Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Cloud Drive オフィス家具購入でAmazonポイント10%還元 Amazon MasterCard nav_flyout_biss DVD Blu-ray Bargain 2016summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.316
5つ星のうち4.3
星5つ
8
星4つ
5
星3つ
3
星2つ
0
星1つ
0
形式: コミック|変更
価格:¥648+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

ベスト500レビュアー2012年11月1日
「迷う男」「ラブデカ」「ササクレメモリアル」の混合版(笑)

とっても満足、この一冊を外しちゃ今年のBL終わらない!ぐらい超絶おススメ。

なんといっても、どのカップリングもどちらかが変態ってところがツボ。

その奇妙な変態ぶりと、それに振り回されたり、天然でわかってなかったりするお相手様。
ひんまがっているようで実は素直な性格が可愛くてしょうがないです。

ちょっぴり切なくて、かなりエロくて、けっこう笑えて、2ページごとに萌える本。
そんなのは、この「ササクレメモリアルぐ」ぐらいしかない!(笑)

そして下半身のイラストのエロさも、天下逸品。まさにツユだくもりもり。
ストーリー運びもどの作品も短編なのに盛り沢山で、よくまとまっていて読み応えありました。

描きおろしは2つ、2ページ描き下ろしと4コマ漫画の合計3ページしかないので、雑誌で読んでいるなら特にコミックを買わなくても……といいたいところだけど、2ページの描き下ろしが、かなりツボ萌え。
普通に笑えない車掌三田のめっちゃ笑顔が見れる貴重?な一コマがあるから、個人的には買う方をおススメです。
0コメント|15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年10月30日
鹿乃節、炸裂ですっ!
見事なまでの変態祭りでございます〜〜
肩の力を抜いて、ラク〜に楽しみましょう!!

三つのお話、どれも面白かったですが、個人的には「迷う男」シリーズの御園生氏の迷走キャラが好きなので、ページ数もっとさいてほしかったなぁと、残念な気持ちから星一つマイナス。
0コメント|10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年11月8日
表題作の「ササクレ・メモリアル」がすごく面白かったです!
ノンケ好きなダメ男×ちょっとズレてる鉄道マンという設定ですが、
ちょっとどころか鉄道マンの方はだいぶズレてました☆
受のことを想っているというのは分かるのですが、
鉄道マンの妄想がすごい…。
ダメ男のすべてを受け入れられるくらいの妄想力…。
いきすぎててすごくいいと思います!
妄想でもいいので、
「おしおきスパンキング編」すごく見たいです!

短編なのでひとつひとつのお話が短めですが、
その他のお話も鹿乃先生らしさ全開で、
私はとても楽しく読めました♪
0コメント|9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年6月21日
印象的なタイトルと、カバーの美々しさ。
色数抑えて、シックで品よく華やかに描かれたカバー絵、
イケメン車掌が手にしているマイクと、大きく手前に描かれているスケッチブックは、表題作読んでみると「納得!」の構図☆。

1編1編が高密度で、とにかく濃い! 全体に濃い1冊。

各編それぞれ変○とフェチ入ってるところを、巻末のショートショートコラボで見事にまとめて見せるあたり、巧い☆。

表題作『ササクレメモリアル』のイケメン車掌×年上眼鏡 も好きなカプでしたが、自分的には『迷う男』後日談!

美形建築家:御園生さんのズレた感覚と、淡々とかます発言が、途轍もなく素敵☆☆。
ワンコな攻・インテリアコーディネーター:滝川の べた惚れ&尽くしっぷりも相変わらずで、嬉しかった。

天の配剤的ベストカップルなこの二人・・前巻『迷う男』終盤でも “そう” でしたが、
「災難・悲惨」に見舞われても決してへこたれない! どころか
【災い転じて福】=「逆境を萌えとなしてゆく」ポジティヴ全開で、
多少の悩みなんざたちまち吹き飛ばす、恐るべきあっけらかんパワーに、脱帽☆☆。

読んでて元気もらえる、パワフルな1冊☆。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年5月5日
ササクレも良かったけど、1番のお気に入りはラブデカでした♪ 二人とも愛らしくてニヤニヤしてしまいます。 脇キャラも良い味しだしており、彼らのエピソードも読みたいです♪ べた惚れ一途ラブ?が好物の私は大満足でした(^0^)/ 元から迷う男は好物ではなかったのですが、他の二作が楽しかったので買って良かったです♪
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
(あんまりナヨナヨしてない)眼鏡受けが好きなので、私にとってはお気に入りの一冊になりました。

