Androidアプリストア Amazonファミリー 0616 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 nav_flyout_videogame 家電・生活用品サマーセール ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 梅雨対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.1215
5つ星のうち4.1
形式: ハードカバー|変更
価格:¥1,512+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

著者ティナ・シーリグ女史の授業は、5月からのNHK白熱教室で放映されています。
第1〜3回目を見ました。まさに、学生に考えさせる体験型の授業です。
本書を読んで、感じ取れるままですね。

NHKの白熱教室でも、基本的な授業スタイルにおいて日本とアメリカの違いを感じます。
特に、女史の授業における学生とのやり取りで印象的だったのは『決して否定しない』
『どのようなアイデアでも、良いところを見つけて褒める』というところでした。

第1章の『スタンフォードの学生売ります』に紹介されていた「2時間で、元での5ドル
を出来るだけ増やす」課題にありましたが、一般的な日本では、与えられた条件の中で
最適解を求めようとするのに対し、スタンフォードの授業では前提を疑う、目的に
フォーカスし課題の設定までも変えてしまう、という、柔軟さ(発想、態度)を発揮し
ています。
日本で起業がなかなか上手くいかないのは、この柔軟さの欠如のためだと言われてい
ますが、まさにアメリカの強みを見せつけられた気がしました。

一般的に、アメリカ人はポジティブであると言われています。
それはその通りですが、本書の内容や白熱教室で放映されている授業の様子を見てい
ると、彼らのポジティブさは必ずしも先天的なものではなく、そうなるべく教育されて
獲得された資質であることが分かります。

一方で、日本人の傾向はどちらかと言うとニュートラルよりも若干悲観的であると聞い
たことが有ります。でも、本書にあるような授業を受けていれば、今よりもっと楽観的
になれるのではないでしょうか?。

20歳くらいでこのような授業を受けられることがとても羨ましく感じます。

多くのレビューで、この本の中で気づきを得られた文章を紹介されています。
自分がそうだ!っと思った文章は「あなた自身に許可を与える」です。

私が伝えたかったのは、常識を疑う許可、世の中を新鮮な目で見る許可、実験する許可、
失敗する許可、自分自身で進路を描く許可、そして自分自身の限界を試す許可をあなた
自身に与えてください、ということなのです。
じつはこれこそ、わたしが二〇歳のとき、あるいは三〇、四〇の時に知っていたかった
ことなのであり、五〇歳のいまも、たえず思い出さなくてはいけないことなのです。
0コメント|179人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年3月18日
■本書の位置付けと価値
本書の内容は、著者自身が「社会に出たときに知っていれば良かった」と感じたことを整理したものです。
整理した目的は、著者の息子が20歳になった時(当時16歳)に伝えたいという想いがあったからです。
その後、大学から講演依頼を受け、整理した内容を講義として話し、更に書籍化につながったようです。
※著者はスタンフォード大学で起業家精神とイノベーションの講座を担当されています。

その事実を知ることで、本書の本当の価値を感じました。
本書は、大学の講義である以前に、母から息子へのメッセージです。
目次の前には、「ジョシュ(息子の名前)へ 20歳の誕生日に」という中表紙があります。

■内容
本書には無駄な箇所が全く無く、全てが印象的でした。
しかし、このレビューの中で、触れることができる部分は限られています。
ただ、より自分を高めたいという想いを持っておられる方には、価値ある書籍であることは間違い無いです

本書全体での著者の主張は下記です。
「快適な場所から離れ、失敗することをいとわず、不可能なことなど無いと呑んでかかり、
輝くためにあらゆるチャンスを活かすようになれば、限りない可能性が広がる。」(本書より引用)

本書は、具体的な事例を挙げながら、この主張の各要素の重要性に気付かせてくれます。

著者は、起業家精神と起業家について、下記のように記述されています。
・起業家精神とは、人間が生きていく上でカギとなるような幅広いスキルを開拓すること
・起業家とは、たえず大きな問題にぶつかり、都度それを解決するための独創的な方法を見つけ出す人間

上述した通り、本書の内容は著者から息子へのメッセージです。
それ故、起業家精神に基づく「生き方」に関するメッセージが強く、
自分自身をしっかりと見つめ、物事の見方を変えることを促していると感じました。

