Androidアプリストア Amazon_meets_LAST 新着、新規の自己啓発 Cloud Drive Photos SOS0501 Amazon MasterCard Spring_Bike nav_flyout_videogame ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 母の日2016ギフト・プレゼント特集 おすすめ韓国コスメ 園芸・エクステリア・DIY 特集 Kindle Amazon MP3 キャンプ初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.010
5つ星のうち4.0
星5つ
4
星4つ
2
星3つ
4
星2つ
0
星1つ
0
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

囲碁・将棋の名棋士の著した"人生哲学本"は好んで読んでいます(※)。どの棋士も違った人生を送っているので違った表現にはなりますが、"充実した人生を送るための心構え"というものは極めて普遍的だなぁと気付かされます。そしてそれは勝負師の世界だけでなく他の分野(ビジネス、科学、...)でも十分通用する話だと思います。
本書からも、面白い人生法則を今までとは違った切り口で学ぶことが出来ました。小学校時代に「ほぼオール1」で劣等感の塊だった著者が、如何にして囲碁界のトップ棋士に登りつめるに至ったか、その波瀾万丈の半生を振り返りながら、その過程で体得した"人生観"が分かり易く書かれています。特に、大局観を磨き 勝ち続けるための「八つのK(感動、繰り返し、根本から考える、工夫を加える、感謝、健康、根気、虚仮(こけ)の一念)」は、けだし名言です。考えるプロならば、この言葉通りの人生を送っている筈です。ただ「勉強している」と思っているうちは本物ではなく、「感動に出逢っている」「心に沁みる」というレベルまで到達して本物、という訳です。また「碁には答えというものが用意されていない。(中略) しかし、答えのないものを考え続ける習慣が人間を強くする」という言葉は、人生や社会でも同じことが言えますね。他にも色々と面白い言葉が見つかりますので、探してみて下さい。私は著者の人生を変えた中村天風氏の著作にも当たってみようと思いました。

(※)「人間における勝負の研究」「人生一手の違い」「運を育てる」(米長邦雄)、「決断力」「簡単に、単純に考える」(羽生善治)、「人生、意気に感ず」(藤沢秀行)、「勉強の仕方−頭がよくなる秘密」(米長・羽生)、「戦いはこれからだ」(米長・藤沢)
0コメント|15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
一読、面白かった。

頭が良くて、世間知らずで、性格が素直。
そんな著者が自分の過去を誠実に告白した本。
青年期の一時期、ギャンブルと女におぼれて破滅しそうになった話も
赤裸々に書かれていて、その誠実さには好感が持てる。

もちろん、碁が強くなるにはどうすればいいのかも書かれているけど
前面に出てくるのは、「人間 依田紀基」。

タイトルがちょっとミスマッチだったかなと言う気もするが、
売るために編集者が考えるタイトルなんだろうからしょうがないかも。

タイトルにダマされた人は、評価が低くなるかもしれない。
依田の碁に興味がある人なら、無条件に面白い本。ただしタイトルは無視で。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2008年7月13日
囲碁棋士の中でも「大局観に優れている」、「世界棋戦に強い」と世評の高い依田が自身の子供の頃からの経験も含め、プロ棋士の思考法を綴ったもの。子供の頃学校の成績が振るわなかった事や、賭博や酒で身を持ち崩しかけた事などが赤裸々に書かれている点が特徴。

依田は「心」を大切にしているようである(高い技術が前提)。小学生時のコンプレックスを「虚仮の一念」を持ち続ける事で払拭して一流プロになり、賭博などで沈んだ時は、それをバネにし更に勉強して跳ね返す。「私が分からない局面は、相手も分からない」と言う悟りも面白い。全編に渡って精神面を強調している訳だが、依田の若い頃の生活の荒れ方は有名で(本書で触れられない面もある程)余りにもキレイ毎を綴っている気がする。そして何よりガッカリしたのは「プロ棋士の思考術」と題名にあるのに、囲碁の本質に迫る記述がない点である。依田(を含む一般棋士)は対戦相手と闘い、将棋の羽生は将棋そのものと闘っている印象を従前から受けている。これを覆す記述はなかった。また、NECの元会長関本氏などを引き合いに出し、囲碁とビジネスの関係について盛んに言及しているが、ビジネスマンなら常識程度の話なので、焦点を囲碁に絞るべきだったろう。

一番興味深かったのは、韓国・中国棋士との対戦模様と感想だが、最後に申し訳程度に出て来るので、「世界棋戦に強い」依田としてはこの部分にもっと頁数を割くべきだったろう。一番最後に"いじめ問題"にも触れているが、本書に期待する話題ではない。

題名通りの「プロ棋士の思考術」を徹底的に突き詰めて書いて欲しかったと思う。
0コメント|6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2010年3月4日
 その昔、囲碁雑誌にこんな記事があった。小学生の時、碁の腕に自信のある先生から、碁を教えてあげようという提案を受け、井目を置いて”指導”を受けたそうである。彼はすでにアマ高段者の腕前であったが、先生相手に黙々と打ち続け、白をことごとく殺したそうである。通常なら一言、どのくらい打つか伝えるのが礼儀かもしれないが、彼は全く伝えなかった。黙々と打ち続ける罪はお互い様かもしれないが。
 プロになった後の彼の戦績はすごい。勝率もすばらしい。依田紀基は強い!そうファンに思わせた。いつかビッグタイトルをとるだろう。そんな期待をうけ、次々とタイトルを取り、その予想を現実にしていった。
 本書では彼の半生が書かれているが、かなりギャンブル好きのようである。故藤沢秀行名誉棋聖はその破天荒な人生で知られるが、ことギャンブルにかけては負けてはいない。彼はバカラ、バックギャモンなどに賞金の大半をかけ続けていた。
「プロ棋士の思考術」とは、プロデューサーからの「売れる本」にするための与えられた標題に過ぎず、そんなことをまじめに語る気はことさらなく、依田九段は自分の書きたいことを書いたようだ。
 こと碁にかけてはすばらしい才能の持ち主だが、それは碁が自分の好きな「ゲーム」のひとつであるからだ という結論が見えて、少し彼への見方が変わった一冊である。
 