迷う男シリーズのお二人の話ものってたのでそれも満足!!
やはり鹿乃さんは絵がお上手で、買って良かったです^^
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
久しぶりに物凄い集中力で読めた一冊。
最近、物語に入り込めないのは年のせいじゃなくて、作品の良し悪しだったとは。

表題作は麗人誌で既読だったけど、他2作品もとても楽しかったです。
『ラブデカ』の尚也くん、ホストになって、華々しいけど、刑事さん曰く、「やっぱりいい子」なんですね。
今度は尚也くん主人公で願わくば“受”で、一冊分お願いしたいです。

初田名義時代から今でも本当にカッコイイメンズばかりで、以前レビューしたら、まるでまったくのラブレター状態の内容だったから、載らなかったんです。恥ずかしかったなぁ…。
鹿乃さんがBL漫画界にいてくれてよかった…。

『迷う男』番外も、結局、わりと御園生さんはまっすぐな人で、滝川の方が『迷う男』だったというオチなのか。

鹿乃作品の受では忍と共に御園生さんがピカイチ☆ですね。
とにかく楽しかったO(≧∇≦)oです。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年10月30日
「ササクレ・メモリアル」ノンケ好きなダメ男×ちょっとズレてる鉄道マン
「ラブ・デカ」強面刑事×童顔青年の純情(?)ラブ
「迷う男」滝川×御園生、最新作
の3カップルの作品集です。

あっけなくセックスに至ったり、展開が早く腑に落ちなかったり、内容が詰め込みすぎだったり、逆に薄く物足りなかったり…
等々が短編や読み切りの短所だったりします。
ですが、鹿野さんはさすがです。

よく練られたストーリー展開と、センス抜群のネーム、ボケとツッコミのセリフの面白さ…エロもフェチ度高めでよろしかったですよ。
今回も安心して楽しめました。
イケメンの脇を固めるように、もっさりブサメンやオッサンも多出していて新たな萌えに出会えたし。
うーん、オッサン悪くないですね!鹿野さんが描くからこそ萌えるのですが。
作家の意欲が伺える多彩なキャラ設定、そんなところも楽しめましたね。

さて、タイトル作と「ラブ・デカ」に共通するのは、主役のお相手のスタンスです。
「長期片思い執着ラブ」とでも言っときますか。
もとは相手への恋心が叶わないものの、妄想と恋慕を募らせていきます。
時を経てなおその想いは褪せず、満を持したかのようにアプローチを開始。
主役にしてみれば、始めはうさん臭がったりその執着具合に引きもしますが、相手から一生懸命尽くしてもらえるのは実に気持ちのイイもの。
熱意と想いの深さにほだされ、めでたく成就と相成ります。

ところが「いろいろあったけど、ハピエンで良かったね」とした後に湧いてくる懸念が…
10年、6年とか片思いのスパンが長い分、付き合っていくうちに理想と現実のギャップという壁にぶち当たるのでは?なんて思いがよぎるのです。

「ラブ・デカ」ならジェネレーション・ギャップ絶対あると思う!
いやが上にも、それぞれに後の展開を期待してしまいます。
「こんなにクセ者揃いで、山も谷もなく平穏なホモカップルでいけるわけがないじゃーん!」と波乱をワクワクと期待してしまうのです。
一旦は読者を満足させ、更に続きを追いかけたくなるような心境にさせてしまう。
後を引く美味しいお菓子を食べたあとのような…スゴイ作家さんですよね。

ぶっちゃけて一つあげると、タイトル作のラストシーンでイケメン鉄道マンが「浮気には気をつけた方がいいよ」と言う
「おしおきスパンキング編」なるプレイも見てみたいのでした。エヘ!
(ところでスパンキングって何ッ?ガチで分かんない。解明込みで続きが読みたいです!)

