Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike DVD Blu-ray Bargain 2015summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.88
5つ星のうち4.8
星5つ
6
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
価格:¥2,268+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料

お客様の評価(クリア)この商品を評価する
他のお客様にも意見を伝えましょう

レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2014年2月4日
Typ240メインのムック本ですが、現行のM-EやM・モノクロームの作例も豊富です。
M8を所有しておりますが、M-Eの作例が素晴らしかったので、M-Eの購入を決定しちゃいました。
レンズ22本のレポートも圧巻。買って損の無い一冊だと思います。
0コメント|11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年2月1日
ライカに興味を持ってる人には危ない本だ。パラパラめくっているとかなり物欲が刺激される。酔って気が大きくなっている時は、読まない方がいいと思う。全部合計すると数百万円の現行ライカMレンズ、22本すべてをデータ・実写付きで解説しているのがゴージャスで良かった。

最後の方に、新品ライカにダウンロード権が付いてくるLightroomとSilver Efex Pro2(SEP2)の使い方解説ある。とくにSEP2の記事が個人的には有益だった。仕上げ作業で押さえるべきポイントが簡潔にまとまっている。
0コメント|16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年2月10日
MとM9の作例があります。
特にM9の作例がすばらしく、この本を読んだ方はM9が欲しくなるのではないかと思います。
かく言う私も、M9Pを所有しており、Mへの憧れがありましたがまだまだ自分の技量の無さによるものだと思いとどまり
M9Pにて精進をしようと踏みとどまりました。
また、現行レンズの作例(特にM9によるもの)もすばらしくさらなるレンズ沼にはまりそうでかなり危険な本だと言えます。
特にMとM9にて迷われている方にはお勧めです。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月4日
フィルムカメラの時代から、一眼レフを使用していました。
デジタル化以降は5D、5DⅢ、NEX-5、同7等を用途に分け使用しています。
亡父の影響からか、近年、LEICAMの購入を検討していました。
カタログでは分からない様々な情報により、M購入決断の一つとなりました。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年4月29日
発行時期からしてLeicaデジタルM-Eまでの解説しかありませんが、それでも十分な内容だと思います。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2014年6月26日
最近は、「本は、本屋で立ち読みしてから買うかどうか判断する」というルールは、すっかりご無沙汰してしまい、ネット上で各ショップの本の説明(ほとんど同じなんですけれども)や、アマゾンさんの「なか見!検索」を参考にしたりして、本の類もすっかりネット買いするようになりました。

この本には、「なか見!検索」がありませんでしたが、表紙に書かれた「ウルライカ100周年記念・完全保存版」。タイトルは「デジタルM型ライカブック」。この手のムック本はついつい買ってしまいます。

内容、構成、各部の突っ込み具合はオーソドックスだと思います。「デジタルM型ライカブック」と称しながら、扱っているのは、LEICA M(Typ240)が中心です。LEICA M-E、LEICA M Monochromの選択肢もサジェストしています。
適度な余白、全体に見やすいレイアウト、派手ではないけれども文章とともに納得してしまう作例、作例以外のコマーシャルフォトの類も見ていて楽しく、買って損したという気分はありません。むしろ買って良かったという思いが強いです。

中ほどに、現行Mレンズのガイドがあり、この種のガイド自体はライカ本の類書にも良く載っていますが、そのレンズの説明、作例には感じるところが多かったです。
僕が持っているのはデジタルM型のLEICA M8.2とSUMMARIT-M f2,5/35mm。ズマリットの説明は上記のレンズ・ガイドにありますが、M8.2に関してはこの本にはほとんど記載はありません。
ただ、LEICA Mのヒストリーの中でのデジタル・ライカに関して、再度、認識を新たにさせてくれる本でした。ついでに言ってしまえば、アクセサリーに至るまでジュエリーなみに高価なライカのカメラ・システムも再度、認識を新たにしましたけれど。

デジタルM型ライカに興味のある方にはおすすめできる本だと思います。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月13日
ライカM6、M8.2と持ってましたが。向後の新規購入は検討中。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年8月29日
良品の本が早くついて感謝してます
内容の状態が悪いかと不安でしたが
その心配は全くありませんでした
これからもよろしくお願いします
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告