Amazonファミリー 0616 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 nav_flyout_videogame 家電・生活用品サマーセール ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 梅雨対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.245
5つ星のうち4.2
形式: 単行本|変更
価格:¥2,052+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2014年1月25日
「初心者向け・誰にでもできる作曲本」とうたう、いくつもの本に裏切られてきた私が、初めて「音楽」を理解できた(と思いこめた)一冊です。
基本的には本ではなく、添付のDVDを「聴いて」耳で学べるので、わかりやすく、また藤巻先生の独特の解釈をユーモアあふれる言葉で
説明してくださっていて、とても理解しやすかったです。
ただし、内容に少し踏み込んだ部分もありますので、「三和音(トライアド)」、「テンション」、あと、少しでいいので「楽譜が読めること」位は
基礎知識として持っておくと、より理解がしやすいかと思います。
「ダメという言葉は一切使わない、できるから大丈夫!」と言う、優しさにあふれたこの本に出会えた私は、音楽を通じて「幸せな出会い」をすることのできた、ハッピーな人間の一人なのかもしれません。
0コメント|16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年7月3日
趣味でDTMをしてます。今までコード関係の本を買い漁りましたが、文句なくこの本が最強です。
コード理論と作編曲の実践をマスターするなら、まずはこの本から!

豊富な譜例と、打ち込みによるリアルな演奏、それに著者による講義と、三位一体の盛りだくさんな内容です。
紙面での説明はシンプルながら、ポイントが明確で非常にわかりやすいです。
藤巻先生の講義は単なる原稿棒読みではなく、キーボードを弾きながらのライブな講義で、楽しく勉強できます。
94ページと比較的薄いですが、実際に使える、オシャレなコード進行が満載!
しかも演奏で使われているソフトシンセの種類まで種明かししてくれるサービス付き。
極めてコストパフォーマンスの高い本で、巡り会えて本当に良かったです。

本書のおかげで、他書では理解できなかったコード進行の謎が氷解しました。
リハーモナイズから、スコアリーディングまで、即戦力になる知識が得られます。

続編が今から待ち遠しい限り。
0コメント|72人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト1000レビュアー2014年3月24日
『DTM Magazine』の人気講座を、書籍としてまとめた一冊。
「ドレミファソラシド」から入っていくので、割と気軽に読み、聴き、内容についていく事が出来る(鍵盤があるとベ
スト)。この本について「藤巻メソッドというのが何を指すのか分かりにくい」という意見もあるようだが、内容は懇
切丁寧、藤巻メソッドなるものの内実が分からなくとも、本書をキッチリと勉強していけば、作曲の力はついてくる。

一方で、ある地点から話がグッと難しくなってきて、脱落してしてしまうという声も耳にする。
そういう人の為に、前知識として、同じ著者の『聴くだけ楽典入門』が役に立つかもしれない。少なくとも、『聴くだ
け楽典入門』は更に基本の部分から説明をしてくれるし、調号などに対する恐怖心が無くなるからだ。

この本で、地味に良いな、と思ったのが、様々なコードの解説やコードワークで用いられる「ボイシング」(コードの
押さえ方)である。
かなりカッコ良いボイシングで、コードの流れに身を委ねるだけでも心地良い、そんなハーモニー感覚が味わえ
るのではないだろうか。
この手の多くの「作曲法」書籍の大きな不満は、個人的にはボイシングだった。例示されるボイシングがカッコよ
く聞こえないものだと、付属CDなどを聴いても、どうにも垢抜け無さ、泥臭さを感じてしまったわけだ。

しかし、本書に示されるコードに使われる、ボイシングはかなり良いもので、綺麗な響きを保っている。
もう、それだけで個人的には大満足だったりする。同じ曲であっても、そのボイシングの違いだけで見違えるほ
ど洗練されて聞こえる事もあるからだ。

