Androidアプリストア Amazonファミリー 0616 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 nav_flyout_videogame 家電・生活用品サマーセール ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 梅雨対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.714
5つ星のうち3.7
価格:¥1,620+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

本の内容からすると「オーディオに関する50の常識・非常識」のようなタイトルの方が適切と思う。

Paracusiaさんのレビューとほぼ同様の「アンプ技術については強いが、それ以外は程ほど」という感想を持った。

ユーザーが音質チューニングを行うという意味でのオーディオテクニックについても殆ど触れられていない。オーディオテクニックは、「アンプのNon NFB にこだわらない方が良い」とか「大型スピーカーより小型スピーカーの方がアンプのパワーが必要」あるいは「オーディオ評論家はレビューで否定的なことは書きにくい」といった、どちらかといえば「オーディオ機器購入時の注意点」や「オーディオ業界の裏話」のようなことに重点が置かれている。本のタイトルから想像される内容とは違う可能性が高いので注意。

オーディオケーブルに関しては殆ど書かれていないが、本書の中で「オーディオケーブルは販売のマージンが大きいからメーカーや販売店にとってうまみがある」という趣旨のことが書かれているのは本質をついていると思う。
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月19日
著者は、博士号を持った元NECの本物の技術者。この本では、オーディオ・マニア独特の微妙な迷信を平易な言葉でズバズバと謎解きしてくれている。読んでいて気持ちいい。
実は、私も、小金(?)が入ったら、ケーブルを取り換えて、満足していた人間だ。
しかし、この著者の指摘は、よく考えてみれば、たしかにその通りと納得させられる。文系の評論家やメーカー・販売店に可愛がってもらっている評論家では、こういう解説は書けないだろう。
著者は、この本で、メーカーや販売店を思いっ切り敵に回してしまった感がある。
つまらない圧力に屈しないで、これからも役に立つことを、ズバズバ書いて欲しい!
私のような迷えるオーディオ・マニア(?)は、こういう本当のことを書いた本を待っていた。
0コメント|26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月21日
知っていることもあったし、それは知らなかった目から鱗という事もある。

知らなかった事を知れたのはもちろんプラスだったが、
知ってることが書かれているからといって即マイナス評価でもなかった。
自分の「知ってた」と思っていた事でも、
自分とは違う別の視点から説明されると技術背景のあやふやだった部分の確認とか、
知識の補強になりプラスだった。
(今まで知っていると思っていただけで、実は深くは知らなかったと気づけた)

普通と違うのは、オーディオの本の著者としては珍しいインテルや
IBMなどの設計の出身らしい。
半導体やパソコンみたいなデジタルな業界からオーディオに!?

理論から入ってくれるので、理屈っぽいと思う人もいそうだけど、
理系の人にはすごいわかりやすいと思う。オカルトはなく、すごく科学的だ。
雑誌のオーディオ評論家は絶対話さない、また違った話が聞けたので興味深い。

おもしろいのは、どこにもケーブルを変えてはイケナイと言っていないこと。
ケーブルをいろいろ試すのも楽しいし、セッティングも楽しい、
ここに書いてあることを基礎知識として最低限やった後で、
存分にいろんなケーブルを変えて、オーディオを楽しもうと思う。
0コメント|17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月23日
本書は、オーディオ製作のメーカーを立ち上げた技術者が、自社のホームページで10年にわたって書きためてきたブログ・コラムの一部をまとめたものだそうである。
オーディオ初心者に丁寧に説明する入門書ではなく、書籍タイトルに含まれる"ケーブル"についての議論を掘り下げる本でもない。半分程はオーディオ機器の設計、使用方法に関わる内容である。残りには、コンサートホールの構造と音響の関係などもふくまれ、機械に興味のない人にも楽しめるトピックとなっている。現代のオーディオに関する9分類、合計50個のトピックを取り上げており、オーディオのベテランを自負するような人が陥りがちな錯覚を指摘している。軽快な口調とわかりやすい説明で、ややこしくなりがちな技術論もうまくまとめてある。ブログとコラムを編集したと聞いたが、うなずける読みやすさである。ただし純粋な技術書ではないので、ディープな技術論を期待してはいけない。

