Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Cloud Drive オフィス家具購入でAmazonポイント10%還元 Amazon MasterCard nav_flyout_biss DVD Blu-ray Bargain 2016summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.445
5つ星のうち4.4
価格:¥43,039+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2010年2月11日
もう何年使用しているでしょうか。12年位になるでしょうか・・・。

しかし私にとって今でも絶対手放せないレンズです。
その一番の魅力は,透明感のある色,艶やかな色というとっても瑞々しい描写,そして美しいぼけ味でしょうか。

また,絞り開放付近では柔らかい描写ですが,絞るに従ってシャープさが増してきます。
私の持っている個体では,F1.8〜F3.5ではぼけは柔らかく,ピントのあった部分はシャープに写るので,ポートレートで多用しています。F3.5以降はどんどんシャープになるので,風景でも使えます。

EOS55やEOS20Dで使用していたときは,絞り開放でのピントのシビアさに,開放で使うことはあまりありませんでしたが,最近の機種では開放も積極的に使っています。
現在はEOS40DとEOS5DMk''2で使用していますが。オートフォーカスもきちんと来るし,フルタイムマニュアルフォーカスもやりやすいですね。
0コメント|77人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年8月18日
皆さんのレビューにある通り、素晴らしいレンズだと思います。

開放F1.4では収差が目立ちますが、これはこれでソフトフォーカス的な使い方ができると思います。F1.8〜2にかけて解像感、周辺画質ともに急激に向上し、F2.8ではピントの芯は非常にシャープ、ボケもきれいです。F5.6〜8がピークのような感じがします。背景のボケはとろ〜んというわけではなく若干クセのあるときがありますが、それはそれで味ともいえるでしょう。

よく引き合いに出されるEF50mmF1.8の2型との比較ですが、1.8で満足という方が無理に買い替える必要のあるものではないと思います。あちらの方が軽く、そして何より安いですから。このレンズ1本で1.8が4本買えてしまう値段であることは確かですので。但し、1.8で何かしらの不満を感じてしまうような方であれば買い替えをお勧めします。1.8が苦手とするのは逆光等の厳しい条件ですが、このレンズはそのような状況にも問題なく対応してくれます。逆光中のAF挙動はもちろん、フレアやゴーストの抑制もきちんとしてくれます。絞り羽根の形状から、ボケももちろんきれいです。1.2Lとの比較は使ったことがないのでできませんw

注意点は、USM搭載機ではありますが一般的なUSMであるリングUSMではなく、マイクロUSMというタイプを搭載していることです。この機種ではフルタイムマニュアルが可能ですが、リングUSMに比べると操作感が独特、というか使いづらいです。大きめのアソビとゴリゴリ感が気になる方は多いと思います。またAFも通常のギアモータータイプに比べれば高速・静粛ですが、リングUSMに比べれば妙な音が出ますしやや遅い感じがします。

以上、操作感を気にする方は一度実物を触ってみることを強くお勧めしますが、描写は非常に優れたレンズです。個人的にはEFレンズ中、最もオススメなレンズです。
0コメント|19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2007年12月25日
EF 50mm F1.8やEF 50mm F1.2Lとの比較では、EF 50mmF1.8はボケが五角形になるし、フルタイムマニュアルには対応してない。EF 50mm F1.2は重さが倍になってしまう。このレンズは標準レンズとして適当なバランスの良さがあると思う。

開放ではピントが薄く扱いが難しいものの、柔らかい描写とボケ味はこのレンズ特有の質感がある。少し絞り込んで使うと普通に使いやすい。
このレンズはマイクロUSMを搭載するレンズで唯一フルタイムマニュアルフォーカスが可能だが、そのためかフォーカスリングのレスポンス遊びがあるため細かいピント調整時に無駄なストロークを強いられるため、ストレスを感じるときがある。AF主体ならばいいが、マニュアル重視派はこのレンズのフォーカスリングの感触が独特なため、手にとってじっくり触ってみることをおすすめする。

