Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard 2016 Suzuka 8tai Road race nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Amazon MP3 マリン・ビーチストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
7
5つ星のうち4.0
星5つ
4
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
2
星1つ
0
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年8月31日
クラシック音楽から今風の新しい音楽まで、音楽の成り立ちについて明晰に解説している。ハ長調から始まる調性の特徴のとらえ方を解説し、例えば五線譜にフラット「b」が同じように三個つくベートーヴェンの交響曲第五番「ハ短調」や第三番「変ホ長調」英雄を聴いたときの感慨の基礎となる音楽理論などについて優しくかつ今風に解説しています。作曲家や音楽大学の楽理科の学生にとっては常識で、ピアノ科の学生に教えるときの参考になり、学生も楽々と理解出来る内容です。吉松さんの切れがよく無駄がない解説が効をを奏していて、素人でもおおよそ受け止められる内容になっています。音楽を聴くヒトばかりでなく、演奏するヒト、収録するヒト、教えるヒトなど幅広い読者にこの内容を知って戴きたいと思います。

もう少し音楽を、音そのものの方向へ拡張して、その基本まで知りたい音楽大学関係者、楽器製作者、収録やパブリックアドレス等の音響関係者、オーディオ通のかた、等のためには芥川也寸志(あくたがわ やすし、1925年7月12日 - 1989年1月31日)著「音楽の基礎」岩波新書1971/8/31、ISBN-13: 978-4004140573をおすすめします。こちらも音楽大学の教科書を越えた名著といえましょう。芥川也寸志は作曲家・指揮者で、文豪・芥川龍之介の三男です。
0コメント| 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年7月23日
これこらこの本を読んでみようという人たちをバカにしているように聞こえたらすまないので、「初心者にはこういう本でも役に立つだろう」式に言い方は慎むことにします。私自身、どれほどのことを知っているのかと言われれば、まだまだですから。
けれども、今の時代に一流の作曲家が書いたにしては、お粗末な記述があるので、これから本書をお読みになる方のためにも、指摘させていただきます。
1)洞窟で暮らす原始人が豊漁や農作物の豊作を祈って歌を歌った、という意味の文章がありますが、狩猟や漁労に頼って生活した初期の人類には農業はありませんでした。『西洋人は狩猟民族、東洋人は農耕民族」などというトンデモないことを言う人たちと同じレベルの間違いは困ります。
2)その原始人がドミソだと調和することを発見したとあるのは、今どきの作曲家にあるまじき視野の狭い発言です。元来、協和音程というのは、5度と8度だけだったのです。吉松さんも芸大で厳格対位法というのを履修なさったと思いますが、厳格対位法で今なお、3度が不協和音とされ、5度か8度に解決しなければならないのは、そのためです。また、世界を広く見渡しても、5度と8度は、多くの民族の音楽で使われる音程です。他方、ピグミーの即興コーラスのように、西洋近代の和声感覚と同様な感覚をもつ民族音楽もあります。
3)3和音というのは、14世紀に英国から欧州大陸部に伝播したもので、それまでは、上記のように、3度音程は不協和音でした。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月26日
それぞれに調性の感じ方は違うと思いますが、具体的な曲目や楽器の特性にも触れているところが面白いです。
0コメント| 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月22日
1.内容
レビュアーは最近歌うことに凝っているが、カラオケでは異性の曲はキー(調性)を変えたほうがいいらしい(レビュアーは男性だが、女性の歌を原曲にすると低い音が響かないと感じた。もっとも、どのように変えるかは諸説ある)。それが理由で調性に興味を持ったが、調性とはどんなものか、時代によってどんな調性が選ばれたか、(クラシックの)作曲家は調性をどう決めるか、音楽の歴史、等が書かれて居る。最終章は、調性の傾向と、使われているクラシック曲の紹介。

2.評価
レビュアーは全てを理解してはいないが(読み飛ばしたところもある)、調性を決める実際や調性の特徴が書かれているのが有益だった。ポップスの話になるが、美空ひばりが五輪真弓の「恋人よ」をカヴァーしたのをTVでみたことがある。そのとき、「川の流れのように」のように高音を使える美空が五輪より低いキーで歌っていた。美空ならびにスタッフはおそらくどの調整があっているかを考えたものと思われる。このように、調性を決めることは、音楽の方向性を決めるものだということが本書でわかった(つもりになった)ので、星5つ。

3.注意
敬称略。本書の相当部分は、レビュアーが書いたようなポップスの話ではなく、クラシックの話である。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年2月17日
作曲家は作曲する際に、調にこだわりがあるのか?あるとすればどうしてその調を選んだのか?
など納得の本です。
0コメント| 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月21日
今まで、抱いてきた調性に関する疑問をかなり拭い去ってくれた。 あとは自分で色々経験を通して実感することかな。
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月17日
変ト長調の名曲は、相も変わらず「ねこふんじゃった」を紹介しています。
ドビュッシーの「亜麻色の髪の乙女」、ドボルザークの「ユーモレスク 第七番」。どちらも有名な曲で、どちらも変ト長調なんですけど、あっさりスルーしてますね。
筆者の底が知れます。
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告