オーディオ業界では、メーカー、広告代理店、評論家がわかったようなわからないような文章で新製品を宣伝していて、情報の洪水の中からユーザーにとって本当に必要で正しい技術論を拾い上げることは非常に難しい。最近のオーディオ関連書籍も、メーカーカタログの延長線のような本が多い。本書はそのような一般のオーディオ本とは一線を画する内容である。オーディオ業界で常識とされる諸説に、全く別視点の解釈を提供している所が本書の最大の特徴である。メーカーの宣伝文句を鵜呑みにしている人が読むと、目からウロコが落ちるような体験ができるだろう。
オーディオ業界でありがちな誘導広告は、「新技術Aはすばらしい、Aじゃない技術は劣っている」という2元論で話を単純化したものである。単純化すれば素人にわかりやすくなるが、その代わりに技術の本質を見失っている危険がある。どんな技術もメリットとデメリットがあるので組み合わせることで意味を持ち、単一技術を取り上げて単純比較することには意味がない。直接的な記述はないものの、本書の筆者はシステムトータルでオーディオを語れる数少ない人物とお見受けした。
筆者はアナログオーディオアンプの製作者だけあって、本書にもアナログ回路に関するトピックが多い。現代はエレクトロニクス技術が進歩した分、要素技術が細分化しすぎていて、メーカーでは一人の人が製品回路全体を見渡して最適化設計することができなくなっている。特にアナログ回路は、LSIを買ってきてデータシート通りにつないだり、設計CADに頼ってお茶を濁すエンジニアが多い。残念なことに売上金額の縮小したオーディオ界に、知識と経験を豊富に持つ優秀なアナログ回路設計者を投入できる大メーカーは日本にはない。そのアナログ回路に非常に精通していて、奇特なことにオーディオ設計に精力をそそいでくれる筆者のような人物の存在は貴重である。

本書は、オーディオの話を抜きにしても、音楽鑑賞をする人であれば読み物として楽しめるので是非一読をおすすめしたい。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月26日
著者は技術屋であり経営者でもあるためか、適切なコスト感覚を持っているようだ。
したがって、本書は音楽をリーズナブルに良い音で楽しみたい人向け。
とにかくカネをつぎ込んで物量で満足したい人や効果がどの程度かを度外視しとにかくなんでも試したい人は読まないほうがいい。
辛辣な表現が随所に見られるものの、それらは全て技術的な根拠に基づいたコメント。
これを読んで今後のオーディオライフの足しにするか、「くだらんっ」と言って打ち捨てるかは読者次第。
あと、レゾナンスチップについて触れてないところに良心を感じた。
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月14日
 世の中には、主観的な評価はいろいろ出ていますが、良く解らない場合が多いと思います。
この書籍を読めば怪しい甘言は避けられるようになり、魑魅魍魎の跋扈を安心して無視できる様になるとおもいます。
 より定量的、客観的に音を扱う事を望む人に、お薦めです。
0コメント|7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月21日
オーディオ技術を理解した上で良い音で音楽を楽しみたい人への教科書ですね。
題名を見て、薀蓄を増やしたいと購入したマニアは不満足かも?出版社が秀和システムなので、オーディオの背景技術を学びたい人を対象としているように思えます。
一部のメーカーや販売店には、ウザいと思われてしまうのでは?ですが、プライベートブランドのオーナーなんてソレぐらいが良いのでは。。。
教科書的コラムと、小話コラム、のメリハリがないのが少し残念。
0コメント|12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月20日
妻がオーディオを始めたのと、目次を見て面白そうなので購入しました。専門的に書かれていて理解できない内容もありますが、「今度試して見ようかな」と言うことも多々あるようです。私はオーディオ以外の世界にあてはまりそうな話があったのが結構面白く、言われていることは鵜呑みにせず実際のデータを重視する姿勢は全ての基本だと思います。
0コメント|9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月2日
言っている事は正しいです。ケーブルを変えて音が変わるなんてオカルトですから。
高級アンプ内部やスピーカー内部の配線を見れば、普通の安いビニールコードが使われてるし
電源も送電ラインから供給されているし、オーディオ帯域のケーブルによる音質劣化は科学的に
証明されていない。
ただアナログレコードの音質も一利あるとか言っている点は、いまいち納得いかなかった。
現実にノイズが聞こえるほどS/N悪いじゃない。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
この本を読んだ感想を申し上げますと、50のオーディオテクニックとして、分かりやすくて、買ってよかったと感じる次第であります。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告