Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike DVD Blu-ray Bargain 2015summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.313
5つ星のうち4.3
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2005年5月3日
アホゲームにして、タクティカル・シミュレーションRPGという、両者が違和感なく融合されているところに、シナリオプラニングの妙味を感じる。トレードオフの選択肢も面白い。さて、どちらをとるのか、どちらが得なのか、頭を働かせるのが楽しいのである。例えば兵士のストライキなんかはバカっぽいが秀逸で、時と場合によって手段が異なり、損失を最大限に抑えなければならない。面白いゲームとは、こうなのである。
スクウェアよ。経常利益率かさ上げと技術シーズのシナジーを狙うのは結構だし、ルーレットの法則を無視した大量資本投下の広く浅い製品ラインもかまわないが、忘れていないか。面白いゲームの作成を。お前らも、昔はできていたじゃないか。
0コメント|52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2006年11月22日
この頃の半熟英雄は、単純にゲームとして面白かった。くだらなく見えるギャグはあくまで一要素のうちのひとつにすぎなくて、根幹のゲーム性は絶妙なバランスで調整されていた。

だからクリアまで熱中できたんだ。

今のプレステ以降の半熟はそこのところがわかってない。さらにくだらなくなったギャグにばかり目がいっていて、肝心のゲームとしての楽しさの部分をきちんと作り込んでいない。はきちがえてるよ。
だから今の半熟は、いまいちなんだ。

この作品をそのままの移植でよいので、ゲームボーイアドバンスあたりで発売してほしい。
0コメント|21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2002年12月19日
スクウェアより発売されたシュミレーションゲームで主なゲーム内容は。一国の城主である主人公が敵の城に攻め入っていくというもので、いくつかの章に分かれていて各章の敵の城すべてを攻め落とすとボスキャラが出てきて戦うことになる。戦いではエッグモンスターと呼ばれるモンスターを使うもだが、実にユニークなモンスターが多く、かっこいいもの、かわいいもの、気持ち悪いもの、あほくさいもの、とプレイヤーを飽きさせない。またゲーム音楽はドラゴンクエストで有名なすぎやまこういち氏によるもので、この曲がゲームにとてもよく合っていてゲームの持つコミカルさが倍増している。システム的にはそれほどややこしくないのでシュミレーションゲームの嫌いな方でも楽しくプレイできると思います。ぜひ皆さんにやってほしい一本です。
0コメント|17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2006年9月12日
主人公はアルマムーン国の若き国王で先の戦争の英雄だが、平和ボケの結果幼児がえりしてしまった。

その上おねしょまでしてしまい、育ての親兼大臣は泣いてばかり。

と、そこへ敵国が攻め込んでくる・・というストーリー。

ゲームスタートとともにまず名前を入力するのだが、それが書き取りのお勉強になっているのが笑える。

毎回小学生のような悪戯を繰り返す主人公の姿は当時のご清潔なゲームの主人公には類をみないと思う。

ゲームシステムはわりと正統派の戦略ゲームで、将軍をやとい、敵の城を落として(戦闘に勝利する)大将の城を攻略してステージクリア。

各ステージではお笑い要素をちりばめた劇の形の本筋シナリオ、毎月に起る「月イチコマンド」で税収が見込める。(豊作、凶作など)他にも将軍獲得イベント、たまごのレベルアップなどが起る。

中でも特徴的なのはやはり「エッグモンスター」。「たまご」を持っている将軍のみ戦闘中にコマンドを使用してモンスターを召喚する事ができる。モンスターの種類は多様で、可愛らしい容貌のものが多い。

たまごを持つ将軍(メインで長く使う)と持たない将軍(この場合「切り札」を用いて捨て駒にする)をどう使い分けるかが勝利の鍵となる。

戦略性と忍耐力の問われる良くできたゲームだと思う。

それに、後に出たリメイクより過激なギャグ少なかったと思う。
0コメント|6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2011年12月2日
続編って事でPS2で出たけど、あれはちょっとクドイ。この作品くらいライトでおバカなのが半熟英雄の良さだと思う。
イベントも戦闘も操作性も良い具合でバランスが良い。是非携帯機に入れてほしい。ワンダースワンカラーで出たけれど3DSに来てほしい。
将軍コレクションもなにげにアツイ。
ただ一つ問題なのは半熟レベルを最高まで上げるととんでもない事になるくらいか。
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月7日
懐古趣味のおっさん沸いてるなーって思うなかれ。

