Androidアプリストア Amazonファミリー AmazonPrimeポイント Cloud Drive Photos 2016_schedulebook  Amazon MasterCard nav_flyout_biss ギターエフェクター AmazonBasics_campaign 靴&バッグの秋冬アイテム新着入荷 Fire HD 6 Fire HD 7 Fire HDX 8.9 ヤスイイね ドラッグストア大感謝祭 暑さ・節電対策ストア Kindle Amazon MP3 キャンプ初心者ストア プライム・ビデオ 9月スタート

カスタマーレビュー

21
5つ星のうち4.1
オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン
形式: 単行本変更
価格:¥5,184+Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

19人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
2009年11月25日
パターンブームを起こした最初の書籍で内容的にはもちろん良い。しかし、翻訳にやや難がある。日本語文章に意味が不明瞭となっている部分が散見される。
翻訳は決して簡単な作業ではないので翻訳者たちを責めることはできないが、読者は少し注意した上で購入したほうが良いだろう。
0コメントこのレビューは参考になりましたか?はいいいえフィードバックを送信中...
フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
31人中、28人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
2002年9月6日
この本はデザインパターンのバイブルとして名高く、ソフトウェア技術者は一度は目を通すべき本でしょう。
しかし、読みやすくは有りません。例や参照している文献はいかにも研究者向けの難解なものが多いし、本題とは関係のないところで躓くことも多いです。それでも辛抱して読む価値はあります。判りやすさを優先した本は他にあるのですが、この本のようなパターンの「深い」情報を提供してくれる本が他にないからです。
原著が出版されて7年、主流の言語も移り変わり、OOPの図の表記もOMTからUMLに変わりました。そろそろ、深さのレベルを保ったままより判りやすく改訂した第2版がでれば良いなと思います。
0コメントこのレビューは参考になりましたか?はいいいえフィードバックを送信中...
フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
33人中、29人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
VINEメンバー2002年11月30日
デザインパターンを世に知らしめるキッカケになった本。誰もが名著だと認める一方で、説明の仕方が難解だとか、具体例が適切でないとかGUI関連のものに偏っているなどとも言われます。特に「デザインの再利用」という視点が強調されているため、説明がやや抽象的に進む感はあります。しかし、世の中のパターン絡みの本はほとんどすべて本書をベースに記述されていますから、本家本元にチャレンジする価値は高いのでは。最初の部分を除けば、基本的にパターンのカタログなので、本書を最初から順番に読み進める必要は一切ありません。最初に書かれているFactory絡みのパターンを理解するのに違和感があったら、もっと後に書かれているObserver、Command、State、Mediatorといったあたりへ飛んで読み進めるとより楽に読ませると思います。
0コメントこのレビューは参考になりましたか?はいいいえフィードバックを送信中...
フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
22人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
VINEメンバー2005年9月27日
確かにこの本は予備知識なしに読むのは難しいですね。
まず、"デザインパターン"とは何かということを、そしてその記述の仕方(パターン名、問題、解決、結果)を第1章で説明されていますが、事前に知っておいたほうが読みやすいと思います。
第2章ではLexiというTexに似たドキュメントエディタのなかにどんなデザインパターンが使われているか書かれています。個人的にもデザインパターンを説明するにはテキストエディタや描画エディタが最適だと思い、2章も押さえておくと以降も理解しやすいです。
第3章以降でやっとそれぞれ(生成、構造、振る舞い)のデザインパターンが紹介されています。"生成"、"構造"、"振る舞い"というのが何を意味しているのか初めはよくわかりませんでしたが、各パターンを見ていくうちにこの区別の仕方が理解できます。
ただし各章を順番どおりに読んでいくのではなく、後へ先へページを何度もめくっていく中で理解していくことができるでしょう。
「デザインパターン」を学ぶ上で、結城浩氏の「Java言語で学ぶデザインパターン入門」やW.J. ブラウンの「アンチパターン―ソフトウェア危篤患者の救出」もお勧めです。
0コメントこのレビューは参考になりましたか?はいいいえフィードバックを送信中...
フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
3人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
2013年3月2日
内容は良いですが、
何を書いてあるのか不明瞭なところと、誤訳が残っているところがあるように思います。
原文らしきものが以下にあるので、意味不明な箇所は、
確認しながら読むのをお勧めします。
[...]
0コメントこのレビューは参考になりましたか?はいいいえフィードバックを送信中...
フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
22人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
2007年4月28日
開発にオブジェクト指向言語を使用する大きな利点の一つはクラス(階層)の再利用性であるが、現実にはそのようにクラス設計をする事は難しい。本書は再利用性を念頭に置いてクラス設計の手法(デザインパターンと呼ぶ)を経験に基づいて体系化した名著である。Javaをご存知の方は、Javaの各クラス・ライブラリ階層が本書のデザインパターンと酷似している事にお気付きであろう。

