カスタマーレビュー

14
5つ星のうち4.4
天井桟敷の人々 [DVD]
価格:¥4,802+Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

5人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
2011年8月27日
私が映画を見る年ごろになったころ、もうすでにフランス映画はヌーベルバークでした。
斬新でせつなくて、甘酸っぱい新鮮な果物のように、直接感性に訴えてきました!
ヌーベルバーグから見た、それ以前の映画(マルセル・カルネ、ジャック・フェデー・・・)は、スタジオの中でしきたりに縛られ、偶然やドキュメンタリー性と対極にある映画、でした。
内容も若い私には全然、退屈でもあり、何がそんなに衝撃なのか、わからないものでした。
しかし・・・
今自分も年を重ねてマルセル・カルネの映画を見ると・・・・大人だ!!!
ガランスの感性、ふるまい、そういうものが、とても大人で・・・・カッコイイ!!!!
人の生きる孤独な軌跡、そしてそれが交差する奇跡!!!そのとき生まれる、奇跡的ともいえる、愛!!!!
あまりにも描かれるスタンスが大人であり・・・また、それぞれのキャラクターの際立ったカッコよさ!!!
彼らにモデルがいたのなら、本当に当時の人々カッコいいです!!!
パントマイムや当時の演劇人の芸の凄味と心意気!!!

こんなに大人な世界だったのに、ヌーベルバーグの人たちは、それを否定してヌーベルバーグを生み出したのですね。
でも、以降マルセル・カルネがあまり活躍できなかったのは、ちょっと残念だと思います。
とにかく、話がこの世の人の真実を描いており、人生観が大人、で、うならざるを得ない映画です!!!
しかも1945年制作。ドイツ占領下のフランスで、作ったことでありましょう。驚嘆の名作、といえます!!!
この映画を見れたことは、人生の一つの財産です・・・
0コメントこのレビューは参考になりましたか?はいいいえフィードバックを送信中...
フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
1人中、0人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
この映画をベストワンに挙げる映画評論家・文化人は多いが
なぜそうなのか僕にはちっとも理解できない。
何をよすがに見続けることができるのだろうか。

僕は映画読解力が低い。 のだろうか。
0コメントこのレビューは参考になりましたか?はいいいえフィードバックを送信中...
フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
8人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
多くのオールタイムベストで1位を獲得している作品

今日的な見方で“面白いか?”と判断するのはもったいない。

確かに半世紀以上前の映画なので映像も音も悪い

撮影技術も稚拙なのでカメラワークも退屈だ。

しかし、そこで語られる物語

永遠のテーマである恋愛が

多くの人々の心をとらえて放さなかった事を考えれば

【なぜ、この映画はヒットしたのか?】という

マーケッター的な興味が出てくる。

他のレビュアーも指摘するようにこの映画の面白さは

“欠点もあり凡庸な人々(=天井桟敷の人々)の魅力的な人間像”だろう。

著作権はとっくに切れているので

apple storeなどで無料で

iphone/ipadにダウンロードできるようにして欲しいのだが・・
0コメントこのレビューは参考になりましたか?はいいいえフィードバックを送信中...
フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
23人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
2010年1月15日
この渾身のカルネ作に対抗して、というか、敬意というか、オマージュというか、リメイク作があってもいいのでは! 例えば舞台を現代のNYオフブロードウェイに移し、より浪漫ティック&軽妙に仕立て直すとか(監督はもう少し若い時のUアレン。バティスト役は歌って踊れる人・・RダウニーJrあたりか)。 はたまたイタリア狂想曲風にしたフェリーニ版とか(難しい人選になるけどRベニーニくらいかな。ガランス役には、中年のカルディナーレあたりでちょうどかと)。 そうそう、一時、神が舞い降りてきてたベルトルッチに撮り直させたいな。 中国を舞台に「覇王別姫」みたいに京劇役者の世界観で・・・。 <<<<<何故でしょうか。 誰一人として後出の映画人が、「天井桟敷の人々」という、映画史上、頂上的作品の「奉納儀式(リメイク)」をしないのは! つまり同作が、その後の映画界の血や肉になりえていず、生かされていないから言いたいわけです。不満★! そして、そのことで魂を風化させていること。罪かも知れません。 「映画の神様」は必ずいて、悲しんでいらっしゃると思うわけです。 (話は戻りますが、そう、ベルイマンのリメイクは観たくないです←何かグロくて泥々したものになるだろうから。 また黒澤やルノワールなら、いいリメイク作ができたでしょう。しかし作る必要がなかった。 それは彼らがカルネよりいい作品を残してるから) 最後に→名画に対する敬意については、あのエド・ウッドの方がマシですぞ(ブー〜ビー〜)終。
0コメントこのレビューは参考になりましたか?はいいいえフィードバックを送信中...
フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
     
 
この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています
天井桟敷の人々 [DVD]
天井桟敷の人々 [DVD] 作者 アルレッティ (DVD - 2006)
¥ 514