Amazonファミリー 0616 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 nav_flyout_videogame 家電・生活用品サマーセール ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 梅雨対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.312
5つ星のうち3.3
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2014年3月21日
多くのFileMaker解説書は、住所録を作りながら様々な機能を解説していくという形式になっています。いわば、マニュアルと同じです。また、具体的な業務に合わせて(医療関係が多い)、実際に作りながら機能を学んでいき自分で応用できるような解説書もあります。

本書は、それよりも何歩か踏み込んで、業務の流れを整理し、それをデータベースに落とし込み、情報を後々のことも考えながらFileMakerで運用していこうというスタンスです。こういう解説書はFileMakerでは珍しいですが、実は、本当は求められていた内容ではないでしょうか。

システム開発の手法や課題発見の手法についても、簡単に触れられています。KJ法やアジャイルなんていう言葉が出てくるFileMaker解説書は初めて見ました。もちろん、その手法は突き詰めていけばもっと知ることがたくさんあるのでしょうが、本書はそれを意図しているのではないようです。

FileMakerで開発を行っている方ならばお気づきでしょうが、FileMakerはエンドユーザーが特別なトレーニングなしでも、それなりのデータベースソリューションを作って運用していくことができます。私もそうです。まず小さな住所録程度のデータベースを作ってみて、作りながら憶えた機能を追加して改良を繰り返していけば、なんとかなるのです。ただしこれには限界があり、P.71の上の図のようにリレーションが複雑になって作った自分もなんだかよくわからないというような問題が発生します。(それでもなんとかなるのがFileMakerのすごいところです)

ある程度、開発にも慣れ、でもなんだか自己流できてしまったなあ、と思う方には本書はおすすめだと思います。プロの開発者が現場で行っているであろう、プロとしての開発の流れのようなものを、改めて勉強できる内容になっています。ですが、前述のように、概要程度なので、そこまでプロに近づかなくてもいいというニーズには、十分でしょう。

今まで、かなり自前でやってきて、これからも自前でやっていく方におすすめです。ただでさえ忙しい日常業務の中で、職場の業務効率化を目指し、休みの日を削ってまでも、誰からも賞賛されないかもしれないけれど、がんばってFileMakerソリューションの開発に勤しんでいる皆さん。その開発自体が少し楽になるかもしれません。
0コメント|43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年6月10日
フィルメーカープロも知っているようで知らなかった部分が沢山ありました。現在本書を読みながら、思考過程を構築しなおしています。データベースに対する基本的な考え方は、脳の思考過程と似ていると思います。日常生活上でもデータベースの活用に対する思考過程は必要だなと考えながら、今は記憶を鼓舞しています。
0コメント|9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年8月25日
現在、医療関係データベース開発中ですが、とても役立ちました。
特にユーザーインターフェーステーブルを項目をおかずに作成するテクニックなどとても役立ちました。
できれば検索の自動化についてもう少しそのノウハウを入れて欲しかったです。
0コメント|8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年6月4日
使いやすくためになっているようです。いいテキストだと思います。
0コメント|7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年4月15日
・システム開発の前提となる効率化やロジックツリーの話など一般論として参考になる点はあります。
 また開発フローに関して、KJ法やアジャイルモデルなども少し紹介していますが、
 それらを実際のデータベースシステム開発に役立てるための説明はありません。
・本書はカバーに「Pro 13/12/11/10対応」と表記してありますが、
 古いバージョンに配慮した記述や図版はほとんど見受けられず、
 最新バージョンである13でないと解説の手順どおりになりません。
・注意点を指摘するのみで、解決方法が記載されていない点が見受けられます。
・システム開発の概論>顧客情報のDB化(効率化)>営業活動管理のDB化>モバイルでの顧客情報と営業活動DB活用
 >見積書と請求書連携、というストーリーになっており、タイトルどおり会社でFileMaker Proを導入する際に読む本としては
 いいかもしれません。ただし実務用としてはカバーしようとしている範囲が広すぎます。
 内容は浅く、中途半端な印象を受けました。
・本書の次に読む、より実践的な開発・運用、あるいは問題解決のための本の登場を望みます。
0コメント|13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年10月19日
一からファイルメーカーでデータベースを作ることを決意した人にとっては、この本はとてもわかりやすいです。ファイルメーカーの基本的な操作はわかるけど、実際の勘どころがわからない人や、どこから手をつけていいのかわからない人にとって、この本ならば、設計の概念のところから書かれているので、わかりやすいです。外注に頼らず自作する時に、実際にデーベースを作る上での、コツがよくまとまって書かれています。
ただ、レファレンス的な作り方にはなってないので、もうすでにデーベースを自作で作ったことがある人や、熟練者には、少し物足りないかもしれません。
逆に言うと、それほど初歩の初歩から書かれているというか。デートベースを実際に作り始める前の、設計の説明に2章使ってるくらいです。
私の場合、もう何年も前からファイルメーカーでデーベースを作りたいと考えていて、基礎的な講習も受けたことがあるけど、実際にどこから設計したらいいのかがわからなくて、最初の一歩ができない人間でしたので、この本はドンピシャでわかりやすかったです。
0コメント|9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月10日
人により差はあると思いますが、想像していたよりは良かったです。

初心者の方には1章から3章までは有意義な内容だと思います。
(プロの方は読み飛ばせる内容)

4章から7章はFileMakerでシステムを構築する場合の基本的なやり方を確認できます。
他のRDBMSを知っている人なら全部を熟読する必要はないと思いますが、「FileMakerだとこうするのだ」と言うのはわかります。
なお、ベースにしているのはFile Maker Pro13です。ですのでAdvancedでのみ利用可能な機能は使っていません。
これらは別書「FileMaker Pro 開発運用講座 第二版」などを読まれると記載されています。

個人的にはこの書籍と「FileMaker Pro 開発運用講座 第二版」、「FileMaker Pro 14 関数・スクリプト サンプル活用辞典」が、手元にあればほとんど何でもできると思います。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年3月6日
初めてでも、システムを組めるように、とても良く書かれていました。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月3日
表紙には対応バージョンが記載されているが、
webからダウンロードできるサンプルは旧バージョンで扱えないため、
個人的に残念な結果に。
(初心者向けならその点の説明も必要では。)
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年8月23日
拡大すると、ボケる。この本も日本製の電子Bookと同じ。
日本製は、手抜きが多い。
顧客志向ではなく、供給者志向のサービス展開で、残念です。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告