カスタマーレビュー

13
5つ星のうち4.6
星5つ
9
星4つ
3
星3つ
1
星2つ
0
星1つ
0
オールカラー最新軍用銃事典
価格:¥5,076+Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

10人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
2013年12月3日
銃が好きで、今まで多くの本を買ってきましたが、
この本がその中でも群を抜いた掲載数です。

AKシリーズやM16シリーズなどはよく目にしますが、
南アフリカや東欧諸国の超マイナーな銃器まで網羅しているのは
この本が初めてのように思います。

比較的情報が新しいこともポイント高いです。
説明も全ての銃器についており、読み応えがあります。
銃の写真をパラパラ眺めるだけでも楽しめます。

全然知らないという方からマニアな方まで、
どんな方にもオススメできる商品です。
少々値が張りますが、その価値はあるでしょう。
0コメントこのレビューは参考になりましたか?はいいいえフィードバックを送信中...
フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
18人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
2013年5月7日
タイトルの「軍用銃事典」に恥じない濃い内容で
世界中の銃が網羅されています。

聞いたことも見たこともないようなレアな銃まで
載っていてとても興味深く役に立ちました!
0コメントこのレビューは参考になりましたか?はいいいえフィードバックを送信中...
フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
21人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
2013年5月3日
 軍用銃事典ということでリボルバーは一つも出てこないが、自動拳銃からグレネードランチャー、アンチマテリアルライフルまで書いてある。
また、500ページ以上もあり、厚さは3cmもある。オールカラーで、銃の詳細なスペックや特徴も書いてあり、これ一冊でマイナーな銃から古い銃まで多くの軍用銃を知ることができる。
0コメントこのレビューは参考になりましたか?はいいいえフィードバックを送信中...
フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
6人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
2014年3月3日
ここまで銃器が網羅されている辞典は今まででも見たことが無いです。
前作も購入したが前作よりも銃器の種類が増えているためマイナーな武器も含めて、軍用銃について広く、そこそこ程度詳しく外見も含めて知りたい人にはこの本でよいと思う。

欠点は軍用専門であるため民間Verや猟銃などについて記載されていないことと価格だと思う。
また前作から比べて種類は増えたが、有名な銃については大差ないため、前作を持っている人にもお勧めできるかどうかは、その興味の程度次第かもしれません。

また最新と明記されているとおり、二次大戦以前の銃に関しては殆ど記載おらず、また歴史的背景も深くは解説されていません。その点も注意事項でしょう。
0コメントこのレビューは参考になりましたか?はいいいえフィードバックを送信中...
フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
10人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
2013年11月12日
素晴らしいとしか言いようがありません。

本一冊で五千円というのは、購入するのに結構抵抗感を覚えることだと思います。
私も購入する際はかなり迷い、一度書店に行って確認してから買いました(生憎と書店のものは汚れていましたが……)。
本書で最も有用な資料は写真で、最低でも銃器全体が映った写真が一枚は載っています。多い銃器は三枚四枚と載っています。
ごく一部の例外を除いて、全ての銃器は表紙に載っているような形で紹介されています。
背景が白で、余計な注釈や解説の付いていない銃器の全体像が、ページの三分の一から半分ほどを割いて載っています。
映画やドラマで銃器が出てきた際、該当する銃の種類(拳銃や小銃など)のページを流し読めば、写真を参考にして簡単に名前を特定できます。

以前、銃器入門用としてガン&ガール イラストレイテッド 米軍現用銃火器編 (イカロス・ムック MC☆あくしずMOOK)を購入しましたが、
二千円払うのなら、あと三千円払ってこちらを買えば良かったと後悔しました。
基本的な解説は押さえてあり、ものによってはかなり詳しく解説されています。
本書が一家に一冊あれば、銃器に関しては必要十分な資料が得られます。
ただ、本書はあくまでも索引資料的なもので、より詳細な情報はネットで調べた方が良いでしょう。

