Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive adobesubs Amazon MasterCard nav_flyout_biss nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 真夏の健康アイテム特集 DIY・ガーデニング タネ・苗ストア Kindle Amazon MP3 マリン・ビーチストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
81
5つ星のうち4.6
スタイル名: キャノン|変更
価格:¥29,001+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2007年12月10日
 アナログEOS機で使っていたシグマの105ミリマクロレンズが、デジタル
EOSではなぜか動作せず、大変心残りながら買い換えたのがこのレンズ。

 キヤノンの純正マクロレンズという選択肢もあったわけだが、価格面とタムロ
ンのマクロレンズの実績は高いものがあることなどを考慮して購入。

 大変、軽くて扱いやすい。等倍撮影が可能であり、画像も文句なしに美しい。
タムロンのマクロレンズ独特の背景ボケも大変きれい。色合いも透明感があって
色収差も全く不自然ではない。

 外観はプラスチックでお世辞にも高級感はない。キヤノンやシグマと比べても
残念ながらチープな感じはする。衝撃などに対する強度もそんなに強くはないの
ではないか(これはデータがないので実際のところは分からない)
 しかし、その分レンズ自体は軽くなっているので非常に扱いやすい。
キヤノンとシグマのレンズしか使ったことがなかったが、こんなに軽いレンズは
初めてだ。この軽さのおかげで取り回しは大変やりやすい。

 キヤノンのUSM(超音速モータ)のように高速でピントあわせができるわけ
ではない。AFモードで動作させた場合、「ガーチャ、ガーチャ」という歯車と
モータが回っていますよという感じの機械音が出る。音量も結構大きい。
 しかし、これはマクロレンズなので、近接撮影時はマニュアル操作が多いので
実質的には大きな問題にはならない。

 以上、うわさどおり描写性能、使い勝手、価格など実質的な面では大変パフォー
マンスが高いレンズであると思う。外観や動作音など感覚的な面での満足感が高ま
ればもっと売れるのにと思う。
0コメント| 91人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月4日
Nikon D7100に付けて使用しています。このレンズは以前、予算の都合で中古で買ったのですが、AFの不良でAFが動作せずピントリングすら回らなくなり残念ながら返品となりましたが、返品する前にせっかくなので自分が前後してピントを合わせて数枚撮影したところ、皆さんのおっしゃるようなトロけるようなボケに感動し、手放したくなくなりました。それで結局Amazonで新品で購入しました。新品とはいえサードパーティ製はAFの精度が心配でしたが私のD7100とは相性が良いようでAFもジャストでした(個体差があるのかな?もしそうなら幸運だっただけかも)。何よりも綺麗なボケ味なのでマクロを撮る楽しさが広がったし、DX機ユーザーの僕にとってもFX機にアップグレードしても使用できるところも大きいです。欠点と思った点は、デザインが安っぽい感じがするのと、鏡筒を前後にずらしてAFとMFを切り替えるのですが何度もやっていると壊れそうな気してくるので切り替えスイッチだったらよかったのに、というたわいもないものでした。総合的に価格も加味すると十分満足のいくものでした。
review image review image review image
0コメント| 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2005年9月19日
等倍撮影できるのがこのレンズの良いところ。
ただ、繰り出しが大きいので等倍撮影の時にはフードをつけたままだと被写体に接触する恐れありw
EOSKissD、20DなどのAPS-Cサイズの撮像素子を使っている一眼だと90x1.6で約144mmになります。
2コメント2件| 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年6月21日
「コニカミノルタ用」をソニーαにつけて使っています。
初めてのマクロレンズとして購入しました。ボケのキレイさは評判通りで気に入っています。

APS-C で 90mm は長いかなと思いましたが、花の撮影などでは適度なワーキングディスタンスを保てるので使いやすいです。部屋でテーブルフォトだと少し焦点距離が長すぎると感じますが、背景を整理しやすいという点では純正の30mmマクロより使いやすいかもしれません。
基本的にはマクロ使用時はMFで使用しますが、AFは一度迷うとピントが合うまでに時間がかかる気がします。また超音波モーターではないのでギアの駆動音は気になるところです。

しかしこの価格で等倍撮影を楽しめる、ボケのキレイなレンズということを考えるとを充分です。将来フルサイズのボディでも活用できますのでかなりコストパフォーマンスも良いのではないでしょうか。
0コメント| 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年3月30日
中望遠域のレンズを探していた所、通っている写真教室の先生に勧められてこちらを購入しました。
マクロ撮影はもちろん、中望遠のレンズとしても使えるので最近は付けっぱなしになっています。
仕事でのブツ撮りも問題なく使えています。純正品の半分くらいの値段でこの写りは大満足です。
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年8月29日
マクロレンズは初めてです。
庭の花や家庭菜園で練習中です。
ボケは評判通り!
花びらの質感が柔らかく、満足しています。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年6月11日
D600で花を近接で撮るために購入しました。
AFでピントが迷うことが時々あります。そっちじゃないんだよなぁと。
そんな時もカチっと手元でMFに切り替えて、狙いどおりの写真が取れます。
このカチっと感が心地よくて気に入ってます。
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月16日
時期的にもっと性能の良い新しいレンズがでるのではと悩みながら購入しました。

