Androidアプリストア Amazonファミリー 0616 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 nav_flyout_videogame 家電・生活用品サマーセール ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 梅雨対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5111
5つ星のうち4.5
価格:¥22,980+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2008年10月24日
プラスティックの受けにコーヒーくずが付くのを嫌う方が多いようですが、これは意味があるんです。コーヒーを挽いた時に出る細かいクズや薄皮はコーヒーの雑味になるので除去した方が良く、これを取る為に受け容器をわざわざプラスティックにして静電気で簡単に取れるようにしています。受け容器を傾けて出てくる重いコーヒー粉はドリーパーに注ぎ、容器に残った軽いクズは傷が付きにくいところやゴムハンマーなどでコンコンと叩いて除去すると良いでしょう。またミルの排出口に付着しているコーヒークズも同様にコンコンするか、乾いたティッシュや刷毛などで除去出来ます。

ちなみにハンドミルで挽いた場合は電動ミルより大きめの薄皮が出ますので、これはカメラの手入れ用のブロワーなどでシュッシュッすると薄皮だけ吹き飛んで分離できます。結構、手間が掛かりますが、この点でも電動ミルは楽ですね。

本題ですが、ナイスカットミルは粗雑なミルと異なり、刺身包丁で刺身を切るような鋭い切れ味で雑味の少ないコーヒーを挽いてくれます。

これらは行きつけのコーヒー専門店のオーナーさんからの受け売りです。

私には薄皮を除去して雑味が減るかどうかまでは判別できませんが、実際使ってみてハンドミルより非常に楽ですし、毎日、美味しいコーヒーが飲めて文句の付けようがありません。
0コメント|175人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2004年12月23日
毎日のようにコーヒーを飲むのに、手回し式のコーヒーミルでは豆を挽くだけで疲れてしまうので、電動のものを購入しようと思い、この商品を選択しました。
プロペラ刃で粉砕するのと違い、ちゃんと挽いて粉になる挽き臼タイプです。
粉の細かさも7段階に調節可能なので、コーヒーをいれる機具を選ばないのがいいですね。
業務用を性能をそのままに縮小したデザインも、キッチンをカフェ風に見せる小道具に使えていい感じです。
実際、喫茶店で業務に使っている所も多数あるくらいです。
それと、思ったよりも豆を挽く音が静かなのがいい。
本体が重くて頑丈にできているからかな?
基本的に据え置きタイプで、電源スイッチが「粉の細かさの調整ダイヤル」から見て本体の後ろにあるため、後ろに手をまわす操作を考えて設置場所を選ぶ必要があります。
キッチンカウンターがあればその上とか。
無骨だけどしっかりした出来の商品なので、まわりの雑貨との組み合わせに気をつければ、いいアクセントになります。あずき色のカラーだから、グリーンとの組み合わせもいいですね。

難点は、挽いた後のコーヒーの粉が入る「受け缶」が樹脂でできているため、静電気でコーヒーの粉がくっついて落としにくい事です。
また、挽いた粉が受け缶の上の口から、いくらか吹き出てしまいます。
これは、挽く時にスキマを指で塞ぐといいです。
それと、とある喫茶店の主人から、受け缶を付属のものではなく、ステンレスのマグカップなどで代用するといいと聞き、やってみたら正解でした。
付属の樹脂の受け缶は、インテリアとして飾る時向けです。
受け缶が金属製で、粉が出る口がすべり止めのゴムでなくて金属だったなら、粉離れが良くて最高だったのに。
オプションで、金属製の受け缶を出してもらいたいです。
それから、バーコレーターからネルドリップまで、各種器具に対応できる挽きの細かさの選択幅がありますが、エスプレッソにはちょっときびしいです。

とはいえ、より気軽に豆を挽いてコーヒーが飲めるので、買ってよかったです。
1コメント1件|88人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
欠点に関しては、皆さんがすでにお書きになっているので、味のことを書きましょう。