確かに、ある地点から一定以上の内容に踏み込んでいく事は認める。
が、しかし、それでもなお、本書が素晴らしい本である事疑いの余地はない。『聴くだけ楽典入門』を購入した人
は、是非、本書にステップアップしていって欲しい。そして、更に『コード編曲法』などへレベルアップしていくと
いいと思われる。
0コメント|10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年8月16日
DTM歴は長いのですが我流に限界を感じ、本書を購入しました。
文章と音声解説と実際の音、そして手元に用意したキーボードによって理論的な側面と、音を出すこと聴くことによる感覚的な側面から理論的な下地を付けていくことができます。
私の場合はドレミよりCDEなどで見たほうが分かりやすいのでmidiデータが収録されている部分についてはmidiデータで確認や音出しもして鍵盤的配置関係も知るために実際に弾いてみたりしています。
ページ数は少ないほうかもしれませんが、内容は比較的濃く音声解説もスピーディに進んでいくので内容がぎゅっと詰まっています。
理論を投げ出してしまっていて、尚且つ作曲に行き詰っている方は一冊蔵書に加えてみてはいかがでしょうか。
私もそうでしたが最初の方も理解できない方はとにかくゆっくり繰り返して考えればちょっとずつわかるようになるのではないかと思います。
今はまだまだこれからという部分を読んでいるのでしばらくは学習に力を入れたいところですが、早く理論づけた作曲をしたくてうずうずさせてくれます。
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年12月27日
現在中盤までしっかり読み、後半は流し読み程度です。

コード「作曲法」とありますが、作曲、つまりメロディメイクについての内容ではありません。
「AメロBメロはこう展開して、サビは・・」というようなメロディメイクに関することはほとんど出てきません。
その辺のことを知りたい方には方向の違う本に思えました。

内容としてはコードアレンジについて学ぶ本、リハーモナイズについて学ぶ本と考えた方が良いかと思います。
どちらかというとアレンジ向け(同著者のアレンジの本もあるようですが)の本です。

他の方も書いているように、とりあえずかじった程度でも9th、11th、13thのテンションについてや、ドミナントモーションについてを知識としてないと全然ついていけない内容です。
めくって数ページでもうテンションについて解説が入り、マイナー系のテンションについて、裏コード、セカンダリードミナントとたたみ掛けるように解説が進んでいきます。(音声に関しても音楽を聴きながらの解説で、解説を聴いているとコードがおざなりに、コードを聴いていると解説がおざなりにという感じで、えっ?えっ?良く理解出来る前にどんどん進んで行きます。そういう色々な意味で展開が速いです)

コードの解説については常にテンションが入りますので、POPS的な分かりやすいコードを学ぶというよりはオシャレなアーティスト系、ジャズ系のコードの匂いがします。

コードについての本ではあるのですが、かといってサブドミナント、ドミナントの進行で詳しい解説をするというわけではなく・・・
作曲方法や、コードについて詳しくなりたくて読み始めましたが、「自分は何をしたかったんだっけ?」と迷う結果となりました。

テンションの勉強を始めた方、リハーモナイズが必要な方には良い本であるとは思います。
難しい本であるので、逆に読み切ったときはコードに理解が相当深くなるのでは、という印象も持っています。

追記2013/12/30
著者の方よりコメントがあり
1 聴くだけ楽典入門
2 聴くだけ音感入門
3 コード作曲法
4 コード編曲法
の順番に読むことにより理解がしやすいとのことです。
0コメント|19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年10月20日
小中学校の縦笛くらいの楽器経験しかない初心者の私にでも、
分かりやすくとても楽しく勉強できる良書&音声講座&その他付録。
付録は音声講座以外にもMIDI等、遊べる素材が満載である。

初心者の方は、英会話の講座のように繰り返し聴くことで
解説や演奏を聴く「余裕」が必ず生まれてくるので、
それを信じてあきらめず、繰り返し頑張ってみてほしい。
(1講座を繰り返し聴くのもいいが、全体を何度も繰り返すのがお勧め)

特徴である「音声講座」は他の本の付録によく見られる、
「単なるいい音データ」とは別次元である。
例えば実際に鍵盤を弾きながら
「音の流れの気持ちよさ」や「音の濁り」を
ピンポイントで説明してくれる点は、
初心者には非常にありがたいものだと思う。

