Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike DVD Blu-ray Bargain 2015summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.37
5つ星のうち4.3
星5つ
2
星4つ
5
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
形式: 大型本|変更
価格:¥2,160+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料

お客様の評価(クリア)この商品を評価する
他のお客様にも意見を伝えましょう

レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2010年12月22日
主にレンジファインダー製品の解説本です。じっくり読んだため、レンジファインダー製品がほしくなってしまいました。内容はすばらしくいいのですが、ちょっと高いことと内容のエラー(後述)が一カ所あるため評価は4です。

前半は現在コシナが造っているレンジファインダー用のレンズ(フォクトレンダーとツァイス)について、実写を交えつつ解説があります。この部分は製品のカタログとして使うことができます。Web上ではなかなか情報が得られないのでとても参考になります。

続いて最近発売された話題のレンズであるNokton25mm F0.95の解説があり、さらにMマウント大口径レンズの比較(Nokton50mm F1.1を含めてF0.95〜F1.2の標準レンズで比較)があります。ポートレート、またボケ味について言及しています。

後半は先述のレンズについて、デジタルボディー(ライカM9やエプロンRD-1シリーズを始め、マイクロフォーサーズやソニーのNEXシリーズ)での使用感が掲載されています。ボディーでかなり描写が変わることがあるため、デジタルでの使用を考えている人にはためになる項目です。

最後に各ブランドの歴史とコシナの工場+αの紹介、製品一覧など、資料をもって締めくくられます。

一眼レフ用のレンズは実写も含めてWeb上にたくさん情報がありますが、レンジファインダー製品のそれはさして多くないためよい資料になるでしょう。
デジタル機での描写は気になりますし、思った以上に差が大きいため比較はとても有用です。しかしそれ以上にフイルムの作例がたくさん載っているため、特に一眼ではデジタル全盛の時代として貴重な本だと思います。

製品とは関係のない余談ですが「レンズ名の由来」というコラムがあります。しかしDistagonの説明が間違っています。zeiss.comのCamera Lens News No.38 (Getting the light right) にある"The right lens for each situation - Carl Zeiss camera lens types"という項に正しい記述があります。参考まで。
0コメント|43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年3月7日
発売時には興味が薄かったが、LeicaM2購入とともにVMレンズに興味が湧いて購入した。発売~廃番と変遷が多いコシナフォクトレンダーの製品が系統だてて分かる。
質感の高いレンズを安価(Leicaレンズと比べてだが)に楽しむためのガイドブックとして非常に参考になる。
欲を言えば、Leica(特に古いモデル)ボディとのマッチング記事がもう少し多ければさらに楽しめるのではないか。
発行からずいぶんたつので、最新モデルを取り上げた続編を期待する。
0コメント|7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年3月21日
コシナ―。精度が高くとても気に入っている。シャープなものから軟調なのまで個性的な品ぞろえ。
個人的には世界一のレンズメーカーではないかと思っています。(褒め過ぎ?)
あの最高級レンズ、ツァイスのOTUSもコシナ―製です。

この本、発売当時のレンズが網羅されおり、ズミルクスやノクチルクスとの比較記事や作例も豊富。
それぞれの特徴を捉えた解説もとても役に立つと思います。

本自体の発売日が数年前のもので、最近になって発売されたレンズは載っていないが、
大変参考になります。
Mマウントレンズは最近のミラーレス機ではほぼ利用可能なので、レンズ資産としても価値が高い。
マニュアルフォーカスになってしまいますが、私はフィルム一眼時代のカメラ小僧で、MFやAEなしは普通でしたので、気になりません。

キットズームユーザーの方は、この本を参考に、違いが分かりやすい、明るい単焦点などを1本お試しになられては?
きっと写真の世界が変わります。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年7月27日
最新のレンズが主体に解説されているが製造を打ち切られたオールドレンズも解説して欲しかった。
これからコシナレンズを購入したい人には大いに役立つと思われる。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月6日
結局。電子カメラはレンズをカメラがノシテ居ます!しかもキャノンは自ら焼かせる作戦で。静止画はニコンとキャノンそれとペンンタクッスで、
実はPanasonicとソニーは動画屋なんです!
此方としては。三枚で一瞬で解る組写真が好きで。レンズに従うライカのようなカメラが好きです!
Panasonicは。エフェクトを掛けなければ性能が出ないのでライカとは全く違うカメラです!
しかも。逆光にはフィルムに比べて全く弱いので。今までの技術が生きません!
ですからあらゆるレンズを押さえて居る。ニコンか。フジカが。
フィルムカメラを造る価値が有るのです!
カメラ界は今地獄の有り様です!
だから分化が必要なんです!
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月1日
興味のある内容で、自分の持ち物との比較や検討がしやすかった。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年2月21日
オールドレンズが大好きで、デジタル一眼にマウントアダプターを介して楽しんでいますが、特に好きなものがツァイスとフォクトレンダーです。旅カメラに付けるレンズを現代のレンズで探していたのでこの本は超参考になりました。
名前の由来など非常に参考になります。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告