Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student SOS0501 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 Musicexclusive ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 夏前ダイエット特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.320
5つ星のうち4.3
エディション: オリジナル版|変更
価格:¥370
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2006年5月21日
白黒ながら、いまだに「いい雰囲気」を感じる初代カービィです。ステージは短めですが、個性的なボス、ザコキャラは現行のカービィの原点になっていて、見ていて非常に楽しいです。やりこみやセーブ機能等はありませんが、当時プレイしていた私でもたまに引っ張りだして遊びたくなります。最近のゲームにあるような「極める、やりこむ、それを記録として残す」ような内容はありませんが、読み返したくなる漫画のようなフレーバーが漂っているのではないでしょうか。
0コメント|22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年10月30日
むしろ初期の作品でもあり、星のカービイの原点ともいえる作品です!!
当時小学校だった頃の作品だったので、何度も繰り返してプレイした記憶があります!!
タイトル画面であるコマンドを入れると難易度ハードで出来ます。
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2008年11月13日
タイトルBGMが一番印象に残る。ステージは5しかないがクリアするとエクストラモードが遊べる。
エクストラは非常に難しくクリアするのに困難を極める。これをクリアするとサウンドテストが出来る。
しかし僕が注目したのはGBとは思えないくらいのカービィの細かい動きと世界を緻密に書き込んだ美しい背景グラフィックにある。白黒なのにしっかりと描き込まれていて思わず見とれた当時の自分がいました。特に4ステージの星空のグラフィックは鬼のよう!
ステージ構成はシリーズ中このゲームが一番気に入っています。
素晴らしいステージ構成といえばマリオランド2も素晴らしかった。
カービィが好きで未プレイの方は是非ともこの白黒の世界で構成された1作目をプレイしてみてください。当時の開発スタッフの気合を感じます。
0コメント|10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
横スクロールアクションゲームの傑作シリーズ、星のカービィの記念すべき一作目。
デデデ大王に奪われた国中の食べ物と、秘宝「きらきらぼし」を取り戻すためカービィの冒険が始まります。

オーソドックスな横スクロールアクションですが、本作は間口の広さが大きな特徴です。
敵(物)を吸い込み、吐き出して攻撃する。
シンプルな基本アクションで、テンポ良くサクサクと進めていけます。
空気を吸い込んで空中に浮かぶ事も出来るので、難しい所をやり過ごしたり、穴に落ちる危険も少ないです。

シリーズの大きな特徴の一つであるコピー能力は登場しません。
しかし可愛らしい世界観や、キャッチーなサウンドは一作目から健在で、テンポの良いアクションを盛り上げてくれます。

長めのステージが5つだけなので、ボリュームには欠けます。
1〜2時間もあれば殆どの人はクリアできるでしょう。

難易度の高いゲームが多い当時で、ゲーム初心者の事を考えて作られている、ある意味での異色作。
マリオがクリア出来なかった人でも、カービィならクリアは出来ると思います。
またクリア後に表示される隠しコマンドを入力すると、高難度のステージがプレイできます。
腕に自身のある方は、そちらもプレイしてみてください。
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年3月16日
生まれて初めてプレイしたゲームです。
今や任天堂を代表するキャラクターの一人(人?)となった「カービィ」の原点。
当時からすでに20年近くも経っていますが、今でも時々無性にプレイしたくなります。まるで子どもの頃遊んだ「おもちゃ箱」をもう一度見るような感覚でしょうか。

ステージは5つの一本道。ボリュームは決して多いとは言えませんが、当時は何度も何度もプレイした記憶があります。
「吸い込む」「吐き出す」「膨らむ」という、シンプルな操作性(カービィの代名詞とも言える「コピー」要素はこの時まだ存在していない)と、柔らかい世界観、適度な難易度。これが自分のツボに見事ヒット。
そして、この作品は後の「カービィ」シリーズには無い独特のダーク感があるように感じます。
なんというか、「意味不明」なモノ(敵)が多いような。(2ステージの仮面の敵(名前ど忘れ)なんかは、当時のトラウマですw)

難易度は今からするとかなり簡単ですが、タイトルでコマンドを入力すると出現する「エキストラモード」では、その様相がガラリと変わります。
ほとんどの敵がその姿を変え、接触ダメージ2倍、スピードアップ、攻撃パターンも変化するという、まさに上級者向けの仕様に。
(当時は結局クリアできず…orz)
コピーも無いので、今の「カービィ」シリーズには無い「ストイック」さを味わえます。