いままで、円筒形の小型のもの、外国製の色のきれいなミル式も持っていましたが、

このミルを買って比べると、全然味が違います。味にとがったところがなくなり、

すこし甘い感じがします。また、香りもよく。最高です。この粉を手間がかかりますが、

ドリップで入れると下手な喫茶店より味がよくなりますよ。(おいしい喫茶店には負ける

という意味でもあります。)それに、冷えてもおいしく飲めるのが、全然違うのです。

それで、最近は全くコーヒーメーカーは使わなくなりました。ちょっと高いかも知れませんが、

それだけの価値はありますよ。
0コメント|46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2008年1月19日
既に10年近く、ほぼ毎日1杯分を挽いて使っていますが、へたる様子も全くなく、エスプレッソ用の超ファインが出来ないこと、付属の粉受け容器の問題を除けば、文句の付けようのない逸品ですね。
確かに困ったチャンの粉受け容器のピンチヒッターとして一番のお薦めは100円ショップのステンレスマグカップです。なんせ105円ですから。(爆)それとサイズが色々ありますから、選ぶ楽しみもありまっせ。ただ高さは80mm〜90mmが良いでしょう。私は、使わないときにひっくり返して粉受け位置に収納するので、高さ83mmを使っていますが、粉が飛ばないようにということでは径が小さめで高さ90mmがよろしいかと思います。
0コメント|33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年3月30日
業務用のコーヒーミルをそのままダウンサイジングしたようなかんじです

小型化されたぶん、一度に大量の豆を挽くのには向きませんが
個人が家で飲む分には十分です。

最近は小規模なカフェで、業務用ではなく
この製品を使っているところをよく見かけます。

耐久性を指摘するレビューもありますが
日に数杯の豆を挽く分には
いまのところ問題はおきていません

買っていきなり壊れたら困りますが、
実売1万5千円程度なので
1~2年使えたらじゅうぶんじゃないでしょうか

挽き具合を調節するダイアルもしっかりしてますし
通常の使い方では挽き歯に指は届かないので安全です

ただ、外見はプラスチックですが、中身は金属歯やモーターなので
けっこうな重さがあります。
落下させるとけっこう危険なので、
安定感のあるところに置いて、
コードを引っかけないようにしてください
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年9月28日
ステンレスカップ目当てでシルバーを買おうとしている方々、ちょっと待ってください。
カップだけ合う物を別買いすればOKで、本体はレッドが落ち着いた感じでお勧めです。
うちではAmazonでも買える、COPPER 100 純銅製 ビアーマグ 10オンス 285cc S-590(検索して下さい)を使用しています。
ゴールドのラインが入ったレッドのミルに、金色のカップが良い感じで似合います。
0コメント|21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月27日
コーヒーミルに一万円以上はちょっと...と思っていて、気にはなりつつ購入をためらっていました。
それまでKalitaC90を使っていましたが、掃除しにくい構造に、同一機種で買い換える気にならず、これしか選択肢がないなと、清水の舞台から飛び降りる気で購入しました。
最初に使ってみて一言「なんでもっと早く買わなかったんだろう...」
とても綺麗に豆が挽かれ、とてもすっきりと雑みのない味でコーヒーがはいります。
学生時代から35年余り、ほぼ、毎日、豆を挽いてコーヒーを入れてきましたが、ミルがこんなに味に影響を及ぼしていたことに、ビックリポンです。と、同時に、そんなことにも気づかず、豆が旨いだの不味いだのと言っていたのかと思うと赤面し、己の無知に恥じ入るばかりです。
清掃も簡単ですし、刃の交換もできるようですので、末永く使いたいと思っています。
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年12月12日
ずっとデロンギの電動ミルを使っていましたが、珈琲豆専門店の人に、粗く挽いた豆をたっぷり使うとうまみだけが抽出されると教えてもらい、理想の粗挽きのできる電動コーヒーミルを探していました。(デロンギはイタリアなので基本的にはエスプレッソなんですよね。もう旧型になったみたいですがKG100はお手入れも使い方も簡単で重宝しました。)

1年前に『カリタセラミックミルC90』を購入しましたが、使ってみたら思うような”粗さ”ではなく、このナイスカットミルもず〜っと有力候補でしたが、”粉が飛び散る、静電気で受け口回りが粉だらけ”というレビューを他のサイトでも多く見かけて躊躇していました。今回、あるサイトで、このミルで挽いた豆の写真を見つけて、この粗さができるならと買う決心をした次第です。

使い始めて2ヶ月になりますが、粉の飛び散りはレビューで言われているほどのことではないというのが私の感想。”気になる”と書かれた方々はこれが初めての電動ミルだったのではないでしょうか?他のミルでも電動の場合はこのくらいはあるのではと思います。 ただ、プラスチックの『受け缶』の代わりに金属の容器を使った方がいいです。わが家ではミルク泡立て用のピッチャーを使ってます。
常にダイヤル8(最も粗い)で挽き、デロンギのコーヒーメーカーで淹れていますが、エスプレッソには向かないというご意見が多いのでダイヤル1で試してみましたがエスプレッソも十分美味しくいただけました。

また『セラミックミルC90』は掃除の時の分解組み立てがたいへんでしたが、これは工作オンチの私でも問題なくできました。それからカリタさんは、取説記載の電話番号に電話するとどんなことでも丁寧に教えてくれます。