「迷う男」の続編は付き合って1年後の話で、更にキャラがこなれていて面白かったです。
やっぱり御園生は思うままに生きていて滝川が奮闘してて、やっていることはマンネリなようでいて、二人の熱愛振り(?)が見られます。
無邪気なほどの好奇心は健在!御園生は本当に憎めませんね。

「ラブ・デカ」の斎竹(攻)においては、カッコいいシーンを周りにみんな取られちゃって残念な人で終わっているのがちょっと可愛そう。
むしろ「危なさスレスレのオッサン」のイメージが強く残って…。すごく笑えたけど何か灰汁が強かったな、この人。
いずれイメージを(少しは)良くして欲しいです。受(類)のためにも。

一冊通してみると、個人的に斎竹にちょっと引いてしまいましたので、手放しに「全部面白かった」の判は押せないです、ごめんなさい。
ぜひ、シリーズを続けていただいて、先々も楽しませていただきたいです。今回は★4つで!
0コメント|7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年2月10日
初期のころから鹿野先生の作品を好んで購入しています。
とにかく、男性がかっこいい、絵がきれい、ストーリー、エロさどれをとっても大好物です。
ノンケ好きのブサ専門失恋男×ちょっとずれてるイケメン鉄道マン 
思わず鉄道マン仕事しろ!っと突っ込みいれたくなる場面もあり(笑)
変態要素ありのKYな鉄道マンにBLファンタジーここにありって感じです。
あと、ラブデカシリーズ?と迷う男の最新作が読めます。
鹿野さんの作品ってハッピーエンドが多いので大好き
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年10月29日
裏表紙をみれば何となく分かることなんですが、購入した際裏表紙をみれなかったので、私はちょっとばかし悲惨な目に合いました。
というのも、この漫画の宣伝文句には『ノンケ好きなダメ男×ちょっとズレてるイケメン鉄道マン』と書かれていたんですが、これってBLの法則から考えて、どうみても右側の「ちょっとズレてるイケメン鉄道マン」が受けだと思いますよね。
そしたら何と、逆だったんです!!この鉄道マンが攻めだったんです!!
これは……竹書房さんのミスなんでしょうか?それとも、私の右側の認識が間違っていたんでしょうか?
さらに、これは私事なのですが、私、眼鏡受けがどうもだめみたいで……萌えません。眼鏡攻めは大好物なんですが……。
というわけで、眼鏡受けが苦手な人は、要注意です。

しかし、そこは鹿乃しうこ大先生。苦手な受けなのに、私この話、萌えれましたw
さすがは、『人物』と『人間関係』を巧みに描くことで定評のある鹿乃先生です。そんじょそこらのオシャレBLとは違いますね。
個人的な感想ですが、鹿乃しうこ先生。新田祐克先生。やまねあやの先生。こだか和麻先生。中村春菊先生。門地かおり先生。などなど。
ただいま上げさせていただいた先生方だけではありませんが、特に上記の先生方は『男×男になってりゃBLでしょ?』みたいな感じで描かれているオシャレBL漫画群とは、一線を画す作品を世に出し続けている真の作家陣ばかり。

表題作の「ササクレ・メモリアル」の他に、「ラブデカ」「ラブデカ2」「迷う男Xmas Limited Edition」という話が入っています。
「迷う男」は、ちょっと前に竹書房さんから出された続編というか、番外編というか、とりあえず単体でも読めます。が、「迷う男」のコミックを持っていたほうがより楽しめるでしょう。
そもそも、この「迷う男」は、リブレ出版さんのほうから出ている鹿乃先生のコミック、「punch↑」のスピンオフ作品で、そちらを持っていると、よりより楽しめるかと思います。
「ラブデカ」はショタコンであることに悩む強面刑事と、そんな刑事に片想いしていた暴走ぎみ童顔青年の、恋物語です。
さらに、強面刑事の思い出の人である美少年が、実は童顔青年の従兄弟で超絶美形ホストになって登場したり……と、見所は満載です。

エロすシーンは今回も鹿乃先生、通常運転中w(よりは、若干控えめな気も)
とにかく、鹿乃先生のファンだという方は存分に楽しめる1冊になっていると思います。
ただし、眼鏡受けが苦手でなければ……。
鹿乃先生の漫画は読んだことがないという方も、一見の価値ありですよ。
ただし、しつこいようですが、眼鏡受けが苦手でなければ……。
私の場合、その眼鏡受けを事前に知ることができず、かなりのショックを受けたので☆は4つにさせていただきますが、気持ち的には☆5つですね!
0コメント|16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告