ゲームバランスは凄くいいんだけど、イベントや将軍(ポケモン)のリクルートの
ランダム性が強い事もあって100回遊んだら100回ちがうプレイ内容になります。

偶然が新しいドラマを生んで繰り返しのプレイに飽きを生じさせない点は
将棋やらトランプやらの古典遊戯にも通じると思う。

今やっても最高に面白いよ、コレ。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年3月28日
今の半熟と比べると 何これ!?(良い意味で)と言われそうですが これが真の半熟英雄です

音楽も去る事ながら 従来のシュミレーションRPGとは一線を画す作りになってます
まずイベントがこれでもかと言うほど豊富で
兵が待遇に不満を持ちストライキを起こしたり 志願兵が来て勝負を申し込んできたり
トレードしたりと
普通のゲームではありえないようなイベントがかなりの数詰め込まれてます

キャラも個性的でベヒーモスがベビーモス モザイクマン 最弱のエッグマン バッ○マンのパロディ?バッティングマン等々
見る人がみれば吹き出しニヤケてしまうでしょう

また季節によってステージの風景も変わり 正月やクリスマス等限定イベントも登場します
今のゲームのような作業的な所は全くなく 最後まで飽きないで続けられます

なんでこのクオリティを現在で再現できなかったんだろうか・・・残念です
0コメント|7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2011年2月18日
このゲームはギャグテイストメインで作られているために真面目さをあまり感じられません。
ですが、ゲームとしてこんなに真面目な作品はないと思います。
ゲームバランスや遊び心、細かいイベントや戦略性に音楽など情熱の塊だと思います。
内容はシミュレーションRPG。シミュレーションという響きを聞くと難しいイメージが強いものですが、このゲームには微塵も感じられません。
敵の城に突進→切り札を適当に使う→危なくなったらタマゴを割る。基本はこんだけです。簡単もいいとこだったりします。

初めての方もプレイしたことがある方も気楽にバカ王子とともに世界を救ってはいかがでしょうか?
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2003年10月17日
ご存知のとおり、これはスクウェアが出した1番アホで大爆笑モンのゲームです。
戦略SRPGなんですが、イベントなんかギャグ満載ですからねえ。
好きな将軍を雇えるのもいいかな。FFに出てきた名前の将軍さんとかいますし、強い弱いもあって。好きな将軍を雇うのは少し根気がいりますが、やればわかります。
スクウェアもこんな時代があったんですよ、みなさん。
0コメント|9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年11月28日
強将軍をひたすら集めましたね。
ただタマゴ無しの強ステ将軍が後半ではタマゴ有りの弱将軍に負けるけど
敵として出てきたら嫌だから、、、という理由で飼い殺しにしたりしてました。
(ポセイドンとかバーミセリとかエッジとか)

名前は神話の神々、スクウェア作品、食べ物からつけられていて
神話の神々なんかはこのゲームで覚えましたよ。
ゲームに影響しない(?)趣味も各キャラ個別に与えられていて
無意味に暗記して家族でクイズをしたりしていました。
また、表面上にはわからない得意な季節、攻城、防衛、野戦なども
キャラ別に設定されているのですが、あまり影響が無かったりも。
戦闘開始時、勝利時、敗北時のセリフもたくさん用意されていてやってて飽きないです。
「ふゆはわたしのきせつ、こうかいさせてあげよう」等

音楽はすぎやまこういちさんです。
クラシック色が強くないためまったくDQっぽさはないですね。
勇壮なハデスの音楽や、ボス戦時の和風な感じの音楽が特に好きでした。

ストーリーはおふざけ満載で、シリアスシーンでも挿入してくるので気が抜けません。
私の一番のお気に入りは「たちこぎ」ですw

女性将軍に「ハダカでぶつかる」をさせていたのはいい思い出です。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

他のお客様はこれらの商品もチェックしています

¥3,420