大満足です。
写真撮影がさらに楽しくなりました。

ピント合わせをオートにすると、「ウィィィン」と音がします。水族館など静かなところで撮影するときは気になります。
手動でピント合わせをすれば全く無音なので問題なく大丈夫です。

ただ、レンズのふたをズレたまま閉めると、次に開けるときにまわらず開けなくなり苦戦しました。
気をつけて閉める必要があります。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年11月13日
APS-C機で使用しています(Nikon D5300)。同社のAPS-C専用の60mm F2.0マクロレンズと迷いましたが、より望遠域で、またかねてより評判が高いので、こちらを購入しました。
設計が古いレンズですのでAFの速度や精度に関しては、大きな期待はしていませんでした。実際に使用してみた感じでは、確かに音も大きいですし、よく迷いますが、予想していたよりは良いかと思います(まぁ、期待値が低かったので)。
マクロレンズですのでMFでの使用頻度が高くなると思いますが、その際のピントリングの操作感は良いと思います。
AF-MFの切り替えはレバー操作によるものがほとんどですが、このレンズは筐体(ピントリング部分)を前後にスライドさせることで切り替えを行います。
なので、フィアンダーを覗きながらの切り替え操作が、簡単にできます。
フルタイムMF機能は備わっていませんが、簡単に素早く切り替えられますし、AF時に意図せずにピントリングに触れてしまいピンボケというミスも回避できますので、個人的にはとても気に入っています。
またインナーフォーカス方式ではないので、フォーカス時に筐体が伸びるので、注意が必要です。

画像に関しては、柔らかく温かみのあるボケが印象的です。
これに関しては、多くの評判通りと思います。
レンズの明るさを生かして、スナップや風景にも使いたいと考えていましたが・・・この辺は単焦点レンズには劣りますね。

マクロレンズの選択には、焦点距離が大切だと思います。
90mmという焦点距離は、APS-C機だと135mm相当になります。
同社の60mmだと90mm相当、Nikonの40mmですと60mm相当になりますね。
花や料理などを、対象物に近付いて接写したり人物スナップなどの用途なら40mmや60mmを、やや離れた対象物も撮るなら当レンズ(90mm)を選択されると良いかと思います。
例えば、柵越しに花を撮る場合、桜や紅葉など少し離れた枝に付いている花や葉を撮る場合、昆虫を撮る場合などでは、より焦点距離の長い当レンズが活躍すると思います。

マクロレンズ、とても面白いです。
他のレンズとは違った、一眼ならではの写真が楽しめます。
価格も比較的手頃ですし、持っていて損は無いと思います。
0コメント| 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
 サブシステムのPENTAXですが,マクロレンズは骨董品に近い,TAMRON SP90mm/F2.5を使用していました。このレンズはマウントの交換ができ,PENTAXやNikon New FM-2/Tなどで使用していました。等倍撮影ができないという大きな欠点があるのですが,それなりに活躍していました。
 K-5購入を機に,AFが使えるマクロレンズを検討し,大手カメラチェーンのメルマガで相場の9千円引きを発見し,購入を決めました。入荷のメールが誤配信され,無駄足を踏むというケチがついたものの,やっと手に入れ早速使ってみました。メインシステムのCANONマウントでは,最新のEF100/2.8L IS USM macroを持っていますので比較になってしまいますが,定価で2/3,実売価格で1/2以下となれば単純に比較するのは酷というもの。
 AFに関しては,レンズ駆動の量が多いこともあり,まったりという感じです。MFで大まかにピントを合わせ,最後は体を前後に動かして合わせるという,昔ながらのマクロ撮影が復活です。前群繰り出し式で全長が変わる点は,最短撮影距離においては被写体までの距離に制限が出ます。手ぶれ補正についてはボディ内手ぶれ補正を使用しますが,単純な手ぶれ補正のみでシフトぶれなどの補正はありません。そう考えると,CANONの新マクロは,手ぶれ補正も有効で,AFも速く,撮影の自由度がまったく違います。改めて優秀さを感じることとなりました。
 しかし,このレンズは価格を考えるとCPは高く,ボケ味も良いものを持っていますし,発色もまずまずです。マクロ撮影の基本に戻り,使い倒してみようと思います。
0コメント| 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告