Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard 2016 Suzuka 8tai Road race nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music マリン・ビーチストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
144
5つ星のうち4.4
形式: 単行本|変更
価格:¥648+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2006年4月27日
3歳の娘が気に入って買った絵本ですが、読むのは昼間に限定されてます。夜には怖すぎて、見るに耐えないようです。この本を読んで以来、暗くなると「今何時?」と時々尋ね、どんなに遊んでいても8時半までにおふろに入ってくれるようになりました。もちろん、9時前には布団に飛び込んでいきます。私はとっても楽になりましたが、こんなに効きすぎると、罪悪感さえ感じる今日この頃です。
0コメント| 59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2001年10月30日
この本は私の姪・甥経由で我が子にやってきました。ほどんど毎晩今でも寝る前に読みます。保育園でも読み聞かせてくれいることもあり、いまでは字が読めない我が子もすべて暗記しています。それほど好きな本ですが、読むたびに怖くて抱きつきながら寝る羽目に。それでも毎日「よんで!」とせがみます。せなけいこさんのすてきな切り絵調の挿絵がなんともいいですね。
0コメント| 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2004年9月19日
この本に出会ったのは、もうかれこれ25年も前でしょうか。幼心にこのイラストレーション(本当は切り絵なんですよね?)が胸に突き刺さり、頭の中では「ねないこだれだ~」というセリフがぐるぐると回転、夜に目を閉じると黄色い目で口の赤く裂けたオバケの絵が目の奥に浮かんできて、数日間は「こわいこわい」と布団の中で格闘していたのを覚えています。
近頃、自分にもそのような時期があったことを懐かしく思い出しました。テレビのニュースからは日々、恐ろしい事件や争いごとが伝えられ、いつのまにか大人たちは成長とともに“あのオバケ”の怖ろしさを忘れてしまったように思います。けれど、いまも変わらずこの本に多くの子供達が恐怖してくれていることに安心感すら感じます。
この話を読み聞かせてくれた両親と同じ世代になって、最近、彼らがどういう気持ちでそうしてくれたのかだんだんと分かるようになってきました。
久々にこの表紙に逢いたくなってこちらへ辿りつきました。
オバケとの再会に涙がこぼれました。
0コメント| 83人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2004年8月15日
今でも覚えているくらい怖いと感じていた本です。今、見てみるとなんだ‥こんなもんかと思うのですが、ちいさい頃この本を読んでもらった夜は一人でトイレに行けないくらい怖かったことを覚えています。
でも、怖いもの見たさと言うか、何度も母に読んでもらっていました。
きっと読み終わった怖さの後に安心して母と眠るのが好きだったのだと思います。この本を昔読んでもらっていてよかったなと、今なんとなく感じています。
0コメント| 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年7月24日
表紙だけ見て面白そうだったので、中身もきちんと見ずに買いました。

帰ってきて子供に読んで聞かせた時がはじめて中身を見たときで、凍りつきました。

すごい話です。寝ない子は、おばけがおばけの国に連れて行ってしまう。
子供向け絵本なのに、なんというバッドエンド。なんてシュール。
有無を言わさない迫力があり、冷静に考えるとおそろしい話です。
読み続けようか、読むのをやめようか、一瞬、迷いました。

早く寝ない子は悪い子だということを、おばけをつかって覚えさせるという、強制的なメッセージのある本です。
理屈や説明ではなく恐怖でもって、子供に悪いことを理解させるのが正しいことなのかどうかわかりませんが、色あせない魅力を持った本です。傑作であると同時に問題作でもあります。
0コメント| 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年7月6日
3歳3ヶ月です
この絵本は、私からしたら全く怖くないし、本人も無反応だったのに 、寝ないとおばけに連れて行かれちゃうよと言ったら、その日からすぐ寝室に行き、寝るようになりました
それから4ヶ月 お化けの話しなんてしてないのに、
自分から寝室に行くようになりました
たまに寝室に行かない時にわたしが、

お化け・・・と言うと急いで寝室に行きます

効きすぎたかな笑
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年8月3日
私は元々眠りが浅いタイプで保育園の頃は、お昼寝が出来ないこでした。
一歳くらいから毎日に何度も保育園の先生に読み聞かせをされ表紙を見るだけで 血の気が抜けるくらいトラウマです。
あれ以来一人で寝るのがダメになり、一人で寝るときにゆっくり寝れたためしがありません。十四ですが・・・
0コメント| 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月16日
なかなか寝てくれない1歳9か月の息子のために購入。
保育園でも読んでもらっていたみたいで、語尾を真似て読んでいました。
おばけが出てくるところでは「こわいね~」というものの、本当にお話の内容を理解していないみたいで、読み終わると「もう一回!」とリクエストされます。
だけど、おばけイコール怖いものという認識はできるようになったみたいで「早く寝ないとおばけがくるよ~」というと、おとなしくなるようになりました。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年3月16日
35年ほど前に会社の同僚の女性から「ゼッタイ子供が興味を持つよ」と、私にくれた絵本だ。
実際、私の子供3人に見せたが、皆が食いついて離れなかった。
それから我が家は、子供が寝る前にこの絵本を読んで聞かせるのが習慣となった。
何故そんなに興味を持つのか未だに謎であるが、この絵本を孫のために買う日が来るとは夢にも思っていなかった。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2002年7月19日
2世代にわたって楽しんでいます。このシュールさがたまらない。
1歳になる前に2,3回読んだだけなのに、1歳半の今「時計が鳴ります」と言うと「ボーン,ボーン」とタイミングよく言う。他にも泥棒の「ぼう」「いえ、いえ」など。しっかり覚えているらしい。他の本ではそんなにすぐの反応は期待できない。なぜかすごい。よくわからないけどすごい。親の私も、一語一句覚えていたもの。ウン十年前のことなのに。聞き分けのいい子に育てたい方、買って損はないでしょう。
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告