カスタマーレビュー


3レビュー
星5つ:
 (2)
星4つ:
 (1)
星3つ:    (0)
星2つ:    (0)
星1つ:    (0)
 
 
 
 
 
おすすめ度
あなたのご意見やご感想を教えてください
自分のレビューを作成する
 
 
有用性の高い順 | 最新のレビューから

5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 安心・安全なシステムを設計・開発するために全ての技術者が読んでおくべき本, 2011/4/2
By 
TSS - レビューをすべて見る
(トップ500レビュアー)   
Amazonで購入(詳細)
レビュー対象商品: セーフウェア 安全・安心なシステムとソフトウェアを目指して (IT Architects’Archive) (大型本)
 技術者はいろいろな物作り・システム作りに携わっている。その設計・開発の中で絶対に忘れてはいけないものが安全性である。今回の東日本大震災で、安全こそが最も重要な設計課題であることが実証された。本書は、内容紹介にも記載されているように、主としてソフトウエアを含むシステムにおける安全設計について述べられている。ソフトウエアを開発する技術者はもちろん、ソフトウエアの専門家以外でもソフトウエアを含むシステムの複雑さと、それが安全に及ぼす影響を理解しなければ、全体として安全なシステムは作れない。そうした意味では、全ての技術者が読んでおくべき本であるとも言える。技術者以外にも、関連企業の経営者層もこうした本を読んで、リスクについて十分理解した上で、安全にかけるべき経営リソースを判断すべき時代に入っているようにも思う。
 私が中身を紹介するよりも、著者がこの本を貫く考え方を良く表したところがあるので引用したい。「自然災害と技術的な災害を区別することは有益な場合も多いが、完全に区別できるものではない。あらゆる災害は、技術的、生態学的、社会政治学的、そして文化的なシステム同士の複雑な相互作用に影響される。技術的問題や単なる社会問題として単純に扱うことでリスクを制御しようとすれば、失敗するか、あまり効果を見せずに終わる運命にある。これらの問題に対して効果的な解決策を見つけるには、直面するリスクの根本的な要因を理解しなければならない。本書の第1部では、これらの要因や一般的なリスクの問題が抱える様々な側面を明らかにする。第2部から第4部では、システム安全の基盤を検証し、現代社会の特徴を示す複雑なシステム、特にコンピュータを構成要素の1つとしているシステムにおいて、技術的リスクを制御するアプローチを紹介する。」
 翻訳書ではあるが、わかりやすい日本語になっており、膨大なページのある厚い本であるが、それほど苦労せずに読み進めることができる。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ


1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 ヒューマンエラーという言葉を使う前に読んで欲しい, 2011/4/22
Amazonで購入(詳細)
レビュー対象商品: セーフウェア 安全・安心なシステムとソフトウェアを目指して (IT Architects’Archive) (大型本)
本書は、高信頼なシステムを構築するために知っておくべき知識を提供している。
私が面白いと思ったのは、(1)コンピュータによる自動化は安全に寄与しない、(2)ヒューマンエラーの意味の2点である。
 一つ目は、安全性の向上のためでなく効率向上(結果的に安全マージンを削る)ために自動化は使われる、ということである。
 二つ目は、設計時に予想できる手続きに関しては自動化できる、その結果保守員が行う作業は予見できない事象に対する対応となる。緊急事態に予見できない事象に対応するためには、長年の経験で培った勘が頼りとなるが、これにはエラーが伴う。つまり、ヒューマンエラーは不可避なのである。

 本書を読んで自分の知識の引き出しが増えました。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ


7 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 安全に関する基本的な文献, 2009/12/26
By 
kaizen (愛知県) - レビューをすべて見る
(殿堂入りNo1レビュアー)   
レビュー対象商品: セーフウェア 安全・安心なシステムとソフトウェアを目指して (IT Architects’Archive) (大型本)
安全に関する基本的な文献。
softwareが安全にどう貢献できるかを示そうとしている。
原著はかなり前に出ているが、現在でも内容は新鮮である。
過去の失敗を教訓として生かしていないかが分かる。
SAFewareという、Hardware, Softwareとは視点の違う論点を提言しているという点において、貴重な本である。

項目としては、障害分析としてIECの国際規格にもなっている
FTA(Fault tree analysis)
FMEA(failure modes and efects analysis)
なども紹介している。

HAZOP(hazard and operability study)も重要だと思われる。

日本は、過剰品質であるという話があった。
それは、売り方の問題で、作り方の問題ではないかもしれない。

過剰分析という現象を巻き起こすかもしれないが、
その結果をうまく売るこめればよいのではないか。

全体を見渡したRISK管理で対応するとよいかもしれない。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ


有用性の高い順 | 最新のレビューから

この商品

セーフウェア 安全・安心なシステムとソフトウェアを目指して (IT Architects’Archive)
¥ 6,048
一時的に在庫切れ;入荷時期は未定です
カートに入れる ほしい物リストに加える
この商品のカスタマーレビューだけを検索する