特にリスクと失敗に対する姿勢に関するメッセージが印象的でした。

何か新しいことに挑戦するためには、積極的にリスクを取る必要があると言います。
その際、自分がどのタイプのリスクを取ろうとする性質を持つのかを知ることの必要性を述べています
一般的にリスクは5種類に分けられると言い、自分のリスクプロファイルを描くことを勧めています。
→こうして自分のタイプを知ることで、対処できるリスク、選択すべきリスクが分かります。

成長を志す中では失敗する場面もたくさんあります。
著者は「失敗のレジュメを書く」ことを勧めています。
そこには、失敗の事象だけではなく、その経験から何を学んだかを書くよう促しています。
失敗を通じて、自分の経験を見ることで、過ちを受け入れられるようになることが狙いです。
失敗から学ぶことの重要性は常に言われますが、学び方を具体的に提示している点に価値を感じました。
※このアイデア自体は、著者も他の方から拝借しているそうです。

最後に、リスクと失敗に関連して、印象的だった文章を5つだけ引用します。
・個人においては、成功と失敗の比率は一定であることを示す確かな証拠がある。
・失敗すれば、目標や優先順位を見直すことで、順調に行っていたときよりも速く前に進めることが多い。
・リスクをとってうまくいかなかったとしても、あなた自身が失敗者ではない。失敗は外的なものである。
・人はそれぞれ世の中をどう見るかは自分で決めている。
・もっと成功したいのであれば、もっと失敗することを受け入れなければならない。

また1冊、良い本に出会えたことが嬉しいです。
1コメント1件|395人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2010年10月31日
期待を込めて本書を手に取ったが、がっかりだった。
例外はあるものの、本書で「成功者」として取り上げられている人達には共通点がある。
大学や大学院に進学し、さらには博士号を取得した人たちのエピソードばかり。
つまり、学業に費やす金と時間に恵まれた人たちの成功体験ばかりがつまっている。

著者自身にしても大学院に進学した後、すぐに休学し、「風に舞う一枚の木の葉のように」なれる環境が提供されていた。
そんな人の「やりたいこと探し」は身勝手かつ呑気である。
何しろ「神経科学に関する本を読みたいと思う気持ちが湧く」まで続くのだ。
それでも「まだ大学院に戻る気になれない」などと聞くと、成人した子供としか思えない。
納得できるまで学問を追求するのはいいが、世の中、経済的にそういったことが許される人はごくわずかである。

また、著者の息子にしても、重量挙げの州記録を塗り替えたとのエピソードが書かれているが、
実際に読んでみると、全てをトレーニングに打ち込める環境を親から提供されていたからこそであるとわかる。
なので「幸運なんてものはないよ。すべては努力次第だ」という息子自身の言葉に何の重みも感じない。

こういう人達はまず、自分たちが幸運に恵まれていたことに気づかなければならない。
親の庇護のもと、何不自由無く好き勝手やってきた人が「努力したから成功した」とは笑止千万である。
他にもエピソードは多く紹介されているが、いずれも著者が言う「努力」には少々ズレたものを感じた。

本書が読者へ向けて起業を促すのはいいが、予め読者層を絞っていることを明示するべきではないだろうか。
はっきり言って、本書は「何不自由無く学業だけに打ち込める環境が整備された層」へ向けたものである。
広く等しく起業家精神を培うための良書とは言えない。
著者には申し訳ないが、残念ながら私は本書に好感を持てなかった。
6コメント6件|683人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト1000レビュアー2010年5月18日
なぜこんな本が売れているのか不思議に思えた。

メッセージ自体は他の自己啓発本に書かれているものと同じ。
その短くても済むメッセージを脚色(殆ど嘘も含む)が多々含まれる
エピソードを交えて紹介。冗長。論理が破綻している箇所もあり。

