Androidアプリストア Amazonファミリー Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard nav_flyout_biss Amazon Student Music Indies ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.48
5つ星のうち3.4
星5つ
0
星4つ
4
星3つ
3
星2つ
1
星1つ
0
価格:¥7,900+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2012年12月20日
プレイヤーは原作のショウ=ザマよろしく、異世界バイストン・ウェルに召還された聖戦士として、様々な戦場を駆け抜ける事となります。

星4つとしましたが、この評価は私のようにダンバインが大好きな人間ならば、と前置きさせて頂きます。

なぜ評価が下がったか、それはひとえに戦略シミュレーションなのに戦闘が作業になってしまうからです。

プレイヤーは一国の王となり、自国の繁栄の為に事ある毎に選択と決断を迫られます。大きく分けて二つの道があり、一つは原作のショウのように打倒ドレイクの騎手として、シーラ女王やエレ様と共に戦うロウルート 。対して序盤はドレイクと友好を結びつつ、後半にドレイクやビショット、果てはシーラ様にも戦いを挑むカオスルート。

原作のifを体験出来るので、シナリオの面白さはファンの方なら納得出来るレベル。

反面、前途の戦略シミュレーションパートが、つまらない。たまに面白く感じますが、私には作業に思えてならない。

後、2000年のゲームのくせにグラフィックがしょぼい。それと、声はナレーターの若本氏以外はほとんど喋ってくれません。ここもマイナス。

でも、テレビ版そのままのOPとEDテーマが、アニメーション付きで入っているのには感動した。

結論として、ファンの方ならば楽しめるゲームです。多少のかったるさに我慢出来れば…。このゲームは本当にリメイクして欲しいタイトルです。
0コメント|6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2006年9月3日
 同じバンダイの『ギレンの野望』などと同じ系統かと思いきや、何気に普通のSLGだったと言うオチのゲーム。

 一応、ゲームならではのIFルート(そもそも、主人公からしてゲームオリジナル)も幾つかあるが、実際にプレイをしてみると、攻略本でも無い限りは分からないだろうものが多かった。

 が、ゲーム自体の難易度は低めなので、普通にプレイする分には攻略本が無くても問題は無い、と言うか特に問題が無かった。

 SLGゲーム自体の評価としては、かなり低めの出来なのだが、ダンバインファンの一人として評価した場合には、ソコソコの出来なのでは?と思う。

 プレイヤーの選択肢によっては、ショウを始めとするぜラーナ隊が仲間になったり、トッドやアレンなど他の陣営の聖戦士も仲間に引き入れることが出来る…と、これだけでも原作ファンとしては嬉しくなる。

 注意を述べるなら、(先程も書いた内容だが)ギレンの野望と同じようなゲームと思っていると失敗すること。SLGゲームとしてだけ見ると、少々物足りない出来だと言うこと。

 そして、このゲームを隅々まで楽しむには、攻略本の存在が必須だと言うこと。

 色々な問題点やゲームシステムの欠点も少なく無いので、出来ればPS2でリメイク(当然、バグなどは修正済み)してもらえると、個人的にはめがっさ嬉しい。
0コメント|17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年9月13日
良い点から
IFルートが多い
このゲームやたらに分岐が多いです世界観もそこまで壊れていませんしダンバインという世界のIFを楽しみたいのなら買って損はありません
悪い点
戦闘アニメがショボいですが戦闘アニメ自体はOFFにすることが可能なので大したマイナスにはならないかと(ただ一騎打ちと呼ばれるものはOFFにできずもっさりしています)
イベントがフルボイスでなく声がついてる部分も聞き取りづらい
二週目でしか手に入らないものがあるのになにも持ち越せないので全てのオーラバトラーが手に入らない

