Amazonファミリー 0616 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 nav_flyout_videogame 家電・生活用品サマーセール ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 梅雨対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

  • 5150
  • カスタマーレビュー

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.642
5つ星のうち4.6
形式: CD|変更
価格:¥956+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2004年2月19日
私はデイヴ時代のヴァンヘイレンも大好きですが、一番好きなアルバムはデイヴの頃のアルバムではなく、この「5150」だったりします。歌がうまくてギターも弾けるサミーヘイガーが加入したことにより、バンドの可能性は無限に広がったと思います。またこの頃のサミーはまだまだ高音域も美しくパワフルに出ていました。まさにアメリカンハードロックを歌うために生まれたとでも言ってよいくらいです。
 このアルバムでもエディの天才リフメイカーぶりが存分に発揮されていますが、それよりもメロディが印象的なものが多いように思います。適度にポップな要素を含んだ楽曲群はとてもキャッチーで素晴らしいと思います。まさにサミーをヴォーカルに据えたからこそ作りえたアルバムといえるのではないではないでしょうか。
 このアルバムでもシンセなどのキーボード類が使われていますが、やりすぎずに非常に効果的に使われていると思います。
 明るく元気で健康的な、まさに80年代を象徴したような雰囲気のアルバムといえるのではないかと思います。
0コメント|33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年1月28日
1986年リリース。デビュー以来バンドの“華”として常に輝き続けてきたデイヴの代わりとして新たに加入したのは、華やかさではデイヴには劣るものの彼以上の歌唱力(と何気に上手いギターの才能)を持ったサミー・ヘイガー(ex:モントローズ)。ヴォーカルの音域が広がれば当然作曲の幅も広がるわけで、7作目にして、シングルとして大ヒットを記録したM2やこれまでの彼らからは一切想像出来なかったようなM4、M7など、早速新たな可能性を最大限に活かそうとするバンドの姿勢が手に取るように判る、バンドにとっては初となる全米一位を勝ち取った新生ヴァン・ヘイレンの処女作。ちなみに、タイトルはロス市警内で「危険人物」を意味するというコード・ナンバー。
0コメント|7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2006年2月10日
「ハロー、ベイベ〜!」と、かっこいいシャウトからはじまるサミー加入後、第一弾アルバム。デイヴ時代とはハッキリと違うのはヴォーカリストとしての力量だろう。高音もしっかりと歌い上げ、音楽性の幅が確かに広がった。「Dreams」などは、かつてのバンドには無かった曲調だ。しかし、逆に華は失われた。デイヴは一流のパフォーマーでもあったのだ。ビルボード三位の大ヒットシングル「Why Can,t This Be Love」、初のアルバムチャート一位など、内容はヴァンヘイレンの中でも指折りの完成度の高さ。前作から取り入れたシンセも、より自然な感じになっていて、相変わらずギターはバカテク満載に弾きまくっている。音質の良さと構成の素晴らしさ、ミック・ジョーンズはいいプロデュースをしたと思う。
0コメント|15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年12月5日
"Why Can't This Be Love"
"Summer Nights"
"5150"
が◎。

リマスター待望
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年2月19日
`86年にリリースされた7thアルバム。第二期ヴァンヘイレンとしては1枚目のアルバムとなる本作。
内容は素晴らしいの一言です。
前作、『1984』でシンセサイザーを取り入れてPOPになった音楽性をより突き詰めた感じになっています。
サミー・ヘイガーとゆう低音‾高音まで出せるオールラウンドプレイヤーの魅力を最大限に生かすにはベストな選択だと思う。今までと違い綺麗なバラードも歌えますから。
1,「グッド・イナフ」でエディーのセンスのいいギター炸裂で勢いよく始まり、2,「ホワイ・キャント・ディス・ビー・ラヴ」でサミーの歌の巧さに驚かされます。
恒例の高速ソング、3,「ゲット・アップ」、名曲4,「ドリームス」、6,「ベスト・オブ・ボース・ワールズ」、8,「5150」等、捨て曲は存在しません。
今作でのエディーのプレイは冴え渡っていて、終始ハイテンションのギターが堪能出来ます。
個人的には、二期ヴァンヘイレンの最高傑作だと思いますし、80年代の名盤に迷うことなく入れられるアルバム。
ハードロック好きなら是非聴いておいてほしい。

得点=98点
0コメント|6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年8月30日
いつも夏の季節に無性に聴きたくなるので、中古屋で購入しようかと思ったら何処にも無い。

仕方なく、新品で手に入れて聴くと明らかに過去の盤より音質が向上している。

もっともリマスター音源で聴きたかったアルバムだけに感激もひとしお。

アマゾンのレビューでもリマスターに触れているのでやっぱりかと。

内容については説明の必要はないでしょう。

最高のボーカルとギターがド派手にキャッチーに、時にはやんちゃする。

新品購入をオススメする!
0コメント|19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2004年11月9日
デヴィッド・リー・ロスが脱退した時ヴァンヘイレンは終わったなと思った。「1984」がラストになるのかと残念でならなかった。しかしサミー・ヘイガーが加入した新生ヴァンヘイレンの1作目となる本作は驚くべきテンションの高さ。内容的にも心躍るものとなってる。
自分の場合LPをレンタルしテープにダビングして擦り切れるほど聴いてCDで買い直したというありがちなパターン。
(1)曲目「GOOD ENOUGH」からエディ・ヴァンヘイレンの高速ギターが堪能できる。(3)「GET UP」の間奏の速弾きギターはこのアルバムのハイライトと言える聴きどころ。ほんと当時こんな味を出せたのは彼しかいない。
シングルカットされた(2)「WHY CAN'T THIS BE LOVE」と「DREAMS」などポップな曲が入ってることでハード・ロック・アルバムなんだけどとても聴きやすくなってる。
(5)「SUMMER NIGHTS」と(8)「5150」の2曲は80年代ロックの名曲だ。
とにかく全曲いい。サミーの加入により曲作りの面でもパワーアップした感がある。唯一の難点が音質の悪さ。
0コメント|10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月13日
サミーヘイガーを加えた新生Van Halen第1弾。
当時、HR/HMファンからは賛否両論って感じでしたが、純アメリカンロックとして観れば極上のロックアルバムに仕上がってます‼
個人的にサミー信者なので素直に受け入れる事ができたってのもありますけど。
次作『ou812』『F#U#C#K』共々アメリカンロック史上に燦然と輝く名盤だと思ってます。
お薦めは①②③④⑦⑧
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2005年8月26日
 VHの不朽の名作。今回の再発CDは、リマスター表示がありませんが、
何と~、音質が向上してます!全国のVHマニアは、買い直してでも聞く価値のあるアルバムです。ちなみにジャケの筋肉男はデイブを表しているそうで、裏のジャケにすると、VHメンバーの鉄球に潰されてるってオチです。当時はソロが売れて勢いあったデイブ様でしたが、今となっては・・・、写真の通りとなってしまった感じです。
0コメント|17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2006年2月8日
 サミー・ヘイガー加入後の1枚目。おそらく、サミー加入後のベストアルバム。

 とにかく、テンションが高い。聞いていると元気になります。サミーの緩急自在なハイトーンボーカルとエディの芸術的なギターのミックスは、80年代の名盤を生みました。「Dreams」を超える名曲はありません(個人的に)。

 とにかく、聞かないと損です。買わないと損です。
0コメント|10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

他のお客様はこれらの商品もチェックしています

¥896
¥1,118