講座内ではたまに意表をついて「小ネタ(笑)」を挟むなど
「人間くささ」が出ている面もあり、
「初心者の感じる壁」を何となく低く感じさせてくれる点でも、
配慮の行き届いた、好感が持てる教材と言える。
0コメント|34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年1月6日
「コード作曲法」「コード編曲法」購入しました。
タイトルを鵜呑みにすると戸惑います。
何故なら結構被っている内容が占めているからです。
「編曲法」で編曲的なリハーモナイズについて言及してありますが、
「作曲法」でも同様の内容に頁を割いています。
しかし、そもそも「作曲法」と「編曲法」を別々のパーツに分類しても
そこまで意味はないのかもしれません。それを気付かせてくれました。
「コード作曲法」はとても編曲法を意識していますし、
「コード編曲法」はとても作曲法を意識しています。
同じとは言えませんけれども、似ている内容だと思いました。
0コメント|21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年1月22日
作曲法の本はひとつ読んだらそれでオッケーというものではなく、いろんな本を読んではそのエッセンスを
学んでいくものだと思います。そういう意味ではこの本も、わかりやすく作曲法を解説した良い教則本だと
いうことができます。ただ、他の方もおっしゃっているようにコード中心になってます。「コード作曲法」
なので当然と言えば当然ですが。

ところでこの本の特徴として、付属DVDでご本人が本と同じ内容を解説していますので、それをポータブル
オーディオなどに入れて通勤通学しながら聞いたりすることができる良さがあります。これはとても良い
ことで活用できるのですが、解説や演奏が少し速過ぎるところがあります。内容が分かりやすいものであって
も、間を置かずさっさと次に行ってしまうので、ちょっと置いていかれる感じがします。分かる人ならあの
速さでも分かると思いますが、学んでいるわけですから、分からない人が聞くものですからね。そこに少し
配慮が欲しかったと思います。

あと、本のつくりもおよそB5サイズなのですが、活字や音符が少し小さすぎると思います。また本を開いた
ままにしにくいですね。

内容がとても良いので購入するには良い教則本です。しかし、読みやすさ、聞きやすさにあと一歩配慮が
欲しかったという結論になります。
0コメント|7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年12月27日
内容が難しいと書かれている方がたくさんいますが、確実にわかるように書かれています。
難しい部分は確かにありますがそこを自分は何十回も聞きました。
すると自分の中にするっと入ってくるときがあります。なるほど!こういうことだったのか!と。
前後の話をしっかり聞いて覚えておけばわかるはずなので、初心者にはできないと書かれているレビューは少し違うかなと思います。

自分の音楽が全く分からず楽典のがの字もわからない時にこの本に出会いましたが、高校生の自分でも理解できています。
そしてこの本のおかげで曲のつくり方、簡単な分析ができるようになりました。

同じ著者の、聞くだけ楽典入門を読んでからこの本を読めばさらにこの本が飲み込みやすくなるかとは思いますが、やはりこの本だけでも理解できます。

声の解説なので、電車でも聞ける。読むのが面倒でも大丈夫、これほどすばらしい本はないのではないかなと思っています。
内容はほかのレビューで書かれているので割愛しますが、本当にすばらしいです。
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年5月19日
「コード作曲法」という名の通り、コード進行をまず作りそれからメロディを作る、
という作曲法を解説した本です。
といっても、メロディの作り方の記述はほとんどありません。
コード理論を解説した本としては非常に良い本だと思います。
DVDにはMP3ファイルが収録されており、本文の内容が音声と実例で解説されています。
DVDだからといって映像は収録されていませんのでご注意を。
もし、「〜メソッド」というタイトルから、コード進行とメロディの作り方について
何か特別すごい方法が紹介されていると思われる方がいらっしゃいましたら、
そういう本ではたぶんありませんw
あくまでオーソドックスなコード理論を中級者向けにわかりやすく解説した本です。
そういう目的で買われるのでしたら、素晴らしい良書だと思います。
0コメント|19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告