先日、ある自家焙煎の店に寄った時のこと。このミルが置いてあったので、店主に”うちではダイヤル8で挽いた豆でコーヒー淹れてるんですよ”と言ったら、”そりゃ最高の贅沢だ!”とにっこり。
私の自慢の一品です。
0コメント|31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月23日
子供の頃から辛いものや刺激が強いものが大好きなんですが、すぐにお腹をこわす体質のせいもあってか、ブラックコーヒーよりは、カプチーノやラテを好んで飲んでした。
しかしながら、サードウェーブで注目され始めた清澄白河周辺に10年ほど住んでいることもあって、いままでドトールでたま〜に豆を挽いてもらって買ってた程度の生活から、次第に自家焙煎する店で豆を購入し、プロペラ式で挽くようになりました。同じ時期に妻から、誕生日プレゼントにタカヒロの雫シリーズのポットを貰ったのもあって、次第にハンドドリップでブラックコーヒーを好んで飲むようになりました。
その後、ネットで都内の自家焙煎してるコーヒー豆屋さんを調べたり、買ったりするようになったんですが、水量、温度、挽きの粒度、ロースト具合を全然気にしておらず毎回不安定なブラックコーヒーを淹れてる事に自分自身が気付いてないにも関わらず、自家焙煎のコーヒー豆屋さんのコメントや、酸味・コク・苦味、といったパラメータだけを鵜呑みにして、さらにブレンドコーヒーはなんかダサいって決めつけて毎回違うシングルオリジンを購入していたので、自分の中でのコーヒーの味の基準が全く定まっていない状態のまま半年ほど経過しました。

ある日、コーヒー豆を購入し、その場で自家焙煎してくれる台東区のとある豆屋さんにいったのですが、焙煎を待っているにサービスで一杯淹れてくました(毎回必ず頂けます)。そこで飲んだコーヒーは、自分が購入した豆と同じ豆のコーヒーだったのですが、スッキリして変な苦味もなく、自分で適当に淹れているコーヒーとは雲泥の差でした。
そのあと、家で焙煎したての豆をつかって、淹れてみたのですがお店で飲んだコーヒーと同じ豆なのに、全然味が違いました。どうしても変な苦味が出てしまうのです。

そこで、はじめてまともにコーヒーについてネットで調べていく内に、使うミルで全然味が変わる、という事に行き着き、はじめてそこで、雑味と苦味の違いを理解し、プロペラ式の微粉まで毎回含めてドリップしていた事に気付きました。

色々考えて、毎日手間なく美味いコーヒーを飲みたい、という事を優先し1ヶ月前にナイスカットミルを購入しましたが、大満足です。買ってよかった。毎日使ってます。
いまはシングルオリジンではなく、ブレンドで自分の好みの基準をコミットした上で、少しづついろんなシングルオリジンを楽しめたらいいな、と思っています。
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月23日
外観:娘に色を聞いたら、即座に赤を選びました。実物は予想していたより、
派手な赤ではなくて、小豆色、ワインレッドに近くて上品に感じます。

味:ミルミキサーのプロペラ式を使っていたときは、味のきれが悪く、後を引くまずい苦みが残りました。
これに換えて味が変わりました。味のきれがよくなり、満足しています。

手入れについて:説明書によると、分解掃除は2~3ヶ月ごとで良いらしく、人によっては殆ど分解掃除し
ないで使っている人もいるようです。手入れの簡単さが機種選びの決め手だったので、うれしい誤算でした。

出口付近の粉の付着について:皆さんご指摘のように結構付着します。アルミテープを出口の筒の内側と
外側に貼ってみました。結構厚めのものを貼ったので付着量は減りましたが、多少はつきます。また内部に
溜まった微粉がいつの間にか落ちてきます。一杯分を挽いて落ちてくる量はわずかですが、何回も挽いて
粉が落ちて散れば相当なものになります。それで挽いた粉をドリッパーに直接受けて、挽き終わるとすぐに
ステンレスの受けカップを置くようにしています。

ステンレスのカップですが、最初、高め(高さ8.5cm)のものを置いていましたが、雑な私は置くときに何度となく
出口の突起に触れてしまい、衝撃で付着している粉を下に落としてしまいました。傾けてカップの縁を下げて
口の下まで進め、そこで水平に戻せば口に触れなくてすみます。それでも気を遣いながらのセットは負担なので、
今では高さ6.5cmのものに代えています。
また、シルバーに付属しているカリタ純製のステンレスカップの高さが9cmと知って驚いています。

ステンレス製にしたのは、落ちた粉の静電気を逃がして反発、付着を軽減するためです。

ご参考になれば
review image review image
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)