このレンズはAPS-C換算80mmとなり、フルサイズの80mmよりも寄れて明るいポートレートレンズとして使える。開放での柔らかい描写は女性などの人物撮影に適していると思う。

フルサイズではズームよりも先に揃えてもらいたいレンズ。

しかし、発売から20年である。そろそろリニューアルしてほしい。。これは多くのキャノンユーザーの願いではないだろうか?
0コメント|98人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2006年10月22日
フィルム時代、それまでボディと一緒に買ったズームレンズを使っていたのですが、

このレンズを買って明るいレンズの楽しさを知りました(開放F値F4.0のズームレンズに対して2段明るい)。

初めて明るいレンズを使い、それまで使ってたキット付属のズームレンズに対して

- ブレない(フラッシュいらず、その場の雰囲気いかせる)

- 被写界深度浅くできる(主張したいものを強調できる)

- ボケ美しい (描写美しい)

と、写真趣味の楽しみがいっそう増えました。

あと、副次的な効果として、それまで画角というのを考えず、なんか撮るときも自分は動かずにズームでチョイチョイと焦点距離を調整して撮ってたのですが、

単焦点レンズを使うようになって焦点距離ごとの画角がわかり、画角の違いによる映像表現の意味がやっとわかってきました。

(ズームレンズを使う際にも、まず焦点距離を決めて、自分が動くようになりました)

ただ、APS-Cサイズのデジタル一眼レフだと焦点距離が80mm相当になってしまい、

普段に使うにはちょっと困るのが玉にキズだと思います。

デジタルで標準レンズをお求めの方は、28mmか35mmの単焦点を購入されるのをお勧めします。

また、写真趣味のためにズームじゃなく不便な単焦点レンズにここまで投資したくないという方は、

ためしにEF50mmF1.8II(なんと1万円ほどの価格)買ってみるというのもお勧めです。
0コメント|113人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年6月28日
EOSの入門シリーズから7Dまで3台ステップアップしていったカメラでは、常にシグマ 50mm F1.4 EX DGが活躍しましたが、5D MarkIIIへの買い替えにて、全てを下取りに出しこのレンズを手に入れました。理由は世界の写真サイトを色々見て、自分が素晴らしいと思ったものの7割がこのレンズ使用だったからです。シグマのような露出解放でも失われないシャープさは無く、明るさでもやや負けます。良く言えば柔らかい。しかしその分色合いがとてもビビッドです。高級デジカメの彩度の無さが好きでなく、常に補正をしていた私はこれに参りました。ちなみに私が撮るのは室内屋外ともポートレートばかりで、背景を大きく取れる高角は一時所有しましたが、望遠など使ったことはありません。特に草花や東南アジアや南欧の背景に囲まれた人物を撮るのは、この単焦点しかありません。まさに色の洪水です。
0コメント|12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2007年3月25日
このレンズと85mm1.8USMを主にポートレートで使用しています。

50mmの写りとボケ味は本当に美しく開放ではやわらかく、

数段絞ればカリッとシャープにキマリます!

扱いやすさとコストパフォーマンスは最高です。

とても気に入って使用しているのでズームの出番が少しずつ駆逐

されていきます。

24mm2.8、35mm2.0、50mm1.4、85mm1.8

をとりあえず揃えると安価に短焦点の魅力にどっぷり漬かれますよ!

とりあえずズームに飽きたらこの50mm1.4を使用してみては

如何でしょうか?
0コメント|44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト500レビュアー2014年3月8日
EF50mm F1.8II や EF40mm F2.8 STM と迷いました。
「EF50mm F1.8IIなら画角が同じで価格は約1/5」、
「EF40mm F2.8 STM はコンパクトで軽量、安価」という感じです。

結局、下記のような点を考慮して購入にいたりました。

EF50mm F1.8II との比較
・F1.4 はフルタイムマニュアルフォーカス可能です。
・作例を比較すると F1.4 のほうがボケ味がふんわりとしています。
・F1.4 はマウント部が金属製で耐久性が高そうです。
・F1.8IIで妥協しても、おそらくF1.4が欲しくなる。