「スマブラ」でしかカービィを知らない若いプレイヤーの方々、この「原点」を一度味わってみて下さい。
そして、エキストラモードクリア後のちょっとした寸劇は、是非ご覧になって欲しいものです。
当時から、「二人」の関係は完成されてたんだなぁ…。
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年10月3日
星のカービィの、記念すべき一作目。
後のカービィシリーズにあるコピー能力はないが、吸い込む、吐き出すだけでも十分面白いことがわかる。シリーズを遊んだ事のある人にも、初めて触れる人にもオススメ。
そして、特筆すべきは、一回クリアした時にコマンドが表示され、遊べるようになるエキストラモード。
後のカービィシリーズにも同じ名前のモードが有ったりするが、比べ物にならないくらい難しい。
どのくらい難しいかと言うと、
カービィなんてヌルイと言っていた友人にやらせたら、15分で挫折し、クリア出来る私に向かい土下座させる程。
これをやらずして、カービィは語れません。特にラストボスのデデデ大王は凄まじいの一言です。

オマケ
エキストラモードがクリア出来無い人へ

とにかく、敵のパターンを覚える事です。
ノーマルモードより、敵が規則的に動くので、分かるようになるとデデデ相手に一撃も攻撃を受けないでクリア、なんて事もやれるようになります。
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2004年8月27日
今では大人気「星のカービィ」シリーズの、記念すべき第1弾ソフトです。
カービィならではのコピー能力はまだありませんが、すいこみなどはできます。
プレイしていても飽きない感じに仕上がっているので、楽しく遊べます。
かなり古いですが、カービィファンなら絶対買うべきゲームです!納得の一品!
0コメント|10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年3月27日
飛んで、吸って、吐く。『誰でも手軽に遊べる』のがカービィのコンセプトなので操作はとてもシンプルです。
プレイしてみて思ったのは、よく作り込まれたゲームだということ。音楽はどの面もずっと流して聴いていたいし、グラフィックはドット絵がいい味出していて可愛いです。特にステージ4の音楽とグラフィックが素敵です。

またノーマルモードが初心者向けだとしても、コマンド入力でプレイできるエクストラモードは上級者向けです。飛んで、吸って、吐くだけの操作でどこまでいけるか。コピーは勿論、ガードやダッシュも出来ません。油断してるとすぐやられます。当時すぐにゲームオーバーとなり、何度も寝ているカービィを起こしてリトライしていたのは良い思い出です。

そしてクリアすると製作者からメッセージが貰えます。デデデとカービィのやり取りも見られて、最後まで遊び心たっぷりのゲームだと思います。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2002年9月5日
1992年に発売された星のカービィシリーズの第一作目。
お馴染みのコピー能力はまだなく吸い込むことしかできないカービィの冒険。敵をやっつける方法には吸い込み・吐き出しでぶつける、空気弾、一定以上の高さから敵めがけて落ちるなどがあり、今のカービィとは違ったおもしろさがあります。アイテムにはバクダン、激辛カレーライス、さつまいもといった珍しいものが登場。4ステージをクリアして最後にデデデ大王を倒します。ステージ1、グリーングリーンズはスマブラでも有名。
初心者向けアクションゲームなので、これからゲームをやってみようという方にもお勧めです。
0コメント|8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年9月4日
 任天堂、HAL研の顔となったカービィのデビュー作。子供の頃にゲームボーイで何度もやっていたゲームです。
 ステージ数は5と少ないものの、絵本のような世界にカービィと同じ大きさの可愛らしい敵キャラがいろいろなところにおり、その中を縦横無尽にカービィが飛び回る。カービィを動かしているだけでも楽しいです。
 この作品の時点ではコピー能力はまだ実装されていないものの、その分プレイヤーのアクションのスキルを試される部分があります。吸い込み→星弾吐き出しによる攻撃に重きが置かれているゲームであり、敵に近づかずに攻撃ができるという利点があるものの、吸い込むまでが少し苦労するというバランスの良い構成になっています。
 本編を最後までクリアし、エンディングの後に教えられるコマンドを入力してプレイできる上級者向けエクストラモードが残っています。「カービィはヌルゲー」だと思った方は必ずこれをプレイしてください。ザコ敵の強化、ボスの行動パターンの変更など、今までのイメージを覆す一筋縄ではいかない難易度になっており、ラスボスのデデデに行き着くまでに何度もきつい思いを味わうことでしょう。
 以上のレビューを踏まえ、このゲームは初心者、状況者が今でも楽しめる間口の広い作品であるといえます。
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告