本をほとんど読まない20歳が読めば学ぶことがあるのかも知れない。
30歳で絶賛してたら自己を見つめ直した方がいい気がする。

売れるタイトルって大事だと勉強になった。
0コメント|155人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年11月14日
冒頭のエピソードのように、授業で取り上げた課題とそれに対する学生の多様な発想が紹介されている本だと思ったのですが、それはほんの一部。大半は著者の自慢話とお説教です。著者が悪いのか訳者が悪いのかわかりませんが、語り口はまさにお説教。50才の今だから著者の主張にもうなずけることが多い(新しい主張はなく言い古されたことが書いてあるのでうなずる項目は多い)のですが、20才であったらすぐに読むのを止めてしまうでしょう。
2コメント2件|41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年5月7日
”起業を決意し、いままさに背中を押してほしいだけ”という状況の人
にはとても有意義な役に立つ本だと思います
が、
このての本は全てそうかもしれませんが
結局は、”勝者の語り”であり、成功した現状の後付の理論化と
数多の敗者を省みないハイリスクハイリターンへの推称となっています 
そして何よりも鼻につくのは成功者の事例の中に、
現在の自己を織り込み、その存在意義を吹聴しているように感じることです 
成功が収入で計られるのは資本主義社会では確かに重要ですが・・・
きっと、
十分な教養といまや死語となった道徳心を備えて育っている子どもが
さらに一皮むけてくれるようにという意味で書かれた本なのでしょう 
そうでなければこの本は子どもに読ます価値はないと思います 
苦渋を味わった人間の持つ重みがこの本の言葉には感じられないからです
1コメント1件|171人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2010年5月7日
 タイトルどおり、良くある自己啓発本で、内容も目新しい物ではありませんが、読むと誰しもいくつか新たな発見があると思います。

 読んで損はありませんが、これまでの自己啓発本と大きな違いはありません。

 過度な期待をせずに読むべきです。

 単に売れているだけです。
 買う人は読んでいないから買っているのであって、内容が良いから買っているわけではありません。

 かく言う私もその一人です。
0コメント|269人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年6月14日
>いま、手元に5ドルあります。
>二時間でできるだけ増やせと言われたら、みなさんはどうしますか?

レモネードを売ったり洗車をして稼いだグループは評価されませんでした。
では「優秀な学生」はどうやったのか?

混んでいるレストランであらかじめ席をとっておいて待っている人に売る、というダフ屋行為。
最後の発表の時間に企業の宣伝をして、企業から宣伝費を受け取るという権限私用。

元手も無い、なんの訓練も積んでいない人間が短期間でお金を稼ぐには
結局こういう方法しか無い、という現実を知るにはいい本かもしれません。
0コメント|110人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年5月23日
自己啓発、起業ものとして、極普通の本。

1.
○○という事実がありました。
普通の人は△△と考えがちなところ、
◇◇と考えた人は成功を収めました。

2.
○○という事実がありました。
直感に従って、ただ◇◇の行動をとりました。成功しましたor満足してます。

この、どちらかの体験談のオムニバス。

背中を押してもらいたい状況の人にはおすすめします。
自己啓発本にありがちなイケイケ感もあんまりないので、
くどくなくサラッと。
0コメント|59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
 2009年、ティナ・シーリグ氏(Tina Seelig)の著書です。
(原題「What I Wish I Knew When I Was 20」、翻訳本は2010年出版)

 本書では、著者を含めて多くの人たちの成功体験が語られています。
 ただ、これらの成功話は、かなりサラーっと書かれていますし、発想は分かるけど結果との因果関係があまり見えないものも多くあり、
個人的には、「ふ〜ん」という感じで終わってしまいました。
 ところどころに、いいと思えることもありますが、全体では「☆3・普通」くらいというのが実感です。

 また、本書に書かれていることは、「日本社会では、どうだろう?」と思わされます。
 本書の最後にある、三ツ松新氏の解説には、
新規探索傾向: 日本人・7%、米国人・40%
損害回避傾向: 日本人・98%、米国人・40% 。。。という旨が書かれており、現実だと思います。
 本人の意志ももちろん大事ですが、これだけ極端な傾向があると、日本と米国を同じように考えること自体に無理があると思います。

 他レビューに「条件がそろった人ではないと。。。」とあります。
 私の感覚では、条件がそろった人は、余裕があるため正攻法的な思考をしていきます。
 一方、条件がそろってない人(もっと言えば悪条件な人)は、なんとかしようといろいろ考えます。

 この本を読んで良かったという人は、いわゆる「レールの上」ではないのでしょうか?
 「頭を使う」「頭をひねる」、両者の感覚の違いが分かりますか?

 ちなみに、第1章に「各チームで、5ドルの元手をどれだけ増やせるか?」という話が書かれています。
 「レストランの予約を取って、列に並ぶ人に席を売るサービスをしたチーム」を稼いだ例として紹介していますが、ただのダフ屋だと思います。
。。。ので、更に「☆-1」させていただきました。
0コメント|11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告