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年2月20日
プロ棋士を目指す息子の参考になりそうだと今日買いましたが、凄い本です。

誰が読んでも面白いです。

特に著者は学校時代オール1(実際は2が1つあったことをお母さんが見つけたそうだが)のバリバリ。

人生に学校の成績は関係なし! と喝破しています。

そのとぉ〜りなのだ。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2008年10月10日
 名人位4連覇などの記録をもつ囲碁棋士の著書である。

 私は囲碁をやる。アマチュア初段程度で、やっと囲碁の面白さ・深さがわかってきた
ところだ。本書は囲碁を通した著者の人生哲学、世の中のビジネスなどに応用できること
が書かれている。

 囲碁を通しているので、囲碁や囲碁の専門用語がわからない人にはややとっつきにくい
かもしれない。ヒカルの碁を読んだことがあればたぶん大丈夫だけど。
 以下、本書で参考になった記述。

 ・小沢一郎氏がかつて「総理大臣の仕事は激務ではない。総理の仕事は布石を打つこと
だから」
 
 ・自分はこの道以外に生きていく方法がないのだ、という切迫した気持ちがあった。
→物事に挑戦するときの背水の陣。

 ・碁を打つということは、結局、生きていること、生きていくことと同義である。だか
ら、大局観とは、どのように生きていくかということにほかならない。
→碁を打たない人にはイメージしづらいだろうが、1局は人生にも喩えられるし、ビジネ
スのヒントも満載なのだ。

 囲碁を通した話はとても興味深かったが、いじめについて語るところは正直あまり興味
がもてなかった。

 ただ、全体を通して著者が自身の考え、今までの生き方を率直に語っていることに好感
をもった。「わざわざ公開しなくても」と思ってしまうような若い頃無茶をした話も記
述されているからだ。

 著者が(囲碁アマチュア高段の)小沢一郎氏に好感を抱いているのもわかった。とくに
日本では特定の政治家の是非を語ることが憚られる風潮があるなかで、よく書いてくれた
と思う。一般市民としては実際に接したことのある人の感想こそが、ほぼ唯一の判断材料
だからだ。
  
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2008年7月1日
私は囲碁の世界はよく知りませんが、名人位を4連覇するということはいかにすごいことかはよくわかります。そのようなトッププロが、素直に自分のことを語ってくれたことに感動しました。なかでも「名人戦の前日までファミコンに熱中してしまうほど自分は意志が弱い。こんな自分はダメだ、と何度つぶやいたかわからない」というエピソードは、私自身も同じようなところがあるだけに、大いに勇気づけられました。そんな依田名人、勝負の世界で最も重要なことは才能でも技術でもなく、「虚仮の一念」である、ということを本書で繰り返し述べられています。「意志の弱さを嘆くなかれ。虚仮の一念を持てば、誰だって生きられる」という著者の言葉を胸に、これからがんばって生きていこう、という気持ちになりました。
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
殿堂入りNo1レビュアー2008年10月19日
小学生からプロの道がある囲碁の世界。
社会経験がないのに、お金をもらえるので、遠めから見るとなんとなく勘違いしているように見える人もいるような気がする。
礼儀作法、挨拶など、勝てばかつほど、礼儀正しくなっていく人もいる。
ちょうど、ヒカルの碁のコミック、アニメを見るとわかるかもしれない。
さまざまな人間模様が囲碁の世界にある。
そこを生き抜いた依田の言葉だけに重みがある。
いろいろな経験のもとに形成された思考を知ることができる。
小中学生の囲碁ファン必読。

内容では、
「正しいか より 新しいか で物を見る。」
「不安な手イコールだめな手とは限らない。」
「どうあっても! は、知恵の宝庫である。」
「希望に向かう船にはどんな風も順風に働く。」
「最悪の状況で最善の布石を積み上げる。」
「自分を進めることは世界を少し勧めること。」
が参考になった。

特に、「学問には正解があるが社会にはない」が印象に残った。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年5月30日
 この本には著者である依田紀基の半生が余すことなくつづられています。学業成績が振るわなかった小中学時代、プロ棋士になってからも賭博や酒におぼれて囲碁に専念できなかったことなどが正直に語られています。しかし身を持ち崩しかけた時に先輩プロ棋士の忠告や人生哲学を示唆してくれる書籍に出会い、立ち直ったことなどが書かれています。
 困難に遭遇した時にどのような気持ちを持ち、どのように対応していけば良いのかということを考えるときの参考になります。現代のストレス社会での生き方の一つの処方箋ともなりうると思います。
 しかし本著作の題名が「プロ棋士の思考術」であり、副題が「大局観と判断力」であるのにかかわらず囲碁の「大局観」についてはあまりページを割いて語られていなかったのが残念でした。著者は囲碁のプロ棋士の中でも随一の大局観を持つ棋士です。その冷静で合理的な判断には教えられることがたくさんあります。
 またの機会にでも著者が「大局観」の極意を語り明かしてくれることを期待しています。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年4月18日
誘惑に弱くて、意志が弱いという
囲碁棋士、依田紀基さんが
どん底生活から得た、一心にひとつ。

* 「実利」=金、財産
* 「厚み」=人脈、信用

どちらを取るかで、その後の展開が変わってくるのは、囲碁も実生活も同じ。

負け心の共通点など
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告