまうとさらに寿命は短くなります。生豆が一番もちますが焙煎をすることになるので、ノウハウと手間そして高価な機材が必要となります。そこで、コーヒーを点てるごとにミルを使用するのが比較的手軽に美味しくコーヒーをいただける方法だと教わりました。ミルの中でも、ナイスカットミルは豆の品質をあまり低下させずに挽けるし、電動なので手軽です。
 早速本機を購入し、挽いたコーヒー豆にコーヒーポットで徐々にお湯を注ぐと、豆が泡立ち、良い香りが充満し、イメージどおりのコーヒーをいただくことができました。今では、次はどの豆を買おうかと毎週楽しみにしています。自宅で飲むことがほとんどになりました。
0コメント|11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2008年9月9日
友人に進められて購入しました。
はじめ値段とのつりあいがとれるかどうか疑問でしたが、
使ってみると、この値段でも安いくらいに感じました。

何が良いかと、まず挽き方が調整できるということ。
紙フィルターや水出しなどによって調整できるのが便利です。

また、業務用と同じ構造なので、いい感じに空気が入った形で
挽きあがることです。これでお湯を注ぐと、ふわっと盛り上がります。

何より、電動ということもいいです。
手動だとどうしても億劫になってしまいますが、
飲むたびに挽くことも全然億劫になりません。

毎朝、これで豆を挽き、珈琲を淹れることが日課になってます。
0コメント|11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)