EF40mm F2.8 STMとの比較
・そもそも50mmとは画角が別物で比較すべきでない。
・たとえ40mmの画角に妥協しても、F2.8とF1.4では差が大きい。

EF50mm F1.4は、1993年発売なので外装デザインに古さを感じますが、
カメラボディに装着すると気にならなくなります。
ホールディングは良好で、フォーカスリングも操作しやすいです。

フルサイズのEOS 5D markII、APS-CのEOS 70D、EOS Kiss X2、
どんな大きさのカメラボディに装着しても良好な印象は変わりません。
さすがは、Canon EOSシステムの中核をなす、標準レンズの中の標準レンズです。

描写は、絞りに応じて解像感や周辺減光が変化するのを楽しめます。
使うたびに写真を撮る楽しさを感じさせてくれる1本です。

なお、購入した製品にはフードと収納ケースが付属していました。
ケースはスウェード調のきんちゃく袋で、
レンズにフードを逆さ付けにしたまま収納できます。
衝撃吸収性は期待できませんが、
カバンの中で擦り傷が付くのは防止できそうです。

キヤノンのキャッシュバックキャンペーンに
背中を押されてようやく手に入れましたが、
もっと早く購入しておけばよかったと思いました。
0コメント|8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年6月27日
EOS5DmarkIIで、標準レンズとして使用しています。まだLレンズなどは使った事がないのでわかりませんが、画質や使い勝手にとくに不便は感じません。ピント合わせも早いです。初心者なので最初はこれで十分。お値段も手頃でレビューもよいものが多かったので購入しました。5Dが大きくて重いので、レンズはこのぐらい小さい方が機動力が上がります 。もう少し上達したら広角とか望遠が欲しくなるだろうな。。。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年11月5日
Canon EF Lレンズ 50mm F1.2L USMを購入したと同時に一度は手放しましたが、開放の甘い描画、絞ったときのシャープな感じなど、Lレンズに劣らないどころか凌駕する性能を持っていることに気が付いて買い戻しました。では、Canon EFレンズ 50mm F1.8 IIの方がコストパフォーマンスが高いのでは?という意見もありますが、5角形の絞りや非USMなどイマイチの部分が多々あります。悩むべくはシグマ 50mm F1.4 EX DG HSM キヤノン用 50mm F1.4 EX DG HSM EOの存在でしょう。フルサイズ機ならなお更ですが、APS-CやAPS-Hであっても持っていて損のないレンズです。
0コメント|16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年11月13日
APS-C機でEF28mm F1.8やEF50mmF1.8との比較します。

まず描写ですが、
開放F1.4にするとシャープさはなくなり、少しソフトフォーカスをかけたような描写になります。人物中心の室内でのスナップではよい効果を生む場合もあります。絞りで調節可能なフィルタといった感覚で使えるかもしれません。
コントラストは少し強めに感じますが、色味はあまり濃いという印象はありません。自然な印象です。
F1.4の効果は絶大で、豆電球をつけた程度の寝室で、ISO1600で十分な明るさの写真が撮れます。

50mm F1.8 との比較では、大きいのはフルタイムMFの装備。APS-C で 50mm F1.4 だと合焦範囲が紙のように薄く、AFだけでピントを合わせるのに苦労します。
(ただし、50mm F1.8よりはオートフォーカスでピントは合いやすい)
そこでフルタイムMFが最後のちょっとを合わせるのに効果を発揮します。
また、見た目上も、質感・口径の太さ、デザインのシンプルさ、フードのデカさ、などからこのレンズの方が高級感があります。

室内だとあまり寄れないことがマイナスかもしれません(この点は50mmF1.8と同等)。
画角的に、取れる距離だと顔のアップになってしまう可能性が高く、少し引いて撮ると、狭い部屋の中では不便です。
家の中など狭い場所で APS-C機で使う場合は、寄れる上に広角の28mm F1.8の方が使いやすい印象です。
0コメント|13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)