Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard nav_flyout_biss DVD Blu-ray Bargain 2016summer オフィス家具購入でAmazonポイント10%還元 ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.29
5つ星のうち4.2
星5つ
6
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
2
星1つ
0
形式: 単行本|変更
価格:¥1,512+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2012年12月16日
本書は、ウォルト・ディズニーの教え、哲学を見事に、全国にいる難病と闘う家族への支援をする非営利事業における哲学に合致させた本であるといえるのではないか。
日本では、難病支援を含め、福祉医療系の分野や非営利の活動に関しての理解はまだまだ少なく、それがビジネスにマッチングしていく可能性を持つことはほとんどない。

しかし、本書での事例を見ていると、難病と闘う家族全員と同行体験をする研修が、企業の人材育成の大きな要を持つ可能性を秘めていることが、十分に見て取れる。
関わり方も非常にユニークで興味深い。

著者は、難病と闘う家族や、弱き者たちを、「かわいそう」という視点で見ているのではなく、むしろ、彼らをあるステージにあげ、彼らの役割を新たな価値として位置づけようとしている。
それは、企業の人間が、一個人として難病と闘う家族に関わり、変化していくことにも表れている。

つまり、それぞれの役割を意識した全ての人が、真剣に誰かと関わろうとする時に生まれる尊いコミュニケーションのあり方が、人を成長させるということなのではないだろうか?
ビジネスマンのみならず、多くの人に読んでもらいたい一冊である。
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年5月29日
書籍を年に1冊買うか買わないかの自分が少し立ち読みして即決して買った本です。

ディズニーで学んだ経験や体験を生かし独立して難病の方や家族を支援する団体を作った人の話です
人生誰でも迷ったりする時が必ずありますがこれを読むと前向きな気持ちになります
かなりお勧めです
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年8月12日
自分の為にも人の為にも話しが出来る著書だと感じました。

失敗しないと思える人生を選ぶ時に、何を参考にしていけばいいのか迷った時にオススメします。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年3月11日
所属している社会や会社や各種グループにおける「あなたの役割はなんですか?」と自分の日々行っていることを振り返るとても良い機会を頂いた。まず、ディズニーランドのショップにいくと、あまり売れないけれども、ディズニーとミミーのあしらわれたちっぽけな財布がお客様を迎える、ということに始まるディズニーの各所に行き渡っている教えは、自分は何を社会に還元していけば良いかわからなくなっている若者から、そろそろ現役リタイヤ―しようとしている人にまで、人生を今一度振り返って、また新しくスタートする機会のあることに、気づかせてくれると思いました。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年1月8日
自分の役割って何だろう・・・
来年度の新人にプレゼントします!
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年6月1日
元気になれる本です。いろいろ悩んでいるときはいい力になる本です。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年10月24日
それなりに頑張って生きてきたけど、これでいいのかな…となんとなく思っている40才以上の人、人生こんなはずじゃなかった…となんとなく諦めかけてる40才以上の人、是非読んでみてほしいです。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年5月25日
ディズニーランドのことはあまりでてきません。この方が「オリエンタルランドに勤めていた」ことで実現した難病の子供たちへの支援団体の話です。
難病の子供の多くが「ミッキーに会いたい」という気持ちを持っていること、アメリカの団体に感銘を受け話を聞きたいと依頼すると「日本のオリエンタルランドの社員だから」と会ってもらえた、など偶然が重なってこの方の夢が実現できた経緯が書き記されてます。
「こんな僕でも」という書き方をされてますが、オリエンタルランドに簡単に入れるような方にしか参考にはなりません。
人生はいつだって遅くはないんだと背中を押してもらえることは多少あると思います。
ウィッシュバケーションに参加を検討されている家族の方は読まれるといいと思います。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年4月25日
ディズニーの教えは二割ぐらいで後は、自分の話というような印象を受けました。基本的にはいい話ですが、ディズニーという名前が無くても買っていたか?といえば微妙です。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告