まぁロードが長いとかテンポの悪いところが多々あるが14年前のPS作品なのでこの変に目をつぶれば楽しめる作品であるこれをバンナムが作ったというから驚きだ
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月24日
第四次スーパーロボット大戦でオーラバトラーの無双っぷりに惹かれ購入しました。
ドラムロ・ビランビーの発展型、ガドラム・ギトール等々このゲームでしか見られないオーラバトラーがあります。
ガドラム・ギトール・ライネック・ビルバイン等を所持していれば負けることはまずありません。
ですが他のレビューの通り戦闘が残念です。
まぁバンダイがアニメをリメイクしたゲームはいつもこうなりますからこういうものだと思うしかないのかもしれません。
無論サーバイン、ズワウス使えます。
ですがスパロボと同じようにサーバインとズワウスは二台持ちできません。
シミュレーションなので膨大な時間の割に進まない、
機体がドット(笑)絵みたいにカクカクしてしまっている等
を除けば楽しめるのではないでしょうか。
オリジナルの聖戦士やオーラバトラー図鑑が良かったな。
リーンの翼がでたことですしナナジン、オウカオー、アッカナナジン使いたいですね。
ストーリー分岐が多いためリーンの翼を組み込むくらい造作もないことだと思うのですが
CGへの置き換え、シミュレーションのイライラなど
新作を作るとなると問題が多いため無理でしょう。
リーンの翼組み込んだ新作出たら即買いでしょうが(笑)。
自分はオーラバトラー無双(ガンダム無双みたいな)が新作イメージなのかな?
損失が怖くて御方は出せないでしょうけど・・・。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2004年11月5日
ビジュアル・サウンド面はなかなか優れてはいると思うのですが、
「ゲーム」とhしての自由度は如何なものかと・・・
ゲームの中で使えるユニットは、ロボットのみで、戦艦は移動範囲が狭く使えないし、戦闘機は、戦闘能力が低すぎ。もっと自分でカスタマイズできるよう、オウラバトラーを開発しちゃうぐらいのイベントが欲しいところ。
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2005年8月29日
プレステ2がでている現状でグラフィックはどうかなと思っていたけれども昔からのダンバインファンとしては買ってよかったと思った。まず、オープニングがアレンジバージョンと昔のアニメそのままのヤツが2種類あり思わず一緒に歌ってしまった。攻略本がないと隠しキャラや分岐点がわかりずらいしすべてのルートを通ることは難しいが、もし奇跡的に入手できればおもしろさは2倍以上になると思う。ただ、ダンバインを知らない人がロボットシュミレーションとしてプレイすると面白くないと思う。20年前のアニメなので絵はきれいではないが、このソフトをする前にビデオを借りて全巻制覇することをおすすめする。(初代ガンダム、ガンダムSEEDデスティニーにでてきたジェットストリームアタックを使うやつもいる。)星5つは難しいが星4はつけれる良作であるといえる。
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年3月11日
ダンバインを題材とした貴重なゲームなので、期待して購入したのはいいのですけど...思いのほか出来が悪い。
まぁダンバイン大好きな僕はそこそこ楽しめましたけど...

カオスルートがあったのが唯一の救いw
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年5月23日
この作品は原作を知らない人でもそれなりに、よく知る人ならば遊び方しだいで楽しめる一品です。

私個人はロウルートを選び、原作で苦境に立たされていたゼラーナ側を支えるように戦い、ピネガン王を助け、ガラリア、アレン、フェイらを味方に引き込むことに成功して数と質でドレイクやビショット軍と互角の布陣を強いて戦い抜き原作どおりのエンディングを迎えましたが、不満もあります。

OPではバイストンウェルでズワウスと戦うシーンがあるのに、ゲームでは地上に出ない限りズワウスと戦えないのは不満でした。確か原作者の富野氏もバイストンウェルでそのまま戦争を続けさせるべきだったようなことを言ってました。

もしこれをリメイクするならジャコバにオーラマシンの排除を約束した直後に機械の館のオーラバトラーの生産設備を解体して最低限の補修設備を残すだけにし、兵器の購入も付属装置のみにする道を選んだ後、ドレイク軍やビショット軍の工場やショット軍の秘密工場やオーラバトルシップ建造施設を次々と攻撃するミッションを実施(当然ながら新型オーラバトラーは敵工場からの鹵獲品のみとなります)して、そのすべてが成功した後、ドレイク軍やビショット軍の軍需能力が急低下してオーラマシンの数が抑えられ、「浮上」が起こらずに済み、そのまま敗勢の中、バイストンウェルの未知領域へ逃げるドレイク側への追跡が始まり、その旅の果てに異郷の国の悲劇やごたごたに巻き込まれたり、オーラマシンを一時奪われたりするなどの困難を乗り越えて、ドレイク側の人間と同盟した新たな国(リーンの翼にも関係のある国か、もしくは魔人のような雰囲気のガロウランが支配する闇の国が良いかもしれません)の連合軍(強力な怪物や新たなオーラバトラーとの混成軍)との戦闘が起こり、そこで決着がつくという形にしてもよいと思います。

ともかくバイストンウェルの広さと美しさと奇怪さを味わいながら長く戦うというシナリオがあったほうがよいと思います。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告