本書ではデザインパターンを大きく次の三つに分けている。

(1) 具象クラスを生成するための抽象(インタフェース)パターン

(2) 構造に関するパターン

(3) 振舞いに関するパターン

例えば、(3)で説明されるIteratorパターンはJavaでその名前のまま出て来る。また、(1)で説明されるFactoryパターンが(呼称はともかく)恐らく一番ポピュラーな手法で、具象クラス群の生成を念頭に置きながら、特定の具象クラスに依存しない真に共通な要素を抽象的に定義するパターンである。

本書の内容は学術的に導いたものではなく、経験則に基づいたものだけに実践的である。それでいて、体系的に美しい。機能的に優れたものはデザインも美しいという見本のようである。本デザインパターンの考察にあたっては、建築学を参考にしたというのも面白い。本書を順に全て読む事は容易ではないが、本書の内容を身に付ける事で具象化や継承によるクラスの再利用性が格段に向上する事請け合いである。オブジェクト指向言語を使用してプログラミングをする方にとっては必読と言って良い名著。
0コメントこのレビューは参考になりましたか?はいいいえフィードバックを送信中...
フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
22人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
2004年7月14日
デザインパターンと言えばこの本です。
デザインパターンの全てが書かれており、この本を完璧に理解できれば他のデザインパターンの本などいりません。
しかし、大抵の人はこの本は難しいと感じると思います。(もちろん私もそうでした・・・)
文章では懇切丁寧に書いてますが、あまりにもたくさんのことが書かれていて、その中でどれがこのパターンの要点なのか見えにくいです。
サンプルも理解するためだけにしてはやや難しいと思われます。
初めてデザインパターンを学ぼうとする人は、まずはより簡単に書かれている本で勉強することをお勧めします。
しかし、デザインパターンについて一番詳細に書かれているのはこの本です。
実際にコードを書きながら、何回も繰り返し読むことをお勧めします。
0コメントこのレビューは参考になりましたか?はいいいえフィードバックを送信中...
フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
6人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
2012年12月15日
デザインパターンに関する本の中でも最も基本となる本。ただし中身はパターンを羅列したリファレンス的なものであり、デザインパターンを学ぶための最初の一冊として読むのは辛い。そもそも何故デザインパターンを使うのか、実アプリの中でどのように使うのか、といった部分をこの本から読み取るには、かなり読み込まなければならない。そのためこの本とは別に、「デザインパターンとともに学ぶオブジェクト指向のこころ」「パターンハッチング」などの、デザインパターンの概念について説明した本や実践的な本なども読むのが良いと思われる。
0コメントこのレビューは参考になりましたか?はいいいえフィードバックを送信中...
フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
21人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
2001年11月30日
すべてC++ベースで論じてあり、Javaに関してはC++から変換したJavaコードしかない、よってJava特有の実装上の考慮点は自分で気づかなくてはならない。これは本書の責任ではなく、GoF95も6年の歳月による経年劣化ともいえる。UML表記も然りで、UML1.1以前の表記なので、多少本書のクラス図の書き方に目を慣らす必要がある。だが基本的教科書として、今なお、必須の書だろう。
0コメントこのレビューは参考になりましたか?はいいいえフィードバックを送信中...
フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
12人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
2005年9月18日
デザインパターンのバイブルとして有名な本です。
前半では、後半で説明する各種のデザインパターンを使って、具体的にエディタアプリケーションの設計を説明しています。初心者が前半部分から読むとかなり眠くなると思います。
後半では、23のデザインパターンについて個別に解説されています。使用用途や保守の際の注意点、メリット・デメリットなど。各デザインパターンについて詳細な分析がなされています。
ただ、具体例に使用している言語が、C++やSmallTalkであるため、両方の言語を知らないとわかりにくかったりします。個人的にはC++版・SmallTalk版に分けてほしいような。
解説が難解なので、他の良書から入ることをお勧めします。結城浩氏の「Java言語で学ぶデザインパターン入門」です。サンプルコードがJavaなのでC++に即適用ができない部分もありますが、デザインパターンの概念はこっちのほうがわかりやすいです。こっちを読むにはJavaの知識は必須です。
0コメントこのレビューは参考になりましたか?はいいいえフィードバックを送信中...
フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
     
 
この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています


オブジェクト指向のこころ (SOFTWARE PATTERNS SERIES)
オブジェクト指向のこころ (SOFTWARE PATTERNS SERIES) 作者 アラン・シャロウェイ (単行本(ソフトカバー) - 2014/3/11)
¥ 4,104