Androidアプリストア Amazonファミリー Amazonポイント Cloud Drive Photos Officeがクーポンで最大30%OFF  Amazon MasterCard nav_flyout_biss ギターエフェクター ProcameraStore 靴&バッグの秋冬アイテム新着入荷 Fire HD 6 Fire HD 7 Fire HDX 8.9 敬老の日ギフト ドラッグストア大感謝祭 リフォームストア Kindle Amazon MP3 キャンプ初心者ストア プライム・ビデオ 9月スタート

カスタマーレビュー

3
5つ星のうち3.3
星5つ
1
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
1
異次元の刻印(上)-人類史の裂け目あるいは宗教の起源
形式: ハードカバー変更
価格:¥1,728+Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料

お客様の評価(クリア)この商品を評価する
他のお客様にも意見を伝えましょう

レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

56人中、52人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
グラハム・ハンコックが好きで手に取った。

著者はムーやアトランティスなどといった超古代文明の主張者で考古学ミステリーファンには「神々の指紋」が有名だが、ジャーナリストらしい広範な文献調査と現地踏査による膨大な証拠集め、仮説を検証する緻密な論理展開が売りで、単なる神秘主義的なオカルトとは一線を画している。

今回のテーマはところが考古学的ミステリーの謎解きではない。古今東西ありとあらゆる不思議をすべて包含してしまう、壮大な、いわば「人類の存在そのもの」の謎解きである。

たとえば宇宙人による誘拐事件。たとえば妖精、聖霊との出会い。たとえば臨死体験。これらはすべて「変性意識」が異次元にアクセスすることによって起きている現象だという。「変性意識」とは平たくいえば、麻薬などの幻覚物質などによって脳がトリップした状態のことである。不思議なのは、トリップしたときに見る「幻覚」が、3万5千年前の壁画に描かれたものと、現代における科学的実験で報告されたものとが共通していること。全身に針を刺された人、半人半獣の動物、灰色の小人、螺旋状にからまる二匹のヘビなど、洋の東西を問わず、歴史上のどの時点においても、幻覚の内容が類似している。これはなぜか。

著者は、それが脳が作り出した「幻覚」ではなく、現実にそこに「それ」が実在するからだ、という。テレビのチャンネルを変えると別の番組が現れるがごとく、幻覚性物質によって脳のチューニングが変わると普段は見えない別の世界を「見る」ことができる。脳の中にはもともとDMT(ジメチルトリプタミン)という幻覚性の物質があって、科学的にいえばこれが「変性意識」への移行に関わっている。生まれつきこのDMT量が多い人が2%ほどいて、こういう人はいわゆる霊感が強い=霊を見やすいという。

本書は、いわゆる霊的の世界の実在について、直接的ではないにしろ、たくさんの傍証を集めて仮説を構築した。本書では言及はないが、前世の記憶とか、予知夢とか、自動書記とか、なにしろこの仮説で説明のつく「不思議」はものすごく多い。あとは、決定的な証拠、だけである。

ともあれ面白い。考古学ミステリーのファンだけでなく、脳科学に興味のある方にもぜひお勧めしたい。世界観が変わるかもしれない。
0コメントこのレビューは参考になりましたか?はいいいえフィードバックを送信中...
フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
39人中、33人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
2008年9月17日
未だにトンデモ作者として名を馳せている作者ではありますが、根強い考古学ファンの間では再評価されつつもあるハンコックです。本著では古代の洞窟芸術から幻想・空想の神話、現代におけるUFO遭遇事件など、一見何の関連性も無い事象の奥に潜む、驚異的な共通項を暴き出しています。そこから導かれる推論には心躍るものを隠せません。

現代科学は本著の内容の主題のひとつである多世界解釈を肯定はしません。しかし量子力学(素粒子物理学)というこれも同じ現代科学が、別の分野で否定する霊的存在や多次元の存在を科学的物象として証明できる時代に我々は存在します。またうまい具合に、2008年11月からCERNのLHCが本格稼動し、主要実験のひとつである「第4の空間次元の存在検証」(ブラックホール生成実験)によって、多世界解釈に対するひとつの答えが出ることになっています。

LHCの実験で一体どのような答えが出るのか、本著を読んだ後で結果を待ち焦がれるもよし、結果が出てから読んで楽しむも良し、今の時期だからこそ余計に面白い内容であると言えます。

内容は大変興味深く面白く文句なしに星5つを与えたいところですが、やはりこの本も「うんざりするほどの資料文献からの引用文」の嵐です。もう充分納得したから!と本に向かって呟くこともしばしば。そのせいでテンポが悪く、紙面が割かれ、お値段も多少割高になるのかな?と思うと、俗物的なグチもこぼしたくなるものです。なにしろ私はこの次元の生き物ですので。

星4つですが、心情的には4.5です。次から引用文掲載は付録形式にしていただきたいなあ。
0コメントこのレビューは参考になりましたか?はいいいえフィードバックを送信中...
フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
14人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
2014年9月2日
読むに値しない。場所代にもならない本は捨てます。
とはいえ、空想好きの方には、満点です。
0コメントこのレビューは参考になりましたか?はいいいえフィードバックを送信中...
フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
     
 
この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています
神々の世界 (上) (小学館文庫)
神々の世界 (上) (小学館文庫) 作者 グラハム ハンコック (文庫 - 2005/6/7)
¥ 977

神々の指紋〈下〉
神々の指紋〈下〉 作者 グラハム ハンコック (単行本 - 1996/2)

Heaven's Mirror: Quest for the Lost Civilization
Heaven's Mirror: Quest for the Lost Civilization 作者 Graham Hancock (ハードカバー - 1998/9/14)