購入するか迷っているのなら、購入することをお勧めします。
少なくとも値段分の価値は十分すぎるほどにありました。
0コメントこのレビューは参考になりましたか?はいいいえフィードバックを送信中...
フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
4人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
2014年6月20日
『Gun Professinals』編集長で陸戦兵器の世界的権威・床井雅美さんによる軍用小火器情報満載の一冊。

2005年刊行の改訂版で、大幅な増補(420P⇒560P)が行われました。世界各国で使われている軍用小火器をビジュアルで紹介、「銃器識別」のためのレファレンス・ブックです。

中心は最新の軍用銃ですが、発展途上国では今も旧世代の銃が使われていることから、旧世代小火器も含まれています。

1100点余りのオリジナル写真をもとに、「ピストル(拳銃)」「ライフル(小銃)」「サブ・マシンガン(機関短銃)」「スナイパー・ライフル(狙撃銃)」「マシンガン(機関銃)」「ショットガン(散弾銃)」「グレネード・ランチャー(榴弾発射器)」「アンチ・マテリアル・ライフル/ロング・レンジスナイパー・ライフル(対物射撃銃/遠距離狙撃銃)」に分けて、各銃の基本データ、開発の経緯、メカニズム、特徴を記しています。

動画で出てくる紛争地の映像で武装している人の小火器を特定すると、武器を通じてその紛争の構図が見えたりします。普通の人が持てない、持とうとしない分野の知識を持つと、人に先んじることができるというわけです。
0コメントこのレビューは参考になりましたか?はいいいえフィードバックを送信中...
フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
1人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
2014年6月20日
現在、日本で市販されている軍用銃の出版物としては最高レベルの内容

やや高価ですが価格に見合う素晴らしい一冊です。
0コメントこのレビューは参考になりましたか?はいいいえフィードバックを送信中...
フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
15人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
2013年6月2日
戦後〜現代までの比較的ポピュラーな銃を中心に収録している「オールカラー軍用銃辞典」に大幅加筆(419ページ→559ページ)した物です。
加筆内容はHK416やSCARなど最近登場した銃に加え、「オールカラー軍用銃辞典」に載っている銃も一部は情報が追加されています。
これら追加された情報だけの為に買い直しても惜しく無いと思わせる物があります。

しかしながら誤植、誤表記が少なからず目立つのが惜しい点です。
特に誤表記に関してはシングルアクションの拳銃を変則ダブルアクションと間違えていたりなど、重大な間違いもあります。

とはいえ現在流通している書籍の中では資料価値は高いので、ガンマニアならば持っていて損は無い1冊です。
0コメントこのレビューは参考になりましたか?はいいいえフィードバックを送信中...
フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
3人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
2013年7月16日
すごい。とても読みやすく、為になる情報がたくさん記載されています。ガンマニアの人は持っておきたい一冊です。
そしてカラー写真がかなりきれいで、インターネットを使うことなくたくさんの情報を手に入れることができます。とても気に入ってます。ガンマニアの皆さんはぜひ一家に一冊どうですか?
0コメントこのレビューは参考になりましたか?はいいいえフィードバックを送信中...
フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
3人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
2013年7月11日
軍とか銃マニアではないですので詳しく無いのですが
現在の軍で使用されている銃が網羅されていると思います。
説明文が少ないですが、
知りたい銃を調べるときには
大概の銃は調べが付くのでは無いでしょうか。

購入してよかったです。
0コメントこのレビューは参考になりましたか?はいいいえフィードバックを送信中...
フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
     
 
この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

メカブックス 現代ピストル (GUN&MECHANISM)
メカブックス 現代ピストル (GUN&MECHANISM) 作者 床井 雅美 (大型本 - 2015/2/5)
¥ 4,212

図解 ガンファイト (F-Files No.034) (F‐Files)
図解 ガンファイト (F-Files No.034) (F‐Files) 作者 大波 篤司 (単行本(ソフトカバー) - 2012/2/28)
¥ 1,404